通信速度1Mbpsで仕事はできない?低速回線は仕事に支障が出るのかを解説!

低速回線

スマホやモバイルWi-Fiの通信速度制限の基準として、「1Mbps」の数字を目にするようになりました。

制限なしのモバイルWi-Fiなら、10Mbps程度の速度は出ますので、1Mbpsはその10分の1です。

それでも用途によっては不自由なく利用できる通信速度ですが、仕事用として使うことを想定すると話は変わります。

とくにリモートワークなど、自宅でパソコン作業をする人は1Mbpsで仕事は難しいと思って間違いありません。

通信速度1Mbpsでも可能な作業・操作

インターネット回線

通信速度とは、データを送受信する速度であり、速度が上がれば大容量のデータでも短時間に処理できます。

1Mbpsは低速に分類する通信速度である一方で、複雑でない利用であれば可能な操作も存在します。

Googleドキュメント、スプレッドシート利用可能

Googleドキュメントやスプレッドシートなど、通信量が少ない操作なら、通信速度が1Mbpsでも問題なく使えます。

起動する速度は、制限なしの状態よりも少し遅くなるマイナス面はありつつも、一度立ち上がればその後はほぼ通常通りに使用可能です。

YouTubeの360pまでなら2倍速でも視聴可能

YouTubeを視聴する場合、スマホ画面でしたら360pの画質で2倍速までは視聴できます。

360pはPC視聴なら画質は見劣りしますが、スマホなど小さい画面サイズでの視聴であればそこまで画質の荒さは気になりません。

480pで視聴可能なケースは、通信環境などが良い場合のみに限られ、基本的に動画停止することは覚悟しましょう。

したがってストレスなく視聴したい場合には、360pまでの画質を下げてください。

なおシークバーを移動させるのにはやや時間がかかるため、ザッピング(飛ばし飛ばし動画をみる見方)には不向きです。

Twitterは問題なく利用できる

スマホでTwitterアプリを使用する場合には、問題なく起動します。

ただ画像の表示速度は遅くなったり、添付している動画はカクカクするので、表示をOFFにして利用すると、よりスムーズに動くようになります。

小説など文字だけの電子書籍はダウンロード可能

1Mbpsでダウンロードすると時間はかかりますが、小説など文字だけの電子書籍の場合には許容範囲内です。

通常よりもダウンロード時間はかかりますが、数分でダウンロードは完了しますので、1,2冊であれば問題ありません。

通信速度1Mbpsでは困難な作業・操作

help

1Mbpsで利用できる作業をお話ししました。

ただ利用できる作業があることは、裏を返すと1Mbpsで利用できない操作もあることを意味します。

高速通信の最大のメリットは、不便さを感じないことです。

そのため低速通信だと不便さを実感することになるため、イライラしてしまうケースも少なくありませんので注意しましょう。

低速の通信速度でマルチタスクをこなすのは困難

1MbpsでもTwitter操作やYouTubeの普通画質の視聴は可能です。

しかし、複数のアプリ等を利用し始めると、困難を感じる場合が多いです。

スマホで画面を分割して複数のアプリを操作する際、双方のアプリの通信量が発生します。

たとえばTwitterとYouTubeを同時に起動した場合、双方のデータ通信を1Mbpsでまかなうのは困難なため、Twitterの動きは遅いですし、YouTubeはまともに動きません。

