楽天でんきは高い?安い?引越し時に乗り換えるべきか徹底解説!

ポイント

楽天でんきは、楽天ユーザーはもちろんのこと、楽天ユーザー以外の方でも契約するメリットがある電気です。

引越しする方や、新電力への変更を検討している方は、楽天でんきも乗り換え先の選択肢に入れてください。

楽天でんきに切り替えても使用感は同じ!

OK

電気は今まで大手電力会社としか契約できませんしたが、2016年4月からスタートした電力自由化により、他業種からも電気販売に参入できるようなりました。

楽天でんきは、電気販売に参入した事業者の1つで、いわゆる『新電力』に分類されます。

楽天でんきへ乗り換えても電気を使用する利便性は同じ

電力自由化により自由になったのは、電気販売部分のみです。

楽天でんき

出典:楽天でんき

電気の製造や送電設備については、引き続き大手電力会社が担っているため、新電力に切り替えても停電が頻発するなどのトラブルは起こりません。

楽天でんきも電力契約部分のみを楽天が行っているだけで、送配電網は各地域の大手電力会社の設備を利用するため、今までと同じように電気を使えます。

電気の品質と安全性が同じであれば、比較対象となるのは電気料金の安さ。

新規参入した事業者は、大手電力会社から顧客を奪うために料金を安くしているため、継続利用する場合であっても、1度電気の契約会社を見直すことをオススメします。

楽天でんきの利用エリアと料金プラン

オススメ

電気料金は、『基本料金』と『従量料金』を合計した金額が毎月支払う電気代になります。

一般的には基本料金が存在するので、電気を一切使用していなくても電気代を支払うことになりますが、楽天でんきは電気の基本料金が0円なので、使った分だけ料金を支払えばOK!

長期出張で1か月自宅に住んでいなければ、電気料金は0円で済みます。

楽天でんきは日本全国で利用可能!

楽天でんきは、全国で契約できます。

大手電力会社の地域ごとで料金プランは異なるので、楽天でんきの料金表を確認する際はご注意ください。

また現在スマートメーターを設置している家であれば、メーター交換も不要です。

切り替える際の立ち会いも不要なので、忙しい人でも楽天でんきに切り替えて利用できるのもポイントです。

楽天でんきの料金プラン

楽天でんきは、「プランS」・「プランM」・「動力プラン」の3種類のプランが用意されています。

一般家庭で楽天でんきを使用する場合は、「プランS」が最も適したプランです。

プランSは基本料金が0円で、電気使用量に応じて支払う従量料金の金額は一定です。

他社の電気プランは、使用量が多くなると1kWhあたりの電気代が高くなるプランが多いです。

その点楽天でんきは、使用量が増えても単価が同じなのでわかりやすい料金プランとなっています。

プランSの料金表(1か月の税込み金額)

地域エリア基本料金従量料金
北海道電力エリア0円30.00円/kWh
東北電力エリア0円26.50円/kWh
東京電力エリア0円26.50円/kWh
中部電力エリア0円26.50円/kWh
北陸電力エリア0円22.00円/kWh
関西電力エリア0円22.50円/kWh
中国電力エリア0円24.50円/kWh
四国電力エリア0円24.50円/kWh
九州電力エリア0円23.50円/kWh
沖縄電力エリア0円27.00円/kWh

 

楽天でんきと契約する際に受けられる特典

ポイント

楽天でんきへ切り替えた場合、契約時と継続利用する際には楽天ポイントが付与されます。

楽天でんきに新規契約すると3,000ポイントGET!

