電気・ガスはまとめないと損!オススメセットプラン4社を紹介!

電気ガスセット

電気とガスは、同じ会社でまとめないと損する時代です。

セット利用することで料金が割引になったり、特典を得られるため、電気とガスを個々に契約するよりも1社に契約をまとめるべきです。

本記事では電気ガスセットプランおよび、水道もセット利用できるのか、そしてオススメのセットプラン4社をご紹介します。

電気ガスセットプランが流行している理由とは?

Question

ここ数年で、電気とガスのセットプランを打ち出す会社が増えました。

実は以前の日本では、電気やガスを販売できる会社が限られており、電気会社は電気、ガス会社はガスのみしか販売していませんでした。

(ガスには都市ガスとLPガス(プロパンガス)の2種類あり、LPガスは元々値段を自由に設定できました。

そのため各専門事業者が市場を独占していたため、消費者が電気やガスを利用する際、事業者を選択する余地がなかったのです。

電気・ガス料金についても、国が規制をしていましたので、料金が安くならないのも問題とされていました。

そのような独占的な市場を緩和するため、電気は2016年4月に電力自由化となり、東京電力などの大手電力会社以外でも電気の販売を行うことが可能になります。

またガスについても、2017年4月に都市ガス販売の自由化が開始され、電気と同様にガス業者以外でもガスの販売が可能となりました。

そのように電気・ガスの販売自由化により別業種からも電気・ガスの小売業に参入するようになりましたが、競争が激しくなったのは最近のことです。

そして電気とガスを両方販売する事業者が増えたことで、セットプランを目にする機会が増加しています。

隠れる
電気とガスをセットで契約した場合のデメリットは?セットプランのデメリットを解説電気と都市ガスの販売自由化により、電気とガスを一つの業者でまとめることが可能となりました。 電気とガスをセット利用することで得られるメリットは多い一方、一括契約によるデメリットも存在します。 メリットばかりに注目されがちなので、本記事では電気ガスセットのマイナス面を中心に解説します。...

電気ガスと水道の契約はまとめられない

set

電気とガスのセット契約は可能ですが、水道をまとめることはできません。

電気とガスは民間企業が運営していますが、水道は水道局が管理しています。

電気とガスは販売自由化により、電気とガス両方の販売をしている会社に申し込みすれば、契約を1社にすることが可能になりました。

一方で水道局は各地域に存在しますが、管轄区域が重なることはないため、契約する選択肢が1つしかありません。

したがって電気・ガスの契約はまとめていただき、水道は住んでいる場所の水道局と契約してください。

OK
一人暮らしの水道代はどれくらい?引越し前に確認すべき1か月の水道光熱費他の人が毎月どれくらい水道光熱費を支払っているのか気になりますよね。 水道光熱費で注目するのは水道代で、水道料金は地域によってかなり開きがありま、同じ水道使用量を使っていても水道代が2倍以上になるケースも珍しくありません。...

