引越し業者はオプションを付ければ不用品を回収・買取してくれる!

お金

引越し先に持参する荷物は、できるだけ削減しましょう。

荷物が多ければ引越し費用は高くなりますし、引越しは家財道具を処分するいい機会です。

また引越し業者では、不要となる家具・家電の処分もオプションとして付けられますので、自分で処分するのが難しい人は活用してください。

引越しは不要な荷物の処分方法に困る

引越し

引越し時に意外と困るのが、不用品の処分です。

普段の生活で発生するゴミは、ゴミ捨て場に置けば運んでくれますが、粗大ゴミは自治体によっては事前手続きが必要です。

ゴミ処理施設に直接持ち運ぶにしても、車が無いとできませんし、ベッドなど大型家具は軽自動車に入りません。

また家電製品を捨てる場合、家電リサイクル法により処分量が発生するため廃棄するにもコストがかかりますので、引越し直前に発生した不用品を捨てるのは、意外と大変です。

自治体によって処分方法やゴミの分別方法がことなるため、分別の厳しい自治体だと簡単に捨てることはできませんので注意が必要です。

不要な家具・家電は廃棄と買取どちらがいいのか?

比較

引越し先に持参しない家具・家電は、廃棄か買取の方法で処分することになり、不用品を買い取ってくれれば、引越し費用の足しにできます。

ただ業者も売れない商品は買い取ってくれませんので、持参しても買取拒否される可能性もあります。

使い込んだ家具家電は廃棄すべき

長年使い込んでいてもう使わない家具・家電製品は処分しましょう。

リサイクルショップが買い取ってくれるのは、中古品として売れる物に限られます。

状態が悪い物や製造年数が古い製品は、リサイクルショップでも買い取ってくれない可能性もありので、割り切って廃棄しましょう。

売れそうな家具家電は買取査定を依頼すること

家具・家電を買い取りしてもられば、不用品も引越し先に持ち運ぶコストが削減できますし、売却金額を引越し費用の足しにできます。

いくらで売却できるかは、売り先によって変わります。

リサイクルショップは幅広く買い取りしてくれる一方、高値での買い取り金額はあまり見込めせん。

専門店なら価値のある物は高額で買い取ってくれる可能性もありますが、そのお店で買い取ってくれる物は限られるため、不用品を一括で処分できないデメリットもあります。

1円買取でも処分費用が浮くことを忘れずに

買取り金額は相場などによって大きく変化しますので、高値で売れるとは限りません。

ただ買取価格が1円だったとしても、廃棄するのに費用がかかる家具・家電を引き取ってくれるだけで、廃棄コストを削減できるメリットがあります。

そして不用品処分を引越し業者に荷物運搬とセットで依頼すれば、リサイクルショップなど店頭に持参せずに手放すことが可能です。

引越し業者に不用品の回収依頼できる

トラック

引越し業者でも、不用品の回収や買取をしてくれます。

引越しと不用品処分を一度で済ませたい人にオススメです。

オプションで不用品の処分サービスあり

引越しの基本プランに不用品の回収が入っている業者はあまりありませんが、オプションとして付けることは可能です。

処分費用が発生する際は有料オプションとなりますが、ゴミ処理施設まで粗大ゴミを持参する必要がないため、車を所持していない人は利用する価値が高いです。

また引越し当日に不用品を回収してくれるため、売却するために家具・家電を店頭に持って行く時間も削減できます。

不用品買取してくれる引越し業者は意外にある

不用品の回収だけでなく、買取をしてくれる引越し業者は意外とあります。

自社で買取する会社や、『アップル引越しセンター』のように、リサイクル会社と提携して買い取りサービスを行っている会社も存在します。

不用品の回収も同時に行いますので、いらない家具・家電は、引越し荷物を運搬する際にまとめて廃棄できるのもポイントです。

ご家庭で使用されていた家具家電であれば基本的に何でも回収可能です。物によって、買取・無料・有料での引取となりますが、引取れない品物はほとんどありませんので、安心してご相談ください。

出典:アップルの不要品買取&引取サービスの特徴

なお買取査定は、引越し費用の訪問見積もりの際に行われます。

査定金額に納得できれば、引越しのタイミングで不用品を回収してくれます。

まとめて引き取ってくれる業者はラク

アップル引越しセンターのように、引越しのタイミングで不用品を処分できるのは非常に楽です。

荷造りは引越日の直前まで行うため、作業中に発生する不用品の処分に困ることも少なくありません。

また査定した金額に納得できなければ、荷物として引越し先に運搬してもらう選択肢もあります。

引越し業者に不用品を引き取ってもらう際の注意点

引越し

引越し業者に不用品の回収依頼をすれば、引越し作業がとてもラクになります。

ただ一方で、引越し業者に回収を依頼する際に注意すべき点もあります。

買取金額が高いとは限らない

中古は保存状態や需要によって値段が大きく変わります。

同じ製品でも、売り先によって買取金額が変わることも珍しくありませんので、少しでも高く売りたい場合は、買取り金額を比較する必要があります。

ただ高額な家具・家電を除き、査定してもらう労力の方が割高になるため、多少安くてもコスパを重視した方がお得です。

不用品の種類によっては有料オプションになる

家電を処分する際は、費用がかかるのは引越し業者も同じです。

引越し業者に中古品として売り先があるケースは別ですが、完全な不用品はゴミとして処分しなければならないため、有料オプションとなります。

また家電リサイクル法の対象となる家電製品は、リサイクル料が請求されますのでご注意ください。

家電製品は処分出来ますか?
家電の中でも、「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」「衣類乾燥機」については、家電リサイクル法の対象製品となっています。 当社では不要になったこれらの製品のお引き取りを、リサイクル料金(RKC一般財団法人家電製品協会WEBページ参照)+収集運搬料金3,000円(税別)にて承っております。

出典:処分品・不要品について(サカイ引越センター)

引越し業者に不用品回収を依頼する場合のまとめ

引越し業者に不用品回収を依頼する場合のまとめです。

不用品回収の注意点
  • 粗大ゴミの処分も有料になることもある
  • 冷蔵庫や洗濯機は処分費がかかる
  • 引越し業者は不用品の回収・買取をしてくれる
  • 回収の場合は有料オプションになるケースあり

不用品に値が付けば、得した気分になりますので嬉しいです。

また無料買取りでも、処分費用がタダになることを考えたら損ではありません。

引越し業者によって買取りできる種類は異なりますし、引越し業者選びの引越し料金の比較です。

引越し一括見積もりサイトを利用すれば、無料で引越し業者を比較できますので、少しでも費用を安くした人は損しないためにも、1度利用してみることをオススメします。

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較