楽天でんきと新規契約すると、楽天ポイントが3,000ポイント付与されます。

ポイントを獲得する条件は、新規で申し込みを行い、3か月以上使い続けることなので、獲得に難しい要件はありません。

『楽天ポイント』は、楽天系列ならどこでも利用できるポイントです。

ネットショップの楽天市場はもちろんのこと、動画配信サービスの楽天TVなどでも使用可能です。

また獲得したポイントを電気代の支払いとして使うこともできるため、楽天ユーザーでなくても楽天ポイントが無駄になることはありません。

なおキャンペーンは、執筆時点において(2021年1月)2021年2月2日までの期間限定となっていますので、機会の逃さないようにご注意ください。

電気代200円で1ポイント貯まる

楽天ポイントは、楽天でんき電気代につき200円で1ポイント貯まります。

また電気代を楽天カードで支払いを行うと、100円ごとに1ポイント貯まるため、電気代200円につき3ポイントを難なく貯められる仕組みです。

楽天でんきの電気代200円につき1ポイント

楽天カードで決済すれば、更に200円につき2ポイント

合計で3ポイント獲得可能

電気代は毎月必ず支払いますので、1年後にはまとまった楽天ポイントが貯まっているはずです!

楽天ガスとセットで楽天ポイントは2倍に増える

楽天は楽天でんきの他に、楽天ガスのサービスも開始しています。

楽天ガス

楽天でんきと楽天ガスをセット契約すると、それぞれの料金に対して100円につき1ポイント貯まるようになります

(楽天ガスの契約のは、関東・中部・関西の一部地域です。)

楽天でんきと楽天ガスをセット利用することで、

  • 楽天電気の電気代100円につき1ポイント
  • 楽天ガスガス代100円につき1ポイント

と付与されるポイントが倍増します。

そして更に電気とガス料金を楽天カードで決済すれば、更に100円につき1ポイントのポイントを得ることが可能になるのため、よりポイントが貯まりやすくなります。

 

楽天でんきと大手電力会社の料金プランを比較

選択肢

楽天でんきは、大手電力会社が管轄するエリアごとに1kWhあたりの料金が異なります。

そのため地域ごと存在する大手電力会社の料金プランと、楽天でんきの料金プランを使用量が少ないケース(30A、200kWh)、使用量が多いケース(30A、400kWh)で比較します。

北海道電力エリアの料金比較

北海道電力が管轄するエリアは、北海道全体です。

全国でも1kWhあたりの電力料金が高い地域です。

最安値の料金は北海道地域だと対象外となっているケースもありますので、ご注意ください。

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき北海道電力
料金プランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
0円1,023円
電力量
(200kWh)
6,000円5,297.2円
合計料金6,000円6320円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき北海道電力
料金プランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
0円1,023円
電力量
(400kWh)
12,000円11,705.6円
合計料金12,000円12,818円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

楽天でんきと北海道電力を比較した場合、使用量の大小ともに楽天でんきの方が料金は安くなりました。

北海道電力のアンペアを30Aから20Aに下げた場合、使用量200kWhなら、わずかに北海道電力の方が料金は安くなります。

(20A300kWhだと5,979円)

しかし北海道電力のプランは電力量が多くなると、1kWhあたりの料金が高くなるため、電気の使用量が多い場合、楽天でんきと契約した方が料金は安いです。

世帯で住んでいる人や、オール電化の家にお住まいの方は楽天でんきへの切り替えをご検討ください。

楽天でんきへ切り替え!

東北電力エリアの料金比較

東北電力が管轄するエリアは、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県です。

東北6県に加えて、新潟県も東北電力の管轄地域になっています。

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき東北電力
料金プランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
0円990円
電力量
(200kWh)
5,300円4,256円
合計料金5,300円5,246円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき東北電力
料金プランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
0円990円
電力量
(400kWh)
10,600円9,717円
合計料金10,600円10,707円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

楽天でんきと東北電力の料金プランをした結果、電力使用量が少ない場合は東北電力電力使用量が多い場合は楽天でんきがお得になる結果となりました。

東北電力は120kWhまでの電力使用量が安いため、一人暮らしで電気をあまり使わない人にオススメできます。

しかし使用量が多くなるの1kWhあたりの単価が楽天でんきを超えるため、電気をよく使う家庭は楽天でんきの方が電気代を節約できます。

楽天でんきへ切り替え!

