豆知識

引越し時の電気の解約と利用開始の手続きについて徹底解説!

電気

電気は日常生活に欠かせません。

なので引越し後、すぐに新住居の電気が使用できるように、引越し前に電気会社に手続きをしましょう。

また今まで住んでいた部屋の電気は、解約の連絡をしないとそのまま電気代を支払うことになりますので、解約・新規両方の手続きが必要です。

電気の引越し手続きの流れ

電気の引越し手続きの流れについてです。

電気は水道・ガスと異なり、契約できる電気会社の選択肢は多いです。

電気の引越しステップ手続き内容手続きするタイミング
①利用停止の連絡現在利用している電気会社に利用停止の連絡引越し1週間前
②利用開始の連絡引越し先で利用する電気会社に利用開始の連絡引越し1週間前
③引越し後に電気がつくか確認引越し後の部屋の電気がつくか確認引越し当日
④電気料金の精算中途解約した電気料金の精算当日または引越し後

引越し前の電気はいつまでに解約の連絡をすればいいのか?

はてな

電気の解約は引越しをする前に連絡をしてください。

月の途中で契約解除をする際には、電気料金は毎日の使用量によって電気料金を精算しないといけませんので、連絡が遅くなると精算する時期もズレてしまいます。

利用停止の連絡は遅くても引越しの1週間前までに

電気の利用停止の連絡は、引越しの1週間前を目安に手続きしてください。

インターネットで手続きできる電気会社であれば、当日解約の対応もしている業者もありますが、休日や繁忙期が重なると手続き完了には数日間必要になるのが一般的です。

もちろん1週間前に連絡しても、その瞬間に電気が利用できなくなることはありません。

解約の連絡をした際に電気の最終利用日を指定できますので、引越し当日まで電気を使うことは可能です。

そのため引越し時期を月末に合わせる必要もありません。

電気の利用停止の手続きはインターネットまたは電話

契約している電気会社のほとんどはWEB申し込みができますので、契約会社のホームページから手続きできます。

また電話での解約手続きも可能ですので、カスタマーセンターなどに連絡をして解約を伝えましょう。

なお引越し前の部屋がアナログ式のブレーカーだった場合には、引越し前にブレーカーを落とし、電気が利用できない状態で引越しをしてください。

引越しの際の電気料金は日割りで計算して精算する

月の途中で利用停止をした場合、その月は日割りで電気料金の計算して業者から請求されます。

電気料金は、引越し当日に電気会社の検針員がその月の使用料を計測し、最終月の料金が確定します。

また電気の場合には、基本的に検針員の計測に立ち会いは不要なため、引越しする際に使用料の計測を待つ必要はありません。

ただ電力使用量の確認できる場所がオートロックなど住民の立ち合いが必要な場所に設置している場合には、立ち合いが必要となりますのでご注意ください。

なお電気料金の精算方法は電気会社によって異なり、毎月の電気料金を支払っている方法(口座振替やクレジットカード払い)が一般的です。

例外的に計測したその場で検針員に料金を支払うもありますので、解約の連絡をする際には支払い方法も電気会社に確認してください。

引越し後すぐに電気を利用するためはいつまでに連絡するべきか?

電話

引越しをする際の電気の利用停止も大事ですが、新しい住居の電気利用の準備も重要です。

引越し先の住所で電気の利用契約をしないと電気が使えませんので、引越し前に契約しておきましょう。

引越し後すぐに電気を利用したいなら3日前までに手続き

電気の利用開始の手続きは、インターネットを利用すれば最短3営業日後に電気が利用できる状態になります。

3営業日とは土日などは含みませんので、遅くても1週間前までには契約手続きすることをオススメします。

Webでの使用開始・使用停止のお手続きは、3営業日前までに行ってください。
営業日は月~金(土日・祝日・年末年始を除く)です。

出典:くらしTEPCO

ブレーカー式の電気なら契約前でも利用できる

ブレーカー方式の電気の場合には、契約していない状態でも電気が使えることがあります。

契約しないまま使い続けることはできませんが、電気の申し込みが遅くなったとしても一定期間の猶予があります。

ただ最近は、デジタル式のスマートメーターが主流となっており、スマートメーターが設置してある部屋では契約前に電気が使えませんのでご注意ください。

利用開始時に業者が作業することはない

賃貸物件など電気の供給設備が整っている場合には、利用手続きを完了させば電気が使えるようになります。

そのため業者が利用開始の作業をすることはありませんので、立ち合いなども不要です。

(引越し先の状況によっては、業者が現地確認をするため立ち会いが必要になります。)

