引越し時の片付けは計画的に!作業の順番を決めるだけで効率化できる!

引越し

引越し準備の時間は、想像以上に足りなくなります!

そのため住まいの片付け・梱包作業は、計画的に行いましょう。

本記事では引越し片付け・梱包作業をする順番と、効率よく進めるためのコツを解説します。

目次
  1. 引越し準備は計画的にやらないと経済的にも損をしてしまう!
  2. 室内の片付けは引越し日から逆算してスケジュール管理しよう!
  3. 荷物別!引越しの片付け・梱包する順番
  4. 引越し時の荷物の片付けがスムーズになるコツ
  5. 不要となった家具家電を捨てる場合はどうすればいいか?
  6. 家具家電のみを運搬プランは存在するのか?
  7. 引越し費用をもっと安くする方法!
  8. 引越し片付け・梱包作業のまとめ

引越し準備は計画的にやらないと経済的にも損をしてしまう!

loss

引越し準備は行き当たりばったりではなく、計画的にやるべきです。

引越し業者に依頼して荷物を運搬する場合、業者が当日来るまでに段ボールへの梱包を完了しておかなければなりません。

万が一梱包が終わっていないと業者に手伝ってもらうことになり、引越し料金が上乗せされますので注意しましょう。

また退去日までに室内を片付けなければ、大家さん・不動産管理会社から違約金の請求を受けたり、契約期間が延長になる可能性もあります。

1か月契約期間が延長になれば、数万円の出費となりますので、引越し日当日までに荷物整理を完了するように計画してください。

砂時計
引越し当日に申し込みして即日引っ越しは可能なのか?引越し業者への予約を忘れてしまった場合や、自分で荷物を運べなかった場合などは、直前や引越し当日に業者へ申し込みをしなければなりません。 引越し業者へ依頼する場合、引越日の2週間前までに連絡するのが一般的ですが、引越日直前であっても対応してくれる引越し業者もあります。...

室内の片付けは引越し日から逆算してスケジュール管理しよう!

schedule

引っ越しする際の片付けや梱包作業は、引越し日から逆算して日程調整をしてください。

スケジュールは余裕をもつことが大切で、予想している時間通りに片付け・梱包作業が終わることはないとお考えください。

引越し片付け・梱包作業は1.5倍時間が必要になる

引越し作業は少なく見積もって、想像の1.5倍時間がかかります。

時間がかかる理由は3つあります。

  • 荷物量を正確に把握していない
  • 捨てる・捨てないの判断に時間を要する
  • 引越し作業に不慣れ

数年以上同じ部屋に住んでいる人は、住み始めた時点よりも確実に荷物が増えています。

荷物が増えていれば片付けする量も増加しますし、不要な物は捨てなければいけません。

しかし愛着がある物は捨てにくく、捨てる・捨てないの判断に悩むことに。

引越し先に持参する荷物が増えれば梱包作業量も増加しますし、引越し料金も高くなります。

「今日はどの部屋の作業を完了させる」など、その日にやるべき目標を立てると作業がはかどります。

引越し荷造りの道具・資材は事前に一式揃えること

引越しの荷造りをする際は、軍手や段ボール、ガムテープなど多くの道具や資材が必要です。

頻繁に引越しやDIYをしている人を除けば、自宅にそれらの道具・資材はないですよね。

となると引越し作業をする前に用意する必要があり、近くにホームセンターが無い方はインターネット通販で事前に購入する必要があります。

ただAmazonなどネット通販が便利になったといっても、当日に荷物が届くことは基本的にありません。

引越し日直前になってから作業を始めようとすると、足りない道具・資材が出てきてしまうため、時間がない人ほど必要な物は前もって揃えておきましょう。

冷蔵庫の中身の削減を1か月前からやる理由は?

