引越しで荷物を整理する時期と不用品の5種類の処分方法を解説!

引越し

引越しは、不要な家具・家電・衣類・日用品を処分するいい機会です。

普段使っていない物は捨てたり売ったりすることで、スッキリした状態で新生活を迎えましょう。

本記事では引越し時に不用品を処分するタイミングや処分する際の注意点、5種類の処分方法をご紹介します。

目次
  1. 引越しで不用品の処分の判断はいつまでにするべき?
  2. 引越しのタイミングで不用品を処分する際の注意点
  3. 引越し時に不用品の分別をした方がいい荷物
  4. 不用品を処分する5種類の方法
  5. リサイクルショップで不用品を処分するメリット・デメリット
  6. インターネットの出張買取で不用品を処分するメリット・デメリット
  7. 不用品を知人・友人に家具・家電を譲るメリット・デメリット
  8. 引越し業者に処分・買取依頼するメリット・デメリット
  9. 自治体のゴミ処理場へ捨てるメリット・デメリット
  10. 大物家具・家電のみを引越し業者に運搬してもらうことは可能か?
  11. 引越し荷物の運搬費用を安くするための方法!
  12. 引越し時の不用品処分方法のまとめ

引越しで不用品の処分の判断はいつまでにするべき?

timing

引越し日が決まってから、実際に引っ越しまでの猶予時間は長くても1か月程度だと思います。

しかし働いている人であれば休日しか引越し作業はできませんので、実質的に8日間(土日×4回)程度しか作業時間を確保できません。

ですので作業する順番を決めておかないと、不用品を捨てきれずに引越し先まで持参することになるので計画的に取り組んでください。

大物家具・家電は優先的に処分の有無を決めること

不用品の処分で最初に分別すべきは、冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの大物家具・家電です。

