一人暮らしの飲み水事情。水道水以外のコスパがいい水の選び方!

water

普段ペットボトルの水を飲んだり、職場でウォーターサーバーを利用していると、水道水を飲むことをためらってしまいますよね。

一人暮らしはできるだけコストを抑えて生活したいですので、一人暮らしの飲み水事情と、オススメの飲料水をご紹介します。

目次
  1. 一人暮らしで水道水を飲むのはアリ?ナシ?
  2. 一人暮らしで水道水の代わりになる飲み水の種類
  3. 一人暮らしが浄水器を導入するメリット・デメリット
  4. 一人暮らしがペットボトル水を利用するメリット・デメリット
  5. 一人暮らしがウォーターサーバーを利用する際のメリット・デメリット
  6. 一人暮らしなら浄水器とウォーターサーバーの2択
  7. 一人暮らしにオススメの浄水器の種類
  8. 一人暮らしにオススメのウォーターサーバー3選!
  9. 一人暮らしにオススメできる飲み水のまとめ

一人暮らしで水道水を飲むのはアリ?ナシ?

water pipe

水道水が問題なければ、わざわざ水を購入する必要ないので、そもそも水道水を飲んで大丈夫なのか疑問に思うかもしれません。

なので最初に水道水を飲料水として使用するのは、アリナシかをお話しします。

日本の水道水は極めて優秀

日本の水道水は極めて優秀であり、家庭の蛇口から出る水の品質に問題はありません。

小学校や中学校時代、普通に蛇口から出る水を飲んでいたと思いますが、身体に問題が出た人はいらっしゃるでしょうか。

基本的に水道水を飲料水として使用して大丈夫です。

ただ懸念点を挙げるとすれば、水は水道管を通って蛇口から出てきますので、水道管にトラブルがある場合は水質に問題が出る可能性もあります。

水道管の老朽化が社会問題なりつつある現状を考えると、臭いなどで違和感を覚える場合は、飲料水としての使用を控えたほうがいいかもしれません。

水道水のカルキ臭を強く感じてしまう人もいる

水道水の水質が問題ないといっても、飲み水として適しているかは別問題です。

水は無味無臭ですが、水道水は法令で塩素消毒することが義務付けられているため、消毒する過程においてカルキ臭が発生するケースもあります。

カルキ臭は水道を塩素消毒する際に発生する臭いであり、水道の品質を守るために消毒している証拠です。

浄水場で臭いの原因などは可能な限り除去されていますが、水道水を使用している以上、カルキ臭や塩素臭は多少なりとも出てしまいます。

臭いに敏感な人は、水道水を飲料水として使うのがキツイ方もいらっしゃるので、その際は別の方法で水を飲むようにしましょう。

水道水を飲み水として使うことに抵抗感がある場合も

水道水を飲んでも健康上の問題がないとしたとしても、感覚として水道水を飲むことに抵抗を感じる人はいるかもしれません。

水は毎日欠かすことなく補給しなければいけませんが、水道水を飲むのに抵抗感を覚えるのなら、それだけでストレスになります。

一人暮らしは自分の意志で生活をコントロールできるのが強みです。

浄水器やウォーターサーバーを使用すればカルキ臭のストレスから開放されるため、生活水準を上げるために水道水を飲まない選択もアリです。

OK
一人暮らしの水道代はどれくらい?引越し前に確認すべき1か月の水道光熱費他の人が毎月どれくらい水道光熱費を支払っているのか気になりますよね。 水道光熱費で注目するのは水道代で、水道料金は地域によってかなり開きがありま、同じ水道使用量を使っていても水道代が2倍以上になるケースも珍しくありません。...

一人暮らしで水道水の代わりになる飲み水の種類

water

一人暮らしで水道水以外を飲み水として使用する場合、3種類の選択肢があります。

飲み水の選択肢
  • 浄水器
  • ペットボトル
  • ウォーターサーバー

浄水器は水道水を飲むことになりますが、水道水が飲めない人の多くが抱えているカルキ臭を抑えられますし、安いものなら数千円で購入できるので導入コストが低いのも特徴です。

