引越し業者が見つからない!引越難民とならないためにやるべき対策!

困る

『引越難民』とは、引越ししたいけど業者に空きがなく、引越し作業ができなくなる方々をいいます。

引越しは基本的に住む場所が決まってから作業を行うため、引越ししない選択肢を選ぶことはできません。

そのため引越難民は必ず回避しなければなりませんので、引越難民が発生する時期と、引越難民にならない方法について解説します。

引越しには繁閑期があることを理解しよう!

week

1年の月ごとを比較すると、引越しする人が多い月と少ない月があります。

引越しする人が少なければ引越難民になる可能性は低いですが、繁忙期に引越し際は引越し難民になる可能性が高くなるためご注意ください。

引越しシーズンは3月4月で通常期の2倍!

1年間で最も引越しする人が多い時期は、3月中旬から4月上旬までの期間です。

3月の引越し件数は通常月の2倍とも言われており、国土交通省が引越時期の分散を呼びかけるレベルで問題となっています。

引越しする人が集中する最大の理由は、大学進学や就職により住む場所を変える人が多くなるからです。

日本は集団採用が続いていますので、4月に新入社員は就職します。

また世界的には9月入学が一般的な大学も、日本だと入学は4月です。

引越しする人が増えれば引越し業者も従業員を増加させますが、トラックの台数や正社員の人数を一時的に増加させることはできません。

したがって3月から4月の混雑が解消されることは考えにくいため、予約が埋まる状況は毎年続くと想定して行動する必要があります。

引越しセカンドシーズンは9月10月にも注意!

9月10月に引越す人も、引越し業者の予約状況に空きがあるか確認してください。

9月は会社の上半期締めとなる月なので、人事異動により転勤する人が増加します。

人事異動の事例は9月末から10月上旬に発令されることを考えると、この期間中に引越しする人が増えることが予想されます。

また9月のシルバーウィークや、10月の祝日を利用して引越する人も多い時期です。

祝日を狙って引越しすることを決めている人は、早めに引越し業者に予約を取ることをオススメします。

引越難民を回避するための対策

why

引越難民になると、引越し作業自体が大変になりますので回避することが鉄則です。

また引越難民になると、引越し費用が増加することもデメリットもあります。

通常月は引越し日の2週間前にまでに予約すべき

引越しの予約は予定日の2週間前までに完了させましょう。

通常月であれば、2週間前なら業者の予約状況にも空きあるため、複数社に連絡すれば業者も見つけることも可能です。

なお引越しの予約は1か月前から予約が可能になるのが一般的ですが、もっと早い時期から予約対応してくれる業者もありますので、引越し日が確定している人は早くに予約しても大丈夫です。

繁忙期の予約は遅くても引越し1か月前

通常月は2週間前が目安ですが、3月4月などの繁忙期は遅くても引越し1か月前に予約することを強くオススメします。

多くの新社会人は2月までに就職先は決まっているため、2月以前から住む場所を決めています。

そのた3月末に引越しする人は、2月中に予約しないと予定日に引越せない可能性も。

また大学の合格発表が行われれば、更に引越し予約する人が増加しますので、先手先手で行動することを意識してください。

引越しキャンセル料は3日前から発生する

引越しのキャンセル料金は、国土交通省の『標準引越運送約款』により発生するタイミングが定めてあり、引越し3日前までにキャンセルの申し出をすれば、違約金を支払わずに済みます。

一方で、引越し日前々日以降にキャンセルする場合には違約金を支払うことになり、キャンセル料も当日に近づくほど高くなります。

そのため引越ししない場合や、引っ越しする予定が変更になった際は、速やかに引越し業者に連絡してください。

引越しキャンセルの違約金

  • 引越し前々日・・・引越し費用の20%
  • 引越し前日・・・30%
  • 引越し当日・・・引越し費用の50%
キャンセル料金
引越しキャンセル料金はいつから発生?曜日変更時の違約金にも注意!引越しする直前に引越し業者への依頼をキャンセルすると違約金が発生します。 転勤により引越し先から通勤することが困難になったり、引越し先の前入居者が立ち退かないために引越しできないことは意外と多いです。 急遽引越しが中止になれば、引越し業者にキャンセルの連絡をしなければいけません。 ただ早めに中止の連絡をすれば違約金を支払わずに済みますので、違約金が発生する時期や金額について解説します!...

引越し業者へ早くから予約をするメリット

money

早めに依頼する引越しする業者を決めるのは、引越難民にならないためだけでなく、費用などの側面からもメリットがあります。

引越しを計画的に実行できる

引越する日にちが決定すれば、引越しに伴ってやるべき作業の計画も立てることが可能になります。

住所が変われば住民票だけでなく、運転免許証や自動車保険の登録内容の更新なども必要です。

水道・ガス・電気・インターネットは、引越し前から契約する必要があり、ガスを利用する際は開栓工事に立ち会わないとガスは使えません。

またインターネット工事は通常月でも1か月先まで予約で埋まっていますので、引越し繁忙期は更に予約が埋まっていると考えてください。

ただそれらの作業も、引越しする日付が確定しないと行動できませんので、引越し日を早めに決めましょう。

ライフライン
水道・ガス・電気など引越し時に行うライフライン手続きを徹底解説!ライフラインの引越しが遅くなると新生活に支障が出ます。 電気が付かなければ、夜は真っ暗。 水がでないと、生活できない。 ガスが使えないと、料理ができない。 インターネットが使えないと、公私の行動に支障が発生。 そんなトラブルに遭わないためにも、ライフライン手続きの流れについて解説します!...

