ENEOSでんきのデメリット!契約する前に確認すべきポイントを解説!

Electricity

毎月の支出を抑えたいなら、契約している電気事業者を変える選択肢があります。

ENEOSでんきは新規参入した事業者の一つであり、全国の多くの地域で利用することが可能です。

ただすべての人にENEOSでんきをオススメできるわけではありませんので、ENEOSでんきへ乗り換える前に確認すべきポイントをお確かめください。

目次
  1. ENEOSでんきは安心・安全に利用できる電気事業者なのか?
  2. ENEOSでんきへ切り替えた際のデメリット
  3. ENEOSでんきへ切り替えるメリットはあるのか?
  4. ENEOSでんきの電気代は他社と比べた高いのかを検証!
  5. ENEOSでんきの利用者の口コミ
  6. ENEOSでんきへの乗り換えを検討すべき人
  7. ENEOSでんきのメリット・デメリットのまとめ

ENEOSでんきは安心・安全に利用できる電気事業者なのか?

Electricity company

電気事業者を変更するにしても、新規参入した事業者の素性がわからなければ、契約するのをためらってしまいます。

電気は重要なライフラインです。頻繁に停電したりしたら生活できませんので、ENEOSでんきが信用できる会社なのかご説明します。

ガソリンスタンドで有名なENEOSが販売事業者

ENEOS(エネオス)でんきは、ガソリンスタンドなどを運営しているENEOS株式会社が電気の販売を行っています。

車を運転する人なら一度は『ENEOS』の看板を見たことあると思いますし、テレビCMでゴリラをモチーフにしたキャラクター「エネゴリくん」は、ご存知ではないでしょうか。

出典:エネゴリくんのヒミツ

電気販売事業者の母体が小さいと、倒産などの不安も出てきます。

しかしENEOSは創業1888年、従業員数9,348人(2021年4月1日現在)、国内燃料油販売シェア第1位(シェア率約50%)と歴史のある大企業ですので安心です。

実は電力事業には1998年から参入している古参

家庭用の電気販売が自由化になったのは2016年4月からですが、ENEOSでんきは1998年から電気事業に参入しています。

(家庭用電力販売は2016年4月から。)

