退去時のポイント

賃貸物件の更新料を支払わないで引越しを選択すべき5つの理由

更新料

賃貸物件の更新時期が近づくと、同じ物件に引き続き住むか、別物件に引越ししようか悩みますよね。

支出する金額だけを考えるなら、引越しせずに更新料を支払った方がお得です。

ただこれから紹介する、5つの引越し理由に該当する方は、新たな居住先を探すほうが得策かもしれません。

更新料を払わないで引越しを選択すべき5つの理由

five

更新料を支払うか、引越しするか悩んでいる人は、以下の5つの理由に自分が該当するかで判断してみてください。

引越しを選択すべき5つの理由
  1. 更新料が高い
  2. 家賃が値下がりしない
  3. 生活環境に満足できない
  4. 転職・結婚などを考えている
  5. 今よりも良い条件の賃貸物件を見つけた

理由①:家賃の更新料が高い

家賃の更新料は、契約内容により異なりますが、2年ごとに家賃の1・2か月分の家賃を支払うのはもったいない気持ちが出てきます。

地方都市や築年数の古い建物の場合には、更新料が少ないケースもありますが、都心部の賃貸物件で1円も支払わずに更新できるケースは少ないです。

もちろん今住んでいる場所が気に入っているのなら、更新料を支払って引き続き住むべきです。

ただ更新料を支払ってまで今の賃貸物件に住もうと思わない人は、更新のタイミングで引越しも検討しましょう。

賃貸物件の更新料として支払う金額は家賃の1か月から2か月分が相場

賃貸物件の更新は基本的に2年ごとに行われ、その都度更新料を支払います。

ただ、すべての賃貸契約が、2年ごとの更新というわけではありません。

1年更新の物件やマンスリー物件など、2年更新ではないものも存在しますので、自分の住んでいる物件の契約内容を確認してください。

また更新料の金額は、家賃の1か月から2か月くらいが一般的です。

更新料を支払う慣習が無い地域もありますが、日本全体でみると、首都圏など都心部に近づくほど更新料は高くなる(更新料が必要になる)傾向にあります。

理由②:住み続ける限り払う家賃は値下がりしない

家賃の金額には、3つの要素が影響します。

家賃の金額を決める要素
  • 間取り
  • 立地条件
  • 築年数

住んでいる最中に間取りが変わることはありませんし、周辺地域で大規模な開発が行われない限りは立地条件も変わりません。

しかし賃貸物件の築年数に関しては、確実に老朽化します。

同じ条件の賃貸物件でも、築年数が浅い(新築に近い)方が家賃は高く、築年数が経過するとともに家賃は下がるのが一般的。

しかしながら、今済んでいる部屋の値段というのは、住み続けている限り基本的に下がることはありません。

試しに今住んでいる物件の入居広告が出ている場合には、同じ間取りの部屋の家賃をチェックしてみてください。

2年間分の築年数が上乗せされている分、新規入居する人の家賃の方が安くなっていることもあります。

そのため賃貸物件の更新のタイミングで、家賃の値下げ交渉をするのもアリです。

大家さんや不動産管理会社と交渉して家賃が下がれば、更新料を支払っても引き続き住むメリットがあります。

しかし同じままの家賃であれば、同等の条件でも家賃が低い物件もあるかもしれませんので、賃貸物件サイトで検索してみてください。

理由③:現状の生活環境に満足できているか

住む場所を考える際、周辺の生活環境はとても重要です。

住み慣れている場所に居住し続けるのもいいですが、通勤などで不便を感じているのであれば引越しも考えましょう。

通勤時間が片道30分短縮できれば、1日1時間、年間で250時間も節約できます。

また1時間の価値を時給1,000円とした場合、通勤時間を短縮するだけで年間25万円相当もの節約をする効果が期待できますので、職場の近い場所に引越す選択肢もアリです。

理由④:転職・結婚などを考えている

転職や結婚をする予定の人は、更新時期に一度引越しを検討しましょう。

例えばですが、結婚で同居人が増える等の場合、今まで住んでいた所に住めないというわけではありませんが、一人暮らし等で住んでいた家の大きさでは不足が生じる可能性が非常に高いです。

また転職が決まっている人は、仕事と生活環境の両方が新しくなります。

恐らくは通勤時間が変わるでしょうし、近所のスーパーやいつも使っていたホームセンターなどもガラッと変わります。

一度に両方とも新しくなると慣れるのに大変ですし、特に通勤時間は毎日の仕事に大きな影響を与えやすい要素です。

それらの点を考慮した上で、もし引っ越さないことが不利に働いてしまうのであれば、引越しをすることを検討したほうがいいでしょう。

理由⑤:今よりも良い条件の賃貸物件を見つけた

家賃の更新が近づいているということは、2年間その場所に住んでいたことを意味します。

2年間の月日が経過すれば、周囲にも新しい賃貸物件が建築されますし、以前は満室だったより良い条件の部屋が空室になっている可能性もあります。

引越し先の物件を探し、よい物件が見つからなければ更新料を支払って、そのまま住みましょう。

ただ、もし好条件の物件が見つかったのであれば、更新時期のタイミングで好条件の物件に移り住むのも賢い選択です。

解約退去
賃貸物件の引越し手続きを徹底解説!解約~退去までの流れをご案内します引越しする場合には、今まで住んでいた場所から退去することになります。 賃貸物件から退去する時に注意すべきは、大家さんや引越し業者への退去連絡の日にち。 退去連絡が1日遅くなっただけでも1か月分の家賃を請求させるケースもありますのでご注意ください。...

