引越し前

引越し前のやることリスト!準備は1ヶ月前から始めるのがコツ

引越し

引越し準備をはじめる際には、事前に「やることリスト」を作成しましょう。

引越しする時最初に考えるのは、引越し業者選びです。

ただ荷物の運搬以外にも、役所の手続きや水道・ガス・電気など、ライフラインの住所変更なども手続きしなければなりません。

なので引越しする前には、何をやるべきかをしっかり把握しましょう!

※引越し作業リストのダウンロード版は、『引越し前・後の準備でやることチェックリスト!【PDF・エクセルのDL可能】』に掲載しております。

目次
  1. 引越し準備はいつから始めればいいのか?
  2. 引越し1か月前から2週間前までにすべきこと
  3. 引越し2週間前から1週間前までにすべきこと
  4. 引越し前日にすべきこと
  5. 引越し当日は最終確認のみに専念すること
  6. 引越し準備は順番に作業することが大切

引越し準備はいつから始めればいいのか?

疑問

引越し準備は遅くても、1か月前から順番に準備しましょう。

1か月前からの引越し準備は早すぎると思うかもしれません。

しかし手続きのメインである役所手続きは、原則平日にしかできません。

また引越し業者への予約も、引越し直前に連絡しても予約がすでに埋まっており引越し費用の比較をすることができません。

何とかして引越し業者をみつけても、割高で契約してしまう恐れも。

それらのリスクを考えますと、引越しは早め早めに行動した方が時間とお金の節約になります。

引越し順番
引越し作業でやることは順番を考えて!住居を移す前後で行う手続きとは本記事は、引越し時の作業順番の解説記事です! 引越しでは、やらなければいけない手続きは沢山あります。 そのため手続きを行う順番を考えないと、手続き漏れや引越しに間に合わない可能性も。 そのため引越し時にやるべき作業を時系列でまとめてみました!...

引越し準備でやらなくてはいけない手続きは4種類

引越しをする際の準備で、必ずやることになる手続きは4種類あります。

引越し準備でやることになる4種類
  • 自宅の移転
  • 引越し業者への依頼
  • 役所などへの手続き変更
  • 荷物整理

引越し先が決まった場合、一番先に行うのは引越し業者へ引越し費用の見積もりと予約です。

また役所などの手続きは、同じ市区町村への転居かそれ以外かで、手続き書類が異なるものもありますので、ご注意ください。

引越し準備はチェックリストを作って作業しよう!

引越しする際に住所変更が必要な書類は非常に多いため、引越し直前に一度に作業をすると手続き漏れが出てきてしまいます。

インターネットや水道光熱費など、引越しに伴い解約が必要な契約を放置すると無駄な出費が増えますし、転居先の住居でライフラインが利用できない可能性もあります。

そのため引越しをする際には必ずチェックリストを作成し、一つ一つ確認しながら作業しましょう。

そうすれば手続き漏れも防げますし、計画的に引越し準備を進めることも可能です。

なお引越しで主に必要となる手続きは、一覧にまとめましたのでご参考にしてください。

引越し作業一覧

引越し準備期間手続きする種類手続き内容注意点
1か月前~

2週間前までに準備すべきこと

旧住宅の解約手続き大家または管理会社に退去の連絡退去日は必ず伝えること
駐車場の解約手続き契約会社に解除の連絡契約解除の月を確認すること
引越し業者への依頼引越し業者へ見積もり・予約複数の業者に見積もりを出すこと
インターネット移転インターネット業者に移転の連絡業者を変える場合は要解約手続き
転校届学校に転校届を提出※地域によって期限は異なる
固定電話の移転NTTに連絡し確認電話番号は116
2週間前~