ペットボトルは毎回新鮮な水を飲むことができますし、硬水・軟水など種類を選べます。

ペットボトルの大きさも選べるので、外出先に持参する際に運びやすい利点もあります。

ウォーターサーバーは品質管理も万全であるほか、すぐに温水・冷水が飲めるため生活水準を上げられる一品。

水は確実に毎日飲むものなので、水の価値を上げるとQOL(クオリティ・オブ・ライフ)も向上します。

これら3種類は、それぞれに特徴がありますので、次章からご説明するメリット・デメリットを比較していただき、自分にあったものを飲み水として使ってください。

一人暮らしが浄水器を導入するメリット・デメリット

water

一人暮らしが水道水の代わりとして、最も導入しやすいのは浄水器です。

水道水を飲みたくない人は、最初に浄水器を導入するといいでしょう。

メリット①水道水特有の臭いを除去できる

浄水器はその名の通り、水をろ過して浄水する機能を持った機器です。

浄水器内に入っているフィルターやカートリッジで、水道水に含まれている塩素などを取り除くことで、カルキ臭や塩素臭がしなくなります。

またフィルターは交換できるようになっているため、衛生面で不安になることもありません。

フィルターの交換や種類によって違いますが、1年・2年単位で交換するので頻繁にフィルターを変える必要はなく、日常では特に気にせず使い続けることができます。

メリット②節水などの便利機能を使える

浄水器は水をろ過する以外にも機能が備わっている種類もあり、節水機能はシンプルに水の使用量が抑えられるため、水道代を節約できます。

水道代の節約分と浄水器を購入費用を相殺できれば、実質的な負担額は少なくなりますし、シャワー式の切り替え機能は家事をする際に便利です。

メリット③導入する際のコストが安価

浄水器の最大のメリットは、安価に導入できる点

安いものは数千円で購入できるため、ペットボトルの水を毎日飲む人は、1か月で浄水器代の元が取れます。

フィルターも頻繁に交換するものではないため、費用面での負担も少ないです。

また引っ越しする際も浄水器は小さいので、引越し先に持参することも可能です。

水道料金
引越したら水道代が高くなった!?料金は地域で変わるので要注意!水道料金は地域によって大きく異なり、全国水道代の格差は最大8倍あるといわれています。 引越し前の地域よりも水道代が2倍になれば、月5,000円だった水道代が1万円と、毎月5,000円も支出が多くなります。 引越ししてから、水道代の高さに気がついても遅いですので、今回は水道料金が高くなる仕組みと、引越し時のポイントについて解説します。...

