豆知識

一人暮らし向け?楽天でんきをオススメできないケースを解説

楽天でんき

楽天でんきは新電力の一つで、皆さんご存知楽天が提供する電気になります。

楽天ユーザーの中には生活の多くを楽天にまとめている、という人も少なくはないでしょう。

そういう方は大手電力会社から楽天でんきに変更すれば生活をさらに楽天でまとめることも可能です。

ただ楽天でんきは、楽天ユーザー全員にオススメできるプランではありません。

本記事では楽天でんきの特徴と、一人暮らしの方が得するケースについて解説します。

楽天でんきとは?

楽天でんきは『新電力』と言われるもので、今まで大手電力会社としか契約できなかった電気料金が、電力自由化により比較・検討できるようになりました。

楽天でんきに変更しても電気の使用感は変わらない

楽天でんきは、電力の販売部分を楽天が担っているだけで、送配電網は大手電力会社のものをそのまま使用します。

そのため楽天電力に切り替えても、供給される電力が少なくなったり、電気の品質・安定性が変わることはないです。

楽天でんき

出典:楽天でんき

全国で楽天でんきは利用可能

楽天でんきは、全国で使用することが可能であり、スマートメーターが設置済みなら、メーターの交換すら不要です。

また切り替え手続きの立ち会いも不要なので、忙しい人でも楽天でんきに切り替えて利用できるのもポイントです。

楽天でんきの特徴

引越し

新電力に参入している企業は数百以上存在し、料金プランが大手電力会社と似ているのも多いです。

しかし楽天でんきは既存のサービスとは違った料金形態や、契約するとお得なサービスを受けられるのが特徴です。

電気の基本料金が0円!

楽天でんき料金の最大の特徴は、基本料金が0円である点です。

一般的な電力会社の場合、『基本料金』に加えて使用量に応じた『従量料金』の合計が月額料金となります。

しかし楽天でんきは基本料金が全国どのエリアでも無料なので、使った分だけ料金が請求されます。

長期出張や旅行で家の電気の使用量が少ない月は、より電気料金を抑えることが可能になるメリットも見逃せません。

申し込みすると3,000ポイント獲得

楽天でんきと契約し、3か月以上使い続けると3,000ポイント獲得できます。

ポイントはもちろん『楽天ポイント』なので、楽天ユーザーは無駄になりません。

また貯めたポイントは電気代として利用可能なので、楽天ユーザー以外の人は、電気料金に充当すれば無駄になることはありません。

執筆時点において(2020年11月)は、2021年2月2日までのキャンペーンとなっておりますので、お見逃しのないように手続きしてください。

200円で1ポイント貯められる

楽天でんきの毎月の電気料金は、200円で1ポイント貯まります。

また楽天カードで支払いを行うと、100円ごとに1ポイント貯まりますので、電気代200円につき3ポイント貯めることが可能です。

楽天電気の電気代200円につき1ポイント

楽天カードで決済すれば、更に200円につき2ポイント

合計で3ポイント獲得可能

電気代は毎月必ず使用しますので、1年2年と使っていれば、得られるポイントに差が出ます。

楽天ガスとセットで更にお得

楽天は楽天でんきの他に、楽天ガスのサービスも開始しています。

楽天ガスの契約できる範囲は、関東・中部・関西の一部ですが、楽天でんきと楽天ガスをセット契約すると、それぞれの料金に対して100円につき1ポイント貯まるようになります

楽天電気と楽天ガスを同時に契約すれば、

  • 楽天電気の電気代100円につき1ポイント
  • 楽天ガスガス代100円につき1ポイント

にポイントアップ可能です。

更にその電気代とガス代を楽天カードで決済すれば、更に100円につき1ポイントのポイントを得ることが可能です。

(例)楽天電気と楽天ガスを契約し、楽天カードで決済した場合

楽天電気を200円利用

2ポイント獲得

楽天ガスを200円利用

2ポイント獲得

その2つを楽天カードで決済(200+200=400円)

4ポイント獲得

2+2+4で合計8ポイント獲得可能!

楽天ガス
楽天ガスはお得!?特徴と利用可能エリアを徹底解説!都市ガスの自由化により、楽天も2020年10月26日からガス小売りに参入しました。 楽天ユーザーなら、楽天ガスと契約するメリットや、新規契約者向けのキャンペーンも実施されています。 しかし契約できる地域は限られていますので、本記事で楽天ガスの特徴と利用可能エリアをご説明します。...

楽天でんきの料金プランの特徴と一人暮らしの目安金額

楽天でんきには、「プランS」・「プランM」・「動力プラン」の3種類あり、個人や一般家庭で使用する際は、プランSが適したプランとなります。

楽天でんきは、今使用している電気の契約容量が20アンペア以下だと利用することができません。

楽天でんきを利用する前に、20アンペア超の契約容量に変更してから、申し込みをしてください。

プランSの料金プラン

プランSは、基本料無料で、かつ従量料金の加算額は一定です。

また大手電力会社が管轄するエリアによって、1kWhあたりの従量料金は異なるのでご注意ください。

プランSの料金表(1か月の税込み金額)

地域エリア基本料金従量料金
北海道電力エリア0円30.00円/kWh
東北電力エリア0円26.50円/kWh
東京電力エリア0円26.50円/kWh
中部電力エリア0円26.50円/kWh
北陸電力エリア0円22.00円/kWh
関西電力エリア0円22.50円/kWh
中国電力エリア0円24.50円/kWh
四国電力エリア0円24.50円/kWh
九州電力エリア0円23.50円/kWh
沖縄電力エリア0円27.00円/kWh

