フレッツ光の引越し手続きについて徹底解説!移転方法をわかりやすくご説明します。

フレッツ光

引越しする際にはインターネット回線の引越しも必要ですが、引越し先でもフレッツ光をそのまま利用することは可能です。

また引越しを機にフレッツ光やその他の光系商材に乗り換えるメリットもありますので、引越しのタイミングで一度インターネット回線を見直してみましょう。

引越し時のインターネット回線手続きの流れ

インターネット回線の引越し手続きの流れをご説明します。

フレッツ光などの固定回線を利用している場合、引越し元のインターネット回線の撤去と引越し先で新しく回線を引く作業が必要です。

またインターネット回線の設置は専門業者が行うため、作業に立ち会う必要があります。

インターネットの
引越しステップ
手続き内容手続きするタイミング
①解約の連絡現在利用しているプロバイダ業者に解約の連絡引越し1か月前
②回線の撤去作業の日程調整インターネット回線の撤去作業の日程調整引越し1か月前
③新規契約の連絡引越し先で利用するプロバイダに新規契約の連絡引越し1か月前
④回線工事の日程調整インターネット回線工事の日程調整引越し1か月前
⑤回線撤去作業の立ち会い撤去工事の立ち会い引越し日以前の予定日
⑥回線工事の立ち会い回線工事の立ち会い引越し日以後の予定日

フレッツ光を引越す場合の手続き方法

リスト

フレッツ光を引越す際の手続き方法について、詳しくご説明します。

プロバイダを乗り換える場合には、解約手続きが必要になるので連絡時期にも気を付けてましょう。

①解約手続きの連絡(引越しの1ヶ月前まで)

フレッツ光の解約手続きは、引越しする1か月前には連絡しましょう。

引越しをする場合、インターネット回線の撤去工事が必要になりますので、工事業者と作業予定日を調整する必要があります。

ただどの家庭も休日に作業工事を依頼することが多いので、工事をしてもらいたい日が休日の場合には、早めに連絡しなければなりません。

また引越しシーズンの3月から4月の場合には、インターネット回線の工事業者の予約もすぐに埋まります。

そのため引越しが決まった際には、優先的にインターネット回線手続きをしてください。

②回収機器と撤去工事に日時を確認する

契約しているプロバイダの解約手続きが完了しましたら、回収機器の返却期限とインターネット回線の撤去工事の日時を確認します。

インターネット回線の撤去工事には立ち合いが必要になりますので、自分と業者の日程調整をしなければなりません。

また引越し当日に撤去工事を行う場合には、時間指定も行ってください。

③WEBから新規契約の申込み

フレッツ光の契約は店頭で手続きすることも可能ですが、WEBサイトから申し込み手続きをしてください。

店頭から申し込みをしても使える光回線の機能面は全く同じです。

ただ店頭を維持するための家賃や従業員の人件費をまかなうため、店舗ではあまり積極的なキャンペーンが行われていません

一方、WEB申し込みは店舗を構える必要もありませんし、人件費もほとんどかかりませんので、浮いた費用をキャンペーン代として還元してくれます。

また電話対応も可能なので、疑問点があれば契約する際に質問することもできます。

フレッツ光

フレッツ光(西日本)フレッツ光(東日本)

④新規工事の日程調整

引越し先でもフレッツ光を利用する場合には、撤去申し込みと同時に手続きできます。

また新規工事は土日祝対応してますが、予約はすぐに埋まってしまいますので、引越し1か月前を目安に連絡しましょう。

なお土日に工事を依頼する場合には、割増料金が請求されることもありますので、日程調整時に割増料金などについては確認してください。

回線撤去作業の立ち会い(当日)

回線撤去作業には、立ち会うことが必要です。

回線撤去作業自体は比較的短時間で終了しますが、業者は1日に何件もの回線工事を請け負っているため、作業開始時間が前後する場合があります。

予定時刻より遅れる場合には、担当者から連絡がありますので、知らない番号から電話があった際は無視せずに応対しましょう。

(基本的には作業予定の確認電話が事前にあります)

また、もし撤去作業の立ち会いができないと回線工事は行えませんので、日程の再調整となります。

そうなると引越し後に、前住居に戻って工事の立ち会いをすることになるため、面倒を避けるためにも工事の時間帯だけは予定を入れないで待ちましょう。

⑥新規回線工事の立ち会い(当日)

