引越し荷物を宅配便で送るのはアリ!?やっていい人とダメな人

引越し荷物の宅配便

引越し業者に引越しをお願いすると、当然お金がかかりますよね?

ですが、自分自身ですべて荷物を運び、引越し作業を行ってしまえば、引越し費用は最小限に抑えることが可能です。

自分で引越し!というと、トラックをレンタルして重い荷物を運んで……というのを連想するかもしれませんが、

実はトラックをレンタルしなくても、宅配便で荷物を送れば体一つで引越しが可能だったりします

ただ宅配便を利用して、引越す場合のデメリットもしっかりとチェックする必要があります。

引越し準備をしてから、「やっぱり引越し業者に頼めばよかった~」とならないための、宅配便の注意点をご説明します。

引越し荷物を宅配便で送るのは可能なのか?

はてな

そもそも引越し荷物を宅配便で送るのは、アリかナシか(つまりはそんなこと出来るのか)わからないと思いますので、ご説明します。

結論:引越し荷物を宅配便で送ることは可能

まず引っ越し荷物を宅配便で送ることは、可能です。

引越しする人からすれば引越し荷物ですが、宅配業者からすると、引越し荷物も普通の荷物も同じです。

そのため宅配便で移送可能な荷物であれば、問題なく引越し先に運送できます。

宅配便で送ると引越し費用が安くなる

引越し費用の内訳で、一番大きな割合を占めているのは人件費です。

引越し業者に依頼する場合、引越し作業を行う従業員分の人件費が引越し費用に上乗せされているため、どうしても万単位のコストが発生します。

しかし宅配便であれば、1箱1,000円から3,000円程度の値段で移送できますので、荷物の運搬費用だけでコストが抑えられます。

一人暮らしや荷物が少ない人は宅配便も選択肢

段ボール1箱1,500円で移送できる場合、6個分の段ボールでも1万円以内に収まります。

そのため引っ越し荷物が少ない人が宅配便を利用すれば、1万円以内での引越しも可能。

ただ荷物が多い場合や、荷物の種類によっては、自分で梱包・発送した方が費用がかさむ場合もあります。

宅配便で引越し荷物を送る際の注意点

注意

宅配便で引越し荷物を送れば、引越し費用を抑えることが可能ですが、引越しする荷物の量や種類は、引越しする人によって違います。

となると当然引越しに必要な作業も変わりますので、引越し業者に依頼した方がスムーズに引越せます。

宅配便で送れない荷物もある

衣類や食器類などは梱包して宅配できますが、冷蔵庫やピアノなどの大物については、通常の宅配では送れません。

また宅配業者では家具家電専用の宅配プランも用意されていますが、段ボールの配達料金よりも割高になりますので、個々に送るよりも引越しパックを利用した方がお得になることもあります。

最小限の費用に抑える場合には集荷場への持ち込みが必要

宅配業者によっては、無料で自宅まで荷物を取りに来てくれる業者もありますが、最安値で郵送したいなら、宅配業者の集荷場へ荷物を持っていくのが一番お得です。

たとえば宅配便大手の「ヤマト運輸」の場合、ヤマト運輸直営店に荷物を持参すると、1個につき100円引き(クロネコメンバーズなら150円引き)で送れます。

荷物の受け取り人が必要

宅配で送る場合の難点としては、荷物の受け取りが必要な点です。

引越し業者に依頼すれば、朝運搬した荷物が昼(または夕方)に届きますので、タイムロスがありません。

一方宅配便で送る場合、翌日や2,3日後に荷物が届くため、その間一切自分の私物が使えない状態に。

そして荷物を送った際には受け取りが必要となりますので、受取時間の間は、外出して住民票などの手続きを済ませることもできません。

引越し
引越し後にやるべき手続きリスト!目安は2週間以内に完了させること引越ししたらすぐにやらなくてはいけない手続きがあります。 特に役所関係の手続きは期限が決まっており、期限を経過すると罰則規定がある種類もあります。 こちらの記事では、種類ごとに手続き方法や期限についてご説明します。 またやるべき順番も説明していますので、是非チェックしてください!...

費用対効果を考えると実はそこまで安くはない

宅配便で引越し荷物を送ることで、荷物を送る費用は抑えられます。

ただ荷物が多かったり、家具家電も移送する際には、そこまで割安にはなりません。

また自分で引越し準備をすると、漏れや家具の破損が発生するケースもありますので、リスク込みで考えると、自分で荷物を送るのが割安とは言い切れません。

引越しで宅配便を利用するかどうかの結論

判定

引越しで郵便を使うべきか・やめるべきか、それは引越しする人自身の状況で異なります。

荷物が少ない人は宅配便を使うのがお得!

引越し荷物が少ない人は、宅配便を利用した方が引越し費用を抑えられます。

そのため一人暮らしや、近距離引越しの人は宅配便を活用することも選択肢に入れましょう。

荷物が多い・大型家電が多い人は使わないほうがいい

一人暮らしの方でも、引越し荷物が多い人や白物家電を移動させる人は、引越し業者を利用してください。

宅配便を利用した引越しは、費用を抑えられます。

ただ引越しにかかる時間や手間暇をトータルで踏まえると、引越し業者に依頼した方がお得です。

宅配便を利用しなくても引越し費用を安くする方法

自分で集荷場まで荷物を運んで、宅配便を利用しなくても、引越し費用を安くする方法があります。

それは引越し一括見積もりサイトを利用して、引越し業者を見つけることです。

引越し費用を安くするなら必ず複数の業者に見積もりをだしてもらうこと

引越し費用は、引越しする人によって値段は異なります。

なので値段交渉をして、引越し費用を抑えることが可能です。

ただ値段交渉をするにしても、競争相手がいなければ引越し業者は値下げを行いません。

なぜなら引越し費用を下げなくても、1社しか見積もりを取らない顧客なら、他の業者に取られる心配がないからです。

一方、複数の引越し業者に見積もり依頼をしたらどうでしょうか。

引越しする人は値段が安い方をチョイスしますので、業者からするとライバル会社に顧客を奪われることに。

そうなれば必然的に値段を下げて価格勝負をしてきますので、引越し費用を下げることが可能となる仕組みです。

引越し一括見積もりサイトは業者との値段交渉を代行してくれる

複数の引越し業者に見積もりをしてもらった方が、引越し費用を抑えられますが、引越しの忙しい時期に何社も問い合わせるのは大変です。

そんな中、引越し一括見積もりサイトを領した場合には、引越しする本人に代わって引越し見積もりをしてくれます。

また見積もりサイトが査定依頼をする会社は、5社10社と多いため、自分で業者に連絡するよりも効率的です。

もちろん引越し一括見積もりサイトを利用しても、手数料はゼロ円ですので、気軽に利用できます。

引越し荷物を宅配便で送る方法のまとめ

引越し荷物を宅配便で送る際のまとめです。

引越し荷物を宅配便で送る際の注意点
  • 郵便で送ることは可能
  • 荷物量が少なければ郵便も便利
  • 郵便では遅れない物もある
  • 普通に引越すなら業者に依頼すべき

引越し荷物が少ない人は、郵便で送ることで費用を抑えることが可能です。

しかし沢山の荷物を送る場合は、作業時間やコストがかさんでしますので、引越し業者に依頼した方がラクです。

なお引越し業者は必ず、複数社に見積もり依頼をしてください。

引越し一括見積もりサイトを利用すれば、数十社を比較できますので、オススメです。

 

タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較