一人暮らしの月額料金の目安

電気の使用量は季節よって異なり、所有している家電の種類で使用する量に差が出ます。

楽天でんきで1月200kWh使用したとすると、電気代は5,300円(東京電力エリアの場合)です。

節約志向の方で、1月100kWhに抑えた場合は、半分の2,650円となるため、使う量を抑えた分だけ料金は安くなります。

楽天でんき・東京電力・ニチガスでんきの料金を比較!

money

楽天でんき』・『東京電力』・『ニチガスでんき』の3種類の電気料金を比較し、どの会社が一人暮らしに適した料金なのかをご紹介します。

なお今回は東京エリアを対象とし、電気料金のみの比較とします。

東京電力と東京ガス
東京電力と東京ガスの料金比較!電気ガスセットはどちらがお得!?東京電力と東京ガスの電気ガスセットプラン比較記事です! 両会社とも、電気とガスをまとめて契約することが可能であり、セット割の適用も可能です。 そこで本記事では、『電気料金』・『ガス料金』・『セット割引』の3つの視点から、東京電力と東京ガスを比べていきます!...

東京電力の電気料金プラン

東京電力は「スタンダードS」がメインプランとなり、10Aから60Aまで契約できます。

一人暮らしの方から、複数人で居住している家庭でも利用できるプランです。

スタンダードSプランの料金表(1か月の税込み金額)

基本料金10A286.00円
15A429.00円
30A858.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh19.88円
121kWh〜300kWh26.46円
301kWh〜30.57円

※関東エリアのプラン料金
※最低月額料金は235.84円

ニチガスの電気料金プラン

ニチガスはLPガス(プロパンガス)大手の業者ですが、新電力も取り扱っています。

電気契約は「でガ割でんき1」プランを適用し、ガスとのセット割の適用で毎月300円料金が割引になります。

ただニチガスは電気とガスのセット契約が前提であり、電気のみを契約することはできません。

でガ割でんき1の料金プラン(1か月の税込み金額)

基本料金10A286.00円
15A429.00円
30A858.00円
定額料金200kWhまで4,685円
電力量料金
(1kWh)
200kWh〜350kWh23.93円
350kWh〜25.97円

※セット割の適用は、月200kWh以上の利用することが条件となっていますので、ご注意ください。

1か月の電気使用量が少ないケース

東京電力ニチガス楽天でんき
プランスタンダードSでガ割でんき1プランS
基本料金572円(20A)572円(20A)0円(30A)
電力量(200kWh)4,502.4円4,685円5,300円
合計料金5,074円5,257円5,300円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

楽天でんきに基本料金はありません。

ただ少量の電力消費量の場合、東京電力の従量料金が最も単価の低いプランなので、基本料金を考慮しても東京電力に軍配が上がります。

東京電力へ申し込み!

1か月の電気使用量が多いケース

東京電力ニチガス楽天でんき
プランスタンダードSでガ割でんき1プランS
基本料金(30A)858円858円0円
電力量(300kWh)7,148.4円7,078円7,950円
合計料金8,292円8,222円7,950円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

東京電力やニチガスは電気の使用量が多くなると、1kWhあたりの従量料金が高くなります。

一方楽天でんきは、電気の使用量に関係なく1kWhあたりの従量料金が同じです。

在宅勤務者など、電気をよく利用する人は楽天でんきが最も低料金で使用できるプランとなります。

東京電力から楽天でんきに切り替え!

楽天でんきは毎月の電気代が多い一人暮らしの人向け

一人暮らしあっても、在宅勤務者や電気消費量の多い機器をよく使う人は、電気使用量が多くなります。

東京電力・ニチガスでんき・楽天でんきを比較した際、電気の使用量が多くなるほど楽天でんきを選択することで料金を抑えることが可能との計算結果でした。

楽天でんきは20アンペア以下だと契約できませんし、月々にそこまで電気を使わない人にはあまりオススメできません。

ただ電気代が高い人は、電気の使用量が多いと思われるため、楽天でんきに切り替えることで料金を抑えることも可能になります。

楽天でんき

電気変更手続きはコチラ!

「一人暮らしの方に楽天でんきはオススメできるのか?」のまとめ

一人暮らしの人は、楽天でんきに切り替えた方がいいのか?についてのまとめです。

一人暮らしが抑えるべき楽天でんきの特徴
  • 楽天ポイントはよく貯まる
  • 楽天ガスとセット利用で更にポイント還元
  • 電気の使用量が多い人はお得になる

電気代は季節で使用量が全く異なるため、電気を切り替える際は自分が普段どれくらい使用しているかを確認してください。

またアナログメーターの場合、スマートメーターへの取り替えが必要となりますが、基本的に費用はかかりません。

スマートメーター
新電力切り替えにスマートメーターは必須?引越し時にやるべき手続きとは新電力切り替える人は、ブレーカーやスマートメーターの交換が必要になるかもしれません。 交換自体は業者が行ってくれますが、作業には時間が必要になるため、引越し先で新電力を利用する人は、連絡するタイミングが重要。 そこで本記事では引越しする際のブレーカーやメーター交換について解説します。...

普段楽天を利用していない人も、楽天でんきに切り替えた方がお得になるケースもありますので、この機会に一度電気の見直しをご検討してください。

引越し専門サイトおすすめ!

種類別引越し手続き方法

引越し時には、色々な手続きが必要です。

そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

ご紹介する業種一覧!

  • 引越し一括サイト
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • インターネット
業種サイトの特徴
引越し一括サイト

引越し侍

全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能です。電話勧誘が多いのを除けば、料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメです。

引越し侍で見積もり!

ガス

ニチガス

ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガス申し込み!

電気

ニチガスでんき

ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガスでんき申し込み!

水道

水道の引越し手続き案内窓口

水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

水道手続き申し込み!

インターネット

フレッツ光

日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

フレッツ光申し込み!