会社をクビになったらすぐに引越し?退去のタイミングを徹底解説!

女性

勤め先の会社から突然解雇(クビ)を言い渡された場合、どう対処したらいいか戸惑います。

社宅など会社と提携している部屋に住んでいる場合、その場所から立ち退きしなければならないため、引越し準備が必要に。

ただ立ち退くにしても、翌日にすぐ引越しなんてできません。

そのため会社を解雇された際は、いつまでに退去すれいいのか、また引越しする猶予期間や引越し費用を抑える方法も把握する必要があります。

クビになった際に社宅から退去するまでの猶予期間

時間

自分で部屋を借りて住んでいる場合は、会社をクビになってもすぐに引越しする必要はありません。

ただ社宅など、会社関係の部屋に住んでいた際は、立ち退きを要請させることもあるため、退去する日の期間について解説します。

社宅の種類・目的によって退去期間は異なる

会社関係の居宅は4種類に分類できます。

部屋を借りている状況によって退去の有無や猶予期間が変わりますので、注意が必要です。

会社から部屋を借りる4つのケース
  • 専用社宅
  • 無償で利用できたいた部屋
  • 有償で利用していた部屋
  • 相場の家賃を支払っていた部屋

専用社宅は速やかに退去しなければいけない

専用社宅とは、工場や会社を管理するために住み込みで働いている警備員室や、工場長専用の部屋(社宅)をいいます。

一般的な社宅とはやや異なり、専用社宅は、その場所で働く人のために設けられた住宅施設です。職場と一体のようなものです。

そのため住み込みで働いていた人が解雇された場合、専用社宅から速やかに退去しなければなりません。

無償使用の社宅の退去猶予期間は規約内容を確認すること

無償使用の社宅とは、会社がタダで利用していた社宅をのことです。こちらもあまり一般的ではないかもしれません。

会社で働く人のために用意している住居であるため、会社をクビになれば居宅から退去しなければなりません。

また退去するまでに与えられる期間は、各会社の規定によって異なり、申し出から30日以内や解雇日までなど、会社の社員でなくなるタイミングまでに退去するのが一般的です。

社宅などに住む際に規約や契約を済ませていることほとんどですので、まずは会社の規約を確認してください。

低額有償使用の社宅は無償使用と同様に立ち退きが必要

こちらが一般的に言われる社宅に近いと思われます。

社宅の費用を支払っている場合でも、周辺相場よりも低額家賃で住んでいる際の立ち退き時期は、無償使用のケースと同様です。

低額家賃で利用できるのは、会社の社員である要素が大きく、福利厚生施設としての役割も担っています。

会社をクビになれば、会社の福利厚生施設は利用できませんし、会社の優待も受けられません。

そのため低額の家賃で社宅に住んでいるケースでは、無償使用と同様に規約で定められている期間内に退去しなければなりません

相場相当の家賃を支払っている場合はすぐに退去しなくていい

会社から斡旋された社宅(賃貸物件)に済んでいる場合でも、地域相場と同等の家賃を支払っているケースではすぐに立ち退きをする必要はないです。

社宅の賃料が一般相場程度の場合、借地借家法が適用対象になり、会社と賃貸契約を結んで住んでいるのと同等の扱いを受けます。

賃貸契約で部屋を借りているケースでは、貸主はすぐに退去を求めることはでbきません。

借地借家法では、貸主が解約の申し入れをする際は、予定日の6か月前に伝える必要があります。

そのため会社の解雇日が2か月後であっても、6か月間は現在の場所にすることも可能です。

借地借家法

第二十七条(解約による建物賃貸借の終了)
建物の賃貸人が賃貸借の解約の申入れをした場合においては、建物の賃貸借は、解約の申入れの日から六月を経過することによって終了する。
2 前条第二項及び第三項の規定は、建物の賃貸借が解約の申入れによって終了した場合に準用する。

会社をクビになった際に引越し費用は請求できるのか?

money

社宅に住んでいる場合だと解雇に伴い引越しが必要になりますし、転職するにしても今の場所に住み続けられるとは限りません。

会社から引越し代をもらえれば、今後の生活も少しラクになりますので、引越し費用を請求できるかを解説します。

会社に引越し費用を支払ってもらうのは困難

結論から申し上げると、解雇される際会社に引越し費用を負担してもらうのは困難です。

引越し費用を請求できない理由としては、解雇される際に会社が引越し費用を負担しなければいけない法律上の規定はないため、会社は引越し費用を支払ってくれないケースがほとんどです。

