東京電力と東京ガスの料金比較!電気ガスセットはどちらがお得!?

東京電力と東京ガス

可能なら電気代・ガス代ともに安くしたいですよね。

大手電力会社の東京電力と都市ガス大手の東京ガスは、両社とも電気・ガスのプランを用意しており、電気ガスはセット利用するのがオススメです。

そこで本記事では、『電気料金』・『ガス料金』・『セット割引』の3つの視点から、東京電力と東京ガスはどちらがお得なのか?を比較していきます!

東京電力の電気料金プランは3種類!

電球

東京電力の電気料金プランは、「スタンダードプラン」・「プレミアムプラン」・「夜トクプラン」の3種類に分類されます。

各プランには特徴的があり、生活スタイルによって最適なプランは変わってきますので、ご紹介します。

スタンダードSは東京電力の中心的なプラン

スタンダードプラン (1年契約/2年契約)

スタンダードプランにはスタンダードSスタンダードLの2種類あり、契約する場合には基本的にスタンダードSが選択肢になります。

スタンダードSは、10Aから60Aまで自由に選択できるため、一人暮らしから家族世帯まで幅広い層が利用しやすいように設計されているプランです。

生活スタイルによっては、次に紹介しますプレミアムプランや夜トクプランの方が電気代がお得になるケースもあります。

ただ「どのプランすればいいかわからない!」って方は、スタンダードSを選べば大きな間違いはありません。

スタンダードSプランの料金表(1か月の税込み金額)

基本料金 10A 286.00円
15A 429.00円
30A 858.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh 19.88円
121kWh〜300kWh 26.46円
301kWh〜 30.57円

※関東エリアのプラン料金
※最低月額料金は235.84円

電気
東京電力の引越し手続きを徹底解説!解約・変更手続きと連絡方法のまとめ東京電力の引越し手続き解説!電気は引越しする時に必ず手続きしなければなりません。 もし手続きを忘れていると、引越し先で電気が利用できないことも。 また東京電力の管轄外に引越し方は、引越し先で利用する電力会社への連絡を忘れずにしてください。...

プレミアムプランは電気の使用量が多いと向け

プレミアム (1年契約/2年契約)

プレミアムプランは電気使用量が多い人向けのプランで、プレミアムSプレミアムLの2種類あります。

『プレミアムS』と契約する目安は、電気代として毎月10,000円以上支払っている人です。

複数人で暮らしている家庭の場合、電気代が10,000万円を超えることもありますので、そのような場合には、プラミアムプランが選択肢になります。

一方で、一人暮らしの電気代は数千円で収ることがほとんどなので、プラミアムプランと契約すると割高になってしまう可能性もあります。

したがって一人暮らしの場合には、プレミアムではなくスタンダードSと契約するのがオススメです。

プレミアムSプランの料金表(1か月の税込み金額)

基本料金 10A 286.00円
15A 429.00円
電力量料金 〜400kWhまでの料金 9,879.63円
401kWh〜 26.46円
(1kWhあたり)

夜トクプランは夜に多く電気を使う人向け

夜トクプラン

夜トクプラン』は、1kWhあたりの日中と夜の電気料金単価が特徴のプランです。

夜トクプランと契約すると、夜の電気代は日中に比べて2/3になりますので、夜に洗濯など電気をよく使う人や、日中自宅にほとんどいない人にオススメできます。

また夜トクプランには、『夜トク8(エイト)』と『夜トク12(ジュウニ)』の2種類のプランが用意されています。

出典:夜トクプラン(TEPCO)

夜トク8は、午後11時から午前7時までの8時間がお得になるプランです。

お得になる時間帯は短いですが、その分夜の電気代はかなりやすくなっているため、一人暮らしで日中自宅にいない人や、早朝に洗濯をする方にオススメできます。

夜トク8(エイト)の料金表(1か月の税込み金額)

基本料金
(1kWhあたり)
214.50円
電力量料金
(1kWhあたり)
午前7時~翌午後11時 32.74円
午後11時~午前7時 21.16円

『夜トク12(ジュウニ)』は、午後9時から午前9時までの12時間の電気代が安くなるプランです。

夜トク8よりも電気代の単価は高くなっていますが、電気代の安くなる時間帯は1.5倍になっているため、共働きしている家庭でも契約しやすくなっています。

夜トク12(ジュウニ)の料金表(1か月の税込み金額)

