豆知識

新電力切り替えにスマートメーターは必須?引越し時にやるべき手続きとは

スマートメーター

新電力切り替える人は、スマートメーターやブレーカーの交換が必要になるかもしれません。

交換自体は業者が行ってくれますが、作業には立ち会いや工事の日程調整が必要になるため、引越し先で新電力を利用する人は、連絡するタイミングが重要。

切り替えるタイミングを間違えると、電気が利用できない状態で新生活をスタートすることになりますので、本記事で引越しする際のメーター交換やブレーカーについて解説します。

電気メーターにはアナログメーターとデジタルメーターの2種類ある

電気の使用量を測る機械として、電気メーターがあります。

電気メーターは、デジタルメーター(スマートメーター)とアナログメーターの2種類あり、ご家庭ではスマートメーターまたはアナログメーターのいずれかを利用して、電気の使用量を測っています。

スマートメーター

デジタル

スマートメーターとは、電気の使用量をデジタル管理している計測機器です。

スマートメーターはネットワーク通じて管理をしているため、電力会社の検針員がメーターを目視し、使用量の確認する手間が省略されます。

また契約会社がオンラインでの利用開始・利用停止の作業を行えるため、解約時に使用量の精算の検針に立ち会う必要がなくなるのもメリット。

なお現在アナログメーターを使用している家庭については、電気メーターを取り急ぎスマートメーターに変更する必要はありません。

ただ2024年には全国のほとんどのメーターがスマートメーターになる予定であり、新電力を利用する際はスマートメーターへの切り替えが必要です。

アナログメーター

アナログ

アナログメーターとは、文字通りアナログで電気の使用量を測る機械です。

メモリの部分がアナログ式になっているのが特徴で、アナログメーターでも電気を使用する上での問題はありません。

また東京電力など大手電力会社と契約して電気を使う場合、アナログメーターのままでも利用できますが、新電力を使用する際は、必ずスマートメーターへの交換が必須です。

なお2017年3月末時点では、すでに2,700万台以上のスマートメーターが導入されており、将来的にはアナログメーターは全部スマートメーターへ交換されます。

大手電力会社
大手電力会社の引越し手続き一覧!電気の解約・新規契約はコチラからほとんどのご家庭の電気は、大手電力会社と契約し利用しています。 今まで利用してきた電力会社の管轄外に引越す場合には、解約・新規手続きが必要です。 万が一手続きを忘れると、引越し先で電気が利用できませんし、解約漏れは料金の二重払いになりますのでご注意ください。 また東京電力の管轄外に引越し方は、引越し先で利用する電力会社への連絡を忘れずにしてください。...

引越し時にスマートメーターに変更する際の手続き方法

チェックリスト

では次に引越しする際、スマートメーターに変更する時の手続き方法をご説明します。

新電力に変更する際はスマートメータへの切り替えは必須

新電力とは、2016年4月から始まった電力自由化により、新規参入した会社と契約することをいいます。

たとえばガス業者の「ニチガス」や、通信会社の「au」も電気業界に参入していますが、これらも新電力に該当します。

参考:送配電事業者一覧(資源エネルギー庁)

そして、電気の販売(契約)会社を新電力に変更する際には、スマートメーターでの管理が必須

そのためアナログメーターを使用している場合には、新電力の乗り換えに併せてスマートメーターの交換も必要です。

スマートメーターの切り替えに特別な手続きは不要

アナログメーターからスマートメーターへの変更は、新電力との契約時に一緒に行うため、特別な手続きは不要です。

新電力と契約すると、必要な設備は電気工事店などが設置作業してくれますので、引越しする人が作業することはありません。

またスマートメーターへの取り換えは原則無料であり、特殊なケースを除き電気会社を切り替える際の工事費用を負担することはありません。

スマートメーターへの切り替えは電気業者が作業を行う

新電力と契約しても、スマートメーターの設置が完了するまでは、電気は使えません。

メーターの取り換えは電気業者が行いますが、業者との日程調整が必要ですので、引越し直前に新電力との契約すると、引越し先の電気工事が間に合わない可能性も。

そのため引越し先がまだアナログメーターの場合には、引越し1か月前~2週間前くらいまでに乗り換え手続きし、引越し後すぐに電気が利用できるようにしてください。

なお、スマートメーターへの切り替えは、新電力の利用の有無にかかわらず順次行われています。

引越し先がスマートメーターかどうかは、不動産仲介業者に確認してください。

参考:スマートメーターへの取替のお知らせ(東京電力パワーグリッド)

