引越し費用・相場

近くの引越し屋さんに頼むと高い!?引越し業者選びのポイントを解説

近くの引越し業者

近所の引越し屋さんに引越し作業をお願いすると、料金が高くなると思っていませんか。

大手引越し業者だから料金が安く、規模が小さい引越し業者に依頼すると料金が高いイメージは少々間違いです。

ご近所にある引越し屋さんでも、実は引越し料金はそこまで高くなく、むしろ大手引越し業者よりも安いケースも。

そのため引越し業者選びはネームバリューだけでなく、引越し条件に併せて選ぶのが料金を安くするポイントです。

引越し費用は荷物・季節・距離で決まる

引越し費用は、大きく分けると以下の3つの要素によって変動します。

  • 荷物の量
  • 引越しする時期
  • 引越し距離

運搬する荷物が多いほど引越し料金は高くなる

同じ場所から引越す場合でも、一人暮らしと子育て世帯では、引越し料金が異なります。

一人暮らしと子育て世帯の引越しの違いは、引越し時の荷物量で、引越す人数が多ければ、運搬する荷物も多くなりやすいです。

荷物量が多ければ、運搬する従業員を増員したり、トラックの大きさを変更しなければなりませんので、その分料金が割高に。

また同じ一人暮らしでも、洋服などを沢山持っている人は、一般相場よりも高い料金が請求されますので、気を付けましょう。

引越し需要が大きい月は引越し料金が高い

引越し料金は、需要の多さによって変わるため、季節で料金の差が生じます。

従業員が1日で行える作業量は決まっていますので、引越し需要が多くても業者が対応できなくなるのが引越し繁忙期。

たとえば1年で引越し需要が最も多い、3月から4月に引越す場合、希望日に引越すのであれば、1か月前には予約しないと間に合わないケースもあります。

また需要が多ければ、引越し業者はわざわざキャンペーンを行う必要がありませんので、繁忙期の引越し料金は、通常時期の倍近くまで膨れ上がります。

ただ逆に、引越し閑散期である梅雨時期の6月や11月などは引越し需要が低く、業者が積極的にキャンペーンを実施して、料金が割安となりますので狙い目です。

6月引越し
梅雨の時期は引越し費用が安い!?6月の引越し費用の相場について梅雨等が重なりジメジメとした嫌な季節として不人気な6月。しかしながらハイシーズンの料金と比較すると半額以下の金額で引越しが可能など、実は引越しを最もお得に行えるのも6月なのです。そんな6月の引越しについて詳しく解説していきます。...

引越し先までの移動距離で料金は大幅に変わる

引越し荷物の運搬は基本的にトラックに積んで運びますので、引越し先までの距離が長ければその分引越し作業の時間も長くなります。

近距離引越しなら1日に複数の引越し依頼を請け負うことも可能ですが、長距離引越しの場合には1日1件が限度。

そのため長距離引越しの場合、近距離引越し数件分の費用を負担することになります。

時間制・距離制運賃率表の一例(課税事業者用抜粋)

2トン車まで
上限下限


4時間制20,36013,580
8時間制33,97022,650
8時間を超え
1時間増すごと
3,4102,270


100km超え
110kmまで
37,56025,040
141km超え
150kmまで
43,85029,230
190km超え
200kmまで
51,72034,480

※単位は(円)

4トン車まで
上限下限


4時間制24,00016,000
8時間制40,01026,670
8時間を超え
1時間増すごと
3,8902,590


100km超え
110kmまで
42,74028,500
141km超え
150kmまで
49,94033,300
190km超え
200kmまで
58,91039,270
5トン車まで
上限下限


4時間制25,43016,950
8時間制44,29029,530
8時間を超え
1時間増すごと
4,3102,870


100km超え
110kmまで
47,35031,570
141km超え
150kmまで
55,27043,480
190km超え
200kmまで
65,22043,480

参考:引越しの運賃・料金(近畿運輸局)