デメリット①手入れをしないと臭いが発生する可能性もある

臭いの原因は、塩素以外にも微生物が関係していることもあります。

浄水器は機器なので、手入れをしないと汚れが付着して不衛生となり、ろ過しているはずなのに臭いを感じることも。

浄水器は蛇口に取り付ける形以外に、ポット型や据え置き型があり、手入れをしないで使用し続けると臭いが発生する可能性もあるのでご注意ください。

デメリット②フィルターは定期的に交換しないといけない

浄水器はフィルターやカートリッジには使用期限があり、期限を過ぎるとろ過する効果が得られない可能性があります。

使用し続けることで細菌などが発生して、浄水するために設置したにもかかわらず、繁殖する要因にもなりかねません。

またフィルターを交換する際は、購入する必要があるため、維持コストが若干発生します。

高額な商品ではありませんが、買い切りではない点にはご注意ください。

デメリット③水道水を飲むことには変わりない

水道水を避ける理由の一つには、水道水を飲むこと自体が苦手な場合もあります。

実際に臭いがしていなくても、過去の実体験から水道水は臭いがすると思い込んでしまうケースは意外と多いです。

浄水器でいくらろ過したとしても、水道水を飲んでいることには変わりありませんので、水道水を飲むのが苦手な人は他の選択肢を検討してください。

一人暮らしがペットボトル水を利用するメリット・デメリット

water

水道水以外で水を飲む方法としてすぐに思いつくのが、ペットボトル水です。

ペットボトル水は手に入りやすい一方、比較するとそこまで安価ではないので注意が必要です。

メリット①日によって水の種類を変えられる

ペットボトルの水は、数多く存在し、海外のものも含めると限りありません。

日本の水は軟水ですが、海外の水は硬水が一般的であり、双方では味や飲み口が想像以上に異なります。

水を用途に応じて使い分ける場合、ペットボトルが便利であり、新製品が出ればすぐに飲めるのもポイントです。

蓋を開けなければ常温で保管できるので、いろいろな種類を飲みたい場合は、ペットボトルが便利です。

筆者が軟水・硬水の飲んだ感想

軟水

  • ツルッと飲める
  • 食べ物を喉に通すのに最適
  • 飲みごたえは少ない
  • 水だけで楽しめる人は多くない

硬水

  • 飲みごたえ抜群
  • 炭酸水などと同じジャンル
  • 薬などを飲むのには向かない

メリット②容器のサイズを選べる

ペットボトルは350mlから2Lまで種類が多くあるため、サイズを選べます。

色々な種類の水を試しに飲んでみたい場合、一番小さい容器で購入すれば、口に合わないときでも最小限の出費で抑えられるのがポイント。

一方、自宅で毎日飲むのであれば、2Lの容器で購入すればコスパが良くなります。

飲み終わったペットボトルは、他の用途や飲み物の容器としても活用できます。

メリット③容器ごと持ち運びが可能

熱中症対策で水を定期的に飲むことは大事ですし、毎日自動販売機で飲み物を購入するのも結構支出が多くなります。

1日2本自動販売機で水を購入したとすると、1本150円だとしても1日300円、年間の出勤日(250日)換算すると、7万5千円です。

しかしネットやスーパーでまとめて購入すれば、500mlは1本あたり50円から100円程度で購入できるため、2万円から5万円程度節約することも可能。

また500mlの容器が大きい場合、350mlを使うこともできるなど、ペットボトルの利便性を活かせますし、飲み終わったら職場のゴミ箱に捨てられます。

デメリット①毎回購入する必要がある

ペットボトルは自分で購入しなければならず、水は単純に重いのでスーパーでまとめ買いする際は大変です。

ネットで購入するすれば問題ありませんが、購入するのを忘れれば水道水を飲むことになるため、不足がないかチェックする必要があります。

デメリット②ペットボトルがゴミになる

自宅でペットボトルの水を飲む場合、ペットボトルがゴミになります。

一人暮らしだとゴミはできるだけ少なくして、ゴミ捨ての回数は減らしたいもの。

浄水器であればゴミは数年に1度のフィルター交換だけしかゴミは出ませんので、ゴミを極力出したくない人にとってペットボトル水はマイナスです。

デメリット③実はそこまで安くはない

ペットボトル水はスーパーやインターネットで安く購入できますが、それは比較対象が炭酸水や清涼飲料水など、他の飲み物だからです。

『水』の括りで考えると、水道水なら1Lの単価は1円もかかりません。

水道水の臭いが気になる人は、数千円で浄水器を購入すれば1か月で元を取れますので、ペットボトルで水を購入するよりも圧倒的にコスパがいいです。

水の種類にこだわりたい人や、いろいろな水を飲みたい人はペットボトルで水を買うのもアリですが、少しでも節約したいなら他の選択肢を選んだほうがいいでしょう。

一人暮らしがウォーターサーバーを利用する際のメリット・デメリット

water

ウォーターサーバーは職場や、家族世帯が利用するものだと思っていませんか。

最近の流れとして、一人暮らしでもウォーターサーバーを利用する人は増えており、QOLを上げるための選択肢としてアリです。

メリット①温水・冷水を待たずに飲める

ウォーターサーバーは、常温ではなく温水・冷水機能があります。

冷たい水は冷蔵庫でも対応できますが、意外と便利なのが温水機能です。

冬場は冷水だと体が冷えるため、温水が役に立ちますし、水を沸騰させたい場合、温水を使えば時間の短縮になります。

また温水といっても、70℃から90℃くらいの熱いお湯を出せるので、使い道は豊富です。

