引越し費用・相場

東京電力で電気ガス契約は損?デメリットを重点的に解説!

東京電力デメリット

2016年からの電力自由化により、大手電力会社以外の会社とも電気契約をできるようになりました。

新規参入する会社は、既存の電力会社よりも魅力的なプランを打ち出さないと契約をもぎ取れませんので、キャンペーンやお得なプランを打ち出しています。

一方、東京電力も新規参入事業者に対抗するためのプランを用意していますが、用意したプランが魅力的かどうかは別問題です。

そこで今回は、東京電力で電気ガス契約をする際のデメリットをガッツリ紹介します!

デメリット①:東京電力の電気料金は意外に高い

計算

電力自由化以前は、首都圏では東京電力しか電気契約を結べませんでしたが、今では東京ガスやニチガス、auなどと電気契約も可能です。

電力自由化で自由になったのは販売部分で、供給される電気の質はどの会社と契約しても同じで、電気料金が契約する際のポイントになります。

そこでこの章では、東京電力とライバルとなる東京ガスの電気料金を比較してみます。

東京電力の電気プランは『スタンダードS』

東京電力で電気を利用する場合、「スタンダードS」プランがオーソドックスなプランです。

スタンダードSは、10Aから60Aまでの契約が可能で、一人暮らしの人や複数人で生活している人など、幅広い層を取り込んだプランとなっています。

一応「スタンダードL」プランも存在しますが、こちらは60Aを超える場合に利用するプランですので、一般家庭においては、スタンダードSで十分です。

スタンダードSプランの料金表(1か月の税込み金額)

基本料金10A286.00円
15A429.00円
30A858.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh19.88円
121kWh〜300kWh26.46円
301kWh〜30.57円

※関東エリアのプラン料金

※最低月額料金は235.84円。

東京ガスの電気プランは『ずっとも電気1s』か『ずっとも電気1』

東京ガスで電気を使用する際のプランは、「ずっとも電気1s」と「ずっとも電気1」の実質2択。

「ずっとも電気1s」は、一人暮らしや電気料金を節約したい人向けのプランで、10Aから契約できるのがポイントです。

また東京電力の「スタンダードS」プランと似た料金形態となっているため、料金の比較がしやすいです。

ずっとも電気1sの料金プラン(1か月の税込み金額)

基本料金10A286.00円
15A429.00円
30A858.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh19.85円
121kWh〜300kWh25.35円
300kWh〜27.48円

一方「ずっとも電気1」は、複数人で住んでいる人や自宅で仕事をしている人など、ある程度電気を使用する人向けのプランです。

「ずっとも電気1」は契約が30Aからと、「ずっとも電気1s」プランよりも契約A(アンペア)が高いです。

しかし141kWhからの電力量料金は、「ずっとも電気1s」よりも安くなっているため、利用する電力量が多い人は、「ずっとも電気1」を利用した方が料金を抑えられます。

ずっとも電気1の料金プラン(1か月の税込み金額)

基本料金30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
電力量料金
(1kWh)
〜140kWh23.67円
141kWh〜350kWh23.88円
351kWh〜26.41円

実は東京ガスの料金プランの方が安い

東京電力と東京ガスの電気料金を比較した場合、使用量の多い少ないにかかわらず、東京ガスのプランの方が実は安いです。

10Aで200kWh使用する場合

東京電力東京ガス
プランスタンダードSずっとも電気1s
基本料金(30A)286円286円
電力量(200kWh)4,502.4円4,410円
合計料金4,788円4,696円

 

4,788円>4,696円⇒東京ガスの方が安い

30Aで400kWh使用する場合

東京電力東京ガス
プランスタンダードSずっとも電気1s
基本料金(30A)858円858円
電力量(400kWh)10,205.34円9,779.8円
合計料金11,063円10,637円

 

11,063.34円>10,637.8円東京ガスの方が安い

※実際の電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、料金表の金額とは少し異なります。

電気の契約先を東京電力のままにしていると、知らず知らずのうちに損をしている可能性もありますのでご注意ください。

東京ガス

出典:電気のこと(東京ガス)

東京電力から東京ガスに乗り換える!

デメリット②:セット割は12ヶ月間しか割引にならない

東京電力で電気とガスの両方の契約を行うと、セット割の適用ができます。

たとえば電気は「スタンダードS」、ガスは「とくとくガス」の契約をすれば、ガスセット割の対象に。

ガスセット割は、東京電力のガス代が8%OFFになるお得な割引です。

しかし注意しなければいけないのは、8%OFFになるのは、契約した最初の12か月のみであること。

ガス代8%OFFの内訳

  • 最初の12か月⇒『スタート割』の適用で5%OFF
  • 東京ガスの一般料金よりも3%安い料金設定

東京電力のガスセットでは、東京ガス(東京電力ではありません)の一般料金よりも3%ガスが安くなるよう、料金設定がされています。

3%OFFは12か月後も継続し、ずっと東京ガスよりも3%ほど安い料金でガスが利用できます。

ですが、8%OFFは1年限りとなりますので、ご注意ください。

WEB申し込みで1,000ポイントプレゼントは電気とガス両方の契約が必要

東京電力のWEBから電気とガス契約の申し込みを行うと、T-POINTやPontaなどの1,000ポイントをGETできます。

Webからの電気+ガスのお申込みで最大1,000ポイントプレゼント!※5

ただこちらも注意点があり、付与されるポイントには条件があります。

ポイント付与は、電気料金プランの契約で500ポイントガス料金プランの契約で500ポイントです。

したがって、すでに東京電力の電気とガスのどちらかのプランに加入している場合には、500ポイントしか付与されません。

※9Webから対象の電気料金プランのお申込みで500ポイント、Webから対象のガス料金プランのお申込みで500ポイントのプレゼントとなります。既に対象の電気またはガス料金プランのいずれかにご加入済で、加入されていない電気またはガス料金プランに新たにお申込みをされる場合は、新たに加入される電気またはガス料金プランのお申込みに対する500ポイントのみのプレゼントとなります。