引越し業者の種類

引越し

引越し業者は、大手以外に中小企業や個人事業で行っている人など、全国に数千もの業者が存在します。

これらの引越し業者は大きく3種類に分類します。

ジャンル別の引越し業者
  1. 大手引越し業者
  2. 地域密着型
  3. 個人事業者

知名度抜群!大手引越し業者

「アリさんマークの引越社」、「アート引越センター」など、CMで聞いたことがあるような引越し業者は、いくつもあります。

引越し依頼をしたことが無くても、CMで目にしたことがあるだけで不思議と安心感があるのは、大手特有の特徴。

また大手引越し業者は、全国で利用できるのも強みであり、地方から都心に引越すときに利用すると便利です。

近距離引越しはお任せ!地元の引越し業者

車で移動していると、聞いたことが無い引越し業者のトラックが横を走っている。

そんな経験はありませんか。

引越し業者は全国にたくさんあり、大多数が大手引越し業者以外の会社。

ただ大手引越し業者と比べて広告などをしていませんので、存在自体を知らない引越し業者がほとんどです。

名前を知らないと引越し依頼するのを躊躇しますが、実は地元の引越し業者に依頼した方が料金が安くなる可能性も。

コンパクト引越しなら選択肢!個人事業者

引越し業者は、会社でなく、個人で行っている業者もあります。

個人の引越し業者の強みは、小回りが利くこと。

業者本人の都合があれば、こちらの時間や日時の要望に応えてくれますので、一番柔軟性がある業者ともいえます。

ただ個人事業者は、文字通り個人で行っているため、頼む所によって引越し業務の質に大きな差が生まれてしまう可能性が高い点にはご注意ください。

地元の引越し業者に依頼した方が料金は抑えられる理由

訪問販売

引越し業者は、引越す用途に応じて使い分けるのがポイント。

また地元の引越し業者に依頼する利点は、引越し料金が安くなる可能性が高いところです。

大手引越し業者はそこまで安くない

大手引越し業者は、積極的なCMやキャンペーンを実施してますので、引越し作業を依頼しやすいです。

またCMなどをみると、キャンペーン中はお得に感じるかもしれません。

たしかに割引は魅力的ですが、CMなどを行っていない中小の引越し業者と比べると、料金が少し割高になっていることも多いです。

もちろん全国展開している引越し業者なら、長距離輸送などがスムーズに行えますので、引越し距離が長い場合には、大手引越し業者に依頼するのがよいでしょう。

長距離移動なら、大手引越し業者

地域引越し業者は地域の引越しだけで会社が成り立っている

中小企業の引越し業者は、近距離引越しを得意としています。

大手比較すると知名度低いですが、知名度と引越し料金は比例しません。

中小企業は、地域の引越しに重点を置いているため、近距離引越しの場合には中小企業の方が引越し費用が安かったりします。

ただ中小の引越し業者は知名度がありませんので、探すのが難しいです。

解決方法としては、『引越し一括見積もりサイト』を利用すること。

引越し一括見積もりサイトは、中小の引越し業者にも見積もり依頼ができますので、オススメです。

  • 近距離引越しなら地元の引越し業者
  • 引越し業者は『引越し一括見積もりサイト』を利用して検索

個人の引越し業者は担当者別で質が大きく異なる

個人の引越し業者は、引っ越しする人によって質の差が大きいです。

そのため安心して引越ししたい人には、オススメできません。

また移動できる荷物も限界がありますので、一人暮らしの人やある程度情報が確認できる業者に依頼してください。

  • 個人引越し業者は業者ごとに質が大きく異なる

引越し業者を選ぶ際なら『引越し一括見積もりサイト』が便利

引越しを依頼する業者選びは、『引越し一括見積もりサイト』を使いましょう。

引越し一括見積もりサイトは、引越しする本人に代わって引越し業者と見積もり交渉をしてくれるサービスです。

また、あらかじめ交渉する引越し業者の選定は終わっているため、自分で引越し業者を選ぶ時間と労力、そして引越し費用を節約できるのが特徴となっています

引越し一括見積もりサイトを利用する3つのメリット

引越し一括見積もりサイトは、以下の3つの視点から使うメリットのあるサイトといえます。

  1. 自分で引越し業者を探す必要がない
  2. 引越し料金を比較・検討できる
  3. サイトの利用料金は無料

ポイント①:選別した引越し業者に対して見積もり依頼を行う

引越し一括見積もりサイトは、事前に厳選した引越し業者に対して見積もり依頼を行います。

見積もり依頼をする業者は、1社2社ではなく、少なくても10社以上の引越し業者が対象。

そのため自分で手続きするよりも、多くの引越し業者から見積もりを得ることが可能です。

またサイトによっては、自分で比較したい引越し業者をあらかじめ選ぶことできますので、引越し業者を知っている・知らないに関わらず、引越し一括見積もりサイトを利用するメリットがあります。

