インターネット回線を利用する際の手順と工事期間・費用を徹底解説!

Optical line construction

自宅で光回線を利用する場合、回線の開通工事が必要です。

開通工事は専門業者が行うため、契約した当日にインターネットは利用できませんし、工事費用も発生するので注意しましょう。

本記事ではインターネット回線を利用する場合、利用できるまでの期間や工事費用について解説します。

目次
  1. 自宅でインターネット回線を利用する際に知っておくべきポイント
  2. 光回線を契約してから開通工事までに必要な期間(戸建て・集合住宅)
  3. インターネット回線の開通工事の流れと注意点(戸建て・集合住宅別)
  4. 光回線の開通工事には必ず立ち会わなければいけないのか
  5. 光回線の開通工事にはどれくらいの費用がかかるのか
  6. 引越しするタイミングで光回線事業者を乗り換えるのはアリか?
  7. 光回線工事しないでインターネット回線を利用する方法
  8. 引越し時の乗り換える場合のオススメ光回線
  9. これから光回線を利用する人にオススメするケース別4選
  10. インターネット回線を利用する際の手順と工事期間・費用のまとめ

自宅でインターネット回線を利用する際に知っておくべきポイント

Wi-Fi

自宅でインターネットを使いたい場合、光回線だけが選択肢ではありません。

インターネット回線を利用する手段は3種類

インターネット回線とはインターネットに接続する手段であり、自宅で使用する際は光回線を含めて3種類の選択肢があります。

インターネット回線の接続方法
  • 光回線
  • モバイルWi-Fi
  • テザリング機能

光回線

光回線は、部屋の中に光ファイバーケーブルを引き込んでインターネット回線を利用する方法です。

通信速度の速さや安定性は光回線が最も高いのが魅力である一方で、利用開始する際は開通工事が必要となります。

モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiは、モバイルWi-Fiルーターを通じてインターネットと接続する方法です。

コンパクトなので外出先に持ち運ぶことも可能であり、普段使いなら不便がない程度の通信速度で利用できます。

ただ通信量の上限が設けられていたり、電波をキャッチしてインターネット環境を作る関係上、回線速度が不安定になることもあります。

また光回線よりも通信速度は劣るため、高画質で動画を視聴する人やオンラインゲームを行う人には向いていません。

テザリング機能

最後にテザリング機能ですが、こちらはスマホをモバイルWi-Fiルーターのような役割を担わせ、パソコンでインターネットを利用する方法です。

スマホがあればパソコンでもインターネットが使えるメリットが大きいですが、テザリング機能でインターネットを利用した場合、スマホの通信量に加算されます。

またテザリング中は、スマホの電池の消費が激しくなったりと、パソコンで常時インターネットを利用する人には不向きです。

光回線は工事をしなければ利用できない

光回線は、電柱から部屋に光ファイバーケーブルを引き込む工事は必須です。

工事不要でインターネット回線を利用できる機器は、モバイルWi-Fiやテザリング機能などに限られません。

光回線業者と契約しても、光回線が部屋まで通っていなければ、インターネットは利用できません。

開通工事が完了しても、パソコンなどの接続機器とをつなぐルーターの準備設定が必要となります。

住んでいる場所によっては光回線工事ができない可能性も

光回線業者はいくつか存在し、どの事業者と契約しても問題ありませんん。

ただ注意しなければいけないのが、事業者ごとに利用できるエリアが異なる点です。

フレッツ光なら、日本全国幅広い地域で利用できる一方、NURO光など利用可能地域が限定されている光回線もあります。

また住んでいる物件の構造上の問題から、光回線がひけない場合もありますので注意しましょう。

光回線は光ファイバーを室内に入れる関係上、外から回線を入れる穴が必要です。

場合によっては壁に穴をあける工事も必要になるケースもあるため、工事不可の賃貸物件に住んでいる人は事前に状況確認をしてください。

インターネット回線
今すぐインターネット回線を使いたい人向けのオススメサービス!光回線は、契約から使用開始まで2週間から1か月程度、時間が必要になります。 そのため今すぐにインターネット環境を整えたい場合に、光回線はオススメできません。 一方で、最短当日からインターネットを利用できる方法も存在しますので、時間の猶予別にオススメのサービスをご紹介します!...