基本料金
(1kWhあたり)
214.50円
電力量料金
(1kWhあたり)
午前7時~翌午後11時 34.39円
午後9時~翌午前9時〜 22.97円

夜トク8も夜トク12も、プランの性質上、日中に電気をよく利用する人にはオススメできません。

専業主婦(主夫)や、在宅ワークにより、1日中電気を利用する人は、トータルで考えるとスタンダードSプランの方がお得になる可能性が高いです。

しかし生活スタイルが一定であり、夜にしか電気をよく使わない人にとっては、電気料金を安くできるプランになっています。

東京電力デメリット
東京電力で電気ガス契約をまとめるのは損?デメリットもしっかり解説!電力自由化に伴い、他業種でも電気販売が可能になりました。 新規参入する会社は、既存の電力会社よりも魅力的なプランを打ち出さないと契約をもぎ取れませんので、キャンペーンやお得なプランを打ち出しています。 東京電力も新規参入事業者に対抗するためのプランを用意していますが、用意したプランが魅力的かどうかは別問題です。 なので今回は、東京電力で電気ガス契約をする際のデメリットをガッツリ紹介します!...

東京ガスで選べるできる電気料金プラン

比較

東京ガスで電気を使用する際に選択肢となるプランは、「ずっとも電気1s」と「ずっとも電気1」です。

大きく分類すると「ずっとも電気1s」は一人暮らし向けのプラン「ずっとも電気1」は家族世帯向けのプランとお考えください。

「ずっとも電気1s」は一人暮らし向けのプラン

「ずっとも電気1s」は、一人暮らしや電気代を節約したい人向けのプランです。

10Aから契約可能なので、あまり電気を利用しない人でも損しない料金設計になっています。

あまり電気を使わない人であれば、ずっとも電気1sがオススメです。

ずっとも電気1sの料金プラン(1か月の税込み金額)

基本料金 10A 286.00円
15A 429.00円
30A 858.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh 19.85円
121kWh〜300kWh 25.35円
300kWh〜 27.48円

「ずっとも電気1」は家族向けのプラン

「ずっとも電気1」は、電気使用量が多い家族世帯や自宅で仕事をしている人向けのプランです。

141kWhからの料金単価は「ずっとも電気1s」よりも安いため、電気をより安く使いたい方は選択肢になります。

注意点としては、「ずっとも電気1」が契約できるアンペアは30Aからとなっています。

アンペアが高いと、基本料金が高くなりますので、30Aも必要ない場合にはずっとも電気1sと契約した方がいいかもしれません。

ずっとも電気1の料金プラン(1か月の税込み金額)

基本料金 30A 858.00円
40A 1,144.00円
50A 1,430.00円
電力量料金
(1kWh)
〜140kWh 23.67円
141kWh〜350kWh 23.88円
351kWh〜 26.41円
電気ガスセット
電気・ガスはまとめないと損!オススメセットプラン4社を紹介!電気とガスは、バラバラに契約するよりも同じ会社でまとめた方が得です。 別々の会社と契約すると、セット割引が適用できませんので損をします。 そんな電気ガスセットプランについての内容と、セット利用する際のオススメ会社を3つご紹介します!...

東京ガスの方が東京電力よりも電気代は安い

電気

それでは東京電力と東京ガスの電気料金を比較します。

比較する電気料金プランは、東京電力は「スタンダードS」東京ガスは「ずっとも電気1s」です。

電気料金の基本的な計算は、基本料金と電力量料金(使用した分の料金)を合計した金額です。

東京電力と東京ガスの電気料金比較

東京電力 東京ガス
プラン スタンダードS ずっとも電気1s
基本料金(30A) 858円 858円
電力量(200kWh) 4,502.4円 4,410円
合計料金 5,360円 5,268円

 

東京電力と東京ガスの電気料金を比較した場合、東京ガスのプランの方が安い結果になりました。

大手電力会社よりも、新電力の東京ガスの方がガス代を安くできるのは意外かもしれません。

もちろん新電力といっても、電気の供給網は同じなので、停電リスクが上がる心配もありません。

基本料金の値段と使用量に応じた値段によって、料金に差が生まれますので、比較する金額は目安としてください。

東京ガス

出典:電気のこと(東京ガス)

東京電力から東京ガスに乗り換える!

東京電力のガス料金プランは3種類!

ガス

東京電力(関東地方)のガス料金プランは、「とくとくガスプラン」・「とくとくガスAPプラン」・「とくとくガス床暖房プラン」の3種類用意されています。

東京電力でガスを利用するなら『とくとくガス』

東京電力でガスを利用する際は、基本的に「とくとくガスプラン」がオススメです。

最大の理由は、ガス料金が契約してから12か月、8%OFFになるからです。

東京ガスの一般料金より約3%OFF! + 「スタート割」で12ヶ月5%OFF!

