MENU
    引越し後

    引越し前に転入届を出したら違法?届出書を出す時期とバレるケースとは

    住民票

    引越しの際に、住民票を異動しなきゃいけないことは知ってますよね。

    ただ同時に、ウソがバレなきゃ転入日をずらしてもいいと思っていませんか?

    実際、SNSやインターネット上では、ちょっとした裏ワザ技が紹介されていたりします。

    しかし行政手続きにウソをつくことは許されませんし、最悪の場合、罰則の対象となります。

    転入届を引越しする前に提出することはできない

    転入届を提出するタイミングは、引越し当日から14日以内と法律で定められています。

    したがって、引越しをしていないのに転入届を提出することはできません。

    住民基本台帳法
    (転入届)
    第二十二条 転入(新たに市町村の区域内に住所を定めることをいい、出生による場合を除く。以下この条及び第三十条の四十六において同じ。)をした者は、転入をした日から十四日以内に、次に掲げる事項(いずれの市町村においても住民基本台帳に記録されたことがない者にあつては、第一号から第五号まで及び第七号に掲げる事項)を市町村長に届け出なければならない。
    一 氏名
    二 住所
    三 転入をした年月日
    四 従前の住所
    五 世帯主についてはその旨、世帯主でない者については世帯主の氏名及び世帯主との続柄
    六 転入前の住民票コード(転入をした者につき直近に住民票の記載をした市町村長が、当該住民票に直近に記載した住民票コードをいう。)
    七 国外から転入をした者その他政令で定める者については、前各号に掲げる事項のほか政令で定める事項
    2 前項の規定による届出をする者(同項第七号の者を除く。)は、住所の異動に関する文書で政令で定めるものを添えて、同項の届出をしなければならない。

    出典:住民基本台帳法

    転入届の提出日はごまかせない

    stop

    転入届は転出証明書がないと手続き不可

    転入届を提出するのは、引越し当日から14日以内ですが、ウソの転入日を記載すれば大丈夫だと考えるかもしれません。

    しかし転入届の手続きをするためには、前住所の市区町村で転出届の処理を行い、その際に「転出証明書」を取得する必要があります。

    転出届の手続きでは、転出する日を記載しますので、転出と転入の日にちが一致しないことはありえません。

    転出日と転入日が違うと、空白の日にちが生まれますので、転入日だけを別日にするのはできないのです。

    転出届の手続きは引越し日の前後14日以内に

    転出届は、引越しする日の前後14日以内に手続きすることになりますが、引越し前であっても手続き可能なのがポイント。

    先に転出処理を済ませれば、引越し後に前住所に戻る必要がなくなりますので、引越し後の作業に専念できます。

    そのため転出処理は、引越し前に行いましょう。

    同じ市区町村内の引越しは『転居届」を提出すること

    引越し先が同じ市区町村内の場合、転出届ではなく、転居届が必要です。

    転居届は転出届と同様、引越し当日から14日以内に手続きしなければなりません。

    なお同じ市区町村であれば、二か所の役所で作業する必要はなく、一箇所での申請ですみます。なので、「転出証明書」も不要です。

    引越し作業が忙しくて、転出入の届け出が遅くなってしまうこともあるかもしれません。

    ただそれでも、転出日や転入日を改ざんすることは許されません

    スポンサーリンク


    【嘘は厳禁!】引っ越し前に住所変更すると罰則規定の対象に

    住民票の異動に関して、嘘の申請を行った場合には、5万円以下の過料(罰金)がかされます。

    虚偽とは、転出入の日にち自体をごまかすこと。

    たとえば市区町村が独自で行っている給付金をもらうために、転出日を遅くしたり、税金を逃れるために、住所を装ったりすることが挙げられます。

    また正当な理由なく、転出入の届け出を提出しなかった際も、5万円以下の罰金の対象となりますので、ご注意ください。

    • 転入届⇒住民基本台帳法第22条
    • 転居届⇒住民基本台帳法第23条
    • 転出届⇒住民基本台帳法第24条

    住民基本台帳法

    第五十二条 第二十二条から第二十四条まで、第二十五条又は第三十条の四十六から第三十条の四十八までの規定による届出に関し虚偽の届出(第二十八条から第三十条までの規定による付記を含む。)をした者は、他の法令の規定により刑を科すべき場合を除き、五万円以下の過料に処する。
    2 正当な理由がなくて第二十二条から第二十四条まで、第二十五条又は第三十条の四十六から第三十条の四十八までの規定による届出をしない者は、五万円以下の過料に処する。