1週間前までに準備すべきこと

ガス利用の住所移転ガス会社への移転連絡インターネットまたは電話で手続き
電力利用の住所移転電力会社への移転連絡インターネットまたは電話で手続き
水道利用の住所移転水道局への移転連絡インターネットまたは電話で手続き
転出届の提出役所に転出届出書を提出引越し前後14日以内
国民健康保険の資格喪失届旧住所の役所に提出他の市区町村に引っ越す場合
印鑑登録の廃止旧住所の役所に提出他の市区町村に引っ越す場合
NHKの移転NHKに連絡ホームページまたは電話
ケーブルテレビ・BS/CSの移転契約会社に連絡ホームページまたは電話
郵便局の転送郵便局に新住所への転送依頼の手続き窓口またはホームページ
携帯電話・スマホの住所変更契約している携帯会社へ移転連絡ホームページまたはショップ
銀行の住所変更銀行の住所変更ホームページまたは銀行窓口
保険の住所変更保険の住所変更ホームページまたは担当者へ連絡
粗大ごみ、不良品の処分自治体の規定に基づき廃棄リサイクルショップなども活用
荷造り段ボールなどを用意引越し業者によっては用意不要
前日までにすべきこと掃除・ゴミだし旧自宅のゴミを処分最終ゴミ出し日を確認
冷蔵庫・洗濯機の水抜き運搬用に水抜き粗大ゴミとして処分する際は前もって処理をすること
引越し挨拶の手土産の準備新しい大家などへの挨拶1,000円以下が相場
引越し先へ持参する荷物の確認ハサミや引っ越し費用の支払いなど引越し費用の支払い方法は事前に確認すること
住まいの明け渡し大家または管理会社立ち合いで確認破損がないか事前に確認

引越し1か月前から2週間前までにすべきこと

1か月前から2週間前までにやること

引越し準備期間手続きする種類手続き内容注意点
1か月前~

2週間前までに準備すべきこと

旧住宅の解約手続き大家または管理会社に退去の連絡退去日は必ず伝えること
駐車場の解約手続き契約会社に解除の連絡契約解除の月を確認すること
引越し業者への依頼引越し業者へ見積もり・予約複数の業者に見積もりを出すこと
インターネット移転インターネット業者に移転の連絡業者を変える場合は要解約手続き
転校届学校に転校届を提出※地域によって期限は異なる
固定電話の移転NTTに連絡し確認電話番号は116

引越し1か月前から2週間前までに準備する作業で、特に注意するポイントは3つです。

  • 引越し業者への依頼
  • ライフライン関係の移転連絡
  • 大家(管理会社)への退去連絡

引越し業者への早期の予約は引越し費用に直接影響しますので、引越し日時が決まりましたら最優先で連絡しましょう。

同棲
結婚に伴う引越し手続きをわかりやすく解説!最適な手続きタイミングを解説致します。結婚や同棲をする際には、どちらか(又は両方)が引越しすることになります。 となると引越し作業はもちろんのこと、結婚による名義変更も必要に。 また引越し時の手続きは想像以上に多いため、名義変更漏れを防ぐためにも、チェックリストを活用してください。...

引越しシーズンに転居する場合は必ず1か月以上前から予約すること

引越しシーズンに転居する場合は、必ず1か月以上前から予約することをオススメします。

引越しの最盛期は新生活がスタートする3月から4月ですが、大学受験の合格発表直後から予約は一気に埋まっていきます。

そのため事前に引越しすることが決まっている場合は、一足先に予約をしないと業者を比較できませんので、料金の割高や対応の悪い業者に依頼しなければいけない可能性も。

また引越し業者が、引越し費用は引越し業者の予約状況で料金が変動します。

引越し予約が少ない時期であれば、仕事を受注するため引越しの割引サービスなどが実施されます。

ただ繁忙期はどの引越し業者も人手不足となりますので、人員確保のために引越し料金を割増して対応しなければなりません。

そのため引越し費用を少しでも抑えたい場合には、引越しの1か月以上前から複数の業者に見積もり依頼をし、比較検討することが大切です。

なお引越し費用の見積もりにつきましては、引越し見積サイトを利用すると簡単に複数の業者を比べることが可能です。

チャットで引越し一括見積もり!

水道・ガス・電気・インターネットの解約・更新は事前に調べること

水道・ガス・電気・インターネットのライフライン設備は、契約している業者に連絡すれば、引越し後でも継続して利用することが可能です。

電話やインターネットで、事前に住所変更などの手続きを済ませれば、引越し先ですぐに使えるようになります。

なお引越しのタイミングで、契約している業者を変更する場合には、契約中の業者への解約手続きと新規契約の申し込みをする必要があります。

ライフライン関係は生活に直結しますので、手続きが面倒な場合には一括手続きを利用することも検討しましょう。

ライフライン
水道・ガス・電気など引越し時に行うライフライン手続きを徹底解説!ライフラインの引越しが遅くなると新生活に支障が出ます。 電気が付かなければ、夜は真っ暗。 水がでないと、生活できない。 ガスが使えないと、料理ができない。 インターネットが使えないと、公私の行動に支障が発生。 そんなトラブルに遭わないためにも、ライフライン手続きの流れについて解説します!...

