今のウォーターサーバーは利用できない?引越し時の手続きと注意点を解説

moving water

引越しすると、いま使用しているウォーターサーバーを利用できない可能性があります。

利用できる場合であっても、別途費用が発生するケースもありますので、引越し時やるべきウォーターサーバー手続きと費用について解説します。

目次
  1. 引越し先が配達対象外だとウォーターサーバーを継続利用できない
  2. ウォーターサーバーの引越し際に確認すべきポイント
  3. ウォーターサーバーの引越し手続き
  4. ウォーターサーバーの水抜きをする際の作業手順
  5. 引越し先でウォーターサーバーを新規契約する際に確認すべきこと
  6. 引越し時にウォーターサーバーは自分で運ばないといけないのか?
  7. オススメのウォーターサーバー3選!
  8. ウォーターサーバーの引越し手続きのまとめ

引越し先が配達対象外だとウォーターサーバーを継続利用できない

契約中のウォーターサーバーが引越し先で利用できないケースとは、水の配達区域の対象から外れるケースです。

ウォーターサーバーは自宅まで水を運んでくれる利便性もメリットの一つですが、業者によっては関東地方限定など、配達地域が限定されていることもあります。

関東限定のウォーターサーバーと契約している人が関西に引っ越しすれば利用できなくなりますので、引越し先が決まりましたら、現在契約しているウォーターサーバーの配達エリアに入っているかを確認してください。

また水を配達する関係上、引越し先の住所によっては配達料が変更になることも考えられます。

九州にある水源から水を汲んでいる場合、水源から近い地域に配達した方が運送コストは抑えられる一方で、水源から遠くなれば運送料は高くなります。

全国均一料金で配達している業者もありますので、配送料が高くなる場合には、乗り換えもご検討ください。

water
一人暮らしの飲み水事情。水道水以外のコスパがいい水の選び方!普段ペットボトルの水を飲んだり、職場でウォーターサーバーを利用していると、水道水を飲むことをためらってしまいますよね。 一人暮らしはできるだけコストを抑えて生活したいですので、一人暮らしの飲み水事情と、オススメの飲料水をご紹介します。...

ウォーターサーバーの引越し際に確認すべきポイント

moving water

引越しする際は、ウォーターサーバーを継続して利用する・しないにかかわらず、引越し作業が必要になります。

また作業前に確認すべきポイントもありますので、ご確認ください。

引越し先で同じ代理店と契約できるとは限らない

ウォーターサーバーは代理店を経由して契約するケースが多く、代理店の管轄するエリアが決まっているケースもあります。

引越し先の住所が代理店の管轄外であれば、代理店を変更せざるを得ませんのでご注意ください。

利用しているウォーターサーバーは代理店からレンタルしているケースがほとんどであり、代理店が変わる場合には、いま使用しているウォーターサーバーは返却しなければなりません。

