インターネット回線の住所変更と移転時の注意点を解説!

住所変更

引越しなどでインターネット回線の住所変更をするなら、1か月前から準備しましょう!

「1か月って早すぎない?」と思うかもしれません。ただ準備が遅れた時のデメリットが大きすぎます!

そんなインターネットの住所変更するタイミングと、移転する際の注意点を解説します。

インターネット回線の住所変更は1か月前から準備すべき理由

ズバリ回線工事の日程調整が必要だから

カレンダー

インターネット回線を早期に準備すべき理由は、すばり回線工事の日程調整が大変だからです。

光回線を利用する場合、ほぼすべてのケースで部屋まで光回線を導入するための工事が必要です。

工事が不要なのは、元々インターネット回線が引いてある場合か、光回線を利用しないでインターネットを利用する人だけ。

またインターネット回線は、電気・水道・ガスと同様に生活に欠かせないライフラインです。

当然引越しする人は、ライフラインの手続きをしますので、引越しする数だけインターネット回線工事をする人がいると言っても、大袈裟ではありません。

インターネット工事は業者が作業を行いますが、立ち会いが必要なので、休日に工事を依頼する人が多くなります。

となると、土日の工事予約が1か月先まで埋まっている可能性も否定できませんので、インターネットの住所変更は、できるだけ早くから手続きをしましょう。

何日前
引越し時のインターネット解約は何日前までにやれば間に合うの?解約の際に大事なポイントを解説します。引越し時のインターネット回線の解約手続きは面倒ですが、後回しにすると、翌月の料金も支払う可能性もあります。 使わないインターネット料金の支払いは無駄でしかありませんので、解約手続きは引越し何日前にまでに行えばいいのか、解説します。...

引越しする前にインターネット回線の住所変更について確認すべき事項

チェックリスト

インターネット回線の住所変更する際、今の回線をそのまま利用できないケースもありますのでご注意ください。

引越し先で利用できるインターネット回線は限られている

インターネットの住所変更をする場合、必ず引越し先の住所で利用できるネット回線を確認しましょう。

インターネットを利用する場合、プロバイダーと契約しなければいけませんが、プロバイダー事業者は全国にたくさんあります。

しかし全国どこでも利用できるプロバイダーはほんとどなく、隣の県では利用できないケースも珍しい話ではありません

なので引越し先で、今のプロバイダーと契約できるのか、また引越し先で利用できる事業者はどれくらいあるかは、事前に確認してください。

同じプロバイダーや光回線を継続利用するか乗り換えるかを検討すべき

引越し先でも現在利用中のプロバイダーと継続契約が可能でも、そのまま契約するかは一旦保留にしましょう。

インターネット回線を引越す際には工事が必要と申し上げましたが、継続利用であっても引越し先で工事が必要なのは同じです。

そのため継続して同様のプロバイダー利用するケースでも、工事費用を請求されることがありますので、今契約しているプロバイダーとは解約し、新規で契約することも選択肢に。

もちろん継続利用するメリットもありますので、自分にあったプランやプロバイダーを選びましょう。

間に合わない
引越し日までにインターネット回線工事が間に合わない場合の対処方法引越しに伴いインターネット回線手続きを行ったはいいけど、回線工事が間に合わなかったケースは結構あります。 インターネット環境は生活に不可欠なので、間に合わなかった場合にはどうにかして環境を整える必要がります。 そこで本記事では工事が間に合わなかった際の対処方法についてまとめました。...

