引越ししたい気持ちを抑える方法!違約金や費用を考えれば止められる!

引越ししたい病

住んでいる場所に不満があったり、心機一転のために引越ししたい気持ちになることはあると思います。

ただ引越しするにしても費用がかかりますし、短期間で引越するとなると違約金が発生するケースもありますので注意しましょう。

本記事では引越ししたい気持ちを抑える方法と、我慢できなくなった時にできるだけ引越し費用を抑える方法をご紹介します。

目次
  1. 引越ししたい気持ちには必ず理由がある
  2. 引越ししたい病の治し方
  3. 引越し荷物の運搬費用は想像よりも高くなってしまう
  4. 賃貸物件から退去する際に発生する費用
  5. 賃貸物件へ入居する際の敷金・礼金などの費用
  6. どうしても住む場所を変更したいのなら素直に引越すこと
  7. 引越し料金をグッと安くするためにやるべき対策
  8. 引越ししたい気持ちを抑える方法のまとめ

引越ししたい気持ちには必ず理由がある

引越し

引越ししたいと思う気持ちになるのは、必ず何かかしらの原因があります。

原因は人それぞれ違いますので、最初に自分が抱えている引越ししたい気持ちが何を把握することが大切です。

職場までの通勤時間に関する不満

引越し先を選ぶ場合、会社までの通勤距離や駅までの徒歩の時間は生活クオリティに影響します。

通勤時間が30分増えれば往復で1時間、年間で250時間も自由に使える時間が減る計算です。

また住んでいる場所の路線や、快速電車の停車の有無など、単純な通勤時間では計れ無い問題や、実際に住んでみないと理解できなかった点も不満となる要因です。

住んでいる部屋の広さ(間取り)の不満

一定期間住んでいると荷物が増えて、手狭になるケースが多く、ペットを飼い始めた人や同棲する人は、一人暮らし用のスペースで広さが足りなくなます。

スペースが狭くても物を取捨選択したり、我慢することもできるかもしれません。

しかし住まいは生活の拠点になる場所であり、仕事をしている人にとっては身体を休める場所です。

部屋を寝床ではなく、安らぐ空間として考える場合には、広い部屋に移ることも考えなければいけません。

住んでいる物件の機能面の不満

賃貸物件によって築年数は違いますし、機能面もピンキリです。

古い家だと虫が出てくることもありますし、虫がいるのがどうしても許せなく、引越し踏み切る人もいます。

また朝起きた際の日当たりの悪さなど、人によっては気にならない細かい部分が気になってしまうので、自分が我慢できない改善したいポイントを把握し、現在の物件で改善できるかを確認してください。

  • 風呂場に虫が出る
  • 日当たりが悪い
  • 方角が気になる
  • 住む場所に飽きる
  • 落ち着かなくなる

住んでいる地域環境への不満

引越しする理由は、住んでいる家(部屋)だけが原因ではありません。

通勤・通学・コンビニ・スーパーなど、住んでいる地域の生活圏に不満を持っているのも引越しする理由となります。

駅から徒歩5分のマンションに住んでいる場合でも、駅までの道のりにある踏切の存在が我慢できない人もいます。

また家の近くにコンビニがないことや、クリーニング店などたまに利用するお店がないのも引越ししたい気持ちの引き金を引く要因の一つです。

引越しする前に入念に下調べをしても、実際に住んでみないと生活環境はわかりません。

住んだ後に自分にとって我慢できない環境であれば、引越ししたい気持ちが湧くのも普通ですし、引越ししたい病の人は、一般の人よりもその気持ちが湧きやすいだけです。

気分転換=部屋を変えることの意識が定着している

特に住んでいる物件に不満はないけど、頻繁に引越す方はいらっしゃいます。

そのような方は、引越し自体が気分転換の方法になっています。

仕事や私生活のトラブルでストレスがたまると、気分転換したくなりますよね。

気分転換の方法は人それぞれですが、よく引越す人は、気分を変えるための手段として定期的に引越しをします。

引越しすること自体が、悪いわけではありません。

ただ引越しの際に支払う費用は決して安くありませんので、費用が負担となっている場合には、引越ししないで踏みとどまる選択肢も考慮しなければなりません。

時間
引越し先選びのタイムリミット!住まい探しはいつまでに行うべきかを解説住まい探しは、早めに始めてください。 空室がないと入居できませんし、今日空きがあっても明日には入居者が決まっていることもあるため、住居選びは早い者勝ちです。 また退去する人のタイミングで空室の有無は決まるため、ある程度の期間は空き状況を観察しないと、いい部屋に住むことは難しいです。...