そして引越し先で新しく契約する代理店から、ウォーターサーバーを借りることになりますので、手続き面では実質的に乗り換えと同じです。

契約する際に配送料はかからないケースがほとんどである一方で、解約しレンタルしていたウォーターサーバー返却する際は、配送料が有料になることもあります。

また代理店によっては利用できるサーバーの種類が限られていることもあるので、事前に利用できるサーバーをお確かめください。

引越しの日時や新居の住所をウォーターサーバーの業者へ連絡する

引越し先のエリアが管轄エリア内であれば、引き続き利用可能です。

ただウォーターサーバーの種類によっては、専門業者が取り付け取り外しを行いますし、水の配達場所も変わりますので、連絡は必須です。

次回の配達日において、住んでいる場所が引越し先になるのであれば、登録している住所変更も必要ですし、水の在庫は引越しする際の荷物となります。

引越しするまでの期間使用する水のストックがある場合、1か月配達をスキップすることも検討しましょう。

なお引越しする人が多くなる時期は、ウォーターサーバーの取り付け・取り外し依頼も多くなるため、早めに連絡して日程調整することをオススメします。

ウォーターサーバーの水抜きは引越し時の必須作業

引越し先に持参する場合も、契約解除する場合も、水抜き作業が必要です。

ウォーターサーバーの機種によって水の抜き方は異なりますが、数時間はかかるため、引越し前日までに作業が終わるようにスケジュール管理してください。

また温水システムを使用している場合、コンセントを抜いてから一定時間は水が暖かくなっている状態です。

サーバーによっては90℃近くの温度となっているため、一定時間経過した後に水抜き作業を行わないと火傷する危険性があります。

引越し
引越し荷造りの手順を解説!片付け作業にはコツがある!引越しの荷造りは、梱包作業はもちろんのこと、持参する物と不用品を分別する作業も必要になり、予定よりも作業に時間がかかります。 片付けが引越し日までに間に合わないと違約金や追加料金などの問題が発生しますので、引越し荷造りの手順と、部屋を片付ける際のコツをご確認ください。...

ウォーターサーバーの引越し手続き

confirmation

ウォーターサーバーは、水道・ガス・電気・インターネット回線と同様、引越し時には必ず手続きをしなければなりません。

継続利用する場合の住所変更手続きは必須

継続利用する場合は、住所変更手続きが必要です。

水を運搬しますので、住所を変えないと引越し先に水が運搬されませんし、業者にも迷惑がかかります。

住所変更手続きについては、ホームページまたは電話で行います。

引越しを機にレンタルしているウォーターサーバーの機種を変更する場合は、住所変更のタイミングで切り替えるとサーバーを持ち運ぶ手間が省略さるのでご検討ください。

引越し先でウォーターサーバー設置場所する場所は事前にチェックしよう

引き続きウォーターサーバーを利用する場合は、引越し先の設置場所を先に確保してください。

ウォーターサーバーはそこまで縦横の幅はありませんが、電気を使用する関係上、近くにコンセントがないと利用できません。

また機種によっては隙間を開ける必要があるため、冷蔵庫を買い換えるなど、生活様式に変更がある場合は、あらかじめ設置する場所を想定してください。

引越し
引越し時の片付けは計画的に!作業の順番を決めるだけで効率化できる!引越し準備の時間は、想像以上に足りなくなりますので、住まいの片付け・梱包作業は、計画的に行いましょう。 引越し片付けや梱包する順番をあらかじめ決めておくと、作業がはかどります。 本記事では引越し作業を効率よく進めるためのコツをご紹介します。...

ウォーターサーバーの水抜きをする際の作業手順

チェックリスト

ウォーターサーバーを水抜きする際の手順をご説明します。

機種によっては、水抜き方法が異なる場合もありますので、一般的な作業手順とお考えください。

お湯が冷めるまで6時間から8時間かかる

ウォーターサーバーは、温水を利用できるのが魅力ですが、水抜きするためには温水が冷めるまで待たなければいけません。

季節などによって冷めるまでの時間は異なりますが、コンセントを抜いてから6時間から8時間後に作業することをオススメします。

ウォーターサーバーのお湯は70~90℃あるので、コンセントを抜いた直後に水抜き作業を行うのは現実的ではありません。

水抜きしてもウォーターサーバーに水が残っている場合もありますので、引越しで運搬する前に水受け皿に水が残っていないかはします。

サーバー内を乾かす意味も含めて、前日までに作業を終わらせましょう。

付属品は外して持ち運びすること

ウォーターサーバーは縦に設置するものであり、ボトルカバー等の部品は金具でとまっていません。

そのため移動するために斜めにすると、部品が外れる可能性もあるため、カバーを外すか養生テープなどで固定してから運搬してください。

レンタルサーバーは付属品の紛失に注意すること

ウォーターサーバーのほとんどは、業者からレンタルしているサーバーです。

契約終了時にサーバーを返却することなりますが、その際付属品を紛失していると違約金を請求される可能性もあります。

引越し時は付属品などの小さい物がどこかにいってしまうことがあるので、細かい部品などはまとめて管理するようにしてください。

引越し前後
引越し前後にやるべき作業!準備はチェックリストを確認しながら!引越しは、多くの手続きをすることになりますが、期限が決まっているものや、引越し前にやらなければいけないことが多いです。 なので、本サイトで『引越し準備チェックリスト』をPDF版・Excel版と用意しましたので、引越し時にご活用ください。...