水道料金は水道局に連絡して日割りで精算する

水道料金は住んでいる場所を管轄する水道局に連絡し、利用停止をする必要があります。

連絡する際には、まず自分がどの水道局の水道を利用しているかを確認し、必ず『お客様番号』を手元に控えておきましょう。

また月の途中で引っ越す場合には、利用したその日までの日割り計算で水道料金を精算します。

水道局によって、振込や当日払いなど対応が異なりますので、連絡した際に確認してください。

なお水道局によっては、インターネット上での手続きも可能です。

引越し先の水道局へ利用開始の連絡も忘れずにしなければいけませんので、旧・新の水道局併せて手続きを済ませてください。

水道
引越し時の水道の解約と利用開始の手続きについて徹底解説。引越し前と後にやることをご紹介します。水は生活に欠かせませんので、引越し時には水道の変更手続きをしましょう。 また今まで住んでいた場所の水道は、水道局に解約の連絡をしないと水道代がそのまま発生することに。 水道代の二重払いは無駄ですよね。 なので引越しで余計な出費を出さないためにも、水道の解約・新規手続き方法についてご説明します。...

ガスはガス栓閉めに立ち合いをしなければならない

ガスの利用停止をする場合、ガス業者に連絡をして元栓を閉めてもらいます。

元栓閉めは予約制となっており、電話およびインターネットで手続き可能です。

また繁忙期に引越す方は、予約はできるだけ早く行いましょう。

ガス栓閉めは10分程度しか時間を要しませんが、立ち合いは必要であるため、引越し当日にガス栓を閉める場合には引越し前に時間指定をしてください。

月の途中で引越す場合には、日割りの利用料金を精算しますが、精算方法はガス業者によって異なります。

たとえばガス業者大手の東京ガスの場合、毎月支払っている方法で日割りの利用料金を支払います。

ガス
引越し時のガスの解約と利用開始の手続きについて徹底解説!引越し時の注意点と気にすべきポイント生活をする上でガスは欠かせませんので、引越し時にはガスの変更手続きをしましょう。 また住んでいた住まいのガスは、解約の連絡と閉栓手続きが必要です。 そして転居先についてはガスの開栓作業が必要になりますので、早めに手続きしないとガスが使えない状態に。またガスの利用を止めないと、ガス代を二重払いすることになりますので、余計な出費を出さないためにも、引越し時のガスの解約・新規手続き方法についてご説明します。...

電気の利用停止はインターネットから申し込みが可能

電気の利用料金も水道やガスと同様に日割り計算をしますので、利用停止の連絡が必要です。

電気会社の多くはインターネットから利用停止の申し込みができますので、自分の利用している電力会社のホームページで確認してください。

また最近では、多くの業者が電気業界に参入していますので、引越しの機会に契約する電力会社を見直すことで電気料金を節約できます。

電気
引越し時の電気の解約と利用開始の手続きについて徹底解説!電気は日常生活に欠かせませんので、引越し時には電気の変更手続きも必要になります。 また今まで住んでいた場所の電気については、解約の連絡をしないと電気代がそのまま発生することに。 電気の二重払いは無駄ですよね。 なので引越しで余計な出費を出さないためにも、電気の解約・新規手続き方法についてご説明します。...

大家(管理会社)への退去連絡は忘れることなく電話をする

引越しをする際には、大家さんや管理会社へ連絡してください。

賃貸物件の場合、契約時に退去時の手続き方法の説明を受けていますが、退去の連絡をする際に改めて確認しましょう。

通常引渡しの際、住んでいた物件の現況確認などの立ち合いが必要となりますので、大家(管理会社)と立ち合いを行う日時の日程調整も必要です。

また敷金の返金や、修繕費の支払いなど細かい部分も事前に確認すると、退去時にスムーズに引越しができます。

key
賃貸物件の引越し手続きを徹底解説!解約~退去までの流れをご案内します引越しする場合には、今まで住んでいた場所から退去することになります。 賃貸物件から退去する時に注意すべきは、大家さんや引越し業者への退去連絡の日にち。 退去連絡が1日遅くなっただけでも1か月分の家賃を請求させるケースもありますのでご注意ください。...

