4月の引越し相場!料金を安くしたいなら中旬以降に引越しを!

4月引越し

4月に引越しを予定している方は、極力4月上旬に引越しをすることは避けた方が無難です。

なぜなら3月下旬から4月上旬までは国土交通省も引越し時期の分散を推奨するほど引越しの混雑が予想されており、非常に引越し費用が高騰すると考えられるからです。

費用面から考えても、引越し業者が忙しく予約が取りにくいであろうことから考えても、4月上旬のお引越しはあまりオススメできません。

参考:引越時期の分散に向けたお願い

そのため4月に引越しする場合は、4月中旬以降に時期を後ろ倒しして引越し費用が極力安くなる時に引越しをするのがポイントです。

4月の引越し費用の相場は?

money

4月上旬は通常期の2倍の料金が発生

4月上旬の引越し相場は、通常期の倍以上の料金が発生すると考えてください。

たとえば通常期の一人暮らしの引越しなら、5万円以内に収まりますし、近場なら2万円台で引越すことも可能です。

ただ引越し業者が1年で最も忙しくなる4月上旬に引越す場合、一人暮らしの引越しであったとしても5万円以上から10万円近くの料金を請求されるケースがあります。

もちろん引越し荷物の量や家族が多い家庭については、料金が更に高くなります。

そのため引越し費用を抑えたい人は、4月中旬以降に引越しましょう。

ポイント

通常時期の引越し⇒3万円~5万円程度

4月上旬の引越し⇒5万円~10万円程度

※一般的な一人暮らしの荷物量を想定

4月中旬以降は繁忙期の料金よりも値下がりする

3月下旬からの引越し最盛期の料金と比較すると、4月中旬以降の引越し費用は落ち着きます

そのため平均的な金額で引越すことが可能ですし、複数の引越し業者に見積もりを出すことで、さらに安い料金で引越すことも可能です。

ただ、4月最終週で引越しを予定している人は、要注意です

なぜなら4月末からはゴールデンウイークに突入するため、休日料金やGW特別料金が適用になる可能性があります。

そのためもし月末に引越しを予定されている人は、引越し料金をチェックしてから予約をしましょう。

4月の引越し費用が高い理由

4月の引越し費用が高いのは、簡単に言ってしまえば「その時期に引越ししたい人が多いから」です。

引越し需要は進学や就職などで、3月下旬から4月に集中していることが割高料金の原因となっています。

理由①:4月は新生活や転勤が多い季節

4月は学校や新社会人の新生活が始まる季節です。

進学や就職に伴い上京する人も多く、そのタイミングでしか引越しできない人は一定数います。

また4月は会社の事務年度が始まるタイミングでもありますので、4月から転職先で働き始める人もいます。

そうなると4月に引越ししたい人が集中し、引越し需要に対して引越し業者の供給が追いつかない状況に。

顧客を獲得するために有効なのが割引やキャンペーンですが、引越し需要が多ければ、わざわざ値引きをする必要はありません。

また4月上旬は国が引越しの分散をお願いするなど、引越し業者の供給が間に合わない事態となっています。

なので引越し料金を上げたとしても注文が来るため、引越し料金を上げるケースすらあります。

理由②:引越し業者の従業員不足も原因

通常時期の引越し量であれば正社員で対応可能ですが、引越しシーズンなど一時的な需要に対応するためには、短期アルバイトに頼らざるをえません。

そのため引越し業者はシーズン前に従業員募集するのが一般的です。

ただ近年の引越し業界は求人が集まらず、従業員不足の状態に陥っています。

従業員を確保できない引越し業者は、引越し件数を抑えなければなりません。

また従業員を確保するために、人件費が増加することは避けられず、人件費はそのまま引越し費用に加算されるため、料金が高くなります。

理由③:2020年は新型肺炎の流行状況にも要注意

2020年は、年初から新型コロナウイルスの問題が発生しています。

新型コロナウイルスにかかると、引越しする本人も準備できませんし、引越し業者が感染すれば従業員は勤務が難しくなります。

また長距離移動の場合、トラックに長時間乗っているため、万が一従業員が感染した場合には、同乗している従業員も仕事ができなくなる可能性も。

記事執筆時点の2020年3月初旬は、学校が休校する事態となっており、4月以降も不透明な状況です。

そのため4月に引越しする際は、最新情報をチェックするようにしてください。

新型肺炎
新型コロナウイルス(肺炎)に感染した場合の引越しのキャンセル方法と違約金について2020年初頭から世界的に問題となっている新型コロナウイルスですが、引越し業界にも影響が出ています。 万が一感染した場合には、引越しをキャンセルしなければならない可能性もあります。 また3月から4月までは引越しシーズンですので、新型肺炎に関する情報は随時確認してください。...

4月の引越し費用が安い日と少しでも値段を下げる方法3選

OK

4月の引越し料金は割高です。

ただ4月は仕事や学業のスタートの季節ですので、どうしても4月中に引越ししなければいけない人も多いです。

そのため4月の引越し費用をできるだけ抑える方法を紹介します。

対策①:4月中旬以降の平日に引越す

4月の引越しで特に混雑するのは、新生活を始める4月上旬です。

新生活がひと段落する4月中旬以降であれば、引越しの混雑も一定水準まで落ち着きます。

また仕事や学業の都合上、どうしても休日に引越す需要が多く、料金が割増に。

そのため引越し費用を抑えたいのであれば、4月中旬以降の平日に引越しましょう。

対策②:引越し予約は1日でも早く連絡する

引越し業者を選ぶ場合、できることなら引越し直前まで業者選びをしたいですよね。

一方引越し業者は、引越し業者は少しでも収入の見通しを立たせるため、可能な限り先まで予約を入れてほしいもの。

ただ事前予約の特典がなければ、顧客が早めに予約を入れるメリットはありませんので、需要が高まるオンシーズンでもキャンペーンを実施します。

つまり4月引越す場合であっても、容器予約をすれば引越し費用を抑えることが可能です。

なお4月上旬の予約は、3月中からどんどん埋まっていきますので、引越し業者への予約は1日でも早く行ってください。

対策③:複数の引越し業者に見積もりを取る

引越し費用を抑える一番の有効手段は、複数の引越し業者に見積もり依頼をすることです。

定価の引越し料金は、引越し業者によって金額は異なりますので、必ず複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。

なお複数の引越し業者に見積もり依頼をする場合は、『引越し一括見積もりサイト』の利用をオススメします。

引越し一括見積もりサイトは、本人に代わって引越し料金の見積もり依頼をしてくれます。

また無料でサイト利用できるため、使うことにより費用は発生しません。

引越し費用は今日見積もってもらうのが一番安い!

引越しする日にちが決まっている人は、一日でも早く引越し業者を決めましょう。

なぜなら引越し費用の見積もりは、早ければ早いほどお得になるからです。

また引越し繁忙期の4月上旬に引越す場合、連絡するのが1時間遅くなっただけで予約が埋まってしまうことも。

そのため引越し日が決まったら、引越し一括見積もりサイトを利用し、早めに依頼する業者を決めた方が費用を安く抑えられます!

4月の引越し費用の相場やポイントのまとめ

4月の引越し費用の相場やポイントについてのまとめです。

4月の引越し相場
  • 4月上旬までの引越し料金相場は高い
  • 4月中旬以降は引越し料金が安くなる
  • 引越し予約は可能な限り早く

引越し費用を少しでも安くした人は、遅くても4月中旬以降に引越しすることをオススメします。

また引越し費用は、引越し業者によって異なりますので、引越し一括見積もりサイトなどを利用し、少しでもお得に引越ししましょう!

 

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較