新規回線工事は回線撤去工事と違い、工事には時間がかかります。

おおむね1時間~2時間以内で工事が完了することが多いですが、回線工事の種類によっては作業時間は前後します。

また新規回線工事にも立ち会いは必要ですので、工事当日はある程度時間に余裕をもって行動してください。

フレッツ光を引越す際の注意点

考える

引越し準備をしていると、意外と時間に余裕がありませんので、インターネット回線の引越しをする際の注意点をご紹介します。

引越しをする際、インターネット回線工事は不可欠

引越しに伴いプロバイダを変更するか、継続するかは好みがありますが、両者とも必ず回線工事が必要です。

賃貸物件に住んでいた場合には、乗り換え・継続利用に関わらずインターネット回線の撤去作業が必要になりますし、引越し先の工事も行います。

そのためインターネットの引越し手続きの作業量に関しては、乗り換えも新規契約も大差はありません。

撤去と新設工事の費用が発生する

インターネット回線の撤去工事・新設工事には費用が発生します。

キャンペーンなどを利用した場合には、工事費用が免除されることがありますので、初期費用を抑えられます。

ただ初期費用が免除は、一定期間インターネット回線の継続利用が条件となっている場合が多いですので、その点だけ注意してください。

プロバイダの継続利用できない地域がある

フレッツ光は、数ある光回線の中で利用できる地域が広範囲です。

そのため全国の大部分の地域でフレッツ光を利用できますが、一部地域では使えない場所もあります

また賃貸物件の場合には、特定のインターネット回線のみしか使えない場合もありますので、ご注意ください。

引越し当日から利用したいなら1か月以上前に手続きすること

インターネットのお手続きは、できれば引越す一ヶ月前には済ませて置くようにしましょう。

インターネット環境は、水道・ガス・電気と並んで、生活に必要不可欠なライフラインです。

引越し先にインターネット回線が配備されていない場合、回線工事が必要になるので、工事の日程調整をする必要があります。

そのため引越し当日から利用したい場合には、できだけ早く手続きしておかないと、引越し当日にインターネットが使えない!

なんてことがあったりするので、お手続きはお早めにすることがポイントです。

また撤去工事と同様に、引越しシーズンは工事業者も忙しいですので、予約がすぐに埋まってしますので要注意

なおフレッツ光には、新規利用・継続利用ともに申し込みページが用意されていますので、こちらから手続きしてください。

フレッツ光

フレッツ光(西日本)フレッツ光(東日本)

ルーターなどのレンタル物品の返却は忘れずに

インターネット回線の解約をする場合、撤去工事も必要になりますが、レンタル機器の回収も行われます。

インターネットを利用するためにはルーターなどの機器が必要ですが、無償で貸し出してくれるプロバイダが多いです。

ただレンタル機器は無償提供されているだけなどで、契約解除した場合はレンタル機器を返却しなければなりません。

そのため解約時にレンタル機器を返却できない場合には補償金を支払いが必要になることもありますので、注意してください。

引越しする時、フレッツ光を継続・乗り換えはどちらがお得?

判定

引越しをするタイミングで、いま契約しているプロバイダを変更するか迷っているかもしれません。

そこで、フレッツ光をそのまま継続した方がいい場合と、乗り換えた方がいい場合についてご説明します。

初期費用を抑えたければプロバイダを乗り換えた方がお得

新規でインターネット回線を利用する場合には、回線工事が必要です。

そのためインターネット料金とは別に、初期費用を請求されることになります。

しかしインターネットの新規契約や乗り換えの場合には、工事費用をプロバイダが負担してくれるキャンペーンがありますので、出費を抑えることが可能です。

プロバイダを継続利用した場合でも、引越し工事費用を負担してくれる業者もあります。

ただ金額面を考えた場合には、プロバイダを乗り換えた方が初期費用を抑えられることは間違いありません。

引越し後も同じ環境でインターネットを利用したいなら継続利用

引越し前と同じインターネット環境で作業をしたい場合には、プロバイダの継続利用をしましょう。

インターネット回線の引越しは大変ですが、フレッツ光なら引越しに伴う移転手続きもワンストップでできます。

また引越し先がフレッツ光の利用できる地域かどうかは、住所を入力すればすぐに判定してくれます。

自分で調べるのも大事ですが、忙しい引越しを少しでも楽にするためには、こういった専門の業者に丸投げしてしまって作業量を減らすのがとても重要になります。

フレッツ光のお手続きに必要な情報を入力すれば専門のオペレーターが勝手に手続きをしてくれますので、「忙しくて時間が取れない……」という人はこちらを活用して時短しましょう!

フレッツ光

フレッツ光(西日本)フレッツ光(東日本)

最後に:面倒なインターネット回線の引越しを簡略化する方法

インターネット回線の変更手続きをしないで、引越し先でインターネットを利用することはできません。

ただそんな、インターネット回線の手続きを簡略化させる方法があります。

それがインターネット回線の作業代行業者に依頼することです。

引越し手続きはインターネット代行業者に依頼しよう!

引越し手続きはどれも面倒な作業ですので、代行してもらって面倒な手続きを減らしましょう。

フレッツ光の場合には、継続利用・新規利用の両方に対応した手続きサイトがありますので、こちらから申し込めば引越し手続きが一気に楽になります

下記サイトでは必要情報を入力するだけでオペレーターが必要な案内を提案・案内してくれ、こちらが引越しの際に行う手続きを大幅に減らすことが可能です

また引越し代行に依頼すれば他の引越し準備に専念できますので、引越し後すぐ新しい生活に移行するためにも、できるだけ無駄な作業は省略しましょう。

フレッツ光

フレッツ光(西日本)フレッツ光(東日本)

タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る