引越したばかりのアパートから1か月で退去することは可能なのか?

引越し

住んでみて引越し先の物件や環境が合わない場合、もう一度引越すことも選択肢に上がってくるかと思います。

ただ再引越しには費用もかかりますし、1か月程度で退去するとなると違約金の支払いも気になります

そこで本記事では、早期引越しをする際の違約金の有無や、注意点について解説します。

引越したばかりでも退去することは可能

OK

結論から申し上げると、引越しして1か月以内でも退去することは可能です。

ただ短期間での契約解除の場合、違約金が発生するケースは高いことも頭に入れておきましょう。

違約金が発生しない場合でも、即時解約(今日、即日で契約終了したい等)は基本的に難しいため、住む場所を変更すると決めたら、すぐに行動してください。

早期退去で注意すべきは3つのポイント

money

新しく借りたアパート・マンションから早期退去する場合、3つ注意点があります。

  • 契約期間
  • 最低居住期間
  • 違約金の料金

賃貸物件は2年契約が基本

賃貸物件契約は2年契約が基本であり、2年経過する際に更新をすると、再度2年住むことが可能になります。

賃貸契約期間中の中途解除も可能であり、一定期間住んでいれば、違約金も発生しません。

しかし契約解除の申込期間は1か月前まで(2か月前のケースも有)に行わなければならず、申込期間を過ぎると契約が1か月先まで伸びます

家賃1か月分の支払いを無駄にしないためにも、退去する日が決まっている人は速やかに不動産管理会社へ連絡してください。

最低居住期間が定められている賃貸物件も存在する

人気のある賃貸物件の場合、部屋を借りる際に最低居住期間が定められているケースもあります。

最低居住期間は半年や1年など、物件によって異なりますので、賃貸借契約を結ぶ際は最低居住期間の有無や期間の長さを確認してください。

最低居住期間に満たない期間で退去する際は、違約金を支払うことになります。

物件を貸している大家さんも生活がありますので、短期間での退去には相応のデメリットがあることを認識してください。

早期退去の違約金は家賃数か月分

最低居住期間が定めていない賃貸契約の場合、契約解除の連絡予定日前に申し込みを行えば違約金を支払わずに退去できます。

契約解除の申し込みが間に合わなかった際は、家賃の1、2か月分を支払うことになるため、退去日を1か月先延ばしにしてゆっくり引越し準備をすることも選択肢です。

しかしながら、最低居住期間の規定がある賃貸物件で早期退去する際は、家賃数か月分を違約金として支払うことになることも。

(違約金の金額は契約書によって異なります。)