冷蔵庫の中身は、1か月前から徐々に減らしておきましょう。

1か月前は少し早いと思うかもしれませんが、調味料など長期間使用する材料は引っ越しするまで購入を控えるなどの工夫が必要です。

冷蔵庫の中身が多いと、1週間ですべて使い切るのは難しいこともあります。

クーラーボックスに入れて持参する選択肢もありますが、荷物の増加=引越し料金の増加を意味しますので、最低限の食材を残してすべて使い切るような工夫をしましょう。

荷物の取捨選択は3:7の割合で破棄することを前提に仕分けすること

荷物の取捨選択は3:7で、捨てることを前提に仕分けをしてください。

ミニマリストと言われる人以外は、過剰に物を所有していることが多く、数か月間使っていない物は溢れています。

「いつか使うかも」と思っていても、使うタイミングがあれば、新しい物を購入した方がいいでしょう。

また、荷物を置くスペースも、家賃に含まれていることを認識してください。

使わない荷物のために、毎月数百円、数千円分相当の部屋代を使用するのはもったいないですので、使っていない物はどんどん捨ててしまった方がいいです。

不用品は破棄または買取りにより処分する

不用品を処分する場合、リサイクルショップなどで買い取りしてもらう選択肢もあります。

リサイクルショップは、色々な物を取り扱っているため、1度に大量の物を売ることができます。

車を持っていない人で店頭に持参するのが難しい方は、ネットの買取サービスの利用がオススメです。

ゴミの種類ごとに最終回収日を確認すること

使い古した物や、片付けしている際に出てきたゴミは捨てることになりますので、引越し日から逆算してゴミ出しできる曜日を確認しましょう。

燃えるゴミは頻繁に捨てられますが、資源ゴミを捨てられるのは月1回だけなど、回数が少ないです。

また住んでいる自治体によっては、ゴミ処理場まで運ぶ必要があるため、ゴミ処理場の稼働日も確認しましょう。

引越し
引越しで荷物を整理する時期と不用品の5種類の処分方法を解説!引越しは不要な家具・家電を処分するいい機会なので、普段使っていない物を整理してスッキリしましょう! まだ使える家具・家電については買い取ってもらう方法もありますので、本記事で5種類の不用品処分方法をご紹介します。...

荷物別!引越しの片付け・梱包する順番

引越し片付けをする場合、種類ごとに梱包する順番を決めて作業しましょう。

作業時期種類作業内容
1か月前衣類着なくなった服は捨て、シーズンオフの洋服から梱包する
1か月前調味料・現在の調味料は使い切る
・引越しするまで購入は控える
2週間前趣味用品破損しないように気をつけてしまう
1週間前台所用品最低限のキッチン用品以外は段ボールに入れてしまう
3日前割れ物緩衝材を使用して梱包する
2日前家具家電・運搬できるようにバラす
・ケーブルを外して運搬しやすいようにする
前日日用品不用品は基本捨てること
当日までゴミ出しゴミ出しできる曜日は確認すること