早期に処分の判断をしなければいけないのは、買い換えに時間がかかる点と、簡単に捨てることができない点にあります。

冷蔵庫や洗濯機は引越し直後から使いますので、買い換えるのであれば引越し当日に新しい製品が届くように手配しなければなりません。

またベッドや机なども、燃えるゴミや燃えないゴミなどと一緒に捨てることはできませんし、資源ゴミ回収は月1回など、地域によって捨てられる日が限られています。

自治体のゴミ処理場に持参するにしても、休日は搬入を受け付けていないケースもあるので、簡単に処分できない不用品は早めに処理しましょう。

不用品の売却は時間に余裕がある時期に行うこと

自分にとっては不用品であっても、他人からすれば価値のある物は沢山あります。

処分するにはお金がかかる一方、不用品を売却できれば支出費用を削減できるだけでなく、引越し資金を得ることも可能になります。

物を売却する方法はリサイクルや、最近だとメルカリやヤフオクなどありますが、売れるまでの時間が短いと売却先を吟味できません。

中古品は一期一会なので、買い手によって付けられる金額が大きく変化しますし、時間的余裕がないと安い価額で売ることになってしまします。

ゴミ捨て場で破棄できる物は曜日を確認すること

自治体によって、曜日ごとに捨てられるゴミの種類は違います。

燃えるゴミは週1~3回程度捨てられる自治体がほとんどですが、曜日が合わないと引っ越し前日に溜めたゴミを捨てられないことも考えられます。

また乾電池などが捨てられる日は、月1回しかないケースも珍しくありません。

引越し1週間前にゴミを捨てたい場合、捨てられる日にちがないことも考えられるため、引越しが決まった時点で、各ゴミを捨てられる最終日は確認しておきましょう。

引越しのタイミングで不用品を処分する際の注意点

kaitori

引越しする際は荷物整理や役所手続きなどやることが多いため、即断即決が必要です。

不用品の処分は時間に余裕を持って即決断すること

不用品の処分は、時間に余裕があるときに即決断してください。

時間に余裕がないと上手く判断できない一方で、悩みすぎても捨てることはできません。

愛着がある服を捨てられず、タンスの奥に閉まっているいる人は多いのではないでしょうか。

「いつか着るかも・使うかも」は、基本的に着ませんし使いません。

現在はいい洋服が安く手に入りますし、Amazonを利用すれば翌日に道具なども手に入ります。

そのため仕分けする日を決めましたら、その日のうちに引越し先に持参する荷物と不用品を分別してください。

ゴミを捨てる方法は自治体によって異なる

引越しを頻繁にしない人はあまりピンときませんが、ゴミ捨ての方法やゴミが捨てられる曜日は自治体によって大きく異なります。

ゴミ処理場の能力が弱い自治体は、燃えにくいゴミを燃やすことができないため、ゴミを細かく分別する傾向にあります。

引越しで荷物整理をしていると、普段捨てないような物をゴミとして捨てることになり、場合によっては物を分解して別々の曜日にゴミ出ししなければいけません。

粗大ゴミの無料回収業者は利用しないこと

住宅街などで粗大ゴミの無料回収を行っているトラックを見かけますが、その方々に粗大ゴミの回収をしてもらうことはオススメできません。

家庭で発生した廃棄物の処分をできる業者は、市町村が認可した「一般廃棄物処理業者であり、住宅街を回っている業者は無許可の可能性があります。

市町村が認可していない業者は、回収した廃棄物を不法投棄する可能性もあり、環境省は注意喚起を行っています。

廃家電や粗大ごみなど、廃棄物の処分に「無許可」の回収業者を利用しないでください!適正な処理が確認できません。ご家庭のごみは、市区町村の責任の下で適正に処理する必要があります。市区町村の許可や委託を受けずにご家庭のごみを回収業者が収集することは認められていません。
出典:環境省

不法投棄が横行すると、環境破壊や環境汚染に繋がる恐れもあり、対策するために税金が投入される可能性もあります。

無駄な税金の支出は回り回って自分の首を絞めることになるので、廃棄を依頼する際は認可を受けている業者に頼んでください。

引越し時に不用品の分別をした方がいい荷物

moving

同じ居住地に長い時間住んでいると、荷物は想像以上に多くなっています。

運搬する荷物量が多くなれば引越し料金も高くなってしまうので、意識的に分別することを心掛けてください。

家具・家電を買い換えることで引越し費用を安くできる

ベッドや冷蔵庫・洗濯機など、大物家具家電を引越し先に持参するのは大変です。

引越し業者に運搬を依頼する場合、大物家具家電があるだけで引越し料金が高くなるケースもあります。

長年使用している電化製品であれば、引越し費用を支払ってまで使うかは悩みどころ。

冷蔵庫やエアコンは、省エネ化が進んでおり、電気代が年間1万円以上安くなることもあります。

引越しのタイミングで買い換えをすれば、引越し料金と電気代を抑えられるため、引越し時点の支出だけでなく長期的な費用の観点からも買い換えの検討をしてください。

直感で着たいと思わない洋服は処分すること

思い出のある洋服を除けば、1年も着ていない洋服は基本的に捨てましょう。

ユニクロやしまむらを利用すれば、前進コーディネートでも1万円でおつりが出るほど洋服の値段は下がっています。

極端に話、夏に引越す人なら冬物をすべて処分しても問題ありません。

アパレル業界は遅くても秋には冬の商品を販売していますので、冬までに一式揃えらるので、引越しを機に洋服を一新するのもアリです。

雑誌・マンガ・書籍はかさばるし重い

雑誌は段ボールに梱包すると結構な重量になるので、読み返す予定の雑誌以外は捨ててしまいましょう。

マンガについては、劣化がない電子書籍に乗り換える選択肢もあります。

紙の書籍の良さもある一方で、マンガが100冊1,000冊あれば、スペースを圧迫しますし、マンガを置く場所のために毎月数百円(数千円)分の家賃を支払うことに価値があるのかを考えてください。

(もちろん好きで紙のマンガを所有するならOKです。)