電力業界に参入した異業種の業者は、電気販売だけを担っているケースがほとんどです。

しかしENEOSは全国30か所以上に発電所を有しており、自社発電所で生み出した電気を主力電源として供給しているのが特徴です。

電気は火力発電があるように、ガソリンスタンドを経営しているENEOSとも親和性が高く、2020年12月時点でENEOSでんきの契約者数は76万世帯にもなります。

長期的に事業展開していれば、電気販売から撤退することは考えにくいですので、乗り換えて先の選択肢としても選びやすいです。

電気の安全性・品質・供給面は切り替え後も同じ

ENEOSでんきは一部の電気を自社の発電所でまかなっていますが、大手電力会社が発電した電気も利用しているため、発電量不足の心配はありません。

供給も地域を管轄している大手電力会社の設備を使用して各ご家庭に供給されるため、停電することもないです。

また契約する電力会社によって、電気の品質に格差が生まれることもないため、ENEOSでんきに乗り換えたとしても、今までと変わらない使用感で電気を使えます。

そのため毎月の電気の使用量に対する電気代で各社を比較し、最もお得な販売事業者を選んで大丈夫です。

ENEOSでんきへ切り替えた際のデメリット

Trouble

多数の人が気にならないデメリットであっても、あなた自身は気になってしまうデメリットが存在するケースもあります。

契約する電気事業者を見直す場合、メリットだけでなくデメリットも確認してください。

デメリット①:沖縄県・離島は供給エリアの対象外

残念ながら沖縄県と離島は、ENEOSでんきを利用することはできません。

沖縄県は沖縄電力があるので、利用できると勘違いしやすためご注意ください。

それ以外の北海道から鹿児島県までの地域については、ENEOSでんきを原則利用できるため、乗り換え先の選択肢に入れて大丈夫です。

デメリット②:プランの種類が乏しいので節約効果が感じにくいケースも有る

ENEOSでんきは大手電力会社の通常プランをベースに、大手電力会社よりも電気代が安くなるように料金設計がされています。

ENEOSでんきを一般家庭で利用する場合、料金プランは実質的に1種類しか無いので、特別なプランは用意されていません。

また大手電力会社などは、日中や深夜などの時間帯ごとで、使用量に応じた電気代が変化するプランも用意しています。

洗濯物など、夜に集中して電気を使用する人は、夜の電気代が安くなるプランを選択すると、1日同じ電気料金のプランよりも電気代が安くなります。

ENEOSでんきは高いプランではありません。

しかし時間帯別に電気料金が安くなるプランを現在利用している方は、ENEOSでんきに乗り換えると料金が高くなる可能性もあるので注意してください。

デメリット③:ガソリン代の割引はENEOSカード限定

ENEOSでんきを利用すると、ガソリンスタンドのENEOSでガソリンなどを給油した場合、割引される特典があります。

しかし割引を適用するためには、ENEOSでんきの電気代をENEOSカードで支払うことが条件です。

ENEOSカードはガソリンをENEOSで給油する人には、とても魅力的なクレジットカードです。

しかし普段から別のクレジットカードを利用している人は、ガソリン代の割引を受けられません。

デメリット④:契約解除する際に違約金が発生してしまうケースがある

ENEOSでんきには、オプションとして『にねんとく²割』を付けることができ、オプションを利用すると毎月の電気代が安くなります。

しかし『にねんとく²割』は、更新月を除く月に解約すると1,100円の違約金が発生する仕組みになっています。

『にねんとく²割』の更新月は、適用開始23か月目と24ヶ月目です。

短期間で解約する際は、違約金が発生することになるので、単身赴任やお試しで利用したい場合は気をつけてください。

隠れる
電気とガスをセットで契約した場合のデメリットは?セットプランのデメリットを解説電気と都市ガスの販売自由化により、電気とガスを一つの業者でまとめることが可能となりました。 電気とガスをセット利用することで得られるメリットは多い一方、一括契約によるデメリットも存在します。 メリットばかりに注目されがちなので、本記事では電気ガスセットのマイナス面を中心に解説します。...

ENEOSでんきへ切り替えるメリットはあるのか?

Benefits

選択肢がある中で、デメリットが多い事業者をわざわざ選ぶことはしませんよね。

2020年12月時点で76万世帯の方ENEOSでんきを選んでいるのは、大手電力会社から乗り換えるメリットがあるからです。

メリット①:電気量が多くなるほど単価が安くなる料金設計

ENEOSでんきは電気使用量が増えるほど、1kWhの単価が下がる料金設計です。

一部の電気事業者は電気の単価は均一なので、使用量が増えると安くなるのはお得感があります。

また単価変更は2段階になっており、北海道電力の管轄以外の地域は120kWhと300kWhが単価の下がる起点となっています。

(北海道エリアは120kWhと280kWh)

120kWhは一人暮らしでも超える値ですし、300kWhも家族世帯なら使用する値ですので、ほとんどの方は単価が下がる恩恵を受けられます。

メリット②:地域の大手電力会社ごとに電気プラン料金が設定されている

ENEOSでんきは、沖縄電力エリアと一部の離島を除いた地域で契約可能で、大手電力会社の管轄地域ごとに料金プランが異なるのも特徴の一つです。

大手電力会社
  • 北海道エリア
  • 東北エリア
  • 関東エリア
  • 中部エリア
  • 北陸エリア
  • 関西エリア
  • 中国エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア

電気は製造するコストが地域によって異なるため、同じ事業者と契約しても契約する地域で料金単価が異なるのが一般的。

ENEOSでんきも地域ごとに料金プランは違いますが、各地域に存在する大手電力会社の電気料金をベースにプランが設計されているため、基本プランはどの地域でも大手電力会社よりも安いです。

