豆知識

インターネット回線が急に遅くなる原因はなに?通信速度低下の原因を解説!

急に遅くなる

さっきまで快適にインターネットを使えていたのに、急にインターネットの速度が遅くなった!なんて経験、ありませんか?

偶然という可能性もあります。スマホで動画を見ているときなど、一瞬動画が止まってしまうぐらいのことはたまに起こるものです。

このように一時的ものであれば問題ありませんが、頻繁に速度が低下したり繋がりにくくなることが起こるとしたら、その原因を解明する必要があります

そこで回線速度が急に遅くなる原因と、その解決方法について解説します。

3つのWi-Fi回線で自分の利用している種類を確認しよう

矢印

パソコン・スマホを快適に利用する際にはWi-Fi環境が必要になりますが、Wi-Fiを利用する方法は3種類あります。

Wi-Fiの利用環境
  • 光回線
  • モバイルWi-Fi
  • テザリング

3種類の中で最も高速でありながら、通信速度が安定しているのは光回線です。

モバイルWi-Fiは携帯可能なWi-Fiなので、外出先でも利用できのが特徴であり、セキュリティ面が不安なフリーWi-Fiを利用したくない喫茶店などで活用できます。

またテザリング機能は、スマホを経由してインターネットを利用する方法で、Wi-Fi環境がない場所でパソコンを使用する際に役に立ちます。

いずれの機能も一長一短ありますので、引越しなどでインターネット環境環境を変える方は、『決定版!一人暮らしでオススメできるインターネット回線!』をご参考にしてください。一人暮らしの方以外にもオススメできる内容になっておりますので、ファミリーの方も参考にしてください!

光回線を利用している際に急に速度が遅くなる原因

原因

光回線は高速かつ安定してインターネットを利用できるシステムですが、それでも通信速度が低下することもあります。

急に速度低下した際には、光回線の問題ではなく、利用者側の環境が影響している可能性もありますので、考えられる3つの原因をご説明します。

原因①:ルーターと機器の間に障害物や遮蔽物がある

光回線を無線で利用する場合、スマホやパソコンなどの機器が、ルーターから発する電波をキャッチすることで、インターネットが利用できます。

しかしルーターと機器の間に障害物や遮蔽物があると、機器側が発している電波をキャッチできないため、通信が遮断されたり速度が急に下がったりします。

また光回線を利用している建物がコンクリート造の場合には、隣の部屋まで電波が届かないこともありますし、家電製品など自ら周波数を発する機械が近くにあると電波干渉を起こするケースもありますので、物理的なネット環境作りも重要です。

対策としては、

  • 障害物や遮蔽物を機器の近くに置かないこと
  • 有線接続をする

の2つです。

ルーターと家電製品の設置場所を離せば電波干渉は防げますし、ルーターから有線ケーブルを伸ばしてパソコンに直接接続すれば、周囲の環境に影響されることはありません。

原因②:夜になると回線利用者が増加して速度が遅くなる

インターネット回線は、利用者が多くなるほど速度が遅くなる傾向にあります。

道路と車の関係を例として説明しますと、普段は空いている道路でも、休日やゴールデンウィークなどは利用者が増えるため渋滞が発生します。

インターネットも同様で、利用者多ければ渋滞(通信速度の低下)が起こり、その渋滞が起こる要因となる利用者が増える時間帯は、平日の昼時毎夜です。

平日の昼は、仕事のお昼休みでインターネット利用する人が一時的に多くなりますので、速度が低下します。

夜は自宅に帰宅後、動画やオンラインゲームなど、通信量が多い使い方をする人が増えますので、回線が混雑しやすいです。

またマンションなどの集合住宅の場合、同じ回線を複数の世帯がシェアしているケースもあり、同時接続している世帯が多くなればその分遅くなる可能性があります

なお回線の混雑は、契約している会社によって左右されますので、契約会社自体を変更する必要があります。

しかしながら、回線自体を変えるのは少し大変ですので、最終的な手段として考えましょう。

原因③:Wi-Fiルーターなど接続機器のトラブル

光回線自体にとくに問題がない場合でも、利用している機器やルーターなどの設備が故障していると、通信速度は低下する恐れがあります。

今までは問題なく利用できていたとしても、長らく使用していたことによる経年劣化で不具合が生じるケースは珍しくありません。

またルーター自体が古いと、反応や処理速度が遅くなることもあります。

Wi-Fiルーターを再起動するなど、一時的な措置で通信速度は回復するケースもあります。

ただ最新のルーターは、高速通信の対応をしている機種も多く、慢性的に通信速度が遅く鳴ってしまうときは、買い換えも検討してください。

インターネットの速度
インターネットの速度が遅くなる5つの原因と5つの解決方法家でインターネットを使っているとき、回線速度が突然遅くなったり、夜になると速度が低下した経験はないでしょうか。 インターネットが遅くなる要因は複数あって、抱えているトラブルをすべて解消しないと、インターネットの速度は元通りにはなりません。 なので本記事では、回線速度が遅くなる原因と、その解決方法について解説します。...