電子書籍ならスマホ1台に数千、数万冊のマンガを入れることも可能であり、タブレットなど他の電子媒体でも読むこともできます。

人気のあるマンガなら中古でもある程度の値が付きますので、思い切って手放すことも検討してください。

趣味道具は断捨離するチャンス

一時期はまった趣味でも、飽きてしまったものや引越し先で続けることが難しいケースもあります。

スノーボードの板や、アウトドア用品は使用する時期が限られますし、シーズンにやらなければ1年中使用せず、スペースをとるだけの置物になりかねません。

「またやるかもしれない」と、考える気持ちも理解できます。

しかし今やらなかった趣味を将来やることになる可能性は、どれだけあるでしょうか。

無理して処分する必要はありませんが、頑張って引越し先に持って行く必要があるのかも合わせて考えてください。

yes
転出届と異動日が引っ越しした日と違うけど大丈夫なのか!?住民票の異動届には提出期限があり、虚偽の届出をしてしまうと罰則の対象となります。 住民票の異動手続きの期間は、法律で定められていますので、期限内に転出・転入手続きをしてください。 本記事では住民票の異動届を提出するタイミングと、提出時期が違った場合の対処法をご説明します。...

不用品を処分する5種類の方法

book

引越し時に不用品を処分方法は5種類あります。

「〇〇がベストな処分方法!」ではなく、「△△は〇〇の方法で処分した方がいい」と、適材適所の考え方で、処分する方法を決めてください。

5種類の不用品処分方法「表の内容」

処分方法メリットデメリット
リサイクルショップ
  • 売却による収益
  • 一括売却
  • 店頭への持参
  • 買取拒否
インターネット買取
  • 訪問買取
  • 専門業者の買取
  • 使用するハードルが高い
  • 一括処分が難しい
知人・友人への譲渡
  • 処分費用が不要
  • 相手に喜んでもらえる
  • 売却益が見込めない
  • 引き取りの手間
引越し業者への依頼
  • 引越し見積もりと同時に査定
  • 引越し当日に作業
  • 査定後に断りにくい
  • 処分の場合は有料
ゴミ処理場で処分
  • 確実に処分可能
  • 可燃ゴミとして処分できるケースも
  • 処分費用が発生
  • 廃棄手続きが面倒
家電引越し
大物家具家電のみの引越し依頼も可能!専用プランの料金は高い?安い?引越し作業を自力で行う場合でも、冷蔵庫や洗濯機の運搬を一人でするのは困難です。 なので大物家電については引越し業者や宅配便を利用することをオススメします。 ただ単品のみの引越しを業者に依頼するよりも、引越し荷物すべてを引越し業者に依頼した方がお得になることが多いですので、その理由についてご説明します。...

