梅雨の時期は引越し費用が安い!?6月の引越し費用の相場について

6月引越し

6月は引越し費用を抑えるチャンス!

6月は3月から4月までの引越しシーズンと比較すると引越し代金が安い傾向にあり、なんと3~4月の半額以下で引越しすることも可能です。

またより引越し料金を安くするためには、6月に引越す以外にもポイントがありますので、ぜひ確認してください!

6月の引越し相場について

引越し一括見積もりサイト大手『引越し侍』が実施したアンケートでは、6月の引越し費用の平均相場はこのようになっています。

6月の引越し費用相場

引越し人数1人2人3人4人
料金相場32,500円57,000円61,750円86,000円

出典:6月の引越し見積もり費用の相場(引越し侍)

3月の引越し費用相場

引越し人数1人2人3人4人
料金相場60,374円102,012円122,595円122,958円

出典:3月の引越し見積もり費用の相場(引越し侍)

アンケートによる回答なので、引越し人数で金額にバラツキがありますが、6月の引越し料金は、3月の引越し料金相場の半分程度になっています。

つまり引越し時期を6月にするだけでも、引越し料金を安く済ませることも可能になります。

6月は梅雨時期なので引越しを避ける人が多い

6月は梅雨時期です。

引越しする日が雨の確率は他の月よりも高いため、わざわざ6月に引越ししたと思う人はほとんどいません。

ただ引越しする人が少ないことは、引越し料金を安くするためには利点になります。

なぜなら引越し業者は、キャンペーンを実施しないと集客できないので、引越し料金がどんどん割引になるからです。

引越しするのに適さない時期ほど引越し料金は安くなる

梅雨時期の引越しを想像してみてください。

  • 気温は30℃近くまで上昇
  • 雨の日が多く、湿度は高め
  • 引越し日に雨が降る確率は高い
  • ジメジメして汗が出る

正直、6月は引越しにはあまり適さない環境です。

ただ引越しに適さない環境だからこそ、引越しに向いています。

競争が激しい業界では、需要と供給のバランスが値段に大きく影響します。

たとえば需要に供給が追いつかなければ、料金はどんどん値上がりしますが、需要が少ない場合には供給する立場の引越し業者は顧客の奪い合いになります。

つまり引越し需要が少なければ、引越し業者の間でキャンペーンや値引きが積極的に実施されるので、利用者は自分がお得に引越しできる業者が選び放題に。

そのため6月は、他の月よりはるかにお得にできる月といえます。

引越し業者に依頼すれば雨の影響はほとんどない

雨の日に荷物を運搬するのは大変ですが、引越し業者に依頼すれば問題ありません。

荷造りは部屋の中で行いますので、雨は関係ありませんし、運搬は引越し業者が行うので引越しする本人は身体一つ引越し先に移動するだけでOKです。

また引越しの運搬時は基本的に段ボールに詰めて運搬しますので、多少雨が降っても荷物に影響はそれほどありません。

家電などに関しても引越し業者は雨が当たらないように配慮しますので、雨だから家電が壊れる!荷物が濡れる!みたいな心配はあまり必要ないです。

引越し需要が少ない6月は希望日に引越しが可能

引越しシーズンに引越す場合、希望日に引越すためにはできるだけ早めに予約をしなければなりません。

とくに休日については、引越し予約が可能となる1か月前の時点から予約がドンドン埋まっていきます。

ただ6月に引越す場合、そこまで引越し予定日に神経質になる必要はありません。

なぜなら引越しする総数が少ないため、予約に余裕がある状況はある程度続くからです。

もちろん休日や引越し日直前で、希望日に引越すのは難しいですが、他の月と比較すると希望に沿った形での引越しが可能となります。

6月の引越し費用が安い日と少しでも値段を下げる方法

money

6月に引越しすだけで、他の月に引越すよりも多少費用は抑えられます。

しかし引越し費用を極限まで安くしたい場合には、もう少しポイントを抑える必要があります。

平日なら火・水・木曜日が特に料金がお得になる傾向

平日と休日を比較した場合、間違いなく平日に引越した方が料金は安いです。

ただ平日であっても、曜日によって料金は異なります。

たとえば月曜日や金曜日は土日と組み合わせて有休を取得しやすいため、平日の中では料金が高め。

逆に火曜日・水曜日・木曜日は引越し費用が抑えられる傾向にあり、大手引越し業者も平日中日の引越しをおすすめしています。

繁忙期の3月、4月のほか、月末、金・土・日曜、祝日、大安などは引越しの予約も多くなりますので、お値引きがしづらくなります。逆にそれ以外の日にちに関しては、大幅なお値引きも可能となりますので、料金を重視する方は平日のお引越をおすすめいたします。

出典:見積り・決済に関する質問(アート引越センター)

月末や大安は避けること

平日であっても、月末や大安は引越し需要が多いです。

月末に引越しが多いのは、家賃の更新が月末のケースが一般的なため。

また大安は、総じて縁起がいい日とされていますので、平日を狙って引越す人が一定数います。

ただ月末や大安に引越す場合と、それ以外に引越す場合で、引越し内容が変わることはありません。

変わるのが引越し料金だけ。

そのためこだわりが無い場合は、月末や大安を避けて引越しするのをオススメします。

引越し予約は1日でも早く連絡する

引越し業者は、少しでも収入の見通しを立たせるために、少しでも早く引越し予約を入れてもらうために行動します。

とくに引越し需要が少ない6月は、1日でも早く予約で予定を埋めたいのが引越し業者の本音です。

そのため引越し業者選びは、1日でも早く行った方が実はお得になるケースがほとんどです。

複数の引越し業者に見積もりを取る

引越し費用を抑える一番の有効手段は、複数の引越し業者に見積もり依頼をすることです。

定価の引越し料金は、引越し業者によって金額は異なりますので、必ず複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。

なお複数の引越し業者に見積もり依頼をする場合は、『引越し一括見積もりサイト』の利用をオススメします。

引越し一括見積もりサイトは、本人に代わって引越し料金の見積もり依頼をしてくれます。

また無料でサイト利用できるため、使うことにより費用は発生しません。

引越し費用は今日見積もってもらうのが一番安い!

引越しする日にちが決まっている人は、一日でも早く引越し業者を決めましょう。

なぜなら引越し費用の見積もりは、早ければ早いほどお得になるからです。

そのため引越し日が決まったら、引越し一括見積もりサイトを利用し、早めに依頼する業者を決めた方が費用を安く抑えられます!

6月の引越し費用の相場とポイントのまとめ

6月の引越し費用の相場とポイントのまとめです。

6月の引越し相場
  • 6月は引越し料金が安い
  • 梅雨時期なので引越し作業はしにくいが、その分引越しする人が少ない
  • 狙い目は平日の火・水・木

6月は引越し需要が低い時期なので、引越し費用を抑えるチャンス。

また引越し費用は、引越し業者によって異なりますので、引越し一括見積もりサイトなどを利用し、少しでもお得に引越ししましょう!

 

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較