メリット②水を購入する手間がかからない

ウォーターサーバーは、サーバーをレンタルして利用するのが一般的であり、水は業者が定期的に運搬してくれます。

自宅まで運んでくるのなら、スーパーから両手に2Lの水を持って帰る必要はありませんし、買い忘れの心配もないです。

業者によっては水が入っていた容器を回収してくれるため、ゴミが出ないのもポイント。

また、サーバーのレンタル代や配送料は無料の業者がほとんどです。

一人暮らしは自分ですべてのことを行う必要があるので、補充する必要がないのは助かります。

メリット③高品質の水が飲める

ウォーターサーバーの水は、各業者が厳選した水を使用しています。

当然ながら水の品質が悪ければ利用者は減りますし、ウォーターサーバー業界の争いは激しいため、品質管理もしっかりしています。

水道水特有の臭いを感じることもありませんし、飲み水以外に調理用として利用することも可能です。

デメリット①水の購入金額は高め

ウォーターサーバーの懸念点は、水の購入費用。

自宅まで水を配達してくれますが、毎月水を頼まなければいけない最低限の量を決めている業者もあるため、自宅で水を全然飲まない人は割高に感じるかもしれません。

ただ一人暮らしプランを打ち出しているウォーターサーバー業者もありますので、プラン選びでデメリットを抑えることも可能です。

デメリット②設置するスペースが必要

ウォーターサーバーは専用機器を設置するため、設置スペースが必要です。

設置場所は、水を温めたり冷やしたりする関係で、電源が届く場所に置く必要があります

また詰替え用の水もストックとして保管しなければいけないので、浄水器・ペットボトルよりもスペースは使うことになります。

デメリット③水を温冷するために電気代がかかる

ウォーターサーバーのメリットである水の温冷システムは、電気を利用するため電気代が発生します。

必要になる電気代は月300円台から1,000円以上まで幅広く存在し、水はお得だけどサーバーの電気代を加味すると、割高になる業者もあるため、電気代も考慮して選ぶ必要があります。

一人暮らしなら浄水器とウォーターサーバーの2択

money

浄水器・ペットボトル・ウォーターサーバーの3種類を紹介してきましが、一人暮らしにオススメなのは浄水器ウォーターサーバーです。

コストをとにかく抑えたいなら浄水器を使おう!

コスト面で考えると、水を飲むなら浄水器が最も安いです。

日本の水道水の品質は高水準を保っているので、高価な浄水器を買う必要はなく、カルキ臭や塩素臭を取り除いてくれることを第一にするなら、安い浄水器でも問題ありません。

フィルターやカートリッジの交換は必要になりますが、毎週のような交換はありませんし、交換費用を踏まえてもペットボトルやウォーターサーバーより安いのは間違いありません。

日々の生活の満足度を上げたいならウォーターサーバー

値段を考えるなら浄水器ですが、日々の生活を豊かにしたいのならウォーターサーバーがオススメです。

サーバーはレンタルしてくれますので初期費用はかからず、定期配達により重たい水をスーパーから自宅まで運ぶ必要がありません。

一人暮らしだと自動車を保有していてない人も多いので、水を自宅まで持ってきてくれるメリットは意外と大きいです。

また1L単位で考えると値段は100円から200円くらいに収まるので、ペットボトルの水を自動販売機で購入するのと同じか安いくらいの値段なので、そこまで高級品でもないです。

温かいお湯はある程度調整可能で、90℃近くまで温めることも可能なので、電気ケトルが不要になるかもしれません。

一人暮らしにオススメの浄水器の種類

お金

浄水器の種類とオススメの浄水器をご紹介します。

蛇口直結型浄水器

蛇口直結型浄水器は、蛇口に直接付けて使用する浄水器です。

メリットは使いやすさと機能面があり、蛇口に備え付けるだけで水道水がろ過されるので、手軽かつ便利です。

浄水器の中では最も一般的であり、職場で実際に利用している人も多いのではないでしょうか。

またシャワー機能など、料理に便利な機能が備わっていたり、節水機能がある機種も多いです。

注意点としては、蛇口の種類によっては別途接続するための部品が必要になることもあるため、自宅の蛇口の形大きさを確認した上で購入してください。

created by Rinker
三菱ケミカル・クリンスイ
¥3,078
(2021/07/24 05:18:37時点 Amazon調べ-詳細)

ポット型浄水器

ポット型浄水器は、ポットに浄水機能が備わっているものです。

持ち運びができますし、冷蔵庫に入れられるため、浄水した直後の冷たい水を飲むことが可能です。

ポット型なのでコストは抑えられており、ペットボトルの代替えとして利用する方法もあり。

蛇口から出た水を食卓に出すのが好ましくない人は、ポット型を使ってみてください。

据置型浄水器

据置型浄水器は、水道の隣に設置して使用する浄水器です。

複数の方法を用いてろ過するため、蛇口直結型浄水器よりも浄水能力は高いです。

蛇口ではなく、浄水器のホースから水が出ますので、見た目的にも飲み水の印象が得られる点もプラスです。

ホースの掃除やカートリッジの交換が必要となりますが、しっかりとろ過した水を飲みたい人にオススメできます。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥14,510
(2021/07/24 09:36:08時点 Amazon調べ-詳細)

一人暮らしにオススメのウォーターサーバー3選!