引越し1か月前:引越し時期に合わない衣類から段ボールに入れる

引越し先に持参する衣類のうち、シーズンオフの洋服は引越し先に到着するまでに着ることはありませんので、最初に梱包しましょう。

段ボールに洋服を入れると意外とかさばりますので、思い切って処分するのも選択肢です。

今シーズン1度も着用しなかった洋服や、汚れやヨレが気になるものは、悩まずスパッと捨てましょう。

また引越し業者によってはシワが付かないような衣装ケースを借りられる場合もありますので、見積もり依頼をする際にご確認ください。

引越し1か月前:調味料は引越し先に到着するまで買わないこと

冷蔵庫にある食料品は1,2週間あれば食べきることも可能です。

しかし調味料はすぐに使い切りませんし、ドレッシングなど液体の物は冷蔵できませんので衛生面が気になります。

液体物は運搬時の揺れにより容器が破損し、中身がこぼれる心配があります。

そのため引越しが決まった時点で調味料を購入するのは控え、現在の保有している調味料を使い切りましょう。

2週間前:引越しまでに使用しない荷物を段ボールへ

2週間前になりましたら、本格的に室内の片付けを行います。

普段使いしない荷物は、2週間前の時点で段ボールに梱包しましょう。

早すぎると思うかもしれませんが、逆にこのタイミングでも使用しない荷物はシーズンものまたは、単発的に使用する物に限られます。

趣味で揃えているものや、書籍・DVD・BDも2週間前から梱包を始めてください。

1週間前:詰めたキッチン道具は引越し後まで使用しない

1週間前になりましたら、キッチン道具も徐々に片付けていきます。

包丁などは最後まで使用しますが、日常的に使わないキッチン用品は1週間前に使用し、引越しが完了するまで使用するの我慢しましょう。

3日前:食器やパソコンは時間を掛けて梱包する

引越し3日前になりましたら、食器類やパソコンなど、引越し当日まで使用しない割れ物や精密機器の梱包をしてください。

割れやすい物や精密機器は梱包がとても重要で、1回の衝撃で割れたり内部データが破損する危険もあります。

そのためプチプチなどの緩衝材や新聞紙を使用したり、新聞紙がない場合はタオルで代用するなど、やりすぎなくらい梱包することをオススメします。

2日前:家電製品は運びやすいようにケーブルをまとめる

2日前になりましたら、家電製品の使用を止め、家具は運搬しやすいようにバラしましょう。

複数のケーブルをひとまとめにする場合、養生テープに印をつけるとわかりやすいです

また冷蔵庫は中身を捨て、洗濯機は水をすべて捨てましょう。

前日:日用品は最後に

日用品は最後に梱包し、不要な物はすべてゴミとして処分します。

ゴミ出しできる日にちが前日以前なら、早めにゴミ捨てを完了させなければいけませんので、ゴミ捨て曜日はあらかじめ確認してください。

引越し時の荷物の片付けがスムーズになるコツ

moving

引越しの片付け作業も、一工夫するだけで作業がはかどるようになります。

片付けは部屋(エリア)ごと行い段ボールへ梱包する

複数の部屋がある人は、部屋単位で片付け・梱包作業を行い、ワンルームであれば、エリアごとに段ボールに詰めてください。

エリアごとに梱包するのは、段ボールに入れた物がわかりやすい点と、引越し後に同じ空間を再現しやすい点の2つの理由からです。

荷物の種類ごと梱包するのもいいですが、引越し先の間取りを考えて開封しないと置き場所に困ってしまうので注意してください。

引越し荷造り道具セットを一纏めにする

ガムテープやビニールテープ、マーカーなどは常に一緒の場所に置いてください。

部屋が複数あると、必要な道具だけを持ち運んでしまいます。

しかし引越し道具をバラバラにしてしまうと、必要な道具をとりにいく手間がかかったり、道具を探す時間が無駄になります。

小さいケースを収納ボックスとして利用すると、持ち運びしやすいし、道具の所在がわからなくなる心配もありません。

ヒモで縛るのが面倒なら養生テープを使ってまとめること

ケーブルや延長コードは、ビニールひもで縛ると絡まったりしませんので、運搬時には縛りましょう。

ただコードをいちいち縛るのが面倒の方は、養生テープを使用してください。

養生テープは剥がしやすく、ガムテープのように粘着部分の後が付きにくいです。

またマーカーでケーブルの種類(テレビ用・パソコン用など)を書けば、引越し後の整理にも役立ちます。

養生テープはガムテープと同様、手でちぎることも可能ですが、剥がす際はカッターやハサミを使用した方が手際が良くなります。

段ボールは多少余裕がある程度にとどめること

段ボールの蓋をするのは、引越し日直前まで我慢しましょう。

ギリギリまで詰めてしまうと、運ぶ荷物が増えた場合、もう1箱用意しなければいけませんし、中身がスカスカだと運びにくいです。

衣類などは、入れられる量をある程度コントロールできるので、容量に多少余裕があるくらいに留め、梱包する荷物が無くなりましたら蓋をしてください。

タオルは新聞紙の代用品として有用

食器を梱包する際によく使用するのが新聞紙です。

ただ最近では新聞紙を購読していない家庭も多いですし、簡単に手に入りにくい素材です。

新聞紙は衝撃を吸収するために使用するので、代用品としてタオルも使えます。

食器をまとめてタオルでくるむと、食器同士がぶつかり破損する危険もあるため、食器の間にタオルを入れてください。

引越し業者によっては、食器専用の運搬ボックスも用意してありますので、依頼する業者にご確認ください。

段ボールに入っている物はマーカーで大きく表示

引越し荷物の梱包は、引越し先に到着してからのことも考えて作業しましょう。

作業中は何がどこに梱包されているのかわかりますが、運搬しているとどれに何が入っているのかわからなくなります。

数十箱も運ぶとイチイチ開封するのも面倒になるため、段ボールの横にマーカーで梱包されている荷物の種類を表示するといいでしょう。

不要となった家具家電を捨てる場合はどうすればいいか?

box

家具家電は燃えるゴミのように、ゴミ捨て場で破棄することはできませんし、処分する際には費用もかかりますのでご注意ください。

家具・家電の処分は自治体のゴミ処理場で捨てること

家具家電などはゴミ捨て場で破棄できませんので、自治体のゴミ処理場に持参することになります。

ゴミ処理場で破棄する場合には、通常処分費用が発生し、手数料は捨てる品目や自治体によって異なります。

戸別収集を依頼できるケースもありますが、その際は事前に電話申し込みが必要となりますので注意しましょう。

なおエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機においては、家電リサイクル法の対象であり、処分費用は高くなりますのでご注意ください。

参考:家電リサイクル料金((一財)家電製品協会家電リサイクル券センター)