社宅から退去するケースでも同様の扱いとなるため、引越し資金がない人は、退職金などを使って引越しすることになります。

交渉次第では引越し費用を支払ってもらえることも

解雇には色々な種類があり、雇われ人に問題がある場合や会社の経営が困難な状況を除き、簡単に社員をクビにすることはできないです。

法律上、会社が解雇される人の引越し費用を支払わなければいけない規定はありませんが、任意の退職を勧められた場合、自主退職する見返りとして引越し費用を請求できる余地は残されています。

原則は費用負担をしてもらうことは難しい一方で、会社側も簡単にリストラはできないため、解雇について争う際は専門家に相談をしてください。

会社を解雇され時間が無い場合でも引越し費用を安く済ませる方法

money

社宅などから退去しなければならなくなったら、できるだけ引越し費用を減らすことが需要になります。

近場であれば自分だけで引越し作業することも可能ですが、地元に帰る場合など遠距離の引越しなる場合は引越し業者を利用してください。

費用を抑えたいなら平日に引越すこと

引越し業者の料金は、引越し需要によって大きく変わります。

たとえば引越し需要が高まる卒業・入学式シーズンの3月、4月は料金が高騰する一方で、オフシーズンの引越し費用は安いです。

メリット・デメリット
引越しオフシーズンは料金が安い!費用相場とメリット・デメリットについて引越しオフシーズンは、引越し料金も安いですし、希望日に引越ししやすいです。 また複数の引越し業者を比較できるため、よりお得に引越せる場合も。 そのため引越し費用の負担を減らしたい人は、オフシーズンの引越しも検討してください。...

また1週間の中でも、土日の料金は高く、平日の中日(火・水・木)は料金が安い傾向にあります。

会社から離れる場合、有給消化もしやすいですので、平日に引越しするように心掛けてください。

引越し業者の予約は可能な限り早めに

引越し業者に荷物を運搬してもらう場合は、早ければ早いほうがいいです。

理想は引越し1か月前の予約です。

引越し直前に依頼をしても、空きがなければ引越しすらできず、料金も高めになります。

また引越し業者に荷物の運搬を依頼する場合、飛行機や新幹線チケットと同じように早割が存在する業者も多いため、可能な限り早めに予約してください。

複数の引越し業者に見積もり依頼をしないと損をする

引越し業者の見積もりを依頼するなら、複数社に見積もりを取ってください。

家電を安く買うためにライバル店で他店の値段を提示し、値引き交渉する方法はよく使われます。

店側は値引きに応じないと商品を売れないので、価格交渉を受けてくれますが、ライバル店の存在がなければ積極的に値段を下げることはしません。

引越し業者も家電量販店と同様で、他店の存在を見せないと値段を下げてくれません。

そのため見積もりを取る場合は、複数の引越し業者に見積もり依頼している事実を匂わせることも、料金を下げるためには必要です。

ただ値引き交渉するのが苦手な方もいると思いますので、そのような人は『引越し一括見積もりサイト』を利用してください。

引越し一括見積もりサイトは、引越しする人に代わって、複数の業者に対して見積もり依頼をしてくれます。

サイト利用は無料ですので、何度も連絡するのが面倒な方人や値段交渉が苦手な人は、引越し一括見積もりサイトの利用をオススメします。

会社を解雇された際の退去方法のまとめ

会社を解雇された際の退去方法のまとめです。

退去する際のポイント
  • 社宅住まいは原則立ち退きが必要
  • 立ち退き期間は会社の規約によって異なる
  • 相場相当の賃料を支払っている場合はすぐに退去する必要は無い
  • 引越し費用を会社に負担してもらうのは難しい

会社を解雇されると心身共に辛いですが、新たな生活をスタートするための準備も開始しなければなりません。

社宅に住んでいる場合は、退去日の期限を確認し、その日時に併せて引越し作業を進めてください。

また引越し業者に運搬を依頼する場合、複数社に依頼しないと損をしますので、引越し一括見積もりサイトを上手く活用し、引越し費用を抑えてください。

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較