光回線を契約してから開通工事までに必要な期間(戸建て・集合住宅)

カレンダー

光回線は開通工事が完了しないと、インターネットを利用できる状態にはならないため、一刻でも早く工事予約をしましょう。

ただ工事予約は2,3日先で取れることはなく、最低でも2週間、通常であれば1か月以上先まで予約は埋まっています。

そのため前もって連絡しないと、引越し後しばらくインターネットが利用できない状態になります。

戸建ては契約後1か月から2か月くらい待たされる

戸建て物件の場合、契約してから開通工事するまで1か月から2か月程度の期間が必要です。

光回線の新規契約が多くなる引っ越しシーズンや、休日は工事予約が早く埋まるため、更に予約の埋まりやすい状況が続きます。

したがって回線工事を依頼した日時が決まっている場合、1日でも早く契約して日程調整した方がいいでしょう。

マンションは途中まで工事が済んでいる場合だと工事期間が短くなるケースもある

マンションの場合、建物全体で同じ光回線を利用するケースがあります。

建物全体で同一事業者を利用する場合、光回線をあらかじめ共有部分までひいている可能性があり、その際は通常よりも早期に着工してくれる可能性もあります。

具体的な期間はケースバイケースになってしまいますが、契約から2週間程度でインターネットが利用できる可能性も。

なおマンションやアパートでも、個別に光回線をひく際の条件は、戸建て物件と同様です。

そのため契約してから開通工事を行うのに、1か月から2か月程度の時間を要しますのでご注意ください。

何日前
インターネット解約が間に合わない!引越し時の撤去工事は何日前までに連絡すべきか引越し時のインターネット回線の解約手続きは面倒ですが、後回しにすると、翌月の料金も支払う可能性もあります。 使わないインターネット料金の支払いは無駄でしかありませんので、解約手続きは引越し何日前にまでに行えばいいのか、解説します。...

インターネット回線の開通工事の流れと注意点(戸建て・集合住宅別)