東京電力エリアの料金比較

東京電力の管轄エリアは、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県(富士川以東)の1都8県です。

関東エリアに加え、静岡の一部の地域も東京電力管轄です。

東京電力にはいくつかプランがあり、楽天でんきと比較するのはベーシックなスタンダードSの料金で検証します。

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき東京電力
料金プランプランSスタンダードS
基本料金
(30A)
0円858円
電力量
(200kWh)
5,300円4,502.4円
合計料金5,300円5,360円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき東京電力
料金プランプランSスタンダードS
基本料金
(30A)
0円858円
電力量
(400kWh)
10,600円10,205.4円
合計料金10,600円11,063円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

東京電力エリアの料金を比較しますと、電気の使用量の大小にかかわらず楽天でんきの料金プランの方がお得になる結果でした。

比較した内容よりも契約アンペアを下げ、電力消費量を少なくした場合は、東京電力と契約した方がお得になるケースもあります。

ただ電気量が多い家庭の場合は、基本的に楽天でんきを利用した方が電気代を抑えれます。

楽天でんきに切り替え!

中部電力エリアの料金比較

中部電力の管轄エリアは、愛知県、三重県、岐阜県、長野県、静岡県5県です。

静岡県の一部の地域は、東京電力管轄ですのでご注意ください。

静岡県内で契約する電力会社が変わるのは、周波数が関係しています。

日本では2種類の周波数(Hz:ヘルツ)が存在し、東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツの周波数を用いていており、50ヘルツと60ヘルツの境界線にあるのが静岡県です。

そのため静岡県の富士川を境として、管轄する電力会社が違います。

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき中部電力
料金プランプランSポイントプラン
基本料金
(30A)
0円858円
電力量
(200kWh)
5,300円4,565.6円
合計料金5,300円5,423円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき中部電力
料金プランプランSポイントプラン
基本料金
(30A)
0円858円
電力量
(400kWh)
10,600円9,962.6円
合計料金10,600円10,820円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

中部電力エリアの料金を比較しますと、電気の使用量の大小にかかわらず楽天でんきの料金プランの方がお得になる結果になりました。

契約アンペアを下げ、電力消費量を少なくすれば中部電力の方が料金が安くなるケースも考えられます。

しかし電気の使用量が多くなる場合は、楽天でんきの料金プランが優れていますので、乗り換えもご検討ください。

楽天でんきへ切り替え!

北陸電力エリアの料金比較

北陸電力の管轄エリアは、富山県、福井県、石川県の北陸3県を管轄しています。

(福井県と隣接する岐阜県の一部エリアにも営業所が存在します。)

管轄する県は少ないですが、全国でも電気料金が安いのが特徴です。

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき北陸電力
料金プランプランS従量電灯ネクスト
基本料金
(30A)
0円726円
電力量
(200kWh)
4,400円3,879.2円
合計料金4,400円4,605円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき北陸電力
料金プランプランS従量電灯ネクスト
基本料金
(30A)
0円726円
電力量
(400kWh)
8,800円8,396.2円
合計料金8,800円9,122円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

北陸電力の電気料金は全国的に考えると安いです。

しかし楽天でんきと電気料金の比較した場合、電気の使用量の大小にかかわらず楽天でんきの料金プランの方がお得になる結果になりました。

契約アンペアを下げ、電力消費量を少なくすることで北陸電力と契約した方が料金を抑えられるケースも考えられますが。電気の使用量が多い家庭は楽天でんきを選択しましょう。

楽天でんきへ切り替え!

関西電力エリアの料金比較

関西電力が管轄しているエリアは、次の通りです。

  • 京都府
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 兵庫県(赤穂市福浦を除く)
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 福井県(三方郡美浜町以西)
  • 三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)
  • 岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき関西電力
料金プランプランSeおとくプラン
基本料金0円
(30A)
1,210円
(6kW)
電力量
(200kWh)
4,500円3,245.4円
合計料金4,500円4,455円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき関西電力
料金プランプランSeおとくプラン
基本料金
(30A)
0円1,210円
電力量
(400kWh)
9,000円8,534.4円
合計料金9,000円9,744円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

関西電力エリアの料金を比較しますと、電気使用量が少ない場合には関西電力の月額料金が安くなる結果になりました。

一方で電気の使用量が多くなる場合は、楽天でんきの料金プランが安いため、家族で生活しているなど電気の使用量が多い人は、楽天でんきが選択肢になります。

楽天でんきへ切り替え!