また全国各地で契約できるため、遠方に引越す場合でも継続してENEOSでんきを使うことも可能となっています。

引越しが多い人の場合、引越しするたびに電気会社を切り替えのは面倒なので、引き続き利用できるのは全国展開している電気販売事業者の強みです。

メリット③:ずっと料金が割引される『にねんとく²割』オプション

『にねんとく²割』とは、「ENEOSでんき」を2年以上の利用することを前提に、適用開始から24ヵ月間の電気料金が割引されるオプションです。

『にねんとく²割』の適用1年目2年目の割引額は、1kWhあたり0.20円ですが、3年目以降は1kWhあたり0.30円と、契約年数が長い人ほど割引される金額が高いです。

なお『にねんとく²割』を利用する場合は、下記のプランと契約する必要があります。

『にねんとく²割』の対象プラン

  • 北海道エリア・・・北海道BプランまたはCプラン
  • 東北エリア・・・東北BプランまたはCプラン
  • 関東エリア・・・東京Vプラン
  • 中部エリア・・・中部BプランまたはCプラン
  • 北陸エリア・・・北陸BプランまたはCプラン
  • 関西エリア・・・関西AプランまたはBプラン
  • 中国エリア・・・中国AプランまたはBプラン
  • 四国エリア・・・四国AプランまたはBプラン
  • 九州エリア・・・九州BプランまたはCプラン

メリット④:料金プランに年数縛りがないので違約金は発生しない

『にねんとく²割』を利用している場合、更新月以外に解約する際には違約金が発生します。

しかし電気料金プラン自体に契約年数縛りはありませんので、解約するタイミングを問わず違約金はかかりません。

実家に戻る場合や、同棲・結婚する場合においては、『にねんとく²割』を使わず、通常プランのみで契約する選択肢もアリです。

メリット⑤:ENEOSカードの利用でガソリン代が安くなる

ENEOSでんきの電気料金をENEOSカードで支払う場合、ガソリン・灯油・軽油代が1リットルあたり1円割引されます。

ENEOSのガソリンスタンドは全国各地にありますので、ENEOSでんきを利用するタイミングでENEOSカードを作成するのもアリな選択です。

一応、割引の上限は設定されていますが、1か月150リットルと毎日長距離通勤をしている人や、トラックなどの運送業以外の方であれば、上限に達することはありません。

またENEOSでんきをENEOSカードCB・シナジーカードで支払う場合には、1リットル1円ではなく、毎月の電気料金が100円割引されます。

現在ENEOSカードを保有している人であれば、ENEOSでんきと契約することでガソリン代なども割引になります。

【ENEOSでんき】まとめなくても電気代がおトク!

メリット⑥:電気料金の支払いでTポイントを貯めることが可能

ENEOSでんきの支払いで、Tポイントが電気料金200円(税抜)につき1ポイント付与されます。

1か月で4,000円の電気代が支払う人の場合は年間240ポイント、月1万円の方なら年間で600ポイント貯まります。

ただ次のご説明する、特別提携カードにより電気代を支払う場合は、Tポイントは原則対象外となりますのでご注意ください。

メリット⑦:特別提携カードの支払いで還元率が上がる

ENEOSでんきは、特別提携カードにより電気代を支払うことで、クレジットカードの還元率が上がります。

還元率の上昇率はカードごとに異なりますので、複数のカードを保有している人はより還元率の高いクレジットカードで電気料金の支払いをした方がお得です。

楽天カード

100円(税込)につき1ポイント得られる楽天ポイントに加え、200円(税込)につき1ポイントが上乗せされます。

ANAカード

クレジットカード会社のポイントとは別枠で、ANAカードの支払い200円(税込)につき、1マイルを自動で積算されます。

クレジットカード会社のポイントはマイルへ移行できますので、マイルに集約することも可能です。

dカード

100円(税込)につき1ポイント得られる通常ポイントに加えて、200円(税込)につき1ポイントが貯まります。

ティーエスキュービックカード

1,000円(税込)につき10ポイント、ENEOSでんきの支払いなら15ポイントと1.5倍に増えます。

レクサスカード

1,000円(税込)につき10ポイント、ENEOSでんきの支払いなら15ポイントと1.5倍に増えます。

エムアイカード

200円(税込)につき1ポイント得られるのが、100円(税込)につき1ポイントと還元率が倍増します。

ビューカード

1,000円(税込)につき5ポイントが、2倍の10ポイントになります。

セブンカード・プラス(セブンカード)