リサイクルショップで不用品を処分するメリット・デメリット

store

家具・家電を処分する際、最初に思いつくのがリサイクルショップへの売却です。

リサイクルショップはどの地域にも存在しますし、売却するついでに新生活で必要な物を安く買えるメリットもあります。

売却できれば収入になる

リサイクルショップで不用品を処分する最大のメリットは、売却して利益を得られる点です。

家電製品は処分する際に費用がかかるため、引越し時の負担になります。

しかしリサイクルショップに買い取りをしてもらえれば、処分費用は必要ありませんし、売却した金額を引越し費用の足しに補填できます。

少額買取りであったとしても、処分費用が不要になるだけでもメリットがあるため、売れる家財は積極的に売ってみましょう。

不用品をまとめて売ることも可能

リサイクルショップは、家具・家電意外にも、トレーディングカードや健康器具など、多様なジャンルの製品を取り扱っています。

専門店は高値で買い取りしてくれる可能性がある一方、種類ごとに売るお店を変えなければいけません。

リサイクルショップは、基本ノンジャンルで買い取りをしてくれるので、一度で不用品を処分できるメリットがあります。

引越しで忙しい時期に買取りに手間をかけたくありませんので、リサイクルショップでまとめて売却してスッキリしましょう。

実店舗への売却は不用品を持参する必要がある

売却する家財が小物であれば、リサイクルショップに持参するのも容易です。

ただ家電製品になると持ち運びは難しく、自家用車を所有しているでないと、電子レンジや炊飯器などを手持ちするのは大変です。

また冷蔵庫や洗濯機など、大物家電は自家用車に入らない場合や、一人で運ぶのは困難なので、買取りしてもらうにしても家族や友人に手伝ってもらう必要があります。

価値のない物は買取を拒否される可能性がある

リサイクルショップは、あまり買い取りを拒否することはありませんが、使い込んだ物や使い込んだ家電製品は、買い取りを断られる場合もあります。

買い取りを断れれば、再度自宅に運び込む手間がかかるため、どのくらいで販売できるか下調べが必要です。

なおリサイクルショップは、一括買い取りをしてくれる反面、買い取り価格が安くなる可能性もあるのでご注意ください。

インターネットの出張買取で不用品を処分するメリット・デメリット

ネット

スマホが普及したことにより、個人間でも中古品の売買が普及してきました。

その影響もあり、インターネットで申し込みを行い、出張買取をしてくれる企業も続出しています。

出張買取は自宅に居ながら売却できる

出張買取りサービスの最大のメリットは、売りたい物を店頭まで運ぶ必要がない点です。

メルカリなどで売るのもいいですが、ネットオークションの場合、自分で製品を梱包しなければなりません。

また家電製品の場合、状態によっては苦情になるケースもあるため、買取り業者を仲介させることで、トラブルを回避できます。

大物家具家電を運ぶ必要がない

店頭で家電を売る場合、持ち込むのが最大のハードルです。

しかし家電の出張買取してくれる企業もありますので、持ち運びの手間を省略できます。

たとえば『買取センター』は、家電の出張買い取りを無料で行ってくれるサービスなので、洗濯機を運ぶ必要がありません。

Amazonアカウントでログインできるため、登録の手間を最小限で済むのも高ポイントです。

買い取り
家電を売るなら買取センター

出張買取を利用するまでのハードルが高い

普段メルカリなど、中古品の売買アプリを利用していない人にとって、インターネットを経由して物を売るのは少しハードルが高いです。

実際の手続きは難しくありませんが、経験したことのない作業は引越しの忙しい時期にとっつき点も否めません。

商品の種類ごとに売却する必要がある

インターネットを経由しても買取サービスは、多種多様です。

リサイクルショップのような総合的に買い取りをしているサイトなら、まとめて販売できます。

一方で、特定の製品だけを扱っている専門店に売る場合、商品ごとに売り先を変えなければなりません。

また買い取り金額は、需要と供給で判断されるため、人気の無い家電製品などは買い取り価格が低くなることも考えられます。

インターネットは、世界中で利用できるため、買取金額はシビアになります。

不用品を知人・友人に家具・家電を譲るメリット・デメリット

握手

結婚など、生活スタイルの変更により使えなくなる家具・家電は意外と多いです。

近くに製品を使いたい人がいれば、譲ることも選択肢になります。

不用品を処分する費用がゼロになる

友人に家電製品を渡せば、処分費用はゼロです。

引越し荷物が少なくなれば、運搬コストも削減できるため、一石二鳥です。

譲った知人・友人に喜んでもらえる

友人がほしがっている家電を渡せれば、相手も喜んでくれます。

リサイクルショップなどで家電製品を購入する場合、お店側の手数料が上乗せされるため、直接渡せれば、友人は手数料分だけ安く家電製品を取得できます。

また引越し手伝ってもらうなら、お礼として相手の好きな家具・家電を持ち帰ってもらってWIN-WINの関係を作ることも可能です。

売れる商品でも収入を見込むことができない(少額収入)