Optical line construction

インターネット回線の開通工事を、戸建てと集合住宅で分けて開設します。

戸建てで光回線を利用する際の開通工事の流れ

戸建て回線の場合、工事の流れは次のとおりです。

開通工事の流れ
  1. 契約する事業者を選択
  2. 光回線の契約申し込み
  3. 工事の日程調整
  4. 開通工事
  5. Wi-Fi設定

①契約する事業者を選ぶ

戸建住宅なら、自分に合う光回線を自由に選べます。

スマホと同系列の会社を選べばスマホ割を適用できますし、電気とガスをセット利用することも可能です。

光回線の種類によっては管轄エリア外となるケースもあるので、申し込みする前に対象エリア内に入っているかは確認してください。

②光回線の契約申し込み

光回線の申込方法は、大きく分類するとインターネットと店頭の2種類あります。

店頭は契約する際に質問できるなどのメリットがある一方で、料金面での恩恵は少ないです。

それに対しインターネット申込みの場合、キャッシュバックキャンペーンや割引特典がより魅力的な可能性は高いので、店頭よりも安い料金で契約できます。

どちらで契約しても光回線の品質は同じですので、コスパを考えるならインターネットで申し込みした方がいいでしょう。

③工事の日程調整

光回線の申込みが完了すると、次に開通工事の日程調整を行います。

戸建住宅の開通工事は、1か月から2か月くらい先まで予約が埋まっていることも珍しくありません。

できるだけ早期に開通工事をしてもらいたいのであれば、日時指定せず、最短日時で工事をしてもらうことです。

なお開通工事の際は、立ち会いが必要となりますので、働いている方は仕事との都合も見て調整してください。

④開通工事

開通工事は電柱から光ファイバーをひく工事と、室内にONU(終端装置)を設置する工事の2種類あります。

光ファイバー部屋に取り込む穴がないと、光ファイバーを入れることができませんので、場合によっては穴をあける工事が必要となります。

戸建て物件が木造であれば、比較的穴は空けやすいです。

しかし鉄筋コンクリート造だと、特殊な工具等を使わないと穴を空けられないケースも想定され、場合によっては別日に工事をする可能性もあります。

そうなると2度工事のために日程調整が必要となりますので、契約時に穴を空ける工事の有無や別日の工事が必要となった場合の対応について確認しておくといいでしょう。

⑤Wi-Fi設定

光ファイバーを室内に取り込みましたら、ルーターなどの設定を行えば、Wi-Fiが利用できるようになります。

Wi-Fiは、有線接続と無線接続の2種類あります。

有線接続は、ルーターと接続機器をLANケーブルでつなげてインターネットを利用する方法です。

LANケーブルを各自で用意する必要はありますが、電子レンジなど電波を出す機器との混線を防ぐことができるため、通信速度は安定します。

したがってラグが致命的になるオンラインゲームを遊ぶ人は、有線で接続したほうがいいでしょう。

無線接続は、LANケーブルを利用しないでWi-Fiを利用する方法で、電波が届く場所ならどこでもインターネットを利用できるのが最大の強みです。

ただ遮蔽物や電波が混線すると、通信速度が低下したり遮断することもありますので、ルーターの性能も重要になります。

集合住宅で光回線を利用する際の開通工事の流れ

集合住宅で光回線を利用する場合でも、基本的な工事の流れは戸建て物件と同様です。

ただ一部違う点もありますので、マンションやアパートにお住まい(住む予定)の方はこちらをご確認ください。

開通工事の流れ
  1. 契約する光回線は選べるのか
  2. 光回線の契約申し込み
  3. 工事の日程調整
  4. 開通工事
  5. Wi-Fi設定

①光回線事業者が選べない可能性

集合住宅の場合、建物全体で利用する光回線事業者が決まっている場合もあります。

そうなると選択する余地がありませんので、指定された事業者と契約することになります。

集合住宅に光回線が通っていない場合は、大家さんや不動産管理会社に光回線の導入していいかを確認の上、契約する回線事業者を決めてください。

②光回線の契約申し込み

「Wi-Fi無料」などを謳っている賃貸物件であれば、光回線契約をしなくてもWi-Fiを利用できる可能性が高いです。

ただ使用料金はあらかじめ家賃に上乗せされている可能性もありますので、物件選びの際は注意しましょう。

契約が必要な場合には、光回線事業者のホームページで申し込みをしてください。

なお集合住宅に光回線が通っていないケースについては、戸建て物件と同じように店頭またはインターネット申し込みの2種類の選択肢があります。

③工事の日程調整

光回線の申込みが完了すると、次に開通工事の日程調整を行います。

共用スペースまでの工事が完了していれば、比較的早期に工事が行われる可能性もあります。

ただ光回線を最初からひく場合は、2か月くらい先まで予約が埋まっていることも想定してください。

開通工事の際は、立ち会いが必要です。

④開通工事

開通工事は電柱から光ファイバーをひく工事と、室内にONU(終端装置)を設置する工事の2種類あり、外部工事は外から回線を取り込む穴がないと、部屋に光ファイバーを入れることができません。

排気口など利用して回線を入れる方法もありますが、場合によっては壁に穴をあける工事が必要です。

ただ賃貸物件の壁に無断で穴をあけることはできませんし、許可を得ないで工事すると損害賠償を請求される可能性もあります。

また穴を空けることができるかは、賃貸契約書や大家さんに聞いて確認してください。

もし工事不可となれば、モバイルWi-Fiでインターネットを利用する検討も必要です。

⑤Wi-Fi設定

Wi-Fiの設定方法も戸建て物件と同じで、有線接続と無線接続の2種類あります。

有線接続は、LANケーブルを接続機器をつなげてインターネットを利用する方法です。

LANケーブルを各自で用意する必要はありますが、電子レンジなど電波を出す機器との混線を防ぐことができるため、通信速度は安定します。

したがってラグが致命的になるオンラインゲームを遊ぶ人は、有線で接続したほうがいいでしょう。

無線接続は、ルーターと接続機器をLANケーブルで接続せずに利用する方法です。

LANケーブルが短いと利用できる場所が限られてしまう一方、無線接続は電波が届く場所ならどこでもインターネットを利用できるのが最大の強みです。

ただ遮蔽物や電波が混線すると、通信速度が低下したり遮断することもありますので、ルーターの性能も重要になります。

間に合わない
引越し日までにインターネット回線工事が間に合わない場合の対処方法引越しに伴いインターネット回線手続きを行ったはいいけど、回線工事が間に合わなかったケースは結構あります。 インターネット環境は生活に不可欠なので、間に合わなかった場合にはどうにかして環境を整える必要がります。 そこで本記事では工事が間に合わなかった際の対処方法についてまとめました。...

