引越しで冷蔵庫を運搬する際にやるべき手続きと順番を解説!

冷蔵庫

引越しで特に面倒なのが、冷蔵庫や洗濯機などの大物家電の運搬。

冷蔵庫は引越し直前まで利用しますし、食材の処分して室内を空にしなければなりません。

そこで今回は、冷蔵庫を運ぶ際にやるべき手続きと、運搬方法について解説します!

冷蔵庫を運搬する際にやるべき作業の手順

引越しは冷蔵庫を買い換えるいい機会ですので、冷蔵庫の処分の選択肢に入れながら運搬を考えてください。

長年使用している冷蔵庫なら、電気代や利便性を考慮した場合、引越し先に持ち込まず買い換えた方がお得に感じることもあります。

冷蔵庫を買い換える場合の手順

【引越し1か月前】
・冷蔵庫の処分方法を検討

【引越し2週間前】
・冷蔵庫の処分方法の決定
・買い換える冷蔵庫の決める
・冷蔵庫内の食材の消費方法を思案

【引越し1週間前】
・買い換える冷蔵庫を購入
(配達日は要注意)
・食材は最低限に

【引越し前日まで】
・水抜き
・霜取り
・室内の掃除
・冷蔵庫の処分・売却

【引越し当日】
・引越し先に冷蔵庫を設置

冷蔵庫を買い換えない場合の運搬手順

【引越し1か月前】
・引越し先に設置する冷蔵庫の場所を確認

【引越し2週間前】
・運搬or処分の確定
・冷蔵庫内の食材の消費方法を思案

【引越し1週間前】
・室内の食材は最低限にする

【引越し前日】
・水抜き
・霜取り
・室内の掃除

【引越し当日】
・冷蔵庫の運搬
・引越し先で動作確認

冷蔵庫は処分すべきか・引越し先に持ち運ぶべきか

判定

引越し時に冷蔵庫を持ち運ぶか、処分して買い換えるか、どちらが正解かの答えはありません。

そのためそれぞれのメリット・デメリットを比較し、自分の冷蔵庫に合った選択をしましょう。

冷蔵庫を処分すれば運搬コストを削減できる

冷蔵庫は荷物の中でも特に大きいため、自分だけで運搬するのは困難です。

基本的には引越し業者に依頼して運んでもらうことになりますが、運搬費用は荷物の量に比例して高くなりますので注意しましょう。

一方、冷蔵庫を処分し買い換える場合は、引越し先に持ち運ぶ荷物も減りますので、自家用車があれば業者に依頼しないで引越しも可能に。

そのため何年も使用していた冷蔵庫なら、思い切って処分する選択もアリです。

売却できれば引越し費用の足しにできる

購入してから間もない冷蔵庫でも、結婚や同棲解消などで冷蔵庫の大きさが生活に合わなくなるケースがあります。

引越しは荷物を整理・処分するいい機会であり、使用年数が少ない冷蔵庫なら売却も可能です。

また最近はインターネットで家電を売却することもできるため、リサイクルショップに冷蔵庫を運搬する必要がありません。

たとえば『買取センター』は、家電の出張買い取りを無料で行っています。

Amazonアカウントでログインできるため、登録の手間を最小限で済ませられます。

買い取り
家電を売るなら買取センター

買い換えよりも引越し先に持参した方が費用は抑えられる

引越し先に冷蔵庫を持ち運ぶ最大のメリットは、トータルの費用が安い点

冷蔵庫は安い家電ではありませんので、買い換える費用よりも持ち運んだ方がコストは抑えられます。

また引越しに際し、冷蔵庫1台増えただけで引越し料金が大幅に上がることもないため、引越し関係のコストを抑えたい人は、引越し先に冷蔵庫を持って行きましょう。

大物家電専用の引越しプランも用意されている

一般的な引越しなら、冷蔵庫の運搬も料金に含まれていますが、冷蔵庫などの大物家電専用の引越しプランを用意している引越し業者もあります。

たとえばアーク引越センターは、大物家具・家電専用の『大物限定プラン』を用意しており、大型家具・家電の荷造りから配置までを対応してくれます。

大物限定プラン 引越し料金を節約したい方にピッタリ!お得な引越しプランです。大型家具・家電だけを運ぶ引越しプランです。
出典:大物限定プラン(アート引越センター)

また一人暮らしなど単身者向けの『単身パック』は、コンテナに入る荷物を一律料金で運んでくれるため、小さな冷蔵庫なら料金を上乗せせずに持ち運ぶことも可能です。

家電引越し
大物家電だけの引越しも可能!大物家電専用プランの料金と注意点について引越し作業を自力で行う場合でも、冷蔵庫や洗濯機の運搬を一人でするのは困難です。 なので大物家電については引越し業者や宅配便を利用することをオススメします。 ただ単品のみの引越しを業者に依頼するよりも、引越し荷物すべてを引越し業者に依頼した方がお得になることが多いですので、その理由についてご説明します。...