お店の買い取りなら値段交渉もしやすいです。

ただ友人に家電製品を売る場合、高く売ることは心情的に難しく、安く売ってしまうことも考えられます。

無償なら引き取ってくれるかもしれませんが、有償ならほぼほぼ拒否されることも想定しなければなりません。

受け渡しの手間暇がかかる

友人に家電製品を渡す場合、持って行くか、取りに来てもらう必要があります。

友人が近くに住んでいれば、受け渡しも容易です。

ただ遠方に住んでいるなら、業者に依頼して運んでもらう必要があり、運送コストが発生します。

家族で使用する大きさの冷蔵庫は、軽自動車運ぶのは難しいため、持って行く場合でもレンタカーを借りなければならないことも。

運送コストを踏まえると、処分した方が安いケースもあります。

引越し業者に処分・買取依頼するメリット・デメリット

引越し

引越し業者は、荷物を引越し先に運搬するだけでなく、オプションで不用品の回収・買い取りをしてくれます。

引越し荷物を運搬するタイミングで、作業してくれる点も魅力的です。

引越し見積もりのタイミングで査定依頼が可能

引越し業者は不用品の処分だけでなく、リサイクルショップなどと提携し、不用品の買取りを行っている業者もあります。

引越し業者は荷物量や引越しルート・道路状況を確認するために、従業員が自宅を訪問して行われるケースが多いです。

訪問見積もりの際に買取査定をしてくれれば、売却する家具家電を持ち運ぶ必要がありません。

(引越し業者によって査定タイミングは異なります。)

引越し荷物を運搬する際に引き取ってくれる

引越し業者は荷物を運搬する際に回収する家具・家電を持ち運ぶため、一度に作業が完了します。

店頭で売却する場合や、自治体のゴミ処理場に持って行くとなると、作業のためにトータル数時間は必要となります。

引越し前後はやることが多いため、時間が惜しい方にもオススメです。

査定してもらった後で買取拒否はしにくい

引越し見積もりのタイミングで買取り査定をしてもらった場合、提示された金額が低くても買取り拒否はしにくいです。

金額に納得していなければ、断ることもできますが、査定に来てもらっている手前、心情的に断りずらい部分はあります。

また専門商品を取り扱っている業者と比較すると、買取り金額が低くなることも想定されるます。

不用品処分の場合処分費用を請求される

買取が不可能な不用品については、処分費用が引越し代金に上乗せされます。

直接ゴミ処理場に持参するよりも費用を高くなることが多いため、少しでも安くするためには、自分で家電などは処分してください。

お金
引越し業者はオプションを付ければ不用品を回収・買取してくれる!引越しする際は持参する荷物はできるだけ少なくしましょう。 荷物が多ければ引越し費用は高くなりますし、引越しは家財道具を処分するいい機会です。 引越し業者に依頼する場合、オプションを付ければ不要となる家具・家電を処分してくれますので、引越し準備で忙しい人は活用してください。...

自治体のゴミ処理場へ捨てるメリット・デメリット

gomi

不用品を捨てるなら、自治体の決まりに基づいて処分してください。

確実に不用品を処分できる

リサイクルショップに売りにいっても、買取拒否されれば製品を持ち帰らなければなりませんので、二度手間です。

最初からゴミ処理場に持参すれば確実に処分できるため、売れない家具・家電はゴミとして処理しましょう。

可燃ゴミとして捨てられるゴミもある

ゴミの分別方法は各自治地帯によって異なりますが、日用品など燃えるゴミの対象となる物は通常のゴミの日に捨てられます。

ただ分別が厳しい自治体だと、大きさによっては粗大ゴミ扱いになる可能性もあるため、注意してください。

大きな不用品を処分する際は廃棄料が発生する

家電製品や大型家具は、破棄するための料金が発生します。

廃棄する際の手数料は、品目ごとに異なり、自治体によっても違いがあります。

ベッドなど、大物家具・家電になるほど費用は高くなるため、事前に料金は確認してください。

なお家電製品については、家電リサイクル法により処分する際にリサイクル料が発生します。

エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機については、別途処分がかかりますので注意してください。

参考:家電リサイクル料金((一財)家電製品協会家電リサイクル券センター)

廃棄するまでの手続きが面倒

粗大ゴミの処理手続きは非常に面倒です。

戸別収集を依頼する場合は、電話による事前申し込みが必要で、基本料金と手数料が発生します。

またゴミ処理場に持参する際は、重さによって料金が変わります。

自治体によってやり方は違うため、ホームページなどを確認し、廃棄手続きしてください。

なお

大物家具・家電のみを引越し業者に運搬してもらうことは可能か?