電気・ガスをセット契約すると料金がお得になる理由

money

電気とガスをセットで利用することで、毎月の料金がお得になる理由は3つあります。

電気ガスセットプランがお得な理由
  1. セット割引が適用される
  2. 事業者側もセットプランは得する仕組み
  3. 契約の連絡が1社で済む

お得な理由①:セット割引が適用される

各事業者は、電気とガスを一緒に契約することでお得になる、セット割を提供しています。

イメージとしてはスマホとインターネット回線を同じ会社と契約することで、スマホ料金が割引になるイメージと同じです。

たとえばauスマホを利用している人が、auひかりと契約すると、スマートバリューを適用対象となり、毎月の料金最大2,200円(※)お得になります。

※プランによって割引される料金は異なります。

電気とガスのセットプランも同様で、単体契約だと適用できない割引が、一緒の契約すると割引されるので、個別契約よりも損することはほとんどありません。

また電気とガス以外のセットプランも用意している会社もありますので、普段使っているサービスで電気やガス契約ができるかは1度確認することをオススメします。

お得な理由②:契約する会社は一つにまとめた方が事業者側も得をする

電気ガスセットプランは、契約してもらう側の事業者にとってもメリットのある話です。

事業者の立場で考えると、セットプランに加入することは、電気とガスの2つ契約を結べるのと同じです。

契約数が多ければ売上は上がりますので、事業者はできるだけ多くの人にセットプランを利用してもらいたいと考えています。

契約してもらいたいプランが合った場合、そのプランに力を入れるのは当然ですので、電気・ガスの両方契約してもらうためにセット割がお得に。

もちろん消費者にとって、料金が割引されるのはメリットでしかないので、セットで契約する価値はより高まります。

お得な理由③:1社で電気・ガス両方の契約手続きを行える

電気・ガスを別々の会社と契約する場合、それぞれに会社に申し込み手続きが必要です。

しかし同じ会社にまとめれば、乗り換える際の連絡は1社で完結しますので手続きが楽になります。

また引越しする際には電気・ガス両方とも住所変更を行うため、停止するタイミングも一緒ですので、電気・ガスを他社に乗り換えるいい機会です。

引越し時期は色々な手続きを行わなければいけないため、やるべき手続きを少なくできるのも契約を1社にまとめるメリットです。

ライフライン
水道・ガス・電気など引越し時に行うライフライン手続きを徹底解説!ライフラインの引越しが遅くなると新生活に支障が出ます。 電気が付かなければ、夜は真っ暗。 水がでないと、生活できない。 ガスが使えないと、料理ができない。 インターネットが使えないと、公私の行動に支障が発生。 そんなトラブルに遭わないためにも、ライフライン手続きの流れについて解説します!...

電気・ガスをまとめる際の注意点

電気ガスはライフラインなので、切り替えのタイミングを間違えると生活に支障が出てしまいます。

そのため乗り換える際は、これからご説明する注意点に気をつけてください。

電気の乗り換えにはアナログメーターからデジタルメーターへの変更が必要

デジタル

東京電力などの大手電力会社を利用している人が、新電力に切り替える際には、アナログメーターではなく、デジタルメーターへの変更が必要になるかもしれません。

デジタルメーターとは、電力量などをデジタル管理できるようにするシステムで、電気契約を変更する際には必要不可欠です。

すでにデジタルメーターを使用している物件でれば、メーターの取り替えは必要ありません。

ただ、アナログメーターままでは新電力を利用できませんので、デジタルメーターへの交換手続きをすることになります。

メーターの取り替えの作業は、電気業者が行いますが、特別な物件を除き、契約者が費用を負担することはありません。

ただ作業には立ち会いが必要になりますので、希望日がある場合には、早めに連絡をして日程調整をしてください。

スマートメーター
新電力切り替えにスマートメーターは必須?引越し時にやるべき手続きとは新電力切り替える人は、ブレーカーやスマートメーターの交換が必要になるかもしれません。 交換自体は業者が行ってくれますが、作業には時間が必要になるため、引越し先で新電力を利用する人は、連絡するタイミングが重要。 そこで本記事では引越しする際のブレーカーやメーター交換について解説します。...

ガスの閉栓・開栓作業には立ち会う必要がある

管

都市ガスの乗り換えの場合、既存の都市ガス業者(東京ガスなど)の設備をそのまま利用するケースが多いです。

ニチガスや東京電力の都市ガスプランは、東京ガスのガス管を利用するため、大きな手続きは必要ありません。

しかしLPガスから都市ガスに変更する場合には、変更作業を行いますのでご注意ください。

ガスの利用開始・停止には、ガスの開栓・閉栓作業が必要になり、それらの作業はガス業者しか行えません。

またガス作業には立ち会うためには業者との日程調整が必要になりますが、引越し需要が高まる3月・4月などは、業者も忙しいので、早めに連絡するのをオススメします。

電気
電気の引越し手続きと住所変更・解約・新規利用の手順を徹底解説!電気は日常生活に欠かせませんので、引越し時には電気の変更手続きも必要になります。 また今まで住んでいた場所の電気については、解約の連絡をしないと電気代がそのまま発生することに。 電気の二重払いは無駄ですよね。 なので引越しで余計な出費を出さないためにも、電気の解約・新規手続き方法についてご説明します。...

電気ガスセット利用する際のオススメ事業者4選

オススメ

それでは電気ガスをセット利用する際、オススメの事業者を4つご紹介します。

東京ガスの電気料金は実は安い!

ガス事業者大手の『東京ガス』ではガス・電気セット割の適用で、毎月の電気料金が安くなります。

電気料金プランとしては、「ずっとも電気1s」と「ずっとも電気1」のどちらかと契約することになりますが、両者のプランでは割引内容が異なります。

「ずっとも電気1s」は、一人暮らしの人や、家ではあまり電気を利用しない人向けのプラン。

一方、「ずっとも電気1」は、複数人で生活している方や、自宅で仕事をしていて電気の使用量が多い人向けのプランです。

ずっとも電気1s
毎月の電気料金の基本料金および、電力量料金の合計額(税込)から、当該合計額に0.5%を乗じた額を割引

ずっとも電気1
毎月の電気料金の基本料金から275円(税込)を割引

割引率は小さいと思うかもしれませんが、電気は毎月必ず利用します。

そのため長期的に考えた場合、毎月の節約が大きな金額になるのです。

そしてWEB限定キャンペーンとして、東京ガスと電気契約をすると3,000円相当のポイントが取得できるチャンスです!

