引越し当日に申し込みして即日引っ越しは可能なのか?

砂時計

引越し業者への予約を忘れてしまった場合や、自分で荷物を運べなかった場合などは、直前や引越し当日に業者へ申し込みをしなければなりません。

引越し業者へ依頼する場合、引越日の2週間前までに連絡するのが一般的。

ただ引越日直前であっても、対応してくれる場合や、即日引越ししてくれる業者もありますので、申し込みをする際のポイントをご説明します。

当日対応してくれる引越し業者はある

OK

引越し当日に連絡し、引越し対応してくれる業者はあります。

単身引越しなら運搬する荷物は少ないため、最小限の従業員とトラックで運搬することも可能です。

すでに荷物が梱包されていれば、トラックに積む量さえ確認できればすぐに運べますので、意外と当日対応してくれるケースはあります。

引越しの当日申し込みができないケース

謝る

すべての引越し業者が、当日対応をしているわけではありません。

また即日引越しを受け付けている引越し業者でも、申し込みを断る可能性もありますのでご注意ください。

事前予約で引越し定員が上限に達している

引越し業者は限られた人員の中で引越し業務を行っているため、予約数が上限に達すればその時点で予約を受け付けません。

アルバイトなどを採用している場合、シフトの管理上、当日対応が難しいケースもあります。

また引越しシーズン(春先)は、そもそも早めに予約をしないと、引越しできません。

したがって即日引越しに対応してくれるのは、急なキャンセルが発生した場合や、人員に余裕があるケースに限られます。

業者が即日引越しに対応していない

引越し業者は依頼主の運搬する荷物量や種類によって、対応する人数や道具を変えますし、大物家電があれば相応の人数が必要です。

また狭い通路を通る場合は、緩衝材を敷くなどのリスク対策も行うことになるため、訪問見積もりをしないと引越しできない業者もあります。

また従業員が他の現場に出ていれば、即日対応するだけの人数はいません。

したがって、当日に申し込みの連絡をしても断れることもあります。

引越す荷物が多い・荷造りが完了していない

一人暮らしの場合、コンテナを利用して引越す単身パックが利用できます。

コンテナに収まる荷物なら一律料金なので、見積もりの手間が省略でき、当日でも対応してくれる可能性があります。少量のお荷物を運ぶなら、単身パックにお任せください

出典:単身パックS・L(日本通運)

一方で、引越し荷物が多ければ運搬に時間がかかるため、事前打ち合わがない状態では通常よりも引越し作業に時間がかかります。

また荷造りが完了していない状態で依頼すれば、さらに時間を必要とするため、引越し業者が即日対応するリスクがあると判断すれば、申し込みを拒否される可能性もあります。

即日引越しする際に注意すべきポイント

stop

即日引越しが可能だとしても、引越し業者への申し込みは事前に予約することをオススメします。

当日申し込みは希望日に予約できないだけでなく、引越し費用面から考えても、即日の引越しにはデメリットがあります。

引越し業者を選ぶ時間的に猶予が無い

即日引越しや事前に引越し業者に連絡する場合、業者を選択する余裕がありません。

即日引越しなら当日の朝に連絡し、対応できるか確認し無ければなりませんし、複数の業者に見積もりする猶予は無いです。

オプションや細かい条件の設定することも難しいため、選べないデメリットは意外と大きいと考えてください。

引越し料金は割高になる可能性が高い

引越し業者が選べないとなると、業者ごとに引越し料金を比較できません。

応じてくれる業者が1社なら、提示された金額に応じなければならず、事前に予約した人よりも割高料金になる可能性は十分あります。

引越し料金は、季節や曜日によって金額が大きく変動します。

また他の引越し業者の料金が不明だと、提示されている料金が高いか・安いかも判断も難しいです。

したがって割引適用無しで引越しすることはもちろんのこと、提示される引越し費用が割高になっていることも覚悟してください。

連絡調整不足によるトラブルが起こりやすい

事前に引越し業者に連絡すると、事前に従業員が訪問し、荷物量や引越し経路、運搬通路を確認します。

慎重に運搬して欲しい、家具・家電があれば訪問見積もりの際に説明できますし、有料オプションの追加・変更も可能です。

しかし訪問見積もりができない場合、連絡不足により、荷物が破損・消失する可能性もゼロではありません。

特にパソコンなどの精密機器は、軽く落としただけでもデータが壊れる危険性もあるため、通常の引越しよりもリスクが高いです。

引越し業者への予約はいつまでにすればいいのか?

考える

申し込みは引越し日の2週間前までに

引越し業者への申し込みは、遅くても引越し日の2週間前までに行ってください。

2週間前なら予約に空きがあることも多く、時間的にも複数の引越し業者に見積もりを取ることも可能です。

ただ引越し需要が高まる3月4月は、引越し日2週間前でも予約を取るのが困難になる可能性もあります。

引越し最盛期の混雑状況は、国土交通省が分散引越しを依頼するくらいです。

したがって繁忙期に引越しする際は、1か月くらい前に引越し業者へ申し込みすることをオススメします。

事前予約は引越し料金が安くなる

引越し業者は当面の売上を確保するため、早割などのキャンペーンを行うケースがあります。

早割を適用できれば通常料金よりも費用は安くなりますし、前もって予約することで希望日時に引越しが可能に。

また早めに連絡すれば料金の値段交渉もできるため、引越し日が決まっている人は早めに申し込みをしてください。

引越し料金を比較するなら『引越し一括見積もりサイト』を利用

複数の引越し業者に見積もりすることは、引越し費用を安くするためには必要不可欠です。

引越し料金に相場はありますが、荷物量や種類、移動距離が人によって異なるため、引越し業者によって提示する料金に差があります。

ただ複数の引越し業者に見積もり依頼のは面倒なので、『引越し一括見積もりサイト』の利用をオススメします。

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者の料金を無料で比較できるサイト。

サイトが数社(中には数十、数百社)に見積もり依頼をし、料金を提示させるため、こちらが何もしなくても安い引越し料金を見つけることが可能です。

引越し日が近づくと、引越し一括見積もりサイトを利用しにくくなるため、準備は早めに行ってください。

即日引越しする際のまとめ

引越し業者に連絡し、即日に引越す際のまとめです。

即日引越しの注意点
  • 即日引越しに対応してくれる業者は存在する
  • 引越し荷物が多いと拒否される可能性がある
  • 割引交渉ができない
  • 連絡調整不足によりトラブルが起きる可能性もある

引越日直前でも、対応してくれる引越し業者もあります。

ただ基本的に依頼する際は最低でも2週間、可能なら1か月前に引越し予約をしてください。

引越し費用は、想像よりも料金の幅は大きいです。

同じ条件でも依頼する業者が変わるだけで、請求金額が数万円変わるケースもあるため、複数の業者に見積もりすることをオススメします。

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較