200円(税込)につき1ポイントなのが、200円(税込)につき2ポイントと、還元率が2倍になります。

エポスカード

通常200円(税込)につき1ポイント付与されるのが、2倍の2ポイントに。

そしてゴールド・プラチナカード場合、付与されるポイントが4倍の4ポイントになります。

メリット⑦:無料の駆けつけサービスが利用可能

ENEOSでんきには、電気に関するトラブルが発生した場合、電話対応を365日24時間してくれるサービスが無料でついてきます。

また電球交換など、有料サービスとして実施されているものが無料で利用できるケースもあるのでお得です。

電気に関するトラブルは日常生活であまり発生しませんが、万が一が起こった際に無料で利用できるサービスがあるのは便利です。

【ENEOSでんき】まとめなくても電気代がおトク!

電気ガスセット
電気・ガスはまとめないと損!オススメセットプラン4社を紹介!電気とガスは、バラバラに契約するよりも同じ会社でまとめた方が得です。 別々の会社と契約すると、セット割引が適用できませんので損をします。 そんな電気ガスセットプランについての内容と、セット利用する際のオススメ会社を3つご紹介します!...

ENEOSでんきの電気代は他社と比べた高いのかを検証!

competition

ENEOSでんきは大手電力会社の管轄地域をベースに料金プランがそれぞれ違いますので、プラン内容をご紹介します。

またENEOSでんきは他社と比較して高いのかとの疑問を解決するため、各地域にある大手電力会社と、全国展開している新電力の楽天でんきの料金プランを比べてみます。

北海道電力エリアの料金プラン

北海道電力エリアの対象地域は、離島を除く北海道の各地です。

北海道電力のエリアに住んでいる人は、『北海道Bプラン』と『北海道Cプラン』を利用できます。

電気料金内訳
出典:「ENEOSでんき」北海道エリアの料金メニュー(ENEOSでんき)

電気使用量200kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき北海道電力
料金プラン北海道BプランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
1,023円0円1,023円
電力量
(200kWh)
5074.4円6,000円5,297.2円
合計料金6,097円6,000円6320円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき北海道電力
料金プラン北海道BプランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
1,023円0円1,023円
電力量
(400kWh)
11,069.2円12,000円11,705.6円
合計料金12,092円12,000円12,818円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

ENEOSでんき・楽天でんき・北海道電力を比較した場合、使用量の大小ともに楽天でんきの料金プランが最も安い結果になりました。

ただ楽天でんきはアンペア30Aでしか契約できませんが、ENEOSでんきと北海道電力は20Aで契約可能です。

30Aから20Aに下げた場合、基本料金は341円下がるため、契約するアンペア数を抑えればENEOSでんきが最安値になります。

北海道電力から乗り換え!

東北電力エリアの料金プラン

東北電力エリアは、次の地域にお住まいの方が対象です。

  • 青森県
  • 岩手県
  • 秋田県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県※離島を除く

東北電力のエリアに住んでいる人が契約できるプランは、『東北Bプラン』と『東北Cプラン』です。

電気料金内訳
出典:「ENEOSでんき」東北エリアの料金メニュー(ENEOSでんき)

電気使用量200kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき東北電力
料金プラン東北BプランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
990円0円990円
電力量
(200kWh)
4,160円5,300円4,256円
合計料金5,150円5,300円5,246円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき東北電力
料金プラン東北BプランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
990円0円990円
電力量
(400kWh)
9,326円10,600円9,717円
合計料金10,316円10,600円10,707円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

ENEOSでんき・楽天でんき・東北電力を比較した場合、使用量の大小に関わらず、ENEOSでんきのプランが最も安い結果になりました。

またENEOSでんき電気は契約アンペア数を30Aから20Aに下げると、基本料金を330円下げられますので、更に毎月の料金を安くすることも可能です。

東北電力から乗り換え!