電気を新規でお申し込みいただくと、今なら3,000円分相当のポイント/ギフトカードをプレゼント。くわしくはこちら

出典:東京ガス

ずっとも電気1プランのセット割適用で、安くなる金額は年間3,300円ですので、3,000円相当のポイントは、11か月分の割引を二重に受けられるとの同じ効果があります。

いま東京ガスを利用している人は、電気も東京ガスに変えることも検討しましましょう!

東京ガスに申し込み!

ニチガスは使用量が多い人にオススメできる!

LPガス(プロパンガス)大手のニチガスでは、電気ガスセットで「でガ割」を適用できます。

月に200kWh以上の電気を使用する場合、その月の電気料金が月300円お得になります。

月200kWh以上でお得!さらにセット割で毎月300円引!出典:ニチガス

また東京ガスエリアでニチガスの都市ガスプランを利用する際には、基準のガス単価が常に5%割引されます。

ニチガスはLPガスの事業者ですが、都市ガスと電気をセットで利用する場合もお得に利用できる会社です!

ニチガスでんきの申し込み!

東京電力のセットプランにはAmazonプライムがついてくる

大手電力会社の一つである、東京電力でガス契約をするとガス代が12か月8%OFFになります。

8%OFFの内訳としては、「とくとくガスプラン」の「スタート割」で12か月ガス料金が5%OFF、そして東京ガスの一般料金よりも約3%OFFを合計した数字です。

したがって最初の年間は8%、1年経過後も3%は料金が安い状態でガスを利用できます。

東京ガスの一般料金より約3%OFF! + 「スタート割」で12ヶ月5%OFF!

出典:東京電力エナジーパートナー

また、Amazonプライムを利用する人なら、「とくとくガスAPプラン」がオススメできます。

割引は適用されませんが、契約期間中ずっとAmazonプライムがついてきますので、まだ加入していない人はこの機会に利用してみる選択もアリです。

東京電力

しかもAmazonギフト券3,000円分がプレゼントされますので、Amazonを利用する人は、「とくとくガスAPプラン」を選ぶのもいいでしょう。

電気料金、ガス料金、そしてセット割引をトータルすると、東京電力が一番オススメです!

東京電力でガス申し込み!

NURO光は電気・ガスのセット利用で更にお得に!

NURO光

NURO光は1Gbpsでも高速通信とされているインターネット回線で、下り速度は最大2Gbpsと超高速通信を実現している光回線です。

そんなNURO光では、オプションとして「NUROでんき」と「NUROガス」を利用することが可能です。

NUROでんきは大手電力会社の配電設備を利用しますので、供給面での心配はありません。

NUROガスは関東に住んでいる人を対象としたガスプランであり、設備は東京ガスのものを利用するためガスの品質は同じです。

NUROでんきとNUROガスを利用するメリットは、NUROでんきは月501円、NUROガスは月200円の合計701円NURO光の料金が割引されます。

しかも電気・ガスのセット割引は期間限定ではないため、契約している期間はずっと割引が適用される点もポイントです。

また電気セット割とガスセット割は、割引を適用するための最低使用量の条件はないので、一人暮らしの人も割引を適用できます。

(NUROガスは、NURO光を新規契約するタイミングでしか利用できません。)

引越しなど光回線の乗り換えを検討している人は、まとめてNUROにする方法もアリな選択です。

NURO 光へ申し込み!

電気・ガス・水道の引越し手続き方法

契約

それでは最後に、引越し時の電気・ガス・水道の手続き方法をご紹介します。

遠方に引越す場合、現在契約している会社が継続利用できるとは限りませんのでご注意ください。

電気・ガス・水道の引越し作業をする時期と立ち会いの有無

電気 ガス 水道
解約連絡時期 1週間前 1か月前 1週間前
新規契約の
連絡時期
3日前前 1か月前 1週間前
撤去作業の立ち会い 不要 必要 不要
新規工事の立ち会い 不要 必要 不要