モバイルWi-Fiを利用している際に急に速度が遅くなる原因

モバイル

モバイルWi-Fiは、屋内外問わずWi-Fiを利用できるのが特徴ですが、光回線に比べると回線速度が安定していません。

そのため些細な事でも、通信速度が低下する可能性も考えられますので、ご注意ください。

原因①:電波が弱い場所や遮蔽物がある

モバイルWi-Fiには、電波の届きにくい場所だとうまく接続できません。

たとえば山奥では圏外になることもありますし、室内でもコンクリート造で、遮蔽物があると電波が届かないケースもあります。

またWi-Fiルーターの無線と同様で、電子レンジなどの家電が近くにあると、電波干渉が発生して繋がりにくくなることも。

電波干渉の対策としては、家電をルーターから遠ざけるか、違う周波数を使って通信する方法があります。

家電製品は利用する際に2.4MHzの周波数を使っているものがほとんどですので、モバイルWi-Fiで5MHzの周波数を利用すれば、電波干渉が起こりにくくなります。

また電波が受信しやすい窓際で、パソコン・スマホを利用するなどの工夫をすることも大切です。

原因②:モバイルWi-Fiの通信速度制限の対象になっている

モバイルWi-Fiには、月に使える通信量の上限があるものや、無制限と広告しているものでも、実は速度制限がかかるものがほとんどです。

月の通信量の上限を超えれば、通常時よりも遅い速度しか出ませんので、当然インターネット利用に不便が生じます。

また使用量無制限のモバイルWi-Fiでも、利用者が多くなると、意図的に速度制限をしているケースがあります。

2020年は、新型コロナウイルスの影響でモバイルWi-Fiの利用者が急増した年ですが、契約会社が利用者急増に対応できなくなり、インターネットが実質利用できなくなってしまったモバイルWi-Fiもありました。

そのため確実な通信環境を確保したいのであれば、モバイルWi-Fiではなく、光回線を選びましょう。

原因③:モバイルWi-Fiの同時接続利用者が多い

一つのモバイルWi-Fiで複数のインターネット機器を利用することは可能ですが、利用台数には制限があります。

例えばパソコンを繋いで同時にスマホ、タブレット、その他機器も繋いで……というのには制限があるわけです。

また同時利用する場合には、通信速度の容量を分け合うことになるため、光回線よりも速度が出ないモバイルWi-Fiでは、容量が足らなくなるケースもあります

一人暮らしで、そこまでインターネットを利用しない人はモバイルWi-Fiでも十分です。

しかし家族でインターネットを利用する人や、高画質で動画を視聴する人は通信料無制限の光回線の利用をオススメします。

一人暮らしのインターネット
決定版!一人暮らしでオススメできるインターネット回線!一人暮らしでも、インターネット回線は必要不可欠です。 ただ一人暮らしをするなら少しでも通信料は抑えたいですよね。 またインターネットを利用する場合には、「光回線」、「モバイルWi-Fi」、「テザリング」の3種類が選択肢になります。 それぞれのメリット・デメリットについてと、どの方法が最も一人暮らしにお勧めできるのかをご説明します。...