家具・家電を売却して引越し資金に充てることも可能

家電・家具を捨てるのではなく、買取してもらうことで引越し資金に充てる選択肢もあります。

1円の値段でも買い取ってくれるのであれば、処分する費用がかかりませんのでプラスです。

リサイクルショップに持参するのもいいですが、車が無いと大きい家具家電を店頭まで持っていくのは難しいですし、買取りを断られると徒労に終わります。

そのため家具・家電を売却する場合、インターネットの出張買取サービスを利用する選択肢もアリです。

出張買取りは、業者が自宅まで買取りに来てくれるため、店頭まで荷物を運ぶ必要がありません。

買取センター』は、家電の出張買い取りを無料で行ってくれるサービスなので、洗濯機を運ぶ必要がありません。

Amazonアカウントでログインできるため、登録の手間を最小限で済むのも高ポイントです。

買い取り
家電を売るなら買取センター

引越し業者は家具・家電の処分・買取対応もしている

引越し業者にもよりますが、なく、不用品を処分・買取している業者もあります。

買取サービスを実施ている業者の場合、引越し見積もりを行う際に、引越し業者が提携している買取業者が査定をしてくれます。

(実際の査定タイミングは業者によって異なるため、ご注意ください。)

買取査定が完了し、売却に応じることとなれば、引越し作業時に不用品も回収してくれるため、手間がかかりません。

また買取ができない物についても、処分費用を支払うことで回収してくれるオプションもあります。

ゴミ処理場へ直接に持参するよりも処分費用が高くなる可能性もありますが、自分でゴミ処理場へ運ぶ手間が省略できるメリットは大きいです。

スポンサーリンク

家具家電のみを運搬プランは存在するのか?

ポイント

引越し業者によっては、すべての荷物を運搬するのではなく、ベッドや冷蔵庫・洗濯機など大型の家具家電のみを運搬するプランも用意されています。

大物家具家電専用の引越しプランを利用するメリット

大物家具家電専用のプランを利用する最大のメリットは、引越し料金が安く抑えらる点です。

引越し料金に大きく影響するのは運搬する荷物量であり、荷物が少なければその分料金は安くなります。

またグラウンドピアノなど分解できない大物や、エレベーターに入りきらない大きさの荷物は窓からクレーンで吊り下げる必要があります。

ピアノを素人が運ぶのはリスクがありますので、ピンポイントの荷物だけを運搬依頼する選択肢もアリです。

大物家具家電のみの引越しプランはやや割高なので注意

家財のみの引越し費用は、引越し荷物をまとめて運んでもらう場合と比較すれば安いですが、費用対効果で考えると良いとは言い切れません。

荷物の運搬を依頼すれば、自分で運ぶ必要がないのでラクです。

しかし一部の荷物だけを運搬してもらう場合、自分で荷物を運ぶ作業が必要となり、労力の削減にはなりません。

また引越し業者は荷物の大小にかかわらず、最低限の人件費とトラックを輸送費はかかるため、大物家具家電だけの運搬であったとしても、料金が劇的に安くなることはありません。

荷物の運搬が苦にならない人は大物家具家電だけを依頼する選択肢もアリ

冷蔵庫・洗濯機以外の荷物を運ぶことが苦にならない人は、大物家具家電のみを運搬する引越しプランも選択肢になります。

自家用車を保有している人であれば、複数回の往復で引越し作業が完了する可能性もあります。

ただ荷造りをしてみないと、実際にどれくらい運ぶ荷物があるかはわかりません。

そのため自身で運搬できる量なのかを確認し、難しい場合には引越し業者以外に宅急便や宅配便などを利用することも検討してみてください。

引越ししたい病
引越ししたい気持ちを抑える方法!違約金や費用を考えれば止められる!住んでいる場所に不満があったり、心機一転のために引越ししたい気持ちになることはあると思いますが、引越しする際はどうしても費用がかかります。 短期間で引越するとなれば賃貸物件の違約金が発生する可能性もありますので、引越ししたい気持ちを抑える方法をご紹介します。...

大物家具家電のみを運搬してもらう場合の目安料金

冷蔵庫の引越し料金の目安

冷蔵庫のみの運搬を依頼する際の料金相場は、5,000円からとなっています。

引越し先が同じ市区町村であれば5,000円程度で運搬してくれる可能性がある一方で、引越し先までの距離が長くなると1万円以上請求されることもあります。

洗濯機の引越し料金の目安

洗濯機のみの運搬を依頼する際の料金相場は、5,000円からとなっています。

洗濯機の大きさによっても料金が変動するするため、サイズが大きいドラム式の洗濯機の方が高くなる傾向になります。

また引越し先までの距離が長くなれば、そのぶん料金も高くなるので注意しましょう。

他の市区町村へ引っ越す場合には、1万円を超える料金が請求されることもあります。

ベッドの引越し料金の目安

ベッドの引越し費用は、運搬するベッドの大きさによって大きく変わってきます。

解体可能なベッドや、シングルベッドの場合には、料金相場は5,000円からとなっていますが、ダブルベッドなどサイズが大きくなるとシングルサイズの倍の料金を請求される可能性もあります。