引越し前の冷蔵庫の中身の処分方法

料理

冷蔵庫を処分・持ち運ぶ場合でも、引越し時には必ず冷蔵庫内の中身を整理しないといけません。

引越し1週間前までに食材のストックは最小限にすること

引越し時の冷蔵庫で一番大変なのが、冷蔵庫の中身の処分です。

家族で住んでいる人は、1か月外食生活なんて難しいですので、引越し直前まで冷蔵庫を使用することになります。

1か月前から冷蔵庫の中身を処分しはじめないと、最終的に食材を捨てることになるため、意図的に冷蔵庫の中身を減らす工夫が必要です。

また調味料などは、すぐに使い切るのが困難なので、引越しするまで新しい商品を買うのは我慢してください。

持ち運びする前に冷蔵庫内を掃除すること

冷蔵庫内を清掃する機会って、実はなかなかありません。

そのため引越しで中身が空になったタイミングで、冷蔵庫内を拭いてキレイにしましょう。

また売却する際は、外も中もキレイな方が高く売れます。

冷蔵庫は食材を入れる場所なので、清潔感が無いだけで中古は売れなくなりますので、念入りに掃除をしてください。

発泡スチロールを利用した食材の保存方法

引越し前に食材を保存する方法として、クーラーボックスや発泡スチロールの利用があります。

夏場では長時間の保存は難しいですが、冬場なら氷を敷き詰めれば冷蔵庫並みの温度を保つことも可能です。

冷蔵庫を運搬する際の注意事項

stop

冷蔵庫は大きいですし、機械なので持ち運びにも注意が必要です。

また引越し業者に依頼する際にも、水抜き・霜取りは必要ですのでご紹介します。

冷蔵庫の水抜きとは

冷蔵庫には氷を作成するなどの理由から、水受けが存在します。

水を抜かないと運搬中に水がこぼれますので、引越しの際は必ずやらなければならない作業です。

水抜きする方法は冷蔵庫によって異なり、背面に受け皿がある製品や、排水栓が存在する製品もあるため、説明書やメーカーのホームページでご確認ください。

また製氷するための給水タンクの水も、忘れずに捨てましょう。

冷蔵庫の霜取りとは

古い冷蔵庫や長年使用している冷蔵庫は、冷凍室などに霜の塊ができています。

霜は冷蔵庫の電源を落とせば水になりますので、霜取りをしないと引越し最中に水が垂れてくる恐れもあります。

霜取り自体は冷蔵庫の電源を切り、扉を開けたままにすれば水に変化するため、特別な作業は不要です。

運搬までに時間が無い場合には、ヘラなどを使って霜を削ります。

霜を捨てるバケツなどが無いと作業効率が悪くなるため、事前に準備をしましょう。

引越し後すぐに冷蔵庫の電源は入れてはいけない

冷蔵庫を運搬する場合、大きさの関係上、斜めや横にしても持ち運ばなければいけないケースがあります。

冷蔵庫内にはオイルがあり、横向き運搬をした直後に電源を入れると故障する可能性があります。

冷蔵庫メーカーによっては、設置後○分経過した後に電源を入れるなど指定があるため、説明書などを確認し指示に従ってください。

また冷蔵庫は電源を入れてすぐに冷えませんので、設置して電源を入れ数時間経過したら食材や給水タンクに水を入れましょう。

引越しで冷蔵庫を運搬する際にやるべき手続きのまとめ

引越しで冷蔵庫を運搬する際、やるべき手続きのまとめです。

引越しで冷蔵庫を運搬する際にやること
  • 持ち運びと処分を選択する
  • 食材は1か月前から計画的に消費すること
  • 前日までには冷蔵庫の室内はキレイにすべき
  • 引越し業者に依頼する際も掃除は必要

容量の大きい冷蔵庫を素人が運ぶのは難しいため、基本的には引越し業者に依頼することをオススメします。

一人暮らしの場合には、大物家電専用の引越しプランや単身パックを上手く利用すれば、費用を抑えることも可能です。

なお引越し費用は、業者によって大きく変わります。

複数の業者への見積もりは必須ですので、お時間が無い方は『引越し一括見積もりサイト』を利用もご検討ください!

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較