光回線の開通工事には必ず立ち会わなければいけないのか

Handyman

光回線の開通工事は業者が行う関係上、工事当日は立ち会うことになります。

開通工事の立ち会いは原則契約者本人

光回線の開通工事は、室内に業者が入って工事をしますので立ち会いは必須であり、原則契約者が立会人となります。

ただ工事する事業者が了承している場合には、家族など代理人が立ち会うことも可能です。

光回線を利用する際に立ち会いが不要になるケース

光回線の開通工事が不要なケースとしては、利用する場所にすでに回線設備が整っていて、開通工事をする必要がない場合です。

賃貸物件の場合、前居住者が光回線設備を残した状態で退去し、その設備を使って同じ光回線を利用するケースにおいては工事せずに利用開始できることもあります。

ただ光回線の設備や事業者ごとに異なりますし、同じ事業者と契約する場合でも工事を要する場合があるので注意してください。

契約する際は、現在存在する設備や状況を伝え、開通工事の有無を確認し、必要になるときは早めに工事してもらえるように日程調整しましょう。

optical line
引越し先でも同じ光回線を利用できるのか?乗り換える場合の注意点引越し時には光回線の撤去工事と開通工事の移設作業が必要ですが、早めに手続きしないと引越し日に間に合いません。 また引越し先の物件や環境によっては、現在使用している光回線をそのまま利用できない可能性もありますので、引越しのタイミングで光回線の乗り換えも検討してください。...

光回線の開通工事にはどれくらいの費用がかかるのか

money

光回線を利用する場合、毎月の利用料金以外に開通工事費用が発生しますご注意ください。

開通工事費用は2~5万円くらい

開通工事費用は契約する光回線業者によっても発生する費用は異なりますが、2万円から5万円くらいかかります。

工事費用の金額に差があるのは、光回線を設置する物件の場所や条件によって発生する費用が変わるからです。

共用部分まで光回線設備が整っている場合は、最小限の工事費で抑えられます。

ただ光ファイバーを通すため穴が無いと、壁に穴をあける工事が別途必要になり、工事の作業が増えれば代金も高くなります。

また鉄筋コンクリート造だと特別な器具が必要となるため、更に費用がかかる点には注意が必要です。

新規契約キャンペーンの利用で工事費用を実質無料にする方法

光回線の開通工事費用が最初から無料の事業者がほとんど存在しませんが、工事を支払わないでインターネット回線を利用している人もいます。

工事費が無料になる最大の理由は、キャンペーンの適用です。

多くの光回線事業者では、新規契約者の工事費用が実質無料になるキャンペーンを実施しています。

『無料』ではなく『実質無料』の意味としては、工事費相当額が毎月割引されている扱いなので、最初から0円なのではなく、結果として0円になるからです。

工事費は分割支払になるケースが多く、長期間光回線を利用する人にとっては、実質無料も当初から無料も同じです。

しかし短期間で解約すると、分割で支払っていない残額は一括で支払う必要があり、残存金額に対する割引も適用されませんのでご注意ください。

光回線解約時には設備撤去費用を請求されることもある

引越しなどにより光回線を解約する際、設備撤去には費用がかかります。

設備をそのまま残していおいても大丈な事業者もありますが、auひかりは必ず撤去しなければならず、撤去工事費用も請求されます。

auひかりの撤去工事費用は31,680円と高額なので、解約する際は工事費用の支払いにも注意してください。

フレッツ光乗り換え
フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換え・転用方法フレッツ光からの光コラボレーションに乗り換える際の手続き方法の解説です。 フレッツ光からの乗り換えをする場合、光回線の転用手続きが必要になります。 転用手続きがスムーズにできれば、工事費用の削減ができますので、乗り換えを検討されている方はご確認ください。...

引越しするタイミングで光回線事業者を乗り換えるのはアリか?

印鑑

光回線は継続利用者よりも新規契約者を優遇する傾向になるので、引越しのタイミングで光回線を乗り換えることも検討してください。

新規契約なら開通工事費用が0円になる

乗り換える場合には、新規契約者向けにキャンペーンを実施しているプロバイダーを選びましょう。

光回線を乗り換えるのにハードルの一つに、回線工事費があります。

光回線事業者は契約者を増やすために、新規契約者の回線工事を実質0円にしているケースが多いです。

注意点としては、過去に契約したことのあるプロバイダーの場合、新規キャンペーンの対象外の可能性が高いので、契約したことがない会社を選んでください。

キャンペーン
キャッシュバックでお得に引越し!引越し見積もりキャンペーンを活用して賢く引越そう!引越し見積もりするだけで、商品や特典がもらえるキャンペーンを実施している引越し業者がありますのでチェックしてください。 特典内容は業者ごとに異なりますが、引越し費用が全額キャッシュバックするケースもありますし、引越し一括見積もりサイトが行っているキャンペーンもありますので、ぜひご確認ください。...

