ウォーターサーバー契約をして後悔?事前に確認すべきポイントを紹介!

regret

ウォーターサーバーを使いたい気持ちはあるけど、実際に利用しないのは、「契約後に損をしたと思うかもしれない」という不安があるからです。

実際契約した後に後悔するケースや、もったいないと感じることもあります。

ただ事前に注意点を把握しておけば、契約後に後悔する可能性は低くなります。

多くの人がウォーターサーバーを利用しているのは、利用することによって得られるメリットがあるからなので、今回ご説明する注意点をチェックし、利用するかご検討ください。

ウォーターサーバー利用後に後悔してしまう4つの理由

regret

ウォーターサーバーを利用して後悔した理由は人それぞれあり、大きく4種類に分類できます。

契約後に後悔する理由
  • ランニングコスト
  • 使用する水の量
  • 設置するスペース
  • 利便性

ウォーターサーバーの維持管理費が高いか

ウォーターサーバーを利用する場合、サーバーのレンタル代と使用する水代が毎月発生します。

サーバーはレンタルのケースがほとんどであり、有料プランもあれば無料プランも存在します。

無料プランであればランニングコストは発生しませんが、水料金が高めに設定されているケースもありますのでご注意ください。

水の代金は、水の種類や使用量によって異なり、ボトル型であれば水を沢山消費するほど支出は多くなります。

毎月の費用を平均すると4,000円程度と、1日換算で150円にも満たないので、1日1リットル分自動販売機で水を購入する人は、ウォーターサーバーを利用した方が実はお得です。

しかし水道の水で問題ない人であれば、1リットル1円未満で水を飲めますので、水の使用料金の最安値を目指すのであれば、水を購入する費用がもったいないと感じる人もいるでしょう。

またウォーターサーバーの魅力の一つである冷水や温水機能ですが、温冷には冷蔵庫と同様に電気代がかかります。

ウォーターサーバーで消費する電力で、家計が傾くほどの電気代は発生しません。

しかしウォーターサーバーを利用している以上、今までほとんど支払っていなかった支出が新たに発生することになるので、家計の負担はどうしても重くなってしまいます。

配送される水を消費しきれない

ウォーターサーバーで不満が出る点で最も多いと思われるのが、毎月配送される水を消費しきれないことがあります。

ウォーターサーバーは基本的に月1回以上は水を購入する必要があり、止める場合には手数料を支払うことになるプランがほとんどです。

無料で水の配送をスキップできる事業者もありますが、スキップは1か月のみのところが多く、1月ボトル1本以上消費しない人は、未使用の水がストックとして増え続けます。

またウォーターサーバーで使用するボトルの大きさは、サーバーの種類によってバラバラです。

12リットルのボトルもあれば、1.5倍の18リットルとボトルを使用するサーバーもあります。

1か月の費用が安いからと行って、最低配送回数の多いプランで契約すると、水を飲みきれずに割高になってしまうので注意してください。

ウォーターサーバーが部屋の中で邪魔になる

ウォーターサーバーは冷蔵庫のように巨大ではありませんが、一定のスペースを確保しないと使用できません。

また電気を利用する関係上、コンセントの近くに設置する必要があり、使用頻度が低いと置いているスペースがもったいなく、邪魔に感じることもあります。

契約するプランごとにレンタルするサーバーが指定されているので、プランをよく見ないと、仕事場にあるような縦長のサーバーを設置して使用することになるのでご注意ください。

なおウォーターサーバーには卓上式のサーバーも存在するので、スペース問題はわりと解決できます。

水が入っているボトルが重いので設置が大変

ウォーターサーバーはボトルを差し込んで利用する関係上、ボトルが空になれば取り替える必要があります。

18リットルの水は18kgあるため、成人男性であっても持ち上げるのには苦労する重さです。

1回2回であれば大きな手間には感じませんが、家族で月4本利用するとした場合、1週間に1度重いボトルを交換する必要が出てくるため、その作業が大変に感じる人もいます。

ウォーターサーバーを契約した後に後悔しないために確認すべき事項

Checklist

ウォーターサーバーを使ってみて後悔するのは、事前にメリット・デメリットを正確に理解していないからです。

メリットはもちろんのこと、デメリットについても契約するプランや利用する事業者を選べば大きな不満が出ることはありません。

初期費用とランニングコストは事前に確認する

ウォーターサーバーの支出がもったいないと感じるは、契約する前にコスト計算をしていないからです。

NetflixやHuluなどの動画配信サービスと契約する場合、毎月の金額は確認し、スマホについても月額プランが高いと思ったら、プラン変更や他社に乗り換えるのは普通ですよね。

ウォーターサーバーも同様で、最初からランニングコストを計算すれば契約後に高いと感じることは少ないですし、省エネモードが搭載されているサーバーを利用することで、電気代も節約可能です。