電気の引越し時の手続き方法

現在住んでいる場所の電気の利用停止は、引越しの1週間を目途に連絡してください。

利用停止する際に工事はありません。

電気料金はアナログメーターの場合、検針員が測定し後日請求書や口座引落がされます。

引越し先の電気の利用開始連絡は、3日前までに行ってください。

賃貸物件は電気の利用設備は整っていますので、利用申し込みをすれば数日後には利用が可能になります。

新電力を利用する場合で、引越し先がアナログメーターの場合は、スマートメーターへの変更が必要になります。

そのため事前に新しく住む場所のメーターの種類は確認しておきましょう。

電気の販売自由化以降、多くの企業が新規参入しています。

基本料金の安さはもちろんのこと、参入した企業の本業とのセット割を利用することで、更に料金を安くできるケースもあります。

したがって現在契約している電気会社をそのまま利用する場合でも、1度電気料金を確認し、使用量に見合ったプランに変更したり、電気業者の乗り換えも検討してください。

電気
電気の引越し手続きと住所変更・解約・新規利用の手順を徹底解説!電気は日常生活に欠かせませんので、引越し時には電気の変更手続きも必要になります。 また今まで住んでいた場所の電気については、解約の連絡をしないと電気代がそのまま発生することに。 電気の二重払いは無駄ですよね。 なので引越しで余計な出費を出さないためにも、電気の解約・新規手続き方法についてご説明します。...

【ガス】利用停止・開始手続きの流れ

ガスの利用停止は、引越し1か月前までに連絡しましょう。

ガスの利用停止する際は、ガス業者が閉栓作業をしなければならず、作業は事前予約制です。

平日や引越しシーズン(3月・4月)引越しを予定されている方は、どんどん予約が埋まっていきますので、引越し日が決まった段階で利用停止の連絡をしてください。

また引越し先のガスについても、利用停止作業と同様、引越し日の1か月前に手続きしましょう。

ガスの利用開始の際には、ガス業者が開栓工事を終えてから利用できるようになるため、ガス業者と契約したとしても、開栓工事ができなければその間の期間はガスが利用できません。

開栓工事も予約制なので、早めに連絡することをオススメします。

なおガス業者の閉栓・開栓工事には、立ち会いが必要です。

ガス業者が了承した場合には、契約者本人以外が代わりに立ち会うこともできますので、予約する際に確認してください。

ガス
ガスの引越し手続きでやるべき利用停止・開始作業を徹底解説!生活をする上でガスは欠かせませんので、引越し時にはガスの変更手続きをしましょう。 また住んでいた住まいのガスは、解約の連絡と閉栓手続きが必要です。 そして転居先についてはガスの開栓作業が必要になりますので、早めに手続きしないとガスが使えない状態に。またガスの利用を止めないと、ガス代を二重払いすることになりますので、余計な出費を出さないためにも、引越し時のガスの解約・新規手続き方法についてご説明します。...

【水道】利用停止・開始手続きの流れ

水道の利用停止は、引越し1週間前に連絡してください。

利用停止の連絡手段は、WEB・電話・郵便の3種類ありますが、水道局によってWEB申し込みできるどうかは変わりますので、引越し先を管轄する水道局のホームページをご確認してください。

引越し月の水道料金は日割り計算し、基本的には毎月と同じ支払い方法(口座引き落としなど)で精算します。

(引越し当日に精算をしたい方は、解約連絡時に確認してください。)

引越し先の水道の利用開始申し込みは、引越しの1週間前までに手続きします。

賃貸物件に引越す場合、水道局に手続きすれば水道は使える状態になりますので、引越し前に、引越し先を管轄する水道局に申し込みをしてください。

なお水道の利用停止および利用開始の際、立ち会いは不要ですが、水道メーターの設置場所が居住者のみ入れる所にある場合は立ち会いが必要になります。

引越し先に到着しましたら、蛇口から水が出るか確認してください。

水が出ない時は、バルブが閉まっている可能性があります。

バルブは水道メーターの近くにありますので、バルブを開栓して水が出るかチェックしましょう。

水道
引越しでやるべき水道の手続きと利用停止・開始手順を徹底解説!水は生活に欠かせませんので、引越し時には水道の変更手続きをしましょう。 また今まで住んでいた場所の水道は、水道局に解約の連絡をしないと水道代がそのまま発生することに。 水道代の二重払いは無駄ですよね。 なので引越しで余計な出費を出さないためにも、水道の解約・新規手続き方法についてご説明します。...

電気・ガス・水道をセット利用のまとめ

電気・ガス・水道をセット利用する場合のまとめです。

電気・ガス・水道のセット利用のまとめ
  • 電気・ガスは1社にまとめられる
  • 水道と電気・ガスはまとめられない
  • セット利用は割引特典が受けられるためお得
  • 電気とガスは同じタイミングで切り替えるので無駄がない

引越しのタイミングで、電気・ガスの切り替えを検討されている方は、ぜひ一つの会社にまとめましょう。

セット割を適用できるのももちろんですが、普段の生活を考えた場合、請求が一本化になるのも意外と助かります!

引越ししない方でも、WEB申し込みで電気・ガスの乗り換えは可能です。

想像よりも簡単に乗り換えできるため、この機会に電気・ガス料金を1度見直してください!

タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る