住所移転後にインターネット回線を継続利用する際のポイント

判断

住所変更する際、同じプロバイダーを引き続き利用する際、ポイントとなる点を3つをご説明します。

継続ポイント①:引越ししても違約金が発生するか

インターネット回線のほとんどは、2年または3年契約のプランであり、契約期間途中に解約をすれば違約金は発生しますし、その金額は1万円前後と高額です。

しかし違約金が発生するのは、解約をした場合であり、引越し先でも継続利用する際には発生しないケースが多いです。

なのでもし引越しに伴って違約金が発生しない、という場合は引越し先でも同じインターネット回線を利用する

インターネット7
引越し時のインターネットの解約と利用開始の手続きについて徹底解説引越しを時、インターネット回線は解約と新規契約の手続きが必要です。 解約の際に注意するべきは違約金で、更新月以外に解約すると1万円以上請求されるケースも。一方新規契約をする場合も回線工事が必要となるため、月額利用料金以上に出費がかさみます。 そんなインターネット回線の引越し手続きについてご説明します。...

継続ポイント②:工事費の負担はあるか

継続利用者が住所変更する際には、違約金とは別に工事費を自己負担しなければならない場合が非常に多いです。

新規契約の場合には、キャンペーンなどを利用して工事費用が実質0円になることが多いのですが、引越しの場合、工事費として数万円請求されることも。

筆者の経験ですが、引越し先のアパートが今利用している回線に対応していなかったため、4万円近くの違約金を払わされることがありました。

もちろんプロバイダーによっては、工事費用を負担してくれる事業者もありますのが、原則として移転費用を支払うことになりますので、お金は準備しておきましょう。

継続ポイント③:慣れた環境でインターネットを利用したいかどうか

インターネットの回線速度を上げるために、プロバイダーを変えることも選択肢になりますが、プロバイダーを変更したことで逆に回線速度が遅くなるケースもあります。

一方、引越し先の環境にもよりますが、同じ光回線・同じプロバイダーと契約していれば、今までに近い状態でインターネットを利用できます

そのためインターネット回線が遅くなるリスクを抑えるために、継続利用するのも選択肢です。

なお住む場所が戸建てからマンションに変わる場合には、回線速度が大きく変化することもありますので、ご注意ください。

インターネットの速度
インターネットの速度が遅くなる5つの原因と5つの解決方法家でインターネットを使っているとき、回線速度が突然遅くなったり、夜になると速度が低下した経験はないでしょうか。 インターネットが遅くなる要因は複数あって、抱えているトラブルをすべて解消しないと、インターネットの速度は元通りにはなりません。 なので本記事では、回線速度が遅くなる原因と、その解決方法について解説します。...

住所移転のタイミングでインターネット回線を乗り換える際のポイント

choice

それでは次に、インターネット回線を乗り換える際のポイントをご紹介します。

乗り換えポイント①:違約金・工事費用を負担してくれるキャンペーンが実施されているか

乗り換える際のデメリットとして、現在契約している回線の違約金支払いなどが課されるケースがあります。

ただインターネット回線の場合には、乗り換え先の事業者が違約金などの費用を負担してくれるケースが多いです。

また引越し先の新規工事の費用も併せて負担してくれるなどのケースもありますので、住所変更による費用が実質0円で手続きできる可能性もあります。

もし今利用している回線に関して特段のこだわりがないという場合は、違約金・工事費用を負担してくれるキャンペーンを実施している回線に乗り換えてしまうのは非常にオススメです。