ピアノの引越し料金の目安

ピアノを引越しする場合、通常の引越し費用に特殊作業費が料金に加算されます。

特殊作業費とは、住居が高層階にある場合の運搬やクレーン車の使用など、通常の引越し作業とは別の方法を用いる際のかかる費用です。

ピアノにはアップライトピアノやグラウンドピアノなど種類のあり、大きいピアノほど基本費用や特殊作業費が高くなります。

近場の引越しで、1階にある比較的軽量な電子オルガンを運搬する場合には、2万円台で引越すことも可能です。

しかしグラウンドピアノを運搬するとなると、電子オルガンの倍の料金はかかりますし、クレーン車などを用いる場合、10万円超の費用がかかるケースも考えられます。

時間
引越し先選びのタイムリミット!住まい探しはいつまでに行うべきかを解説住まい探しは、早めに始めてください。 空室がないと入居できませんし、今日空きがあっても明日には入居者が決まっていることもあるため、住居選びは早い者勝ちです。 また退去する人のタイミングで空室の有無は決まるため、ある程度の期間は空き状況を観察しないと、いい部屋に住むことは難しいです。...

引越し費用をもっと安くする方法!

節約

引越し費用は業者ごとに異なり、同じ荷物・移動距離であっても提示される料金は意外とバラバラなケースも珍しくありません。

引越し費用をできるだけ抑えたい人は、引越し業者選びも大切です。

引越し料金は複数社の見積もりを取ることが鉄則

引越し料金は業者ごとに異なるため、1社ではなく複数の業者に見積もり依頼をしてください。

3社に見積もり依頼をすれば、その中から最も料金の安い業者を選ぶことが可能です。

また見積もり金額を値段交渉の材料として利用することもできるため、必ず複数の業者に連絡するようにしてください。

自分に適したプラン・オプションが付いているかを確認すること

引越し費用を安くするためには、適用するプランが自分の引越しに合っているかも大切です。

  • 荷物の量と引越しプランが合っているか
  • オプション代は含まれているか
  • 基本プランに不要なオプションは含まれていないか

極端な例ですが、段ボール30箱まで同じ料金のプランがあるとした場合、5箱しか運ぶ荷物が無いのなら、そのプランを利用するメリットは少ないです。

また基本料金は安くても、ピアノの輸送などのオプション代が高い場合、トータルのコストは割高になる可能性もあります。

一方で、自分には必要のない有料オプションがひっそり追加されていれば、もったいないため、自分の引越しに最適なプランを選ぶことが料金を抑えるためには重要です。

引越しの見積もりは『引越し一括見積もりサイト』を利用すべき

自分の引越しに最適なプランを見つけるために、各引越し業者のサイトをチェックするのは非常に大変ですので、『引越し一括見積もりサイト』の利用をオススメします。

引越し一括見積もりサイトは、数十・数百の引越し業者の料金を比較し、最安値の料金を提示してくれるサイトです。

有料オプションやレディースプランなど、詳細な条件も検索条件に追加できるため、トータルの引越し費用を確認できます。

サイト利用は無料となっていますので、忙しい方や値段交渉が苦手な方は引越し一括見積もりサイトをご利用ください。

メリット・デメリット
引越しオフシーズンは料金が安い!費用相場とメリット・デメリットについて引越しオフシーズンは、引越し料金も安いですし、希望日に引越ししやすいです。 また複数の引越し業者を比較できるため、よりお得に引越せる場合も。 そのため引越し費用の負担を減らしたい人は、オフシーズンの引越しも検討してください。...

引越し片付け・梱包作業のまとめ

引越し片付け・梱包作業のまとめです。

引越し片付け・梱包作業のまとめ
  • 引越し日から逆算してスケジュール管理すること
  • 片付け作業は順番に少しずつ行う
  • 部屋単位で作業すると引越し後がラクに
  • 引越し先に持参する荷物は最小限に
  • 引越し業者選び「は引越し一括見積もりサイト」を利用すること

引越し作業は、想定しているよりも時間がかかると思って計画してください。

予定よりも早く片付け・梱包作業が終わってもデメリットはありませんが、引越し日が決まっていれば、予定よりも作業が遅れることは許されません。

引越し業者によっては段ボールを無料でくれる場合もあるため、引越し日が確定しましたら、最初に引越し業者選びを行います。

計画したスケジュールに沿って、荷物の片付け・梱包作業を行い、スムーズに新生活をスタートさせましょう!

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較