スマートメーターへの変更でブレーカーも取り換えが必要になる可能性がある

スマートメータにはアンペア容量を設定する機能があるため、ブレーカーの機能のうち、アンペアブレーカーは不要となります。

そのためスマートメーターの切り替える際に、ブレーカーの変更や接続機器の取り付けが必要になる場合もあります。

ブレーカーとは電気を安全に使うための装置

ブレーカー

ブレーカーは、電気を安全に利用するための装置です。

異常電流や一定以上の電流を使用した際、回路を遮断することでトラブルを未然に防ぎます。

またブレーカーには、「アンペアブレーカー」・「漏電ブレーカー」・「安全ブレーカー」の3種類あります。

アンペアブレーカーとは、電気会社と契約しているアンペア(電気の容量)を管理しており、契約しているアンペアを超えて電気を利用した際に作動します。

エアコンやドライヤー、電子レンジなどを同時利用して停電するのは、アンペアブレーカーが作動するためです。

漏電ブレーカーとは、電気配線や電化製品などが漏電を起こした際に回路を遮断する装置です。

普段の生活で漏電ブレーカーが落ちることはありませんが、万が一の事故を防ぐために備わっています。

安全ブレーカーとは、使用している電気機器の故障や電気の使い過ぎにより許容電流を超えた際に作動します。

ブレーカーが落ちる場合、3種類のブレーカーのどれが落ちたかによって原因が変わります。

契約しているアンペアに余裕があるのに、ブレーカーが落ちてしまう場合、どこかトラブルが発生している可能性もありますので、気を付けましょう。

引越しは新電力の乗り換えるチャンス

money

引越しのタイミングは、電気料金を見直すいい機会です。

同じ電力会社を利用する場合でも、引越し時に手続きは必要ですので、固定費削減のために一度電気料金を比較してみましょう。

新電力とは電力自由化で新規参入した会社

新電力とは、東京電力などの大手電力会社以外の会社が販売している電気をいいます。

2016年3月までは、大手電力会社と契約して電気を使っていましたが、2016年4月の電力自由化に伴い、他業種からも電気の小売りに続々と参入しています。

電力自由化になったのは、電気を販売する部分のみだけですので、新電力であっても電気の供給システムは変わりません。

したがって使用料金の安さで電気販売会社を決めても、電気の使用に影響はありませんので、安心してください。

新電力は電気料金以外の割引が適用できるのが特徴

他業種から参入している新電力の会社は、本業のサービスとのセット割が利用できるのが特徴です。

たとえば通信会社大手のauは、スマホ料金が家族で割引になる『auでんき!おトク割』の適用ができます。

auでんき おトク割 【キャンペーン期間】2020年4月10日~2020年5月31日

電気料金を乗り換えても、電気の使用量が少なければ料金にそこまで大きな差が出ないこともあります。

しかし「auでんき!おトク割」なら、スマホ料金が最大で月2,000円×12か月間割引に。

auでんきにご加入中の方も!これからお申込みの方も!auでんきご利用かつ下記条件を全て満たすと、8月以降KDDIサービス・沖縄セルラー電話サービスご利用料金総額から 家族割プラスカウント回線数2回線 最大1,000円×12ヵ月間割引 家族割プラスカウント回線数3回線 最大2,000円×12ヵ月間割引

出典:auでんき

またスマホアプリなどで、使用量などもチェックできますので、電気の使いすぎにも気を付けることが可能です。

ニチガスでんきはガスと電気のセット割引が利用できる

電気料金の割引は、同じライフラインであるガスとのセット割も有効です。

ガス会社大手のニチガスは、『ニチガスでんき』として電気販売に参入しています。

ニチガス電気

お得なポイントとしては、電気とガスのセット価格

他社と料金を比較すると、毎月の電気代・ガス代を合計1,000円も抑えるとも可能です。

ガス

またニチガスでんきへの乗り換えは、申し込みサイトに必要事項を入力するだけでOK。

乗り換え手続き方法の不明点がある場合や、質問したことがありましたら、電話での応対もしています。

ニチガスでんき申し込み!

新電力とスマートメーターのまとめ

新電力に切り替える際の、スマートメーターについてのまとめです。

新電力とスマートメーターのまとめ
  • スマートメーターはデジタル管理するメーター
  • 将来的には全部がスマートメーターに切り替わる
  • 新電力を使用する際にスマートメーターは必須
  • セット割を利用するとよりお得に

大手電力会社から新電力に切り替える際には、電力メーターやブレーカーの変更が必要になることがあります。

ただ新電力との契約時に説明してくれますので、工事日程などに気を付けて電気料金を抑えましょう!

引越し専門サイトおすすめ!

種類別引越し手続き方法

引越し時には、色々な手続きが必要です。

そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

ご紹介する業種一覧!

  • 引越し一括サイト
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • インターネット
業種サイトの特徴
引越し一括サイト

チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越し

チャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

チャチャット引越し申し込み!

ガス

ニチガス

ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

東京ガス申し込み!

電気

ニチガスでんき

ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガスでんき申し込み!

水道

水道の引越し手続き案内窓口

水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

水道手続き申し込み!

インターネット

フレッツ光

日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

フレッツ光申し込み!