引越し

引越し業者は、引越しする荷物全部ではなく、家具家電のみを運ぶ「大物荷物専用の引越しプラ」も用意しています。

食器や洋服などは自分で運搬する必要がある一方で、運搬荷物が限定されいる分、引越し料金を抑えられます。

大物家具・家電の運搬料金の目安金額

大物家具家電の代表である、冷蔵庫・洗濯機・ベッド・ピアノを運搬する際の目安料金をご紹介します。

引越し費用は大きさや引越し先までの距離などによって違いますので、ご参考の一つとしてお考えください。

冷蔵庫の引越し料金の目安

冷蔵庫のみの運搬を依頼する際の料金相場は、5,000円からとなっています。

引越し先が同じ市区町村であれば5,000円程度で運搬してくれる可能性がある一方で、引越し先までの距離が長くなると1万円以上請求されることもあります。

洗濯機の引越し料金の目安

洗濯機のみの運搬を依頼する際の料金相場は、5,000円からとなっています。

洗濯機の大きさによっても料金が変動するするため、サイズが大きいドラム式の洗濯機の方が高くなる傾向になります。

また引越し先までの距離が長くなれば、そのぶん料金も高くなるので注意しましょう。

他の市区町村へ引っ越す場合には、1万円を超える料金が請求されることもあります。

ベッドの引越し料金の目安

ベッドの引越し費用は、運搬するベッドの大きさによって大きく変わってきます。

解体可能なベッドや、シングルベッドの場合には、料金相場は5,000円からとなっていますが、ダブルベッドなどサイズが大きくなるとシングルサイズの倍の料金を請求される可能性もあります。

ピアノの引越し料金の目安

ピアノを引越しする場合、通常の引越し費用に特殊作業費が料金に加算されます。

特殊作業費とは、住居が高層階にある場合の運搬やクレーン車の使用など、通常の引越し作業とは別の方法を用いる際のかかる費用です。

ピアノにはアップライトピアノやグラウンドピアノなど種類のあり、大きいピアノほど基本費用や特殊作業費が高くなります。

近場の引越しで、1階にある比較的軽量な電子オルガンを運搬する場合には、2万円台で引越すことも可能です。

しかしグラウンドピアノを運搬するとなると、電子オルガンの倍の料金はかかりますし、クレーン車などを用いる場合、10万円超の費用がかかるケースも考えられます。

時間
引越し先選びのタイムリミット!住まい探しはいつまでに行うべきかを解説住まい探しは、早めに始めてください。 空室がないと入居できませんし、今日空きがあっても明日には入居者が決まっていることもあるため、住居選びは早い者勝ちです。 また退去する人のタイミングで空室の有無は決まるため、ある程度の期間は空き状況を観察しないと、いい部屋に住むことは難しいです。...

引越し業者は大物荷物専用プランを用意している

大手引越し業者は、大物荷物専用プランを用意しています。

たとえばアーク引越センターは、大物家具・家電専用の『大物限定プラン』を用意しており、大型家具・家電の荷造りから配置までを対応してくれます。

大物限定プラン 引越し料金を節約したい方にピッタリ!お得な引越しプランです。大型家具・家電だけを運ぶ引越しプランです。
出典:大物限定プラン(アート引越センター)

一人暮らし向けのプランとしては、サカイ引越センターの『小口便引越サービス』があります。

『小口便引越サービス』は、指定のBOX内の荷物を運搬するプランで、BOXサイズは【高さ(144cm)幅(105cm)奥行き(75cm) 】です。

BOXに納めるならどんな荷物でも運べますし、引越し先までの距離などによって変わりますが、引越し料金は2万円台からとなっています。

BOXに入れた荷物

出典:サカイの小口便引越サービス

sakai

サカイ引越センター公式サイトで見積もり!