短期間に引越す人は「引越ししたい病」かもしれない

『引越ししたい病』は医学的な病気ではありませんので、「引越ししたくてたまらない!」と思っても心配しなくても大丈夫です。

しかし次の項目に該当する人は、すぐに引越ししたと思いやすい傾向にあります。

  • 半年から1年以内に引越しをする
  • 引越す予定がないのに賃貸物件などを検索してしまう
  • 住んでいる物件に不満が出てしまう

自分自身で納得して引越するのであれば、何も問題ありません。

しかしそこまで引越ししたいと思っていないのに、引越ししてしまう人はコスパの悪い鼓動をしています。

半年に1回くらいのペースで引越ししたくなったり、不動産業者に行って物件の下見をしてそのまま契約した経験がある人は、意識的に注意しないと短期間で引越しを何度も繰り返すことになります。

引越しは何万、十数万円と費用がかかりますので、突発的な引越しは回避する対策が必要です。

引越ししたい病の治し方

引越し

引越ししたい病は病気ではありませんので、自らの考え方や行動を見直ししなければ改善することはありません。

しかし普段の生活を見直すだけでも引越しした気持ちが収まったり、1つの物件に住む期間が長くなりますので、引越ししたい病を解消するための方法を解説します。

清潔な部屋を維持する

どんなにキレイに使っていても、人が生活するスペースは汚れますが、定期的な掃除をしていれば、一定の清潔感を維持することは可能です。

虫がどうしても苦手な人は、物件選びの際に住む場所の条件を絞ってください。

たとえば小さな虫は、マンションの4階より上の高さには飛べないとされています。

(風などの影響により上の階に虫が飛んでくるケースはあります)

なので住む部屋の条件を4階以上にすることで、虫問題をクリアできるかもしれません。

また一人暮らしや共働きの人は、掃除代行を利用すると、掃除しにくい場所も代わりにキレイにしてくれます。

自分の行える範囲で内装を一新させる

気分転換する方法は、引越しだけではありません。

内装を変えるだけでも部屋の雰囲気が変わり、気分は一新します。

賃貸物件だと部屋をリフォームするのは難しいですが、家具の位置を変えることは可能です。

またカーテンなど日差しの取り入れ方法や、照明器具を変えるだけでも部屋の雰囲気が変化しますので、引越しする前に挑戦するのもアリです。

STOP
その考え方は間違い!一人暮らしで生活費を節約する正しい方法一人暮らしは、実家暮らしよりも生活費がかかるため、なかなか貯金できません。 生活費を切り詰めるとせっかくの一人暮らしの楽しみが減ってしまいます。 そこで本記事では、生活の質を落とさずに節約する方法をご紹介しますのでご参考にしてください。...

引越し費用で買える物を想像する

引越しに際しての諸費用を合計すると、家賃の半年分くらいの金額が必要とされています。

家賃5万円の部屋に住む場合は、1回の引越しで30万円程度必要となりますので、かなりの金額です。

もし気分転換に引越しする人は、30万円使ってどんなことができるか想像してみましょう。

  • 国内旅行(1週間)
  • 海外旅行
  • 高級腕時計
  • パソコン、スマホの買い替え
  • 家電製品の買い替え
  • 将来のための貯金

1年に1度引越しをする人は、1年引越しを我慢するだけで、30万円分のお金を自由に使うことが可能です。

リアルな金額を計算すると現実が見えてき、引越ししたい病が少し収まってきます。

引越しする際に発生する費用一覧

初期費用の種類発生する費用費用の目安
引越し費用2万円~8万円5万円
賃貸物件の敷金・礼金家賃1か月から2か月分10万円
家具・家電・寝具5万円~20万円10万円
生活必需品数万円3万円
退去費用家賃1か月分5万円
合計33万円