またパソコンなら、複数のタブを起動させることは普通ですので、その作業を行えないのは苦痛にすら感じます。

したがって普段から同時に作業をする人にとっては、1Mbpsでは物足りない通信速度です。

パソコンのネット操作はもたつく

スマホよりもパソコンの方が表示される情報量が多く、一度にたくさんのデータ通信量が必要になります。

そのためスマホでネットサーフィンをするのは問題なくても、パソコンだと動きがもっさりします。

たとえば調べ物をしながら書類作成をする場合、2画面を起動する状態になるため、表示される速度は遅いです。

そのためパソコン作業をメインにしている人は、1Mbpsでの作業は厳しいと思ってください。

画像添付の多いサイトの閲覧は難しい

文字よりも、画像の方が通信量は遙かに多いため、画像が多い画面表示は遅くなります。

1Mbpsでも通常のネットサーフィンなら問題ありません。

ただ通販サイトなど、表示される画像が多いサイトを閲覧するには不向きです。

またスマホなら許容できる表示速度でも、画面が広いパソコンでは許容できないほど表示速度の低下も懸念されます。

したがってネットで探し物や買い物をする人は、イライラするかもしれません。

漫画などのダウンロードはかなり時間がかかる

文字のみの電子書籍なら、1Mbpsでもダウンロード可能ですが、漫画など情報量が多い書籍になるとかなり厳しいです。

光回線を経由して漫画をダウンロードする場合、数十秒で完了しますが、1Mbpsなら10分以上かかることもあります。

またダウンロード中は、ネットサーフィンするのも困難なくらい速度が低下するため、その間はスマホが利用できない状態に。

したがって頻繁に漫画を電子書籍で読む人は、1Mbpsの通信環境は避けるべきです。

通信速度1Mbpsでは仕事ができない理由・根拠

カルガモ

仕事をする上で1Mbpsの通信速度は遅く、物足りません。

低速通信は作業効率の低下をまねく

1Mbpsでも、Googleドキュメントやスプレッドシートなどは、問題なく動きますが、それでも立ち上げには時間がかかります。

たった数秒の遅れは、普段に慣れている人にとって作業テンポが崩れる要因となり、仕事の効率を下げる結果に繋がります。

またマルチタスクに耐えられない速度である以上、ネット検索しながら書類作成を行うのは困難です。

それらの点を踏まえると1Mbpsは通常の回線速度より、作業効率を間違いなく下げる環境といえます。

時間帯によっては1Mbpsよりも速度が低下する

スマホやモバイルWi-Fiで1Mbpsの通信速度制限は、1Mbpsが上限です。

上限速度が1Mbpsである以上、実際の速度は1Mbpsを下回ることは普通にあります。

もし1Mbpsの半分500kbpsしか通信速度が出ない場合、YouTubeで360p画質の再生は難しくなります。

またダウンロードにもかなりの時間を要するため、実質的ダウンロード作業はできません。

ZOOMなどオンライン会議だと通信が途切れる可能性も

ZOOMなどで、オンライン会議をする機会も増えていますが、1Mbpsでも画質を下げればなんとか参加することは可能です。

しかしあくまでも可能であるというだけで、推奨は絶対にできません。通信速度1Mbpsの場合、通信が途切れたり遅延することは十分考えられます。

プライベートであれば、それでも問題ないかもしれません。

しかし仕事であれば、回線切れは会議の中断を意味しますので、1Mbpsの通信速度で参加するのは避けましょう。

低速の通信速度を回避する方法

速度

1Mbpsの通信速度で行える作業は限られているため、仕事としてインターネット回線が必要ならば、通信速度を気にしない環境を整えてください。

自宅で作業するなら光回線が鉄板

インターネット環境でもっとも通信速度が速いのは、光回線です。

光回線なら、高画質の動画視聴やオンライン会議も問題ありません。

またパソコンでいくつもタブを開いても、すぐに表示してくれるので、仕事の効率も上がります。

自宅で仕事をするのであれば、光回線が鉄板です。

 

回線工事が面倒な人はソフトバンクAirがオススメ

光回線の最大の難点は、光ケーブルの開通工事が必要になること。

開通工事は業者が行うため、立ち会いが必要ですし、作業の日程調整もあります。

そのためすぐにインターネット環境を整えたい人や、回線工事が面倒な人には、『Softbank Air』がオススメです。

Softbank Airはコンセントに挿すだけで、インターネット環境が整うもので、全国幅広い地域で利用できます。

また通信速度も最高約1Gbpsと、1Mbpsよりも遙かに早い通信速度が出ますので、作業効率も向上します。

現在、Softbank Air申し込みページの特設会場では、期間限定で月額料金実質800円のキャンペーンを実施しています。

通常月額料金は4,880円ですので、4,000円引きでSoftbank Airが使えます!

キャンペーン

Softbank Air申し込み!

通信速度1Mbpsで仕事をする際のまとめ

通信速度1Mbpsで仕事をする際の注意事項のまとめです。

通信速度1Mbpsのまとめ
  • ネットサーフィンは可能
  • 低画質の動画視聴もできる
  • 仕事で利用するには速度不足
  • 自宅を仕事場にするなら光回線

光回線やSoftbank Airなど、ダウンロードなどが行える環境を整えている人は、スマホの通信速度が1Mbpsでも生活や仕事に大きな支障は出ません。

しかし1Mbpsの環境のみで生活するのはかなり厳しいため、可能な限り高速のインターネット環境を整備することをオススメします。

タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る