東京電力エリアの料金プラン

東京電力エリアは、次の地域にお住まいの方が対象です。

  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 静岡県の一部
    (富士川以東)※離島を除く

東京電力のエリアに住んでいる人が契約できるプランは、『東京Vプラン』と他の大手電力会社の地域で利用できるプランとは少し異なるプランとなっています。

電気料金内訳
出典:「ENEOSでんき」東京Vプラン(ENEOSでんき)

電気使用量200kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき東京電力
料金プラン東京VプランプランSスタンダードS
基本料金
(30A)
858円0円858円
電力量
(200kWh)
4,348.8円5,300円4,502.4円
合計料金5,206円5,300円5,360円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき東京電力
料金プラン東京VプランプランSスタンダードS
基本料金
(30A)
858円0円858円
電力量
(400kWh)
9,424.8円10,600円10,205.4円
合計料金10,282円10,600円11,063円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

ENEOSでんき・楽天でんき・東京電力を比較した場合、使用量の大小ともにENEOSでんきのプランが最も安い結果となりました。

また30Aから20Aに下げた場合、基本料金は286円下がるため、契約するアンペア数を抑えることで更に電気料金を節約することも可能です。

東京電力から乗り換え!

中部電力エリアの料金プラン

中部電力エリアは、次の地域にお住まいの方が対象です。

  • 愛知県
  • 岐阜県(不破郡関ケ原町の一部を除く)
  • 三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町を除く)
  • 静岡県の一部(富士川以西)
  • 長野県

中部電力のエリアに住んでいる人が契約できるプランは、『中部Bプラン』と『中部Cプラン』です。

電気料金内訳
出典:「ENEOSでんき」中部エリアの料金メニュー(ENEOSでんき)

電気使用量200kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき中部電力
料金プラン中部BプランプランSポイントプラン
基本料金
(30A)
858円0円858円
電力量
(200kWh)
4,483.6円5,300円4,565.6円
合計料金5,341円5,300円5,423円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき中部電力
料金プラン中部BプランプランSポイントプラン
基本料金
(30A)
858円0円858円
電力量
(400kWh)
9,609円10,600円9,962.6円
合計料金10,467円10,600円10,820円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

ENEOSでんき・楽天でんき・中部電力を比較した場合、使用量が少ない場合は、楽天でんき使用量が多い場合はENEOSでんきが最も安い料金プランでした。

ただ楽天でんきはアンペア30Aでしか契約できない一方で、ENEOSでんきと中部電力は20Aで契約可能です。

30Aから20Aに下げた場合、基本料金は286円下がるので、契約するアンペア数を抑えれると、使用量が少ないケースでもENEOSでんきが最安値となります。

中部電力から乗り換え!

北陸電力エリアの料金プラン

北陸電力エリアは、次の地域にお住まいの方が対象です。

  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
    (一部を除く)
  • 岐阜県の一部

北陸電力のエリアに住んでいる人が契約できるプランは、『北陸Bプラン』と『北陸Cプラン』です。

電気料金内訳
出典:「ENEOSでんき」北陸エリアの料金メニュー(ENEOSでんき)

電気使用量200kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき北陸電力
料金プラン北陸BプランプランS従量電灯ネクスト
基本料金
(30A)
726円0円726円
電力量
(200kWh)
3,797.2円4,400円3,879.2円
合計料金4,523円4,400円4,605円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき北陸電力
料金プラン北陸BプランプランS従量電灯ネクスト
基本料金
(30A)
726円0円726円
電力量
(400kWh)
8,062.2円8,800円8,396.2円
合計料金8,788円8,800円9,122円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

ENEOSでんき・楽天でんき・北陸電力を比較した場合、使用量が少ない場合は楽天でんき使用量が多い場合はENEOSでんきが最も安い料金プランでした。

ただ楽天でんきはアンペア30Aでしか契約できない一方で、ENEOSでんきと北陸電力は20Aで契約可能です。

30Aから20Aに下げた場合、基本料金は242円下がるので、契約するアンペア数を抑えれると、使用量が少なくてもENEOSでんきが最安値となります。

北陸電力から乗り換え!