引越し2週間前から1週間前までにすべきこと

2週間前から1週間前までにやること

引越し準備期間手続きする種類手続き内容注意点
2週間前~

1週間前までに準備すべきこと

ガス利用の住所移転ガス会社への移転連絡インターネットまたは電話で手続き
電力利用の住所移転電力会社への移転連絡インターネットまたは電話で手続き
水道利用の住所移転水道局への移転連絡インターネットまたは電話で手続き
転出届の提出役所に転出届出書を提出引越し前後14日以内
国民健康保険の資格喪失届旧住所の役所に提出他の市区町村に引っ越す場合
印鑑登録の廃止旧住所の役所に提出他の市区町村に引っ越す場合
NHKの移転NHKに連絡ホームページまたは電話
ケーブルテレビ・BS/CSの移転契約会社に連絡ホームページまたは電話
郵便局の転送郵便局に新住所への転送依頼の手続き窓口またはホームページ
携帯電話・スマホの住所変更契約している携帯会社へ移転連絡ホームページまたはショップ
銀行の住所変更銀行の住所変更ホームページまたは銀行窓口
保険の住所変更保険の住所変更ホームページまたは担当者へ連絡
粗大ごみ、不良品の処分自治体の規定に基づき廃棄リサイクルショップなども活用
荷造り段ボールなどを用意引越し業者によっては用意不要

役所関係の手続きは、引越しする2週間前から可能になります。

役所は原則平日しか開いていませんので、会社の休みなどを利用して効率よく手続きすることが大切です。

また転居先が、同市区町村内か他の市区町村に転出するかで手続き書類も変わりますので、ご注意ください。

役所の関係の書類は平日ではないと手続きができない

転居に伴う役所関係の手続きは転居日前後14日以内に行うことになりますが、役所は平日しか開いていません。

平日の役所は意外と混雑していることが多く、役所の窓口によっては待ち時間が長くなることもあります。

そのため役所に滞在する時間を最小限にするために、事前に自治体のホームページや電話で必要書類を確認し、あらかじめ必要書類を準備することが大切です。

なお本人以外が、手続きする場合には注意が必要です。

役所では最近、個人情報の管理が厳重になっています。

そのためたとえ家族が代理で手続きする場合であっても、委任状がないと応対しない場合があります。

本人の代理で手続きする際には、必ず委任状と本人の身分証明書(又はコピー)の持参が必要かを確認し、委任状が必要な場合には様式についても確認してください。

住民票の手続き
引越し時の必須作業!住民票の異動手続き解説引越し後の役所手続きで最初にやるべきは、住民票の変更です。 住民票の異動をしないとその後に行う住所変更手続きができませんので、引越ししたらすぐに行ってください。 また住民票の転入手続きは引越した日から14日以内と期限が決まっていますので、要注意です。...

インターネットで住所変更できる事務は順番にやること

携帯電話・スマホの契約住所や銀行の住所変更については、インターネットで手続き可能ですので、平日の仕事から帰ってきてから手続きできます。

また郵便局で転居届を提出すると、1年間旧住所あての郵便物等が無料で新住所に送付されますので、転居届は必ず提出しましょう。

その際の注意点としては、転送期間は転送開始希望日からではなく届出日から1年間ですので、届出の提出日には気をつけてください。

各種のゴミ出しができる最終日は必ずチェックすること

引越しの荷造りをしていると粗大ゴミや可燃ゴミ・不燃ゴミを大量に捨てることになりますので、各種のゴミが捨てられる最終日は必ず確認しましょう。

特に粗大ごみが捨てられる日にちは、月に1度やゴミ収集場への持ち込みをしなければならない自治体もあります。

ちなみに、引越し業者によっては粗大ゴミの回収オプションで引き取ってくれる場合や、不用品回収業者に依頼して回収してもらうことも選択肢です。

その際、引越し直前に連絡しても対応できない業者もありますので、引越しする1週間前には廃棄する粗大ゴミの分別は完了させましょう。

クリーニング
退去時の掃除はどこまでやるべき?引越し前のクリーニング事情退去時にしっかり掃除をするかしないかで、大家から請求される金額が変わるかもしれません。 賃貸物件を借りる際に敷金を支払うのは、引越し後のリフォーム代を前払いしているからですが、リフォーム代が敷金を超える場合には、大家さんから追加費用の請求される可能性もありますの要注意です。...

引越しのあいさつ回りの手土産は1,000円以下を用意すること

転居先の大家さんや近隣のお隣さんにご挨拶も兼ねて手土産を渡す場合には、引越しする際に手持ちで持参することになります。

あいさつ回りの手土産の金額は、1,000円以下が相場です。

手土産の種類は、お菓子・洗剤・タオルなど、食べ物・消耗品・日用品が主流です。

引越し当日に粗品を準備することは意外と難しいですので、数日前までに準備をしておきましょう。

引越し前日にすべきこと

引越し前日にやること

引越し準備期間手続きする種類手続き内容注意点
前日までにすべきこと掃除・ゴミだし旧自宅のゴミを処分最終ゴミ出し日を確認
冷蔵庫・洗濯機の水抜き運搬用に水抜き粗大ゴミとして処分する際は前もって処理をすること
引越し挨拶の手土産の準備新しい大家などへの挨拶1,000円以下が相場
引越し先へ持参する荷物の確認ハサミや引っ越し費用の支払いなど引越し費用の支払い方法は事前に確認すること
住まいの明け渡し大家または管理会社立ち合いで確認破損がないか事前に確認