ウォーターサーバーの種類はたくさんありますので、どれを選べがいいか正直わかりませんよね。

そこでジャンルごとにオススメできる、ウォーターサーバーを3つご紹介いたします。

天然水の種類が選べる『ウォーターワン』

water

waterone(ウォーターワン)は、4種類の天然水から飲みたい水を選べるウォーターサーバーです。

天然水の種類

  • 富士山の天然水
  • 南阿蘇の天然水
  • 島根の天然水
  • 沖縄の海洋深層水

契約する水の種類と配送先の地域によって配送料が異なりますが、水源に近い地域にお住まいなら配送料は無料です。

サーバーレンタル料は無料なので、たとえば関東に住んでいる方が富士山の天然水を利用すれル場合、水の購入代金のみを支払うだけでOK!

(ウォーターサーバーの電気代はかかります。)

ウォーターサーバーの機種も複数用意されており、『WS2サーバー』は卓上型なので、一人暮らしの空間でも邪魔になりません。

(高さ57cm・幅30cm・奥行き34cm)

機能面で見てもエコモードがあるので、利用しないときは節電で電気代を抑えることも可能です。

waterone

一人暮らしでウォーターサーバーを利用するのに躊躇する最大の理由は、水を使い切れないことにあります。

しかし、ウォーターワンはウォーターサーバー業界では珍しく、2か月連続で配送をスキップが可能です。

一人暮らしでも3か月あれば水を飲み切りますので、使用量が心配な方にオススメなウォーターサーバーです。

wateroneの申し込みはコチラ!

 

カフェも楽しめる『フレシャス』

frecious

FRECIOUS(フレシャス)は、水だけでなくカフェも楽しめるウォーターサーバーです。

フレシャスは富士山の天然水を使用しており、日本人が飲み慣れている軟水です。

一人暮らしだと水の使用量が懸念材料ですが、水が余ってしまった際は翌月の配送をスキップできますのでご安心ください。

水のみ利用する場合のAQUWISH(アクウィッシュ)は、配送料が無料のほか、サーバーレンタル代も通常330円のところ無料になっています。

FRECIOUS

一方、コーヒメーカーと一体となった『Slat+cofe』を選べば、ウォーターサーバーでコーヒーを利用することが可能です。

FRECIOUS

新規でフレシャスを利用する場合、サーバーレンタル料が無料になる特典があります。

また他のウォーターサーバーを利用している人は、最大16,500円の違約金キャッシュバック特典を利用できます。

FRECIOUS

FRECIOUSの申し込みはコチラ!

定額制プラン!『キララウォーター』

kirara

キララウォーターは、水道直結で利用するウォーターサーバーです。

一般的なウォーターサーバーは水を運んでくるので、ストックボトルの置き場が難点になることもありました。

しかしキララウォーターは、水道管に直結するタイプなので、サーバーを設置する場所だけあれば大丈夫です。

家庭浄水器との違いは浄水システムの構造。

世界基準のフィルターを使用しているため、安全な水道水の水質を更に高めることができます。

kirara

数種類の高性能フィルターによってろ過しているため、自然の豊かな大地が多くの地層を通して天然水を作っているシステムと似ています。

設置については専門エンジニアが行いますし、作業時間も30分から1時間程度で完了します。

また取り外しも簡単にできるため、賃貸物件で利用することも可能です。

水の残量を気にしないで使いたい人は、『kirala』を利用することをオススメします。

kiralaの申し込みはコチラ!

 

一人暮らしにオススメできる飲み水のまとめ

一人暮らしの飲み水事情と、オススメの飲み水のまとめです。

一人暮らしの飲み水のまとめ
  • 水道水は基本的に安全
  • 水道水の臭いは完全には消えない
  • 浄水器は安い
  • ペットボトルは実は割高
  • ウォーターサーバーは温冷機能が便利
  • コスパを考えるなら浄水器
  • 生活満足度を上げたいならウォーターサーバー

水道水を飲むことが気にならない人は、水道水を使いましょう。

一方で、カルキ臭や塩素臭を感じる人や、水道水を飲むことに抵抗がある人は、浄水器かウォーターサーバーの利用がオススメです。

浄水器はコストが安いため、臭いだけ消したい方に向いています。

ウォーターサーバーは、QOLを上げたい人にオススメです。

生活の満足度を上げたいなら水問題を無くすことは重要! インターネット回線もQOLに直結するので不満があるならすぐに解決しよう!
タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る