※一人暮らしの引越しで家賃5万円を想定

引越し荷物の運搬費用は想像よりも高くなってしまう

リスク

引越し費用は引越す際の荷物や人数によって異なりますが、予定していた金額よりも引越し代が高くなることもあります。

引越しする際に発生する費用の一覧です。

実家から一人暮らしをする場合と一人暮らしで移住する場合では、購入する家具・家電や退去費用が変わりますが、引越し代などは同じです。

引越し業者に依頼する場合の料金の内訳

引越しの主な支出となる引越し業者へ依頼する際の費用ですが、料金の内訳は4種類の費用によって構成されています。

引越し費用の内訳
  • 基準運賃
  • 料金(季節・時間帯)
  • 人件費などの実費
  • オプション代

基準運賃は引越しの時間や移動距離で金額が決定する

引越し業者の料金には、国土交通省が定めた2種類の基準運賃が存在し、引越し業者は「時間制運賃」と「距離制運賃」のどちらかの方法により、運賃を決定しています。

運賃の設定方法によって料金の高い・安いは変わってきます。

同じ荷物と距離の引越しでも、依頼する業者によって請求される料金は違いますし、短距離の引越しならA社が安いけど、引越し距離が伸びればB社に依頼した方がお得になるケースも珍しくありません。

引越しする時期や時間帯によって割増料金が追加される

引越し料金は、引越す時期や時間帯によって割増料金が上乗せされます。

  • 繁忙期
  • 休日
  • 深夜・早朝
  • 冬季

追加料金は、住んでいる場所や引越し先の地域で設定されていることもあり、東京や大阪などの都心部の引越し時は割増料金が上乗せされます。

また引越しシーズンの料金は割高になりますので、引越し代を抑えたい場合にはシーズンオフの平日に引越しするなどの工夫が必要です。

引越し費用を節約する方法
これだけやればOK!引越し費用を節約する"たった1つの冴えたやり方"引越し費用を抑えたい人は、「引越し一括見積もりサイト」を利用しましょう!見積もりサイトは複数の引越し会社の料金を比較・検討できるので、引越し費用を安くすることが可能です。 また引越し一括見積もりサイトを利用するとどうして料金が抑えられるかの理由についても、本記事でまとめてありますので、ご確認ください!...

引越し業者の人件費や作業費も料金に影響する

引越しを依頼する業者によって料金に差が生じやすい理由の一つに、人件費があります。

引越しに携わる人員が増えれば人件費がかかりますので、引越し料金が高くなります。

荷物量は少なくても、冷蔵庫や洗濯機など複数人での運搬を要する荷物があれば、2人以上の人員は必要よなりますので料金は高くなると思ってください。

一方で、従業員一人でも搬出入可能な荷物量であれば、その分引越し料金は抑えられます。

また繁忙期に引越し料金が割高になるのは、人員確保のために短期アルバイトを募集するなどの理由もあります。

引越し業者の内部事情は外からはわかりません。

そのため各社の料金を比較する際は、見積もりする必要があります。

オプションの追加も引越し料金に影響する

引越しのオプションとして、粗大ごみの処分や大規模な家具の移動を付けられる業者も多いです。

ただオプション基本有料です。

提示されている引越し料金は基本料金のみなので、追加オプションを付けるのであれば出費は増えることも意識してください。

引越しに際しての主なオプション
  • 家財の処分
  • クーラー取り付け
  • ピアノ輸送
  • 冷暖房機、アンテナの取付・取外し
  • 段ボールの回収
お金
引越し業者はオプションを付ければ不用品を回収・買取してくれる!引越しする際は持参する荷物はできるだけ少なくしましょう。 荷物が多ければ引越し費用は高くなりますし、引越しは家財道具を処分するいい機会です。 引越し業者に依頼する場合、オプションを付ければ不要となる家具・家電を処分してくれますので、引越し準備で忙しい人は活用してください。...

賃貸物件から退去する際に発生する費用

money

賃貸物件から引越しする際は、退去費用が発生します。

短期間で引越しする際は、契約規定に基づき違約金が発生することもありますので、事前に契約内容はご確認ください。

敷金で退去時の修繕費用はまかなわれる

退去費用には、部屋の修繕費とハウスクリーニング代がかかります。

賃貸物件を契約した際に敷金を支払っている場合、修繕費とハウスクリーニング代は敷金と相殺されるのが一般的です。

賃貸契約をした際に敷金を支払っていないケースでは、大家さんが室内を修繕・クリーニングした後、料金を請求されます。

借主には原状回復義務があるため、室内の損傷が激しい場合、追加料金が請求されるケースも考えれます。

しかし経年劣化による修繕は原状回復義務の対象にはなりませんので、請求金額が高額の場合は交渉したり消費者センターへ相談してください。

なお敷金よりも修繕費の方が少なかった場合には、差額の敷金は返金されますので大家さん又は不動産管理会社に振込口座を伝えてください。

クリーニング
退去時の掃除はどこまでやるべき?引越し前のクリーニング事情退去時にしっかり掃除をするかしないかで、大家から請求される金額が変わるかもしれません。 賃貸物件を借りる際に敷金を支払うのは、引越し後のリフォーム代を前払いしているからですが、リフォーム代が敷金を超える場合には、大家さんから追加費用の請求される可能性もありますの要注意です。...