乗り換えポイント②:回線の月額料金を抑えることができるか

インターネット回線は競合が激しい業界なので、常にどこかしらの事業者が「月額費用割引!」みたいなキャンペーンを実施しています。

そのため今よりも月額料金を抑えて、インターネットが利用できる可能性は意外と高く、住所移転は、料金の見直しをするいい機会です。

また今使用しているインターネットの回線速度がイマイチの場合、引越しのタイミングで乗り換えることも選択肢に入れましょう。

新規契約であれば、引越しよりの少し前から契約をし、引越しした瞬間からインターネットを利用できる状態にできます。

インターネット回線は生活に不可欠ですので、利用できない期間を作らないために、乗り換えも手段として利用可能です。

乗り換えポイント③:インターネットが早くなるか

「1Gbp!」などと通信速度を宣伝しているサイトや広告が結構ありますが、これは理論上の数値であり、広告されている速度が実際に出ることはまずありません。

また最高速度は出ても、速度が安定していないとインターネットを利用する場合には、この上なく不便。

なのでインターネット回線は、速度だけで無く、通信の安定性にも気を配りましょう。

また格安で契約できるプロバイダーに関しては、トラブルが発生したときの対応が遅かったりとデメリットもあります。

月額料金が100円(1日3.3円)高くても、トラブル発生時の対応がよい会社を選ぶと、安心してインターネットが利用できます。

不動産業者
引越し時に要注意!不動産屋からオススメされるインターネット回線には加入しない方がいい不動産屋で引越し先を探していると、インターネット回線が紹介される場合があります。 引越しに合わせてインターネット回線を新規契約する人にとっては、ありがたい話ですが、紹介された回線とは契約しない方がいいかもしれません。 なぜなら紹介された回線と契約してもメリットが無く、自分で探した方がお得になるケースが多いからです。...

安心・安定のインターネット回線なら『auひかり』!

インターネット回線を選ぶ基準には、月額料金や通信速度などありますが、快適にインターネットを利用したい人には、auひかり回線がオススメです。

auスマホ・ケータイをご利用の方へauひかり スマホ・ケータイ、インターネット料金がお得になるチャンスです!

auひかりは一般的な光回線とは別枠の回線なので通信速度が遅くなりにくい

au回線は、一般的な光回線とは別の回線網で運用しているため、混雑による速度低下が発生しにくいです。

光回線は、大きく分けるとフレッツ光系auひかり系の2種類に分類されます。

ソフトバンク光など、光コラボとして運用している事業者は、NTT東日本・西日本からフレッツ光回線を借りて運営していますので、回線利用者の多くはフレッツ光の回線を利用していることになります。

ただ回線利用者が多ければ、混雑しやすい環境が生まれやすいため、それが通信速度低下の要因の一つです。

一方で、au光回線を利用している人はフレッツ光回線ほど多くありませんので、混雑による速度低下は、auひかりの方が少ないとされています。

関東エリアならauひかりを超高速で利用可能に!

通信速度の安定感のあるauひかりですが、「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の関東一部エリアでは、1Gbpsの5倍、10倍の通信速度相当の5ギガ、10ギガのプランの提供も開始しています。

auひかり

1Gbpsは、高速通信の目安とされている数字であり、今現在のインターネット環境においては、1Gbpsの通信速度が必須となる場面はほとんどありません。

しかし動画配信の画質が向上し、4K8Kの動画視聴が可能になる時代が到来すれば、1Gbpsを超える通信速度が必要となることは十分に考えられます。

auひかりの5ギガ、10ギガのプランを利用できるエリアは限定的ですが、将来的には選択肢になるプランです。

auスマホを利用している人ならスマートバリュー適用でスマホ料金がお得に

auのスマホを使っている人がauひかり回線と契約すると、スマホの月額料金が基本的に1000円安くなります。

(プランによって割引金額は異なります)

また契約者以外でも、auスマホを利用している家族の料金も割引してくれるのポイント。

たとえば4人家族全員がauスマホを利用しているなら、毎月4,000円、1年間で48,000円もスマホ料金を節約できます。

スマートバリュー

auひかり申し込み!

インターネット回線の住所変更の手続き方法のまとめ

インターネット回線の住所変更の手続きについてのまとめです。

インターネット回線の住所変更のポイント
  • 住所変更の準備は1か月前から
  • 引越し先で利用できるプロバイダーを確認すること
  • 継続利用・乗り換えはメリット・デメリットを考慮して選ぶこと
  • 安定・安心の光回線は『auひかり

インターネット回線の住所変更は面倒ですが、申し込みページから簡単に手続きできます。

またネット手続きが不安な方向けに、電話での対応もしていますので、下記の申し込みボタンからチェックしてみてください!

タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る