引越し先の電気料金の初月は日割り計算で料金を支払う

月の途中で引っ越した場合、引越し先の初月の電気料金については日割りで計算した電気料金を支払います。

支払い方法は契約時に指定することになりますが、口座振替やクレジットカード払いが一般的です。

なお口座振替が間に合わない場合には、送付される振込用紙を使って銀行やコンビニで納付することになりますので、初月料金の支払い漏れには気をつけましょう。

引越しの電気手続きで準備する書類と情報について

書類

引越しの電気手続きで、準備する書類と情報についてご説明します。

電気の利用停止の連絡をする際に必要な情報

電気の利用停止の連絡をする際に必要な情報は、こちらになります。

  • 契約者の氏名
  • 契約している住所
  • 引越し日
  • お客様番号
  • 供給地点特定番号

お客様番号および供給地点特定番号は、電気料金の請求書に記載されていますので、1月分の請求書は捨てずに保管しておいてください。

電気の利用開始の連絡をする際に必要な情報

電気の利用開始の連絡をする際に必要な情報は、こちらです。

  • 契約者の氏名
  • 契約する住所
  • 申し込む料金プラン
  • 引越しの日時
  • 電気料金の支払い方法

アンペア契約の場合には、アンペア容量の決める必要があります。

アンペア容量が小さければ電気料金も安くなりますが、その分一度に利用できる電力使用量は少なくなりますので、生活スタイルによって容量を設定してください。

引越し後も同じ電力会社を利用する場合でも手続きは必要

引越し前と同じ電力会社と契約をする場合でも、旧住所の解約と新住所の契約は必要です。

同じ電力会社を利用する場合には引き落とし口座などの変更は必要ありませんが、切替手続きのために連絡はしなければなりません。

そのため電気会社を切り替える場合と同じ電気会社を継続する場合でも、手続き面で大きな違いはなく、継続利用のメリットも意外と少ないです。

なお引越しは電気会社を切り替えるいいタイミングであり、生活スタイルに合った料金プランがある電力会社に切り替えると電気料金を節約できます。

引越し時の電気手続き上の注意点

引越し時の電気の手続きでの注意点がいくつかありますので、ご説明します。

旧住所の利用停止を連絡しないと電気料金が請求される

電気は利用停止の連絡をしない限り、電気料金は発生します。

そのため解約の連絡をしないで引越してしまうと、二重に電気料金を支払うことに。

なので電気会社の乗り換えをする際には、解約の連絡も忘れずに行いましょう。

二重請求
ガス料金の二重請求の原因は?東京ガス・ニチガスなどでも起こりうる重複払いの仕組みを解説引越しや契約している業者を切り替える際、料金が重複してしまうケースが存在します。 切り替えの手続き上、契約月がまたがることはやむを得ないのですが、二重払いが続くようなら、ガスの解約漏れも疑いましょう。 また本記事では、ガス料金の二重請求が発生する原因と、対処法について解説します。...

新しく契約するプランが自分の生活に合っているか

電力自由化したことで、多くの企業が電気の小売業界に参入しました。

電気料金がお得になった一方で、各社でさまざまな料金プランが用意されており、普段の電気の使い方によって適切な料金が異なります。

電気料金プランの一例
  • 従量電灯プラン
  • 時間帯変動プラン
  • セットプラン

電気小売業者の多くは電気料金の安さの他に、本業の事業とセットで契約することで割引されるプランを用意しています。

たとえば、携帯会社のauの「auでんき」では、携帯電話がauの人に対しての割引を設けています。

またENEOSでは、ENEOSカードで電気料金を支払うとガソリンや灯油が割引になるサービスも。

そのため電気会社を乗り換える際には、普段利用しているサービスと組み合わせることが電気料金を節約するポイントとなります。

電気の引越しでよくある質問

電気の引越しは頻繁には行いませんので、引越し時によくある質問にお答えします。

引越し当日まで電気を利用することは可能か?

契約解除をする場合、契約最終日を指定しますので、引越し当日まで電気を利用できます。

電気解約の際に立ち会いは必要か

電気の場合、電気会社の担当者が勝手に電力量を確認しますので、立ち会う必要はありません。

ただしオートロックの場所や、その場で電気料金を精算する場合には立ち会いが必要になります。

電気開始の立ち会いは必要か

電気は契約すれば供給してくれますので、立ち会う必要はありません。

ただし電気設備の状況などによっては、立ち会いが必要になることもありますので、契約時に確認してください。

水道・ガス・電気・インターネットをまとめてできないか

実は電気・水道・ガス・インターネットを一括でサポートするサービスがあります。

電気・水道・ガス・インターネットの手続きをそれぞれ作業するのは時間がかかりますので、依頼するだけでそれらの手間が省略できます。

またライフラインごとに料金を比較するのも時間がかかりますが、コンシェルジュが代わりに見積もりをしてくれます。

そのため引越しをするタイミングで、毎月のランニングコストを削減することが可能です。

ニチガスでんき
電気代が33,000円もお得に!?引越しのタイミングでニチガスでんきに変えるべき理由電力自由化で競争が激しい電気小売業で、注目されているのが『ニチガス』。 ニチガスはガスとセットで電気を利用できますので、電気料金がお得になります。 引越しのタイミングは、電気会社変更のタイミング。 ニチガスでんきに変更すると、電気代が33,000円もお得になるかもしれません!...

まとめ

引越し時の電気の手続きをまとめがコチラ⇓になります。

  • 利用停止の連絡は必要
  • 引越し先の利用開始の連絡は必要
  • 遅くても引越し1週間前までに連絡すること
  • 手続きはインターネット可
  • 立ち会いは基本的に不要
  • ライフラインを一括で手続きする方法もある

引越しは異動するだけでも大変ですので、一括にまとめてできるだけ手続きをコンパクトにしましょう。

地域別!大手電力会社一覧

日本には東京電力を筆頭に、10社の大手電力会社が存在します。

地域ごとに管轄エリアが異なりますので、お住まいの都道府県を確認してください。

 

電力会社名管轄エリア手続きサイト
北海道電力
  • 北海道
北海道電力申し込み!

 

東北電力
  • 青森県
  • 岩手県
  • 秋田県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
東北電力申し込み!
東京電力
  • 東京都
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 静岡県(一部)
東京電力申し込み!
中部電力
  • 愛知県
  • 三重県
  • 岐阜県(一部)
  • 静岡県(一部)
  • 長野県
中部電力申し込み!
北陸電力
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県(一部)
  • 岐阜県(一部)
北陸電力申し込み!
関西電力
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 福井県(一部)
関西電力申し込み!
中国電力
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
中国電力申し込み!
四国電力
  • 高知県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
四国電力申し込み!
九州電力
  • 福岡県
  • 大分県
  • 長崎県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
九州電力申し込み!
沖縄電力
  • 沖縄県
沖縄電力申し込み!