引越し前日まではその場所で生活をしなければなりませんので、洗濯機や冷蔵庫などは引越し前の利用が終わったら順次掃除をして引越しに備えます。

また引越し当日はバタバタしますので、できるだけ引越し前日までに荷物整理などは終わらせておきましょう。

洗濯機・冷蔵庫の水抜きは前日までに行うこと

洗濯機・冷蔵庫は引越しする前日まで利用しますので、利用が終わったらすぐに掃除する必要があります。

また引越し先に持っていく場合には、必ず機械の中に残っている水分を捨て、持ち運びができるような状態にしてください。

家電引越し
大物家電だけの引越しも可能!大物家電専用プランの料金と注意点について引越し作業を自力で行う場合でも、冷蔵庫や洗濯機の運搬を一人でするのは困難です。 なので大物家電については引越し業者や宅配便を利用することをオススメします。 ただ単品のみの引越しを業者に依頼するよりも、引越し荷物すべてを引越し業者に依頼した方がお得になることが多いですので、その理由についてご説明します。...

引越し先で開封用で使用するハサミは持参すること

荷造りした段ボールは到着後開封することが必要となりますので、ハサミやカッターなどは持参して転居先に行きましょう。

また開封時のことを考えて段ボールに番号などを振ると、優先度の高い段ボールから開封ができます。

引越し当日は最終確認のみに専念すること

引越し当日は移動するのがメインとなりますが、退去する物件の引き渡しを行わなければなりません。

そのためもう一度忘れ物がないかを確認し、再度戻ってくることがないようにしましょう。

転居前にもう一度部屋の状況は確認すること

引越し前には忘れ物がないか必ず部屋の中を確認し、部屋の中の破損状況の確認も併せて行います。

賃貸物件の場合には、契約当時の原状回復して引き渡すことが原則です。

敷金はその原状回復費用のために利用されますので、引き渡し後に敷金以上の修繕費を請求されないためにも、契約書内容を確認し引き渡しをします。

引越し業者によって料金の請求タイミングは違うので要注意

引越し費用の支払いのタイミングは業者によって異なり、事前決済の場合や当日払いの場合もあります。

当日払いのケースでは、ほとんどが引越し開始前に支払うことになりますので、前もってお金は準備しておかないと引越し作業に入りませんので注意しましょう。

また、事前に連絡した荷物の量や運搬物の種類の関係で追加の引越し費用が発生することもありますので、当日までに引越しの契約書の内容はよく読んでおいてください。

近くの引越し業者
近くの引越し屋さんに頼むと高い!?引越し業者選びのポイントを解説引越し業者を選ぶとき、自宅近くの引越し屋さんにお願いすることも考えるかもしれません。 「やっぱり大手に頼んだ方が安いのかな?」と思うかもしれませんが、その考えは違います。 なぜなら地域にある引越し屋さんに依頼した方が、引越し料金が安くなるケースがありますので、その理由についてご説明します。...

引越し準備は順番に作業することが大切

引越しにはお金はもちろんですが、時間も体力も使います。

そのため一度の手続きをやろうとすると大変ですので、引越し準備は計画的に行うことが大切。

また引越し準備の際、一番重要なのが引越し業者の選択です。

引越し業者は数多くあり、いちいちホームページをチェックしては時間がかかりますので、引越しの一括見積もりサイトを利用しましょう。

引越し一括見積もりサイトなら、サイトに登録するだけで複数の引越し業者に見積もり依頼をしてくれます。

引越し時にやることは沢山ありますので、できるだけ作業の手間を削減し、スムーズに新生活をスタートさせましょう。

 

引越し専門サイトおすすめ!

種類別引越し手続き方法

引越し時には、色々な手続きが必要です。

そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

ご紹介する業種一覧!

  • 引越し一括サイト
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • インターネット
業種サイトの特徴
引越し一括サイト

チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越し

チャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

チャチャット引越し申し込み!

ガス

ニチガス

ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

 

東京ガス申し込み!

電気

ニチガスでんき

ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

 

ニチガスでんき申し込み!

水道

水道の引越し手続き案内窓口

水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

 

水道手続き申し込み!

インターネット

フレッツ光

日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

 

フレッツ光