新規も継続利用も引越し手続きの手間は変わらない

光回線を継続利用しても、引越し先で開通工事が必要ですし、継続利用する際でも移設工事費用がかかるケースもあります。

また継続利用でも、新規契約する場合でも、引越し時にやるべき作業に違いはあまりありません。

そのため特段の好みが無い限り、新規で光回線を契約したほうがコストを抑えられる分、優秀です。

現状の契約内容よりも月額料金が安くなる可能性が高い

光回線は継続して利用している人よりも、新規利用者を優遇する傾向があります。

新規契約なら、キャッシュバックキャンペーンはもちろんのこと、「〇〇か月基本料金を割引!」のような特典を受けられるケースが普通です。

すでに月額料金の割引を適用している人は、割引特典が期間限定だった場合、あるタイミングを境に月額料金が高くなる可能性もあるので注意しましょう。

期間限定の割引特典を再び適用するためには、同様の特典を行っている他の事業者に乗り換える必要があります。

他サービスとの併用割引を適用する

インターネット回線業者には、auひかりやソフトバンク光など、携帯会社が運営している業者もあり、スマホ割の適用を受けられるケースもあります

家族でスマホ割を適用できれば、毎月数千円もお得にスマホを利用できるようになるため、「auひかり」や、「Softbank光」の乗り換える選択もアリです。

また電気・ガスとの併用割引を適用できるケースもありますので、今契約しているライフラインに合わせて光回線を変更すると、月額料金が更にお得になります。

比較
NURO光は電気ガスとのセット利用で月額料金を更に安くできる!インターネット回線をNURO光に乗り換える方は、電気とガスもNUROに統一してください。 NUROでんき・NUROガスと契約すると、NURO光の月額料金がずっと700円引きになり大変お得です。 ただ契約する際の注意点もありますので、本記事でご確認ください。...

違約金を負担してくれるプロバイダーは多い

光回線の新規契約を躊躇する理由の一つに、違約金の支払いがあります。

ただ光回線の多くは違約金の支払いを負担してくれるプロバイダーが多いため、そこまで気にする必要はありません。

新規キャンペーンで、キャッシュバック・工事費無料・月額料金割引のいずれかしか適用できない場合は、合計金額がお得になるキャンペーンを選びましょう。

no
インターネット環境でWi-Fiの下りが極端に遅い理由と解決方法動画配信サービスで視聴している時、急に画像がカクツキ出したり、止まったりする場合、通信トラブルが発生している可能性があります。 通信速度をチェックすると極端に速度が低下しているケースがあり、速度低下が頻発すると日常生活に支障が出る場合もありますので、速度低下の原因と解決方法について解説します。...

光回線工事しないでインターネット回線を利用する方法

注意点

光回線は開通工事が必要になりますし、短期間で引っ越しする可能性があるなら工事費用の割引も満額受けられません。

そうなると選択肢になるのが、モバイルWi-Fiとテザリング機能を使ってインターネットを利用する方法です。

光回線を利用しないならモバイルWi-Fiが最有力の選択肢

モバイルWi-fiは工事不要で利用できるインターネット設備です。

契約してモバイルWi-Fiルーターが自宅に届けば、その時点からインターネットを使えるようになります。

またモバイルWi-Fiルーターは、持ち運び可能なのも魅力の一つ。

持ち運びが可能である以上、外出先でもWi-Fiを利用できますし、引越し先に持っていくことも可能です。

山奥や海辺など、Wi-Fiが届かないエリアでは圏外となりWi-Fiは利用できませんので、引越し先が対象エリアに入っているかは確認してください。

またモバイルWi-Fiは月額3,000円台から使えますし、あまり通信量を消費しないのであれば2,000円台のプランも存在します。

プランで設定された通信量以内であれば、速度制限なしで利用できるのもポイントです。

注意点としては、回線速度は光回線には及びませんので、動画など容量が大きいデータをダウンロード・アップロードする際には、少し時間がかかります。

なおモバイルWi-Fiには、「一日だけ利用」や「一週間レンタル」のようなプランも存在します。

即日発送などを売りにしている業者もあり、在庫があれば契約から到着まで平均的に2~3日とスピーディーなのもポイントです。

モバイルWi-Fiのオススメは『BroadWiMAX』。

BroadWiMAX2,999円から利用できるほか、3日間10GBまで通信制限なく利用可能です。

3日間で10GB以上の通信量を使用したとしても、日中は通信速度に制限がかかる心配はありません。

また通信制限がかかっても、1Gbpsの速度で利用できるため、Twitterなどは問題なく使えるのもポイントです。

Broadwimax

高速モバイル通信ならWiMAX

 