出典:TEPCO(東京エナジーパートナー)

東京電力で電気とガスを一緒に契約した場合のデメリット

料金面で、電気とガスを一緒に契約した際のデメリットはありません。

しかし手続き面で少し気になる点もありますので、ご紹介します。

電気とガスの片方だけを解約する際にはセット割が適用できなくなる

電気ガスセットをセットで利用していても、ほかの会社がより魅力的なプランを打ち出すケースはあります。

そうなると乗り換えも選択肢になりますが、片方だけを解約する際には、セット割も適用外となりますのがマイナス点。

たとえば東京電力では、ガス契約をすると電気料金が100円割引になります。

しかしガスを別会社に変更した場合には、100円割引が適用できなくなりますので、今まで割引を適用していた場合には、電気代が年間1,200円高くなることに。

乗り換え先でそれ以上の割引や料金が安ければ問題ありませんが、基本料金だけを見ていると損する可能性もあります。

東京電力のガスを利用する際には手続きが必要

東京電力の都市ガスは、東京ガスの都市ガスを利用しているため、現在東京ガスを利用している人が変更する際、作業はそれほどありません。

しかしLPガス(プロパンガス)を利用している人については、LPガスから都市ガスへの切り替えが必要となるため、ガスの閉栓・開栓作業が必要です。

ガス栓の開け閉めはガス業者行いますが、作業時には立ち会いが必要です。

また作業は予約制となっていますので、当日に作業依頼は難しいですので早めに予約をしてください。

LPガス
引越し先で都市ガスまたはLPガスと契約する際に必要な手続きとは!ガスは生活に必要不可欠なので、忘れずに手続きしましょう! ただ引越し時の手続きは、ガスの種類によって少し異なりますので注意が必要です。 ガスは大きく分けると『都市ガス』・『LPガス』に分類され、扱っている業者も違います。 そこで本記事では、都市ガス・LPガス両方の引越し手続きについてご説明します。...

家族世帯にオススメの電気ガスセットは『ニチガス』

ニチガス

電気とガス料金は、バラバラに契約するよりも、まとめた方がお得です。

とくに家族世帯や複数人で住んでいる人にオススメなのが、『ニチガス』です。

ニチガスはLPガス(プロパンガス)の会社ですが、都市ガスおよび電気の販売も行っています。

また東京電力の電気ガスセットと比較しても、料金は安いので、電気は東京電力を使っている人はニチガスに乗り換えも検討してください。

家族世帯向けの電気ガス料金の比較

東京電力ニチガス
電気料金
(40A・300kWh)
8,292円
(スタンダードS)
8,222円
(でガ割でんき1)
ガス料金
(30m³)
4,820円
(とくとくガスプラン)
4,682円
(プレミアムプラン+)
合計料金13,112円12,904円

 

電気ガスを別々に契約した場合

電気(東京電力)
ガス(ニチガス)
ニチガスセット
電気料金
(40A・300kWh)
8,292円
(東京電力)
8,222円
(でガ割でんき1)
ガス料金
(30m³)
4,682円
(ニチガス)
4,682円
(プレミアムプラン+)
セット割0円△300円
合計料金12,974円12,064円

電気は東京電力、都市ガスはニチガスとバラバラに契約すると料金が高くなりますので注意してください。

ニチガス

ニチガスで電気ガスセット申し込み!

東京電力で電気ガスセットを利用する注意点のまとめ

東京電力で電気ガスセットを利用する際のまとめです。

東京電力で契約する際の注意点
  • 電気料金は東京ガスの方が安い
  • ガス料金8%OFFは最初の1年間のみ
  • WEB申し込み1,000ポイントは電気・ガスの両方の申し込みが必要
  • トータルで考えると東京電力の電気ガスセットは安い

東京電力と東京ガスの利用エリアは、重なっている部分が多いですので、電気ガスの契約を一つにまとめやすいです。

またニチガスは、電気は東京電力、都市ガスは東京ガスのエリアと同じです。

そして電気とガスは、契約する会社によって質が変わることはありませんので、安心してください。

電気とガスは一本化する時代です。

この機会にニチガスにまとめると、毎月の生活費がお得になります。

ニチガス

電気もニチガス!

 

引越し専門サイトおすすめ!

種類別引越し手続き方法

引越し時には、色々な手続きが必要です。

そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

ご紹介する業種一覧!

  • 引越し一括サイト
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • インターネット
業種サイトの特徴
引越し一括サイト

チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越し

チャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

チャチャット引越し申し込み!

ガス

ニチガス

ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

東京ガス申し込み!

電気

ニチガスでんき

ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガスでんき申し込み!

水道

水道の引越し手続き案内窓口

水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

水道手続き申し込み!

インターネット

フレッツ光

日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

フレッツ光も牛込み!