    ウソをつくと本来取得できる手当が受けられない可能性

    役所は住民票により、多くの情報を管理しています。

    給付金や市区町村の手当を受給できる権利があっても、住民票を移していないと、登録上は住んでいないことになります。

    となると、本来もらえるはずの、手当が受けられない可能性もありますので、住民票は必ず異動させましょう。

    役所が本気になれば居住実態の調査も可能

    不正受給や、税金の未払いなどは、市区町村の財政を脅かす行為ですので、役所も黙っていません。

    行政機関には、強力な権限が付与されており、必要であれば住民の個人情報を調べることも容易です。

    また他の法令の規定で刑を科すべき場合は、5万円以下の罰金規定の適用はされません。

    たとえば不正受給をするため、ウソの申請を行った際には、詐欺罪にとして逮捕される危険性があります。

    転出入手続きにおいての判決ではありませんが、不正受給を行った人が詐欺罪として刑事告訴を受けた事例も存在します。

    不正受給は犯罪 詐欺罪で刑事告訴し判決決定
    平成26(2014)年に生活保護受給者による不正受給が判明し、その内容が悪質であったため、門真警察署に告訴し、逮捕されていた事件について、判決が確定しましたのでお知らせします。
    本件は、生活保護受給前より自立して生活するに足る収入がありながら、それらを秘匿し、生活保護が必要であるかのように装うことにより、生活保護費を不正に受給していました。
    このような、不正受給は単なる違法行為にとどまらず、生活保護行政に対する市民の信頼を揺るがせる行為であり許し難いものです。門真市として、今後も警察との連携を深め、生活保護行政の適正な運営に向けて取り組んでまいります。

    出典:門真市

    つまりお金を奪う目的でウソをつくと、罰金では済みませんので、やめましょう。

    もし手続きを忘れていたなら、素直に申告しましょう

    転入届の日付をごまかす人に多いパターンの一つとして、

    「転出届を出していなかったので転入届も出すことができず、嘘の日付で転入する」

    というものがあります。もう住んでから数ヶ月経っているというのに、転出した日を書類を提出する日にして、同時にその日を転入日とするわけです。

    しかし上で解説したように、役所に出す書類をごまかすというのは自分にとってもメリットが少ないですし、そして何よりデメリットが非常に大きいです。

    これは筆者の経験になりますが、転出届転入届の概念を知らなかった学生時代に、遅れたことを謝罪しながら窓口で手続きしたところ、優しく注意を受けただけで、特段の罰則もなく手続きを行ってもらえました。

    100%罰則がないとは決して言いませんが、特別な事情があったり悪質でなかったりすれば、役所の方も事情を汲んでくれることはあるようです。

    当然悪質であれば罰金が課される可能性はありますが、もしそうでなく転出届を出すのが遅れてしまったりした場合は、事情を説明し、素直に申告することを当サイトでは強くオススメいたします。

    助成金
    引越しで受けられる助成金ってあるの?引越しした際に受けられる助成金の種類をざっくり解説!引越しには、引越し費用や敷金・礼金などの出費がかさみますので、給付金がもらえたら嬉しいです。 給付金制度は国や各市区町村によって異なり、引越し業者や引越し一括見積もりサイトから引越しに伴う特典をもらうこともできます。 また住宅を購入していなくても利用できる制度もありますので、本記事で解説します。...

    引越し前に転入届を提出した場合のまとめ

    引越し前に転入届を提出したら、どうなるか?という疑問についてのまとめです。

    引越し前に転入届のまとめ
    • 転入届は引越し前に提出できない
    • ウソの転入日を記載すると罰金の対象
    • 不正受給などの目的の場合は逮捕される可能性も

    正当な理由があって、住民場を異動できなかった場合には、罰則を受けることはありません。そして手続きが遅れていたとしても、悪質でなければ多少注意を受ける程度で済むことがあったりします。

    ただ住民票を移さないと、他の手続きを行えませんので、引越し荷物の運搬が終わりましたらすみやかに住民票の手続きを行いましょう。

     

    引越し専門サイトおすすめ!

    種類別引越し手続き方法

    引越し時には、色々な手続きが必要です。

    そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

    ご紹介する業種一覧!

    • 引越し一括サイト
    • ガス
    • 電気
    • 水道
    • インターネット
    業種サイトの特徴
    引越し一括サイト

    チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越し

    チャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

    チャチャット引越し申し込み!

    ガス

    ニチガス

    ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

    東京ガス申し込み!

    電気

    ニチガスでんき

    ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

    ニチガスでんき申し込み!

    水道

    水道の引越し手続き案内窓口

    水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

    水道手続き申し込み!

    インターネット

    フレッツ光

    日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

    フレッツ光申し込み!