関西電力エリアの料金プラン

関西電力エリアは、次の地域にお住まいの方が対象です。

  • 京都府
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 兵庫県(赤穂市福浦を除く)
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 福井県(三方郡美浜町以西)
  • 三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)
  • 岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)

関西電力のエリアに住んでいる人が契約できるプランは、『関西Aプラン』と『関西Bプラン』です。

電気料金内訳
出典:「ENEOSでんき」関西エリアの料金メニュー(ENEOSでんき)

電気使用量200kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき関西電力
料金プラン関西AプランプランSeおとくプラン
基本料金285円
(最低料金)
0円
(30A)
1,210円
(6kW)
電力量
(200kWh)
4,051.75円4,500円3,245.4円
合計料金4,336円4,500円4,455円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき関西電力
料金プラン関西AプランプランSeおとくプラン
基本料金285円
(最低料金)
0円1,210円
(6kW)
電力量
(400kWh)
9,130.75円9,000円8,534.4円
合計料金9,415円9,000円9,744円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

ENEOSでんき・楽天でんき・関西電力を比較した場合、使用量が少ない場合はENEOSでんき使用量が多い場合は楽天でんきのプランが最も安い結果となりました。

関西電力地域は、基本料金ではなく最低料金プラス従量料金の合計で算出されるため、使用量が多くなる場合は楽天でんきがお得です。

関西電力申し込み!

中国電力エリアの料金プラン

中国電力エリアは、次の地域にお住まいの方が対象です。

  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
  • 兵庫県の一部
  • 香川県の一部
  • 愛媛県の一部※離島は除く

中国電力のエリアに住んでいる人が契約できるプランは、『中国Aプラン』と『中国Bプラン』です。

電気料金内訳
出典:「ENEOSでんき」中国エリアの料金メニュー(ENEOSでんき)

電気使用量200kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき中国電力
料金プラン中国AプランプランSスマートコース
最低料金336.87円0円227.37円
電力量
(200kWh)
4,280.9円4,900円4,495.63円
合計料金4,617円4,900円4,723円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき中国電力
料金プラン中国AプランプランSシンプルコース
最低料金336.87円0円0円
電力量
(400kWh)
9,681.9円9,800円10,312円
合計料金10,018円9,800円10,312円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

ENEOSでんき・楽天でんき・中国電力を比較した場合、使用量が少ない場合はENEOSでんき使用量が多い場合は楽天でんきのプランが最も安い結果となりました。

中国電力は、関西電力と同様に基本料金ではなく最低料金プラス従量料金の合計で電気代を計算するため、使用量が多くなる場合は楽天でんきを選ぶと電気代がお得です。

 

中国電力申し込み!

四国電力エリアの料金プラン

四国電力エリアは、次の地域にお住まいの方が対象です。

  • 徳島県
  • 高知県
  • 香川県(一部を除く)
  • 愛媛県(一部を除く)

四国電力のエリアに住んでいる人が契約できるプランは、『四国Aプラン』と『四国Bプラン』です。

電気料金内訳
出典:「ENEOSでんき」四国エリアの料金メニュー(ENEOSでんき)

電気使用量200kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき四国電力
料金プラン四国AプランプランSおトクeプラン
最低料金411.40円0円411.4円
電力量
(200kWh)
4,292.84円4,900円4,399.9円
合計料金4,704円4,900円4,811円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき四国電力
料金プラン四国AプランプランSおトクeプラン
最低料金411.4円0円411.4円
電力量
(400kWh)
9,688.8円9,800円9,928.9円
合計料金 10,100円9,800円10,340円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

ENEOSでんき・楽天でんき・四国電力を比較した場合、使用量が少ない場合はENEOSでんき使用量が多い場合は楽天でんきのプランが最も安い結果となりました。

四国電力は関西電力と同様に基本料金ではなく最低料金プラス従量料金の合計で電気代を計算します。

したがって使用量が多くなる方は、楽天でんきを選ぶと毎月の電気代がお得です。

四国電力申し込み!