スタート割の適用は最初の12か月間のみとなりますが、3%OFFに期間設定はありません。

とくとくガスプランの1か月料金表

1か月のガス使用量 基本料金(円) 従量料金(円・m³)
0m³から20m³まで 736.23円 140.94円
20m³を超え80m³まで 1,024.32円 126.54円
80m³を超え200m³まで 1,195.04円 124.40円
200m³を超え500m³まで 1,835.24円 121.20円
500m³を超え800m³まで 6,103.24円 112.67円
800m³を超える場合 12,078.44円 105.20円

Amazonプライムが利用できる「とくとくガスAPプラン」

「とくとくガスAPプラン」は、契約するとAmazonプライムが利用できる特典のあるプランです

Amazonプライムの年会費4,900円(2021年3月現在)かかりますので、「とくとくガスAPプラン」と契約すると4,900円分の費用が浮く計算に。

更に、Amazonギフト券3,000円分がもらえる特典も用意されているため、Amazonを利用する人にはオススメできるプランになっています。

料金比較表

出典:東京電力

ガス床暖房を使いたい人向けの「とくとくガス床暖プラン」

ガスの床暖房を使用したい人向けに、「とくとくガス床暖プラン」があります。

東京ガスにもガス床暖房のプラン(暖らんぷらん)がありますが、「とくとくガス床暖プラン」も料金的にはほぼ同額(「とくとくガス床暖プラン」の0.1円安い)となっています。

ガス床暖を利用しない方は、契約する意味がありませんが、ガス床暖を利用する人はこちらのプランも選択肢にいれてください。

とくとくガス床暖

出典:とくとくガス床暖プラン(東京電力)

東京ガスのガス料金プランは5種類

東京ガスのガス料金プランは5種類もあります。

一般家庭用プラン以外にも、特定のガス機器を利用している人向けのメニューも用意されています。

料金プラン

料金プラン

  • 暖らんぷらん
  • エコウィル発電エコぷらん
  • エネファーム発電エコぷらん
  • ずっともガス
  • 一般料金

「一般料金」はスタンダードなプラン

東京ガスの一般料金プランは、スタンダードなプランとなっています。

そのため「とりあえず都市ガスを使いたい!」って方は、一般料金プランを選びましょう。

一般料金の1か月の料金プラン

1か月のガス使用量 基本料金(円) 従量料金(円・m³)
0m³から20m³まで 759.00円 145.31円
20m³を超え80m³まで 1,056.00円 130.46円
80m³を超え200m³まで 1,232.00円 128.26円
200m³を超え500m³まで 1,892.00円 124.96円
500m³を超え800m³まで 6,292.00円 116.16円
800m³を超える場合 12,452.00円 108.467円

『ずっともガス』1か月に20m³以上ガスを利用する人向け

1か月のガス使用量が多い方については、「一般料金」ではなく「ずっともガス」が選択肢になります。

なんと言っても、東京ガスがホームページ上で20m³以上をガスを利用する場合、「ずっともガス」の方がお得になると回答しています。

Q.「ずっともガス」とは何か?
A.回答
・毎月のご請求額に応じて、1,000円につき5ポイントのパッチョポイントが付与される料金プランです。
ポイント分を加味した料金で比較すると、1ヶ月に20m3以上ガスを使用する場合に、一般料金よりもおトクになります。

出典:「ずっともガス」とは何か?(東京ガス)

ポイントを考慮しない場合には、一般料金が選択肢となりますので、好みに合わせてプランをチョイスしてください。

ずっともガスの1か月の料金プラン

1か月のガス使用量 基本料金(円) 従量料金(円・m³)
0m³から10m³まで 759.00円 160.16円
10m³を超え80m³まで 1,056.00円 130.46円
80m³を超え200m³まで 1,232.00円 128.26円
200m³を超え500m³まで 1,892.00円 124.96円
500m³を超え800m³まで 6,292.00円 116.16円
800m³を超える場合 12,452.00円 108.46円

東京ガスよりも東京電力の方がガス料金は安い

ガス

都市ガス料金を比較しますと、東京ガスよりも東京ガスの方が料金は安くなる結果となりました。

比較する料金プランは、東京電力は「とくとくガスプラン」、東京ガスは「ずっともガス」です。

東京電力と東京ガスのガス料金比較

東京電力 東京ガス
プラン とくとくガスプラン ずっともガス
基本料金(20m³) 736.23円 1,056.00円
使用量(20m³) 2,818.8円 2,609.2円
合計料金 3,555円 3,665円