回線選び
引越し先にWi-Fiは導入すべき?回線選びのポイントとオススメ紹介!自宅で仕事をしない人や一人暮らしの方はWi-Fi環境を整えるか悩みますよね。 光回線なら通信量を気にしなくて済みますし、モバイルWi-Fiなら外出先でもWi-Fiを利用できますので、引越しする際Wi-Fi環境は整えるべきか否かについて解説します!...

引越し時の乗り換える場合のオススメ光回線

ソフトバンク社以外は「モバイルWi-Fi」、ソフトバンク社(ワイモバイルなど)では「ポケットWi-Fi」の名前を使って販売しています。

そのため「モバイルWi-Fi」と「ポケットWi-Fi」に、大きな違いはありません。

テザリング機能は緊急時の対応しては便利

スマホのテザリング機能を利用すれば、パソコンでインターネット回線が利用できるようになりますので、外出時にバイルWi-Fiルーターすらも持ち運ぶ必要がありません。

またテザリングはスマホのオプション機能なので、スマホプランによっては即利用できることもあります。

注意点としては、テザリングでインターネットを利用した通信量は、そのままスマホの通信量として加算される点です。

パソコンはスマホ以上に大量の処理などを行うことも多く通信量の消費も多いため、3GBや7GBなど容量が決まっているスマホプランだと、すぐに容量の上限に達してしまいます。

またスマホの容量無制限のプランでも、テザリングを利用する場合には通信量の上限が設定されているケースもあります。

したがって光回線工事が完了するまでの間や、モバイルWi-Fiが届くまでの間など、一時的にインターネット回線を利用したい場合にテザリング機能を活用してください。

これから光回線を利用する人にオススメするケース別4選

チェック

光回線のオススメ事業者4選をご紹介します。

auユーザーのマストな光回線!『auひかり』

auひかり

auひかりは、auユーザーなら絶対選んだほうが良いな選択肢です。

最大の魅力は、スマホ料金が割引と回線速度の安定性を兼ね備えている点です。

auひかりの料金とプラン特典の内容

月額料金
  • マンションタイプ
    4,730円~
  • 戸建てタイプ
    6,160円~
割引・特典
  • 基本工事費用無料
  • スマホ料金永年割引
  • 他社の解約違約金相当額を還元
キャンペーン利用
による最大還元額
115,000円
利用可能エリア全国(※)

※auひかりは、東海と関西の一部エリアを除き、全国で利用可能です。

住んでいる場所が提供エリアに入っているかは、下記のリンクから検索できますので、最初にご確認ください。

提供エリアの検索(auひかり)

auひかりに申し込みする際は、インターネットからの申し込みがオススメです。

キャンペーンの適用により最大115,000円が還元されます。

また光回線を利用する際に必要となる初期工事費用も原則無料になりますので、auユーザーはauひかりを最優先の選択肢としてご検討ください。

auひかり

auひかりへ申し込み!

auひかり
auひかりの引越し手続きについて徹底解説!移転方法をわかりやすくご説明します。引越しの際にはインターネット回線の引越しが必要ですし、現在auひかりをご利用の方も、引越し時には所定の手続きをしなければなりません。 またインターネットの手続きは、電気やガス、水道などに比べて時間もかかりますし、手続きも面倒ですので、作業が後周りになりがちです。 もちろん手続きを後ろ倒しにするメリットはありませんので、引越し時の手続き方法についてご説明します。...

ソフトバンクユーザーなら『Softbank光』を選ぶべし!