九州電力エリアの料金プラン

電力エリアは、次の地域にお住まいの方が対象です。

  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県※離島は除く

九州電力のエリアに住んでいる人が契約できるプランは、『九州Bプラン』と『九州Cプラン』です。

電気料金内訳
出典:「ENEOSでんき」九州エリアの料金メニュー(ENEOSでんき)

電気使用量200kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき九州電力
料金プラン九州BプランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
891円0円891円
電力量
(200kWh)
3,853.6円4,700円3,940円
合計料金4,744円4,700円4,831円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

電気使用量400kWhのケース

ENEOSでんき楽天でんき九州電力
料金プラン九州BプランプランS従量電灯B
基本料金
(30A)
891円0円891円
電力量
(400kWh)
8,475.6円9,400円9,743円
合計料金9,366円9,400円10,634円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

ENEOSでんき・楽天でんき・九州電力を比較した場合、使用量が少ない場合は楽天でんき使用量が多い場合はENEOSでんきのプランが最も安い結果となりました。

なお楽天でんきはアンペア30Aでしか契約できませんが、ENEOSでんきと九州電力は20Aで契約可能です。

30Aから20Aに下げた場合、基本料金は297円下がるため、契約するアンペア数を抑えれば使用量の大小に関係なくENEOSでんきが最安値になります。

九州電力から乗り換え!

ENEOSでんきの利用者の口コミ

Twitterで実際にENEOSでんきを利用している方々の声をご紹介します。

良い口コミも悪い口コミも両方ありますので、ご参考にしてください。

ENEOSでんきを利用して良かった口コミ

以前の電気代が半分程度になった人の声

想像よりも電気代が安くなった人の声

楽天でんきからENEOSでんきに乗り換えた人の声

ENEOSでんきを利用して不満があった口コミ

2年縛りの制約が嫌との声

楽天でんきの方が電気代が安くなったとの声

隠れる
電気とガスをセットで契約した場合のデメリットは?セットプランのデメリットを解説電気と都市ガスの販売自由化により、電気とガスを一つの業者でまとめることが可能となりました。 電気とガスをセット利用することで得られるメリットは多い一方、一括契約によるデメリットも存在します。 メリットばかりに注目されがちなので、本記事では電気ガスセットのマイナス面を中心に解説します。...

ENEOSでんきへの乗り換えを検討すべき人

money

ENEOSでんきへの乗り換えを検討すべき人は、ズバリ東京電力などの大手電力会社を利用している人です。

ENEOSでんきは大手電力会社の一般プランを基準として料金設計がされているため、オーソドックスな使い方であれば、ENEOSでんきの方がお得です。

深夜の電気代が安くなるなど特別なプランはありませんが、SNS上の声を聞いても利用者に大きな不満は確認できませんでした。

ENEOSはガソリンスタンドのイメージが強く、確かにENEOSカード利用者の方がよりお得に利用できるようになっています。

しかし車を所有師弟ない人でも、十分満足できる電気料金プランとなっていますので、いま利用している電気事業者の乗り換えを検討してみてください。

【ENEOSでんき】まとめなくても電気代がおトク!

ENEOSでんきのメリット・デメリットのまとめ

ENEOSでんきを利用する際にチェックしておきたいポイントのまとめです。

ENEOSでんきを契約する際の注意事項
  • 沖縄県と離島は利用できない
  • 時間帯による料金変動プランがない
  • ガソリン代の割引はENEOSカードのみ
  • 『にねんとく²割』は更新月以外違約金が発生する

ENEOSでんきのデメリットを挙げましたが、どれも部分的なものであり、影響が無い(少ない)人も多いです。

デメリットに感じない人は、大手電力会社よりも料金プランが安いENEOSでんきを利用することもご検討ください。

電気は格安スマホと違い、料金が安くても品質が落ちることはありません。

高い料金のままだと、毎月損をしてしますので、早めにENEOSでんきに切り替えましょう!

【ENEOSでんき】まとめなくても電気代がおトク!

 

タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る