引越し先でウォーターサーバーを新規契約する際に確認すべきこと

moving water

引越しのタイミングで、新しくウォーターサーバーを契約する場合に確認すべきポイントをご説明します。

ウォーターサーバーの水の残量はどのくらいあるか

ウォーターサーバーの水は交換式であり、他社のサーバーとの互換性はありませんので、余っている水のボトルを別のサーバーで利用することはできません。

したがって引越しのタイミングで乗り換えるのであれば、水のストックを逆算して配達の休止や解約手続きをする必要があります。

契約期間による違約金が発生しないか

ウォーターサーバーの種類などによっては、契約期間が設定されているものもあり、指定された期間よりも短い時期に解約する際は違約金が請求されます。

違約金の額は業者ごとに異なりますが、1万円から2万円程度が相場となっています。

なおウォーターサーバーの乗り換えキャンペーンを実施している業者もあり、活用すれば違約金相当額を負担してくれることもありますので、キャンペーンを利用して乗り換えるのも選択肢です。

引越し先で利用できる業者の選定

ウォーターサーバーは水を自宅まで配達する関係上、利用可能エリアが決まっています。

現在使用しているウォーターサーバーを継続利用しようとしても、引越し先が配達区域外にであれば契約更新はできませんのでご注意ください。

また配達する地域や契約するプラン(水の種類)によっては、配送料が違うこともあり、水源から遠い地域ほど配送料が高くなる傾向にあります。

引越し時にウォーターサーバーは自分で運ばないといけないのか?

moving work

ウォーターサーバーは水も含めると重いですし、レンタル物品なので万が一破損すると弁償対象になる可能性もあります。

ウォーターサーバーは基本的に契約者が運ぶことになる

ウォーターサーバーを引越し先でも引き続き契約する場合は、原則契約者本人が持っていくことになります。

代理店が変更する場合や解約する際は、レンタルしているウォーターサーバーを返却しますので、引越し先に持参する必要はありません。

引越し業者がウォーターサーバーを運んでくれるのかは事前に確認すべき

ウォーターサーバーは精密機械なので、引越し業者に運べるかあらかじめ確認してください。

運び方が雑だと故障やトラブルになる可能性もありますし、ウォーターサーバーが故障すれば補償問題になりますので、事前にウォーターサーバーの存在を話しておかないと、運搬するのを断られるケースも考えられます。

また破損等があることを想定し、引越し前に外観の写真を残しておく方法もあります。

不要なトラブルを避けるために、事前に準備は怠らないようにしましょう。

引越し荷物の宅配便
引越し荷物を宅配便で送るのはアリ!?やっていい人とダメな人引越し業者に引越しをお願いすると、当然お金がかかりますので、自分自身ですべて荷物を運び、引越し作業を行ってしまえば引越し費用は最小限に抑えることが可能です。 自分で引越しようと考えると荷が重いですが、実はトラックをレンタルしなくても、宅配便で荷物を送れば体一つで引越しが可能です。...

オススメのウォーターサーバー3選!

ウォーターサーバーの種類はたくさんありますので、どれを選べがいいか正直わかりませんよね。

そこでジャンルごとにオススメできる、ウォーターサーバーを3つご紹介いたします。

天然水の種類が選べる『ウォーターワン』

water

waterone(ウォーターワン)は、4種類の天然水から飲みたい水を選べるウォーターサーバーです。

天然水の種類

  • 富士山の天然水
  • 南阿蘇の天然水
  • 島根の天然水
  • 沖縄の海洋深層水

契約する水の種類と配送先の地域によって配送料が異なりますが、水源に近い地域にお住まいなら配送料は無料です。

サーバーレンタル料は無料なので、たとえば関東に住んでいる方が富士山の天然水を利用すれル場合、水の購入代金のみを支払うだけでOK!