中国電力エリアの料金比較

中国電力が管轄するエリアは、広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県の5県です。

中国電力には使用量が少ない人向けの「スマートコース」と、楽天でんきと同様に基本料金0円で従量料金が変わらない「シンプルコース」が用意されています。

そのため使用量に応じて適用するプランを分け、楽天でんきと比較します。

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき中国電力
料金プランプランSスマートコース
最低料金0円227.37円
電力量
(200kWh)
4,900円4,495.63円
合計料金4,900円4,723円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき中国電力
料金プランプランSシンプルコース
基本料金0円0円
電力量
(400kWh)
9,800円10,312円
合計料金9,800円10,312円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

中国電力エリアの料金を比較しますと、電気使用量が少ない場合には中国電力の月額料金が安くなる結果になりました。

一方で基本料金0円、従量料金が変わらないプラン同士の比較では、400kWhだと楽天でんきの料金プランが安いです。

そのため家族で生活しているなど電気の使用量が多い人は、プランの見直しや楽天でんきへの切り替えをご検討ください。

楽天でんきへ切り替え!

四国電力エリア

四国電力の管轄エリアは高知県、愛媛県、香川県、徳島県の4県です。

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき四国電力
料金プランプランSおトクeプラン
最低料金0円411.4円
電力量
(200kWh)
4,900円4,399.9円
合計料金4,900円4,811円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき四国電力
料金プランプランSおトクeプラン
基本料金
(30A)
0円411.4円
電力量
(400kWh)
9,800円9,928.9円
合計料金9,800円10,340円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

四国電力エリアの料金を比較しますと、電気使用量が少ない場合には四国電力の月額料金が安くなる結果になりました。

一方で電気の使用量が多くなる場合は、楽天でんきの料金プランが安いため、家族で生活しているなど電気の使用量が多い人は、楽天でんきが選択肢になります。

楽天でんきへ切り替え!

九州電力エリア

九州電力の管轄エリアは、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島の7県です。

沖縄県については、沖縄電力が管轄する電力会社です。

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき九州電力
料金プランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
0円891円
電力量
(200kWh)
4,700円3,940円
合計料金4,700円4,831円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき九州電力
料金プランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
0円891円
電力量
(400kWh)
9,400円9,743円
合計料金9,400円10,634円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

九州電力エリアの料金を比較しますと、電気の使用量の大小にかかわらず楽天でんきの料金プランの方がお得になる結果になりました。

契約アンペアを下げ、電力消費量を少なくすれば九州電力の方が料金が安くなるケースもありますが、従量電灯Bプランは電気の使用量が多くと1kWhあたりの単価が上がります。

そのため電力使用量の多い家庭は、プラン変更するか楽天でんきへの乗り換えをオススメします。

楽天でんきへ切り替え!

沖縄電力エリアの料金比較

沖縄電力が管轄するエリアは沖縄県です。

沖縄県は、北海道の次に電気料金が高い地域となっています。

電気使用量200kWhのケース

楽天でんき沖縄電力
料金プランプランSグッドバリュープラン
最低料金0円402.4円
電力量
(200kWh)
5,400円4,764.6円
合計料金5,400円5,167円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

楽天でんき沖縄電力
料金プランプランSグッドバリュープラン
最低料金0円402.4円
電力量
(400kWh)
10,800円10,499.6円
合計料金10,800円10,902円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

沖縄電力エリアの料金を比較しますと、電気使用量が少ない場合には沖縄電力の月額料金が安くなる結果になりました。

グッドバリュープラン加入する際に確認すべき事項

  • 加入後は検針票は発行されない
    (沖縄電力の「電気ご使用実績照会サー ビス」で使用量は確認可能)
  • 支払い方法は「口座振替」または「クレジットカード」に限定
  • 離島地域(宮古・八重山・久米島など)は対象外

なお電気の使用量が多くなる場合は、楽天でんきの料金プランが安いため、家族で生活しているなど電気の使用量が多い人は、楽天でんきが選択肢になります。

楽天でんきへ切り替え!