退去する1か月前に連絡しないと1か月分の家賃を支払うことになる

賃貸物件から退去する際は、指定された日までに退去連絡をしなければなりません。

退去連絡の期限は1か月前が一般的であり、連絡期限を過ぎた後に退去する場合には、1か月分家賃を支払うことになります。

また家賃は月払いであり、月の途中で退去しても家賃を日割り計算することはありません。

したがって効率よく引越しをするのであれば、月末に引越すなどの工夫も必要です。

最低入居期間が設定される物件は要注意

賃貸物件は2年更新が基本ですが、中途解約する場合でも解約申し出から1か月分の家賃を支払えば、契約解除できることがほとんどです。

ただ注意しなければいけないのが、入居後半年以上の居住要件など、最低入居期間が定められている場合です。

最低入居期間よりも早くに引越しするとなると、契約書に記載されている違約金を支払うことになります。

敷金・礼金ゼロ物件や人気の高い賃貸物件では、最低入居期間が定められていることもありますので契約書を今一度確認してください。

解約退去
賃貸物件の引越し手続きを徹底解説!解約~退去までの流れをご案内します引越しする場合には、今まで住んでいた場所から退去することになります。 賃貸物件から退去する時に注意すべきは、大家さんや引越し業者への退去連絡の日にち。 退去連絡が1日遅くなっただけでも1か月分の家賃を請求させるケースもありますのでご注意ください。...

賃貸物件へ入居する際の敷金・礼金などの費用

お金

非越前が賃貸物件出れば、家賃はもちろんのこと、敷金・礼金の支払いが発生します。

敷金・礼金の金額は物件ごとに異なり、人気物件やペットの入居可能な物件の場合多く請求されることもあります。

犬や猫と一緒に暮らしていると、壁や床が爪で傷つくことは避けられないため、退去時には通常よりも修繕費がかかります。

また次の入居者が動物アレルギーがあると、入居後にトラブルになる可能性があるため、念入りにクリーニングをする関係上、ペット可の物件では敷金を多めに求められることが多いです。

敷金の支払いは家賃1、2か月分が相場

敷金の支払いは1か月から2か月分が相場です。

部屋を借りる場合、借りた人は退去時に部屋の原状回復義務があり、敷金は将来退去する際の原状回復費用の準備金と考えてください。

原状回復の修繕は大家さん側が行い、かかった費用を借主が負担します。

先に修繕費を受け取らないと費用負担を拒否するケースも考えられるため、修繕費を確保するために大家さんは敷金名目でお金を事前に集めています。

賃貸物件の修繕費やクリーニング代に充てた敷金が余った場合、残金は大家から還付されますので、2か月分支払っても修繕費が1か月分であれば、差額の1か月分は手元に返金される仕組みです。

退去
賃貸物件から立ち退きを求められた際の対処法と注意点!立ち退き通知書は、貸主から住んでいる部屋から離れることを要求されるものです。 要求に応じる場合は、引越し先の物件探しをしなければいけませんので、時間と費用がかかることに。 ただ立ち退きに要請に必ず応じないといけないことはありません、立ち退き要求された際の対象法をご説明します。 本記事では、立ち退き要請を受けた際の対処法について解説します。...