テザリング機能を利用している際に急に速度が遅くなる原因

テザリングは、Wi-Fi環境がない場所でインターネットを利用するときに重宝する機能です。

しかし普段使いとしてテザリングをメインに利用することは、オススメできません。

原因①:テザリング機能は通信速度が遅い

テザリングでインターネットを利用する場合、テザリング通信はそもそも光回線やモバイルWi-Fiよりも回線速度が遅いとされています。

そのため普段光回線を利用している人が、テザリング機能を利用すると、急に速度が遅くなったように感じるかもしれません。

原因②:スマホのデータ容量の制限がかかっている

テザリング機能は、スマホの機能の一つとしてありますので、テザリングによりインターネットを使っているとスマホの通信量が消費されます。

そのためスマホの容量はとても少ないため、テザリングを使って大量の通信量を消費すると、スマホの月額容量の上限を超え、通信制限がかかってしまうことも。

また最近のスマホの料金プランでは通信量無制限のプランも存在しますが、テザリングでの通信には容量制限があったりしますので、ご注意ください。

インターネット回線の速度を低下させない方法

喜ぶこども

それではインターネットの回線速度を低下しないで、利用する方法をご紹介します。

通信速度を最優先するなら光回線を使うこと

3種類のインターネット利用方法を紹介しましたが、3種類の中でもっとも通信速度が安定するのは、間違いなく光回線です。

光回線でも通信速度が遅くなることはありますが、モバイルWi-Fiやテザリングよりも速度は安定します。

また光回線の中でも特に回線速度が安定しているのは、auひかりです。

auひかり

auひかりは、フレッツ光や光コラボとは別の方法で回線を利用できる仕組みがあるため、回線混雑が起こりにくいです。

auひかりに申し込み!

インターネットを利用する周囲の環境を整える

光回線を無線で利用する際には、家電製品など電波干渉を考慮しなければいけません。

そのため家電製品の設置場所やルーターの場所を工夫しましょう。

またパソコンやゲーム機器など、機器を動かす必要がないものは、有線で接続することにより通信速度を安定させることも可能です。

インターネットを利用する時間帯を少しズラす

1日の中で利用者が増加するのは、20時から26時の間とされています。

そのため動画を視聴する人は、あらかじめ動画をダウンロードしてインターネットを使わない方法や、利用する時間を変えることで混雑を回避する方法もあります。

ただオンラインゲームなど、その時間にインターネットを利用する人は、時間を変えることはできませんので、その場合には光回線を利用したりWi-Fiルーターの強化を検討しましょう。

インターネット回線が急に遅くなる原因のまとめ

インターネット回線が、急に遅くなる原因のまとめです。

通信速度が遅くなる原因
  • 夜はインターネット利用者が多い
  • 電波干渉が起こると接続しにくくなる
  • 光回線は一番安定している
  • auひかりは通信速度が遅くなりにくい

インターネットは、生活に必要不可欠なので、利用環境を整えることで生活の質も向上します。

また引越しなど、生活スタイルを変更するタイミングになりましたら、利用しているインターネット環境を見直してみてください。

インターネット
インターネット回線の引越し手続きについて徹底解説!移転方法をわかりやすくご説明します。引越しの際にはインターネット回線の引越しが必要ですので、引越しのタイミングで他の回線に乗り換えることも選択肢です。 一方今契約しているインターネット回線を継続利用する場合でも、引越し手続きは必要になりますので、要注意。 またインターネットの手続きは、電気やガス、水道などに比べて時間もかかりますし、手続きも面倒ですので、作業が後周りになりがちです。 もちろん手続きを後ろ倒しにするメリットはありませんので、引越し時の手続き方法についてご説明します。...

契約すべきネットは人によって違う!

タイプ別おすすめインターネット

  • スマホがauの人は『auひかり』
  • スマホがソフトバンクの人は『Softbank光』
  • 全国でもっとも対象エリアが広い『フレッツ光』
サイト名サイトの特徴

auひかりは、フレッツ光と同じくらい広範囲で利用できるインターネットです。

またauのスマホ利用者はもちろんのこと、同居している家族のスマホ料金が割引になります。

そして家族が50歳以上なら別居していてもOK!

auひかり申し込み!

ソフトバンク光
ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホ料金が割引になります。

またインターネット回線基本工事費用が基本無料。

そして他社からの乗り換え時は、解約違約金相当額が還元されます。

ソフトバンク光申し込み!

フレッツ光
フレッツ光は、光回線の中で最も広範囲で利用できます。

またフレッツ光メンバーズに加入すると、利用金額に応じてポイントが貯まり、サービスや商品と交換できます!

東日本にお住まいの方はこちらからどうぞ!

フレッツ光申し込み!

フレッツ光

フレッツ光は、光回線の中で最も広範囲で利用できます。

またフレッツ光メンバーズに加入すると、利用金額に応じてポイントが貯まり、サービスや商品と交換できます!

西日本にお住まいの方はこちらからどうぞ!

フレッツ光申し込み!

Softbank Airインターネット回線工事をしたくない人には、『Softbank Air』がオススメです。

コンセントに繋ぐだけで、インターネットを利用できるようになります。

Softbank Air申し込み!