賃貸物件の更新せずに引越しを選択した時に注意するポイント

イエローカード

賃貸物件を更新せず、別物件に移り住む場合には、以下の3点に注意してください。

賃貸契約を終了する際の連絡には期限が設定されている

賃貸物件に住む際に賃貸契約書を交わしていると思いますが、その中には契約終了する際の連絡時期についての記載がされています。

たとえば契約解除の申し出が、解除日の1か月前とした場合、1か月以内に転居する際には、1か月分の家賃を余計に支払うことが一般的です。

また契約更新月以外の解約の際には、違約金などの事項が盛り込まれている場合もありますので、解約する際には契約書をもう一度読み返してください。

解約退去
賃貸物件の引越し手続きを徹底解説!解約~退去までの流れをご案内します引越しする場合には、今まで住んでいた場所から退去することになります。 賃貸物件から退去する時に注意すべきは、大家さんや引越し業者への退去連絡の日にち。 退去連絡が1日遅くなっただけでも1か月分の家賃を請求させるケースもありますのでご注意ください。...

引越し先への移転手続きは事前に済ませること

引越し先が決まりましたら、荷造りなどの引越し準備をしなければいけませんが、引越し時にやる手続きは本当に多いです。

またライフラインについては、引越し後すぐに利用できないと生活に支障が出てしまうため、引越し1か月前から手続きをはじめても早すぎることは全くありません。

引越し前
引越し前のやることリスト!準備は1ヶ月前から始めるのがコツ引越しをする前には、必ず引越し時にやることリストを作成しましょう。 手続きしなければならないいけない作業を想像しているよりも多く、時間もかかります。 またうっかり忘れていると後々トラブルになる手続きもありますので要注意。 ではそんなミスをしないために、引越し前にやることリストをご紹介します!...

また退去する際は、部屋の掃除もお忘れなく。

部屋の損傷が激しいと、修繕費などを請求されることもありますので、掃除と細かいキズは修復しましょう。

なお引越しに行う作業については、『引越し前・後の準備でやることチェックリスト!【PDF・エクセルのDL可能】』を参考にしてください。

更新料よりも引越し費用の方が負担する金額は大きい

賃貸物件の更新料は、家賃の1か月から2か月分くらいかかりますが、引越し費用はそれ以上の支出を要します。

一般的な引越しの費用をトータルすると、家賃の半年分くらいは準備しなければなりません。

したがってあまり貯蓄に余裕がない人は、引越しを我慢し、更新料を支払って住み続けることも考えてください。

なおそれでも引越しする方については、ローンなどを利用して引越し費用を工面してください。

ローン
引越し費用に利用できるローンの種類と使い方の注意点引越し費用にもローンは使えます! 引越しには、引越し先の敷金・礼金や仲介手数料、そして引越し業者への仲介手数料の支払いも必要です。 給料日前や、結婚のお祝い金などで資産に余裕がない場合には、引越し資金が足りなくなる可能性も。 急な支出に対応できる貯金は持っておいた方が安心ですので、引越し資金が不足しそうな場合にはローンの利用も検討してください。...

ちなみに、引越し業者に作業をしてもらう際は、複数の業者に見積もり依頼することをオススメします。

引越し時期や曜日、そして業者によっても引越し料金は違いますので、損をしないためにも連絡をしましょう。

最安値
引越し業者の探し方完全攻略!最安値で引越すなら一括見積もりサイトを利用しよう!引越し費用は、色々な引越し業者が提示する料金を比較しないと最安値を見つけることができません。 ただ最安値を探すために5社も10社も連絡するのは大変ですよね。 そんな時に利用したいのが、引越し一括見積もりサイト! ラクしてお得に引越ししたい人は積極的に活用しましょう!...

賃貸物件は更新料を支払わずに引越しすべき理由のまとめ

賃貸物件は更新料を支払わずに、引越しするした方がいい理由のまとめです。

賃貸物件は更新料を支払わずに引越しすべき5つの理由
  • 更新料が高い
  • 家賃が値下がりしない
  • 生活環境に満足できない
  • 転職・結婚などを考えている
  • 今よりも良い条件の賃貸物件を見つけた

2年ごとに支払う更新料はもったいない気もしますが、コスト的だけで考えれば引越し費用の方が負担が大きいです。

しかし今よりもよい環境、よい条件の場所に住むことができれば、生活の質も向上し、毎日の生活がより豊かになります。

契約更新は、生活を見直すいい機会です。これからの生活のために、一度住む場所を見直してみてはいかがでしょうか。

 

引越し専門サイトおすすめ!

種類別引越し手続き方法

引越し時には、色々な手続きが必要です。

そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

ご紹介する業種一覧!

  • 引越し一括サイト
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • インターネット
業種サイトの特徴
引越し一括サイト

チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越し

チャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

チャチャット引越し申し込み!

ガス

ニチガス

ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

東京ガス申し込み!

電気

ニチガスでんき

ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガスでんき申し込み!

水道

水道の引越し手続き案内窓口

水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

水道手続き申し込み!

インターネット

フレッツ光

日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

フレッツ光申し込み!