引越しする荷物はまとめた方が作業がラク

大物家具・家電のみを業者に依頼することで、引越し費用を抑えられます。

ただ引越し業者は、荷物の梱包から運搬・家具の設置(プランによる)までしてくれますので、引越し荷物のすべて運搬を依頼した方がラクです。

また引越す荷物ごとで運搬業者を変えるなら、業者ごとに値段交渉をする必要があるため、余計な手間がかかりますし、コスパの悪いです。

大型の自家用車や、引越しを手伝ってくれる知人・友人がいる場合を除き、引越し荷物の運搬は引越し業者に依頼することをオススメします。

実家
一人暮らしも安心!実家から引越す場合のポイントと注意点を解説!実家を飛び出して一人暮らしをする際、引越し作業でどんなことが必要なのかわかりませんよね。 また初めての引越しだと、引越し業者にどのくらい料金を請求されるかわかりませんし、引越し料金の値段交渉するも一苦労。 そんな一人暮らしを始められる方向けに、手続き方法をご案内します。...

引越し荷物の運搬費用を安くするための方法!

money

引越し費用をできるだけ抑えたい人は、引越し業者選びも大切です。

引越し費用は業者ごとに異なり、同じ荷物・移動距離であっても提示される料金はバラバラなので、1社だけにしか見積もりしないのは危険です。

引越し料金は複数社の見積もりを取ることが鉄則

引越し料金は業者ごとに異なるため、1社ではなく複数の業者に見積もり依頼をしてください。

3社に見積もり依頼をすれば、その中から最も料金の安い業者を選ぶことが可能です。

また見積もり金額を値段交渉の材料として利用することもできるため、必ず複数の業者に連絡するようにしてください。

砂時計
引越し当日に申し込みして即日引っ越しは可能なのか?引越し業者への予約を忘れてしまった場合や、自分で荷物を運べなかった場合などは、直前や引越し当日に業者へ申し込みをしなければなりません。 引越し業者へ依頼する場合、引越日の2週間前までに連絡するのが一般的ですが、引越日直前であっても対応してくれる引越し業者もあります。...

自分に適したプラン・オプションが付いているかを確認すること

引越し費用を安くするためには、適用するプランが自分の引越しに合っているかも大切です。

引越しの基本料金が安い業者でも、洗濯機などの大型家電・家具の運搬は別途料金が発生するケースや、基本料金は高めでも、追加料金なしですべての荷物を運べるプランも存在します。

また契約するプランに不要なオプションが付随している場合もありますので、契約する際は内容をよくチェックしてください。

  • 荷物の量と引越しプランが合っているか
  • オプション代は含まれているか
  • 基本プランに不要なオプションは含まれていないか

引越しの見積もりは『引越し一括見積もりサイト』を利用すべき

自分の引越しに最適なプランを見つけるために、各引越し業者のサイトをチェックするのは非常に大変ですので、引越し一括見積もりサイト』の利用をオススメします。

引越し一括見積もりサイトは、数十・数百の引越し業者の料金を比較し、最安値の料金を提示してくれるサイトです。

有料オプションやレディースプランなど、詳細な条件も検索条件に追加できるため、トータルの引越し費用を確認できます。

サイト利用は無料となっていますので、忙しい方や値段交渉が苦手な方は引越し一括見積もりサイトをご利用ください。

メリット・デメリット
引越しオフシーズンは料金が安い!費用相場とメリット・デメリットについて引越しオフシーズンは、引越し料金も安いですし、希望日に引越ししやすいです。 また複数の引越し業者を比較できるため、よりお得に引越せる場合も。 そのため引越し費用の負担を減らしたい人は、オフシーズンの引越しも検討してください。...

引越し時の不用品処分方法のまとめ

引越しで発生する不用品処分方法のまとめです。

不用品処分の方法
  • リサイクルショップは無難
  • ネット買取はラク
  • コストを抑えるなら友人へ譲る
  • 引越し業者に依頼すると不用品も処分してくれる
  • 家電製品の処分は有料

家電製品など、まだ使える物は売却することも検討しましょう。

使い古した家電製品や、売却が難しい家財道具は、できるだけラクして処分することを考えてください。

荷物の処分・買取対応をしている引越し業者もありますので、身軽な体で新生活を迎えたい方は依頼する引越し業者選びも大切です。

引越しは心機一転するチャンスだから不要なものは積極的に捨てよう!荷物が少なくなればその分引越費用も安くなるよ!
タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較