礼金は家賃1か月分またはゼロが相場

礼金は大家さんに対し、部屋を貸してくれた謝礼として支払います。

昔は賃貸物件を借りることも難しかったため、礼金を支払うことが風習として残っており、お礼である礼金は敷金と違い、支払ったお金が戻ってくることはありません。

ただ現在は空き家が社会問題になっているように、賃貸物件を借りることにそこまで苦労しませんので、礼金ゼロで入居できる賃貸物件も増えています。

不動産紹介料は家賃半月分支払うことになる

不動産紹介料とは、不動産仲介業者に支払う仲介手数料です。

不動産仲介業者は借主と貸主から、家賃半月分を手数料としてそれぞれもらうケースが多いです。

ただ引越し時期や賃貸物件の種類によっては、借主が支払う仲介手数料は無料の物件も存在します。

そのため不動産仲介業者が実施するキャンペーンや、借りる際の特典事項はチェックすると手数料を抑えられる可能性もあります。

口コミ
口コミはアテにならない!?最安値の引越し見積もりを算出する方法商品を買う時やサービスを利用する際には、口コミを参考にしますよね。 引越し業者の口コミ情報はネット上に溢れていますが、口コミ情報をそのまま鵜呑みにしてはいけません。 なぜなら公開されている口コミは、良いコメントだけを掲載している可能性があるからです。 なので口コミの注意点と、口コミを見なくても最安値を探す方法をご紹介します。...

どうしても住む場所を変更したいのなら素直に引越すこと

引越し

引越ししたい気持ちを抑える方法をご説明しましたが、それでも引越ししたい気持ちが収まらない人は、発想を変えてください。

引越しをしなければいけないのなら、いかに費用を節約して引越しできるかに考えをシフトチェンジしましょう。

引越しに価値があると思えるなら何にも問題ない

人にとって、お金の価値は異なります。

旅行のためにお金を貯める人もいれば、洋服にお金を使う人もいます。

使ったお金に見合った幸福感を得られれば、どんな風にお金を使っても損ではありませんし、引越しすることで満足感を得られるのであれば、半年に1度引越ししても問題無いです。

住む場所は、生活する上での拠点となる場所ですので、そこにお金を費やすことで生活の質を上げることも選択肢です。

引越しするための作業時間はできるだけ減らすこと

引越しの際にかかるのは、お金だけではありません。

引越しする際に作業にかかる時間も消費します。

引越し作業を自分だけで済ませた方が、引越し費用は安くなります。

ただ仕事が忙しい人は、貴重な休日を引越し作業に費やすことになりますので、ラクをするために引越し業者へ作業を依頼することも検討してください。

家電引越し
大物家具家電のみの引越し依頼も可能!専用プランの料金は高い?安い?引越し作業を自力で行う場合でも、冷蔵庫や洗濯機の運搬を一人でするのは困難です。 なので大物家電については引越し業者や宅配便を利用することをオススメします。 ただ単品のみの引越しを業者に依頼するよりも、引越し荷物すべてを引越し業者に依頼した方がお得になることが多いですので、その理由についてご説明します。...

引越し料金をグッと安くするためにやるべき対策

%

引越し費用を安くしたいのであれば、できる限りの対策を行いましょう。

引越しにはシーズンがあることを理解すべき

引越し時期を選べるのであれば、引越し繁忙期は避け、通常期や閑散期を狙うことをオススメします。

引越し料金は年間通じて同じ金額ではありません。

卒業や入学、就職シーズンとなる3月4月は引越し需要が高くなるため、引越し料金は通常期の2倍以上になることもあります。

一方で、6月や11月などは引越しする人が少ないため、引越し業者は顧客獲得のためにキャンペーンを実施するケースもあり、費用を抑えたい人は狙い目です。

6月引越し
梅雨の時期は引越し費用が安い!?6月の引越し費用の相場について梅雨等が重なりジメジメとした嫌な季節として不人気な6月。しかしながらハイシーズンの料金と比較すると半額以下の金額で引越しが可能など、実は引越しを最もお得に行えるのも6月なのです。そんな6月の引越しについて詳しく解説していきます。...

休日よりも平日に引越しすること

平日と休日に引越すことを考えた場合、平日に引越した方が料金は抑えられます。

休日は引越しする人が多いためあまり割引をしませんが、平日は引越し需要が減るため割引や値引き交渉に応じてくれるケースが多いです。

また平日でも曜日によって引越し料金は変動することがあり、月曜日や金曜日は土日と組み合わせての引越しが可能なため、引越し業者の割引やキャンペーンの対象外となることもあります。

オススメは平日の火曜日・水曜日・木曜日で、平日中日の引越しは大手引越し業者も推奨しているほどです。

繁忙期の3月、4月のほか、月末、金・土・日曜、祝日、大安などは引越しの予約も多くなりますので、お値引きがしづらくなります。逆にそれ以外の日にちに関しては、大幅なお値引きも可能となりますので、料金を重視する方は平日のお引越をおすすめいたします。