家賃が安い物件には、何かしらの理由があるものですので、物件選びは慎重に行いましょう。

違約金無しで早期退去できるケース

GOOD

早期退去する場合でも、違約金を支払わずに引越しできるケースもあります。

貸主に落ち度があるケースにおいては、違約金が不要になりますのでご確認ください。

貸主が告知義務を怠っている

賃貸借契約を結ぶ際、貸主は借主に対して告知義務があります。

告知義務とは、物件を借りようとしている人が契約する判断材料となる事項を伝えなければならないことで、賃貸物件の代表的な告知義務が課されているケースは事故物件です。

事故物件は、住む部屋で事故死など住む際に心理的な負担があると考えられる物件です。

一般的に事故物件を避ける人が多いため、事故物件ということを隠して貸し付けた場合、告知義務違反となります。

告知義務を怠れば契約違反となるため、早期退去した場合でも違約金が発生することはありません。

※契約書に瑕疵があった際の対応が記載されていることもありますので、契約書はよく確認してください。

早期退去が認めれている

賃貸契約書に最低居住期間の記載がなければ、入居して早々に退去することも可能です。

退去の申し出期限もありますが、こちらも契約書に記載されていますし、退去申し出の期限前に連絡を行えば、違約金を支払わずに出られます。

万が一のケースを想定し、中途退去する際に関係する内容もしっかり抑えておきましょう。

マンスリーマンションに住む

マンスリーマンションは、一般的な賃貸物件とは異なり、短期間だけ住むことを想定したマンション(アパート)をいいます。

通常の賃貸物件は敷金・礼金を支払い、冷蔵庫や洗濯機などの設備は自分で購入し、水道光熱費も別途支払います。

しかしマンスリーマンションは短期間だけ住むことを想定しているため、生活に必要な設備が整っている物件も多く、敷金・礼金の支払いは不要です。

また水道光熱費も家賃に含まれているプランでは、自分で電気会社と契約しなくていいメリットもあります。

そのため会社の長期研修のために数か月間だけ移り住む人や、居住物件を探すまでの中継ぎとして利用する人をターゲットとした賃貸物件です。

マンスリーマンションを利用する際の注意点としては、家賃が割高になる点と、契約できる物件が限られている点

長期間する人にとっては、自分の生活にあった設備を整えた方が生活の質も向上するため、用途に使い分けることがポイントになります。

マンスリーマンションの特徴
  • 敷金・礼金不要
  • 月単位で借りられる
  • 生活に必要な備品が整っている
  • 家賃は割高
  • 利用できる物件は限られる

早期退去する場合の手続き方法

チェック

不動産管理会社に退去の連絡をする

退去連絡は、賃貸契約書に記載されている不動産管理会社へ行ってください。

不動産管理会社が無い場合は、直接大家さんに伝えることになります。

退去の申し出は退去日の30日前や60日前など契約書で規定されており、期限より後に連絡した際は、1月分の家賃を支払うことになるので要注意です。

不動産管理会社へ退去日を伝える

退去の連絡をする際、必ず退去日を確認しましょう。

部屋から立ち退く際、不動産管理会社の立ち会いの下、室内の確認や鍵の引き渡しを行います。

退去日に荷物の引越しを行う場合は、立ち会いの時間にも気をつけてください。

時間が合わないと相手に迷惑になるため、日にちだけでなく、時間の調整も必要です。

違約金の金額も確認すること

最低居住期間に満たない期間しか住んでいなかった場合、違約金を支払うことになります。

支払う違約金額もそうですが、支払い方法や支払期限も確認してください。

また敷金の返還についても話し合う必要があります。

居住期間が短い場合、敷金はある程度戻ってきますので、違約金と相殺してもらい差額分だけを追加で支払うなどの方法もあります。

クリーニング
退去時の掃除はどこまでやるべき?引越し前のクリーニング事情退去時にしっかり掃除をするかしないかで、大家から請求される金額が変わるかもしれません。 賃貸物件を借りる際に敷金を支払うのは、引越し後のリフォーム代を前払いしているからですが、リフォーム代が敷金を超える場合には、大家さんから追加費用の請求される可能性もありますの要注意です。...

早期退去する際のよくある疑問

think

敷金は戻ってくるのか

敷金は、退去後の修繕やクリーニング代の確保のために、貸主が前もって預かるお金です。

長期間住んでいた物件だと敷金は戻ってこないケースが多いです。

しかし短期居住なら、そのまで室内は汚れていませんし、クリーニングもあまり不要ない場合もあります。

全額戻ることはあまりありませんが、逆に全額還付されないことも考えにくいです。

そのため敷金の返戻については、退去する際に不動産管理会社と話し合ってください。

礼金は戻ってくるのか

礼金は、部屋を貸してくれた大家さんに対する謝礼の意味合いで渡すお金です。

そのため短期間の居住であったとしても、礼金が戻ってくることは少ないです。

なお告知義務違反など、貸主に責任がある形で退去するケースにおいては、礼金が戻ってくる可能性もあります。

早期退去する際の注意点のまとめ

引越したばかりのアパートから、早期退去する際の注意点のまとめです。

早期退去する際のポイント
  • 1か月で退去することは可能
  • 違約金が発生する可能性は高い
  • 貸主の契約違反なら違約金は発生しない
  • 退去連絡はできるだけ速やかに

短期間での引越しを繰り返すのは大変ですが、合わない環境下で生活すると心身が疲弊しますので、退去する勇気も必要です。

もう一度引越しする際は支出もかさみますので、引越し費用を抑えるために、平日やオフシーズンに引越すことも考えてください。

引越し費用は時期を変えるだけで、料金が半分になることも珍しくありません。

またできるだけ費用を抑えたい人は、『引越し一括見積もりサイト』を利用し、業者間の値段を比較するのも重要。

業者同士で料金を競争させることで、料金をもっとお得にすることも可能になりますので、ぜひ引越し一括見積もりサイトを利用してください。

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較