ソフトバンク光

Softbank光は、ソフトバンクユーザーにお得な回線です。

auひかりがauスマホ料金を割引するのと同様、Softbank光もソフトバンク系のスマホ料金が毎月1,000円割引になります。

Softbank光料金とプラン特典の内容

月額料金
  • マンションタイプ
    5,170円~
  • 戸建てタイプ
    5,720円~
割引・特典
  • 基本工事費用無料
  • スマホ料金永年割引
  • 他社の解約違約金相当額を還元
キャッシュバック金額24,000円
利用可能エリア全国(※)

※光ファイバーが敷設できないエリアでは利用できません。

他社の光回線を利用している人がSoftbank光に乗り換える場合、最大24,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンも実施しています。

また解約時に発生する違約金は、Softbank光と契約すると全額キャッシュバックされるため、引越し時など乗り換えを検討している方はSoftbank光も候補にしてください。

Softbank光

ソフトバンク光へ申し込み!

安心と信頼で選ぶなら『フレッツ光』

フレッツ光

フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本が提供している光回線サービスです。

フレッツ光の料金プランは「定額プラン」と「2段階定額プラン」の2種類から選べるのがポイントです。

フレッツ光の料金とプラン特典の内容

月額料金
  • マンションタイプ
    2,200円~
  • 戸建てタイプ
    3,080円~
割引・特典
  • 基本工事費用無料
  • ISDN、ADSLサービス終了に伴う費回回線工事無料
  • 上位規格への切替工事無料
キャンペーン利用
による最大還元額
70,000円
(契約内容によって異なります。)
利用可能エリア全国(※)

※一部のエリアや、光ファイバーが敷設できないエリアでは利用できません。

光回線を開通させる際は工事が必要で、戸建てとマンションで発生する費用は異なりますが、2万円程度かかります。

しかしフレッツ光に申し込みすると、基本工事費が実質無料に。

またISDN・ADSLを利用している人についても、光回線への切替工事費用が無料になります。

フレッツ光

NTT東日本NTT西日本

最速のインターネット回線を利用したい人は『NURO光』

NURO光

最速で光回線を利用する場合、最初に名前が挙がるのは『NURO光』です。

NURO光は、ダークファイバーを利用しているため、コラボ光のような通信速度の低下が起こりにくいです。

また独自の通信技術により、通信速度の高速化を実現している点も見逃せません。

NURO光の料金とプラン特典の内容

月額料金5,217円
割引・特典
  • 基本工事費用無料
  • 設置サポート1回無料
  • オプションの申し込み不要
キャンペーン利用
による最大還元額
45,000円
利用可能エリア
  • 北海道
  • 関東
  • 中部エリアの一部
  • 関西エリアの一部
  • 福岡県、佐賀県

NURO光の利用エリアは、全国の一部地域に限られますので、お住まいの場所でNURO光が利用できるかは、『NURO光サービスご提供エリア』でご確認ください。

NURO光は、その倍の2Gbpsの通信速度でインターネットを利用できますし、月額料金が1年間980円になるキャンペーンも実施しています。

NURO光

通常料金が5,217円なので、1か月4,237円引き、1年で50,844円もお得になるプランです。

また月額料金の割引では無く、キャッシュバックを受けたい方は、45,000円のキャンペーンを受けてください。

なおキャンペーンは期間限定であり、いつ終了するかわかりませんのでキャンペーンを実施ているタイミングで申し込みすることをオススメします。

NURO光NURO 光へ申し込み!

一人暮らしのインターネット
決定版!一人暮らしでオススメできるインターネット回線!一人暮らしでも、インターネット回線は必要不可欠です。 ただ一人暮らしをするなら少しでも通信料は抑えたいですよね。 またインターネットを利用する場合には、「光回線」、「モバイルWi-Fi」、「テザリング」の3種類が選択肢になります。 それぞれのメリット・デメリットについてと、どの方法が最も一人暮らしにお勧めできるのかをご説明します。...

インターネット回線を利用する際の手順と工事期間・費用のまとめ

インターネット回線を利用する際の手順と工事期間・費用のまとめです。

インターネット回線のまとめ
  • 工事が必要になるのは光回線
  • 開通工事は契約から1~2か月かかる
  • キャンペーンを利用すれば工事費は無料
  • 工事が間に合わない場合はモバイルWi-Fiを活用すること

光回線は、通信量を気にすることなく利用できるインターネット回線です。

ただ契約から利用できるまでには1か月から2か月程度の期間がかかりますので、1日でも早く申し込みすることをオススメします。

光回線は開通工事をする必要があるから早めに申し込みしよう! 引越しする際は新居が利用可能エリアなのかも確認してね!
タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る