楽天でんきへの切り替え方法

メール

大手電力会社から、楽天でんきに切り替える際の手続き方法を解説します。

東京電力など大手電力会社以外を利用している人でも、楽天でんきへ切り替える場合の手続きは同様ですので、ご参考にしてください。

楽天でんきの申し込みは予定日の1か月前から

楽天でんきを利用する際、手続きには2週間か1か月半程度かかります。

引越しで電力会社を切り替える場合は、引越し予定日に合わせて利用できるよう準備しないと、電気が使えません。

楽天でんきが利用できる確認が終わりましたら、いま契約している電力会社へ解約の申し込みをしてください。

引越しする際はブレーカーを下げる

引越しして住まなく部屋のブレーカーは、退去時に下げてください。

ブレーカーを上げておくと、電気が流れ電気代が発生します。

また電気が通っていると、コンセントなどから火災が発生することも考えられるため、万が一のトラブルを防ぐためにも、退去時にはブレーカーを確認しましょう。

楽天でんきの契約アンペアは30Aから

楽天でんきと契約する際、注意点しなければいけないのが契約アンペアです。

楽天でんきへ乗り換える場合、現在使用している電気の契約容量が20アンペア以下だと利用することができません。

そのため楽天でんきを利用する前に、20アンペア超に契約内容を変更してから、楽天でんきへの乗り換え申し込みをしてください。

電気契約の変手続きはコチラ!

大手電力会社への新規申し込み、乗り換えにつきましては、下記のリンクまたは電話番号より手続き可能です。

新規申し込み・乗り換え手続きの申し込み先

申し込み

新規申し込みはコチラ!

引越し手続きの申し込み先

引越し

引越し手続きはコチラ!

 

楽天でんきへの乗り換えについてのまとめ

引越しするタイミングで、楽天でんきへ乗り換えポイントをまとめました。

楽天でんきのポイント
  • 電気使用量が多い場合はお得!
  • 電気代に応じて楽天ポイントが貯まる
  • 新規契約で3,000ポイント
  • 引越しする際は1ヶ月半前に連絡する
  • 楽天ガスとセットで更にお得

楽天でんきは、電気契約単体で考えても大手電力会社よりも安く利用することも可能です。

特に電気使用量が多くなるオール電化や複数人で住んでいるご家庭の場合、楽天でんきへ切り替えた方が電気代はお得になります。

引越し時期を逃すと電気・ガスなど契約の見直しを行わなくなります。

そのため引越しのタイミングや、いま楽天でんきをチェックしているこの機会を逃さず、電気契約の乗り換えについて1度ご検討ください。

 

楽天でんき

楽天でんきへの変更手続きはコチラ!

地域別!大手電力会社一覧

日本には東京電力を筆頭に、10社の大手電力会社が存在します。
地域ごとに管轄エリアが異なりますので、お住まいの都道府県を確認してください。

電力会社名管轄エリア手続きサイト
北海道電力
  • 北海道
北海道電力申し込み!
東北電力
  • 青森県
  • 岩手県
  • 秋田県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
東北電力申し込み!
東京電力
  • 東京都
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 静岡県
    (一部)
東京電力申し込み!
中部電力
  • 愛知県
  • 三重県
  • 岐阜県
    (一部)
  • 静岡県
    (一部)
  • 長野県
中部電力申し込み!
北陸電力
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
    (一部)
  • 岐阜県
    (一部)
北陸電力申し込み!
関西電力
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 福井県
    (一部)
関西電力申し込み!
中国電力
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
中国電力申し込み!
四国電力
  • 高知県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
四国電力申し込み!
九州電力
  • 福岡県
  • 大分県
  • 長崎県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
九州電力申し込み!
沖縄電力
  • 沖縄県
沖縄電力申し込み!