出典:見積り・決済に関する質問(アート引越センター)

月末や大安に引越すことは避けること

1月の中で引越し料金が高くなる時期は、月末大安です。

月末に引越しが多いのは、賃貸契約の更新や家賃が無駄にならないようにするためです。

一方、大安は縁起がいいとされている日ですので、新居に住む人などは大安を狙って引越す人もいます。

もちろん月末や大安などに引越す場合でも平日に引越す場合でも、引越し業者の対応が変わることはありません。

ただ月末や大安に引越す方が料金は高くなる可能性がありますので、引越し費用を少しでも抑えたいのであれば、月末や大安に引越しするのは避けましょう。

六曜
引越しを避けるべき日は?六曜と料金からみたオススメ引越し日を解説します引越し日する曜日の運勢が悪かったら、気分的によくないですよね。 そのため引越し日を決める際、六曜を参考する人は意外と多いです。 ただ注意すべきは、大安などは人気が高くその分引越し料金が上乗せされている可能性が。 なので引越しする日として避けた方がいい日をご紹介します。...

引越し業者選びは1か月前からやるべき

引越し業者は事前予約が必要であり、直前になってから運搬依頼するのは難しいです。

引越しシーズンはどの引越し業者も忙しく、予約がすぐに埋まってしまいます。

そのため引越し日が決まった予約をしないと、業者を選ぶことができなくなります。

引越し業者が選べなければ、料金を比較できないため、割高料金で引越すことになる可能性が高くなりますので要注意です。

カレンダー
引越し業者への予約はいつから可能?早めに連絡しないと損をする理由引越しは予定日から逆算して計画するのがベストです。 ただ急な転勤や転職により引越しする時間に猶予がないケースなども想定されますので、引越し業者への予約はいつからいつまで行えるのか、また予約のタイミングはいつがベストなのかを解説します。...

引越し料金は複数社に見積もり依頼をするのが鉄則

引越し料金は同じ引越し内容でも、業者ごとに提示される料金には差があります。

そのため引越し費用を抑えたいなら、複数の引越し業者に見積もり依頼をするのが鉄則です。

複数社に見積もりを取ることで、料金を比較できますし、最も安い料金の業者へ依頼できるようになります。

他社の見積料金を交渉材料として利用することもできるため、必ず複数社に見積もり依頼をしてください。

ただ引越し前は何かと忙しいですし、自分で複数の業者に見積もり依頼をするのは面倒ですよね。

そのため本サイトでは、見積もり代行をしてくれる『引越し一括見積もりサイト』の利用をオススメします。

引越し一括見積もりサイトは、最大数百社の引越し業者を比較し、最安値で引越し業者の料金を提示してくれます。

サイトは無料で利用できますので、使っても支出額が増えることはありません。

自分で何社も見積もり依頼を取るのは大変ですので、引越し一括見積もりサイトを活用し、ラクして費用を抑えましょう!

住所未定
引越し先が決まっていない!住所未定でも引越し見積もりは可能なのか?引越し先よりも先に引越し日が決まっているケースはよくあります。 時間に余裕があれば引越し先の住居を決めてから引越し準備をしてもいいですが、引越しシーズンの場合には1日の予約の遅れが致命的になることも。 ただそうはいっても、引越し先が決まっていない状態でそもそも引越し見積もりが可能かもわからないと思いますので、本記事で解説します!...

引越ししたい気持ちを抑える方法のまとめ

引越ししたい気持ちを抑える方法のまとめです。

引越しすること自体が、悪いわけではありません。

自分が納得していれば、どんなタイミングで引越しを行っても大丈夫です。

ただ短期間に引越しを行うと、経済的負担が大きくなることだけは理解しましょう。

少しでも引越し料金を抑えたい場合には、引越し一括見積もりサイトを利用し、できるだけ費用を抑えながら引越しをしてください!

引越し業者選び
はじめての引越し!業者選びに迷った際に確認したい5つのポイントはじめて引越しをする場合、どの引越し業者に依頼すればいいかわかりません。 また無知な状態で見積もり依頼をすると、提示された金額が高いか・安いかの判断ができませんので、リスクが高いです。 そのため引越し業者を選ぶ際のポイントを5つにまとめましたので、ご覧ください!...
タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較