なお実際のガス料金には、割引制度や原料費調整による調整額が加算・減算されますので、料金表の金額とは少し異なります。

また月によって従量料金は変動しますので、比較料金は目安としてお考えください。

【セット割引】東京電力と東京ガスのプランの違い

節約

それでは3つ目の比較となります、電気ガスセット利用による割引内容を比較します。

【東京電力】ガスセット割の適用

東京電力は、電気を「スタンダードS」、ガスを「とくとくガスプラン」で契約すると、ガスセット割の適用となり、ガス代が12か月8%OFFになります。

またWEBから電気とガス契約の申し込みを行うと、T-POINTやPONTAなど主要のポイントカードを1,000ポイントGETできます。

Webからの電気+ガスのお申込みで最大1,000ポイントプレゼント!※5
東京電力デメリット
東京電力で電気ガス契約をまとめるのは損?デメリットもしっかり解説!電力自由化に伴い、他業種でも電気販売が可能になりました。 新規参入する会社は、既存の電力会社よりも魅力的なプランを打ち出さないと契約をもぎ取れませんので、キャンペーンやお得なプランを打ち出しています。 東京電力も新規参入事業者に対抗するためのプランを用意していますが、用意したプランが魅力的かどうかは別問題です。 なので今回は、東京電力で電気ガス契約をする際のデメリットをガッツリ紹介します!...

【東京ガス】ガスとのセット利用で電気料金が割引になる

東京ガスでは、ガス・電気セット割の適用で、電気料金が毎月の料金を安くなります。

割引は「ずっとも電気1s」と「ずっとも電気1」のどちらで契約するかで内容は少し異なります。

ずっとも電気1s
毎月の電気料金の基本料金および、電力量料金の合計額(税込)から、当該合計額に0.5%乗じた額を割引

ずっとも電気1
毎月の電気料金の基本料金から275円(税込)を割引

割引される金額は小さいと思うかもしれませんが、電気は毎月必ず利用しますので、長期定期に考えるとバカならないお金になります。

またWEB限定キャンペーンとして、東京ガスと電気契約をすると3,000円相当のポイントを取得することも可能です!

電気を新規でお申し込みいただくと、今なら3,000円分相当のポイント/ギフトカードをプレゼント。くわしくはこちら出典:東京ガス

東京ガス申し込み!

期間限定ですが、電気料金の1年分の割引と同等の得点ですので、いま東京ガスを利用している人は、電気も東京ガスに変えることも検討しましましょう!

ガス
ガスの引越し手続きでやるべき利用停止・開始作業を徹底解説!生活をする上でガスは欠かせませんので、引越し時にはガスの変更手続きをしましょう。 また住んでいた住まいのガスは、解約の連絡と閉栓手続きが必要です。 そして転居先についてはガスの開栓作業が必要になりますので、早めに手続きしないとガスが使えない状態に。またガスの利用を止めないと、ガス代を二重払いすることになりますので、余計な出費を出さないためにも、引越し時のガスの解約・新規手続き方法についてご説明します。...

トータルで考えると東京電力で電気ガスセットを利用した方がお得

オススメ

電気料金、ガス料金、セット割の内容の3種類を比較しました。

  • 電気料金⇒東京ガスの勝ち
  • ガス料金⇒東京電力の勝ち
  • セット割の内容⇒東京電力の勝ち

3種類の勝敗を踏まえると、電気ガスセット割引を考慮しなくても東京電力と契約した方がお得との結論になりました。

電気ガスの合計料金の比較

東京電力 東京ガス
電気料金
(30A・200kWh)
5,360円
(スタンダードS)
5,268円
(ずっとも電気1s)
ガス料金
(20m³)
3,555円
(とくとくガスプラン)
3,665円
(ずっともガス)
合計料金 8,915円 8,933円

電気ガスの利用量によっては、お得になる金額は変動しますが、一般的に使用する分には東京電力のプランが魅力的です。

また東京電力と東京ガスのいずれを使うにしても、契約する会社は一つにまとめた方がお得です。

いま契約の見直しを検討している人や、これから引越しを行う方は、この機会に電気とガスの料金をシミュレーションし、契約を一本化しましょう!

東京電力で電気ガスをセットで利用!

CMでもよく見る地域電力は安心感が魅力!ここから申し込めるよ!
少しでもお得に使いたい人は新電力!一度値段を確認してみよう!
新電力 申し込みページ