引越し料金の値段交渉が可能

引越難民になると、引越し業者を見つけるのに手一杯になり、値段交渉をする余地がありません。

業者の立場からしても、値引きに応じなくても別の引越ししたい人を見つければ、売上は下がりませんので、強気な値段設定をすることは珍しくないです。

実際、繁忙期の引越し料金は、通常月の2倍以上になることも普通にあります。

しかし引越しに空きがある状況で予約の連絡をすれば、時間的にも交渉できる余地はありますし、最悪断られたとしても別の引越し業者を見つけることも可能です。

そのような観点から見ても、早期に引越し予約をするメリットは大きいです。

家電引越し
大物家電だけの引越しも可能!大物家電専用プランの料金と注意点について引越し作業を自力で行う場合でも、冷蔵庫や洗濯機の運搬を一人でするのは困難です。 なので大物家電については引越し業者や宅配便を利用することをオススメします。 ただ単品のみの引越しを業者に依頼するよりも、引越し荷物すべてを引越し業者に依頼した方がお得になることが多いですので、その理由についてご説明します。...

複数の引越し業者の料金を比較できる

引越し費用を少しでも抑えたい場合、複数の引越し業者の料金を比較するのが鉄則です。

複数の引越し業者に見積もり依頼をすれば、安い方の業者に依頼することで引越し費用は抑えられます。

また見積費用を交渉材料として、料金を値下げすることも可能ですので、引越し費用を抑えたい人は複数社に見積もり依頼をしましょう。

なお自身で複数社に連絡するのが面倒な方は、『引越し一括見積もりサイト』の利用をオススメします。

引越し一括見積もりサイトは、数十数百の引越し業者の料金を比較してくれるため、最安値の料金で引越しすることも可能です。

サイト比較
引越し一括見積もりサイト比較!引越し見積もりで失敗しないための方法引越し費用を安くするなら、引越し一括見積もりサイトを利用しましょう! ただ引越し一括見積もりサイトはたくさんあるので、どれを選んでいいか難しいです。 そこで本記事では、オススメの引越し一括見積もりサイトをチャチャッとご紹介します!...

もし引越難民になった場合の対処法

ベスト

引越し業者に連絡しても、予約が一杯で引越難民になってしまった場合の対処法をお伝えします。

地元の引越し業者を探してみる

引越し業者は、CMを行っている大手企業だけでありません。

実は地域に密着して仕事をしている引越し業者も多く、小規模の業者は引越したい人も存在を知らないケースがあるため、繁忙期でも予約に空きがある可能性も残っています。

地域に密着した業者は見つけにくいため、『iタウンページ』や『全日本トラック協会』のホームページから検索する方法も選択肢に入れてください。

また名前を知らない業者へ依頼することに不安な方は、「引越安心マーク」がある業者を選ぶとトラブルが発生するリスクを抑えられます。

引越安心マークとは、全日本トラック協会が平成26年度から実施している制度で、協会が認めた引越し事業者を「引越優良事業者」として、「引越安心マーク」を交付しています。

便利屋に依頼することも可能

引越し業者の予約が一杯の場合、便利屋に依頼することも選択肢に入れましょう。

便利屋は文字通り「なんでも屋」なので、引越し作業も請け負ってくれます。

ただ料金は時間制になっている事業者が多く、コスパで考えると引越し業者の方が安いです。

また引越し専門の会社ではありませんので、引越難民になってしまった際の最終手段として考えてください。

便利屋
便利屋でも引越し業務は可能!?引越し業者との違いと注意点引越し作業を依頼する場合、引越し業者以外に便利屋も選択肢になります。 便利屋はピンポイントの引越し作業も対応してくれるので、文字通り便利です。 ただ一般の人が引越し作業を依頼するなら、引越し業者にお願いしましょう。 なぜなら引越し業者に依頼した方が質も料金の両面で便利屋に勝っているからです。...

引越難民とならないためにやるべき対策のまとめ

引越難民とならないためにやるべき対策のまとめです。

引越難民を回避する方法
  • 通常期は引越し2週間前までに予約
  • 繁忙期は遅くても1か月前までに予約
  • 早期予約をすれば引越し料金も安くなる
  • 引越難民になった際は便利屋の活用も選択肢に

引越しシーズンは、引越ししたい人の需要が供給量を超えてしまうため、毎年引越難民は発生するものと考えてください。

引越難民にならないためには、早期予約が重要です。

なおキャンセルした人が現れれば、その瞬間予約に空きが出るため、引越し間近になっても諦めずに連絡しましょう。

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較