ポイント②:引越し費用の相場を知らなくても低価格での引越しが可能

毎年引越しする人はほとんどいませんし、昔の引越しと現在の引越しの状況は違います。

自分で引越し業者に見積もり依頼をしても、その金額が相場より高いか・安いかを判断できなければ、引っ越し料金を抑えることは難しいです。

一方複数の引越し業者に見積もりを依頼した場合には、提示された料金を比較できますので、引越しする人が相場費用を知らなくても、相対的に安い引越し業者に依頼することが可能。

そのため引越しは、複数の引越し業者に見積もり依頼をするのが鉄則です。

ポイント③:引越し一括見積もりサイトは無料で見積もり依頼ができる

引越し一括見積もりサイトは、引越し業者から手数料を得ていますので、無料で利用できるサイトです。

そのため利用した分だけ、引越し費用をお得にすることが可能。

また最終的な引越し業者選びは、見積もり依頼をした本人が選べますので、ご安心ください。

最安値
引越し業者の探し方完全攻略!最安値で引越すなら一括見積もりサイトを利用しよう!引越し費用は、色々な引越し業者が提示する料金を比較しないと最安値を見つけることができません。 ただ最安値を探すために5社も10社も連絡するのは大変ですよね。 そんな時に利用したいのが、引越し一括見積もりサイト! ラクしてお得に引越ししたい人は積極的に活用しましょう!...

相場の半額料金での引越しも!?

タイプ別オススメ引越し一括見積もりサイト

「どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない」という人は、こちらの3社の中から選びましょう!

  • とにかく電話勧誘を避けたい人向け『チャチャット引越し』
  • 自分で引越し業者を選びたい人向け『LIFULL引越し』
  • 1円でも引越し費用を安くしたい人向け『引越し侍』

3社の引越し一括見積もりサイトの特徴

引越し業者
サイト名サイトの特徴
チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越しチャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

チャチャット引越し申し込み!

LIFULL引越し全国130社の中から厳選した自分で見積もりする業者を選べるのが特徴です。また引越し料金最大50%OFFやLIFULL限定割引特典もありますので、特定の引越し業者に見積もり依頼をしたい人にオススメです。

LIFULL引越しで見積もり!

引越しするなら引越し侍

全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能です。
電話勧誘が多いのを除けば、料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメです。 

引越し侍で見積もり!

近くの引越し業者に依頼する際のまとめ

引越し業者を選ぶ際、万人にとっての正解となる業者はなかなかありません。

しかしながら、

  • 引越し業者によって料金は違う
  • 引越し業者の規模によって得意な引越しの種類はバラバラ
  • 引越し費用を安くするなら複数の業者の見積もりを比較すること

という3点をしっかり念頭に置きながら選ぶことで、お得な引越し業者を選べる可能性は高まります。

引越し一括見積もりサイトなどを使い自分の希望する条件で最も安い業者を選択し、お得に引越しを行いましょう!

引越し業者選び
はじめての引越し!業者選びに迷った際の5つのポイントはじめて引越しをする場合、どの引越し業者に依頼すればいいかわかりません。 また無知な状態で見積もり依頼をすると、提示された金額が高いか・安いかの判断ができませんので、リスクが高いです。 そのため引越し業者を選ぶ際のポイントを5つにまとめましたので、ご覧ください!...

引越し専門サイトおすすめ!

種類別引越し手続き方法

引越し時には、色々な手続きが必要です。

そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

ご紹介する業種一覧!

  • 引越し一括サイト
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • インターネット
業種サイトの特徴
引越し一括サイト

チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越し

チャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

チャチャット引越し申し込み!

ガス

ニチガス

ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

東京ガス申し込み!

電気

ニチガスでんき

ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガスでんき申し込み!

水道

水道の引越し手続き案内窓口

水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

水道手続き申し込み!

インターネット

フレッツ光

日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

フレッツ光申し込み!