(ウォーターサーバーの電気代はかかります。)

ウォーターサーバーの機種も複数用意されており、『WS2サーバー』は卓上型なので、一人暮らしの空間でも邪魔になりません。

(高さ57cm・幅30cm・奥行き34cm)

機能面で見てもエコモードがあるので、利用しないときは節電で電気代を抑えることも可能です。

waterone

一人暮らしでウォーターサーバーを利用するのに躊躇する最大の理由は、水を使い切れないことにあります。

しかし、ウォーターワンはウォーターサーバー業界では珍しく、2か月連続で配送をスキップが可能です。

一人暮らしでも3か月あれば水を飲み切りますので、使用量が心配な方にオススメなウォーターサーバーです。

wateroneの申し込みはコチラ!

 

カフェも楽しめる『フレシャス』

frecious

FRECIOUS(フレシャス)は、水だけでなくカフェも楽しめるウォーターサーバーです。

フレシャスは富士山の天然水を使用しており、日本人が飲み慣れている軟水です。

一人暮らしだと水の使用量が懸念材料ですが、水が余ってしまった際は翌月の配送をスキップできますのでご安心ください。

水のみ利用する場合のAQUWISH(アクウィッシュ)は、配送料が無料のほか、サーバーレンタル代も通常330円のところ無料になっています。

FRECIOUS

一方、コーヒメーカーと一体となった『Slat+cofe』を選べば、ウォーターサーバーでコーヒーを利用することが可能です。

FRECIOUS

新規でフレシャスを利用する場合、サーバーレンタル料が無料になる特典があります。

また他のウォーターサーバーを利用している人は、最大16,500円の違約金キャッシュバック特典を利用できます。

FRECIOUS

FRECIOUSの申し込みはコチラ!

定額制プラン!『キララウォーター』

kirara

キララウォーターは、水道直結で利用するウォーターサーバーです。

一般的なウォーターサーバーは水を運んでくるので、ストックボトルの置き場が難点になることもありました。

しかしキララウォーターは、水道管に直結するタイプなので、サーバーを設置する場所だけあれば大丈夫です。

家庭浄水器との違いは浄水システムの構造。

世界基準のフィルターを使用しているため、安全な水道水の水質を更に高める仕組みとなっています。

kirara

数種類の高性能フィルターによってろ過しているため、自然の豊かな大地が多くの地層を通して天然水を作っているシステムと似ているのが特徴的。

設置については専門エンジニアが行いますし、作業時間も30分から1時間程度で完了します。

また取り外しも簡単にできるため、賃貸物件で利用することも可能です。

水の残量を気にしないで使いたい人は、『kirala』を利用することをオススメします。

kiralaの申し込みはコチラ!

 

ウォーターサーバーの引越し手続きのまとめ

ウォーターサーバーの引越し手続きのまとめです。

引越し時に確認すべきポイント
  • 引越し先が配達エリア内か確認する
  • 水の残量を確認
  • 水抜きは前日前に終わらせる
  • 引越し業者に配達できるか確認すること
  • 乗り換える際は違約金に注意

引越しは生活スタイルを見直すいい機会です。

ウォーターサーバーを継続利用するのもいいですし、引越しを機に別のウォーターサーバーを利用するのもいいかもしれません。

引き続き引越し先でも同じウォターサーバーを利用する際は、サーバーの運搬に注意してください。

運ぶのが難しい場合は、引越し業者に運搬してもらったほうが安心・安全です。

ウォーターサーバーを運搬する時は十分注意してね。 引越し業者に依頼する際は事前にウォーターサーバーの存在を知らせておくといいよ!
タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較