したがって、どのウォーターサーバーを選んでも同じとの感覚ではなく、自分に合ったウォーターサーバーを選ぶことが後悔せずしないための気をつけるべきポイントです。

水代が気になる人は定額制のウォーターサーバーを選択すべき

毎月水を多く利用する人は、定額制のウォーターサーバーを利用する選択肢があります。

定額制であれば、いくら水を使用しても請求される金額は同じです。

注意点として、定額制のウォーターサーバーは水道の水を独自のろ過装置を通して使用するものなので、「富士山の天然水」のようなブランドはありません。

ただ飲み水以外に、調理用など他の用途に使うこともできるため、水代を気にしたくない人は定額制のウォーターサーバーを利用しましょう。

卓上タイプのウォーターサーバーならコンパクト

部屋のスペースが気になる人は、卓上型のウォーターサーバーを利用しましょう。

機能面はシンプルになりますが、冷水や温水のみであれば卓上型でも利用できます。

卓上に設置することでリビングのテーブルに設置できるので、食事をする際に席を立たないでウォーターサーバーを使えます。

水代のノルマがないメーカーを選ぶと料金を節約できる

毎月の水の配達ノルマが気になる人は、ノルマの存在しない事業者を選びましょう。

水道の水を浄化して使用するウォーターサーバーであれば、水が使い放題なのでノルマは存在しません。

また水道の蛇口をひねるだけで使用できる仕組みだと、ウォーターサーバーのボトル交換が不要なので、重たい水を持ち上げる必要もありません。

なお数は少ないですが、2か月配達停止ができる業者もありますので、契約する前に利用する水のノルマとスキップできる期間はご確認ください。

後悔しないたオススメのウォーターサーバー3選!

ウォーターサーバーの種類はたくさんありますので、どれを選べがいいかわからなくなります。

契約後に後悔しないために、特徴のあるウォーターサーバーを3種類ご紹介いたします。

卓上サーバーが利用できる『ウォーターワン』

water

waterone(ウォーターワン)は、利用できるサーバーの機種を選ぶかことが可能で、卓上型の『WS2サーバー』も用意されています。

『WS2サーバー』は、高さ57cm・幅30cm・奥行き34cmと非常にコンパクトであり、冷水・温水の双方を利用できます。

エコモードにより、利用しないときは節電で電気代を抑えることが可能です。

卓上で設置すると、小さい子どもがイタズラすることが懸念されますが、チャイルドロック機能も搭載されていますので安心です。

waterone

またウォーターワンはウォーターサーバー業界では珍しく、2か月連続で配送をスキップできるのもポイント。

一人暮らしなど、水の使用量が少ない方にもオススメできるウォーターサーバーです

なお飲水は、4種類の天然水から飲みたい水を選べる方式となっています。

天然水の種類

  • 富士山の天然水
  • 南阿蘇の天然水
  • 島根の天然水
  • 沖縄の海洋深層水

契約する水の種類と配送先の地域によって配送料が異なりますが、水源に近い地域にお住まいなら配送料は無料です。

サーバーレンタル料は無料なので、たとえば関東に住んでいる方が富士山の天然水を利用すれル場合、水の購入代金のみを支払うだけでOKなのも魅力のウォーターサーバーです!

(ウォーターサーバーの電気代はかかります。)

wateroneの申し込みはコチラ!

 

定額制プラン!『キララウォーター』

kirara

キララウォーターは、水道直結で利用するウォーターサーバーです。

一般的なウォーターサーバーは水を運んでくるので、ストックボトルの置き場に困ったり、ボトルが空になるたびに交換が必要となるのが面倒でした。

しかしキララウォーターは、水道管に直結するタイプなので、サーバーを設置する場所だけあれば大丈夫です。

家庭浄水器との違いは浄水システムの構造。

数種類の高性能フィルターによってろ過しているため、安全な水道水の水質を更に高めることができると同時に、自然の豊かな大地が多くの地層を通して天然水を作っているシステムと似ているのも特徴です。

kirara

水道とつなげるため設置工事が必要となりますが、作業は専門エンジニアが行い、30分から1時間程度で作業は完了します。

また取り外しも簡単にできるため、賃貸物件で利用することも可能です。

水の残量を気にしないで使いたい人や、ボトル交換が面倒な人は『kirala』がオススメです。

kiralaの申し込みはコチラ!

 

違約金のキャッシュバックがある『フレシャス』

frecious

FRECIOUS(フレシャス)は、水だけでなくカフェも楽しめるウォーターサーバーです。

フレシャスは富士山の天然水を使用しており、日本人が飲み慣れている軟水です。

水のみ利用する場合のAQUWISH(アクウィッシュ)は、配送料が無料のほか、サーバーレンタル代も通常330円のところ無料になっています。

FRECIOUS

コーヒメーカーと一体となった『Slat+cofe』を利用する場合は、ウォーターサーバーでコーヒーを利用することが可能です。

FRECIOUS

新規でフレシャスを利用する場合、サーバーレンタル料が無料になる特典があります。

また他のウォーターサーバーを利用している人は、最大16,500円の違約金キャッシュバック特典を利用できるのも嬉しいポイント。

現在使用しているウォーターサーバーに不満がある方は、フレシャスに乗り換えることもご検討ください。

FRECIOUS

FRECIOUSの申し込みはコチラ!

ウォーターサーバーで後悔しないためのまとめ

ウォーターサーバーを契約してから後悔しないためのポイントをまとめました。

ウォーターサーバーを使って後悔しないためのポイント
  • ランニングコストは事前に把握する
  • ノルマの水量を確認する
  • 卓上型のウォーターサーバーも選べる
  • 水道の接続型ならボトル交換も不要

ウォーターサーバーはどの会社を選んでも同じ様に見えますが、プランやメーカーによって特徴があります。

ウォーターサーバーのデメリットに感じる部分を最小限にしてくれるプランもありますので、自分に合ったメーカーを選ぶようにすると後悔しなくなります!

契約前にウォーターサーバーのデメリットを確認しておけば、安心して利用できるよ! 引越しする人は引越し業者の相見積もりをお忘れなく!
タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較