徹底検証!楽天でんき・ガスと東京電力のセット料金を比較!

料金比較

楽天東京電力の電気ガスセット料金を比較します!

電気とガス料金は1社にまとめる時代であり、セットで利用することにより、トータルの費用を抑えることが可能です。

本記事では『電気料金』・『ガス料金』・『セット割引』の3つの視点で楽天と東京電力を比べ、どちらが電気代ガス代を安くできるのかご紹介します!

【電気料金を比較!】楽天でんきと東京電力のプランの違い

電気

電気料金の基本的な計算は、基本料金従量料金(使用した分の料金)を合計した金額です。

基本料金は電気の使用量に関わらず発生し、従量料金は電気を使用量に対して料金が発生する仕組みです。

【楽天でんき】プランSの料金プラン

一般家庭が契約する楽天でんきのプランは、『プランS』です。

プランSの最大の特徴は、基本料金が0円であること。

長期旅行や出張で1か月電気を一切使わなければ、電気代は発生しません。

また従量料金は、月に使用する電力量にかかわらず一定です。

なお大手電力会社が管轄するエリアによって、1kWhあたりの従量料金は異なる点には注意してください。

プランSの料金表(1か月の税込み金額)

地域エリア 基本料金 従量料金
北海道電力エリア 0円 30.00円/kWh
東北電力エリア 0円 26.50円/kWh
東京電力エリア 0円 26.50円/kWh
中部電力エリア 0円 26.50円/kWh
北陸電力エリア 0円 22.00円/kWh
関西電力エリア 0円 22.50円/kWh
中国電力エリア 0円 24.50円/kWh
四国電力エリア 0円 24.50円/kWh
九州電力エリア 0円 23.50円/kWh
沖縄電力エリア 0円 27.00円/kWh

【東京電力】『スタンダードS』

東京電力で電気を利用する場合、「スタンダードS」がメインプランとなります。

スタンダードSは、10Aから60Aまでの契約が可能なので、一人暮らしの人や複数人で生活している人も利用できるプランです。

スタンダードSプランの料金表(1か月の税込み金額)

基本料金 10A 286.00円
15A 429.00円
30A 858.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh 19.88円
121kWh〜300kWh 26.46円
301kWh〜 30.57円

※関東エリアのプラン料金
※最低月額料金は235.84円

スタンダードS
東京電力のオススメプランはスタンダードS!ガスとセットで更にお得に!東京電力の電気プランは複数用意されていますが、オススメは『スタンダードS』プランで、電気ガスセット割もあるため、ガスプランの契約も検討してください。 また電気の使用量や使用する時間帯によっては、スタンダードS以外のプランも選択肢になりますので、各プランの特徴について解説します!...

1か月の電力消費量が少ない人は『東京電力』

楽天でんきは基本料金0円なので、電気消費量がかなり少ない人は楽天でんきを利用することによるメリットもあります。

しかし一人暮らしする上で、通常利用する程度の電力消費量で比較するなら、電気料金は東京電力の方が安いです。

1か月の電気使用量が少ないケース

  東京電力 楽天でんき
プラン スタンダードS プランS
基本料金 572円(20A) 0円(30A)
電力量(200kWh) 4,502.4円 5,300円
合計料金 5,074円 5,300円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

家族で住んでいる人は『楽天でんき』

二人暮らしや二世帯・三世帯で住んでいる家庭は、電力消費量が多いです。

そのような世帯については、楽天でんきを使用した方が月額料金を抑えられます。

楽天電気は電気の使用量に関わらず従量料金が一定なので、月々に使う電気量が多い家庭ほどお得です。

1か月の電気使用量が多いケース

  東京電力 楽天でんき
プラン スタンダードS プランS
基本料金(30A) 858円 0円
電力量(300kWh) 7,148.4円 7,950円
合計料金 8,292円 7,950円

※割引適用はしていません。
※電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、実際の料金とは少し異なります。

東京電力デメリット
東京電力で電気ガス契約をまとめるのは損?デメリットもしっかり解説!電力自由化に伴い、他業種でも電気販売が可能になりました。 新規参入する会社は、既存の電力会社よりも魅力的なプランを打ち出さないと契約をもぎ取れませんので、キャンペーンやお得なプランを打ち出しています。 東京電力も新規参入事業者に対抗するためのプランを用意していますが、用意したプランが魅力的かどうかは別問題です。 なので今回は、東京電力で電気ガス契約をする際のデメリットをガッツリ紹介します!...

【ガス料金を比較!】楽天ガスと東京電力のプランの違い

ガス

楽天も東京電力もガス業者ではありません。

ただ新規参入で顧客を獲得するために、料金プランは相場平均または、それ以下の金額に設定されています。

楽天ガスの料金プラン

楽天ガスの料金プランは、提供元のガス業者を参考としており、執筆時点においては参考プランと料金は同じです。

楽天ガスが参考にしている都市ガス業者

  • 関東地方
    ⇒東京ガス
  • 中部地方
    ⇒東邦ガス
  • 関西地方
    ⇒関電ガス

関東地方は東京ガスの料金が基準

関東地方に住んでいる方が適用できる『楽天ガス supplied by 東京ガスプランS』は、東京ガスの「一般契約料金」と同じ料金です。

東京電力のガス料金と同じではないので、ご注意ください。

1か月のガス料金(東京地区等)

1か月のガス使用量 基本料金(円) 従量料金(円・m³)※
0m³から20m³まで 759円 125.26円
20m³を超え80m³まで 1,056円 110.41円
80m³を超え200m³まで 1,232円 108.21円
200m³を超え500m³まで 1,892円 104.91円
500m³を超え800m³まで 6,292円 96.11円
800m³を超える場合 12,452円 88.41円

2020年11月時点で開示されている、12月検針分情報に基づきます。

中部地方は東邦ガスの料金が基準

中部地方に住んでいる方が適用できる『楽天ガス supplied by 東邦ガスプランS』は、東邦ガスの「がすてきトクトク料金」と同じ料金です。

関西地方は関西電力ガスの料金が基準

関西地方に住んでいる方が適用できる『楽天ガス supplied by 関西電力ガスプランS』は、関西電力ガスの「GAS 得プラン もっと割料金」と同じ料金です。

楽天ガス
楽天ガスはお得!?特徴と利用可能エリアを徹底解説!都市ガスの自由化により、楽天も2020年10月26日からガス小売りに参入しました。 楽天ユーザーなら、楽天ガスと契約するメリットや、新規契約者向けのキャンペーンも実施されています。 しかし契約できる地域は限られていますので、本記事で楽天ガスの特徴と利用可能エリアをご説明します。...

【東京電力】『とくとくガス』プラン

東京電力でガスを利用する際には、「とくとくガスプラン」が基本プランとなります。

とくとくガスプランの1か月料金表

1か月のガス使用量 基本料金(円) 従量料金(円・m³)
0m³から20m³まで 736.23円 140.94円
20m³を超え80m³まで 1,024.32円 126.54円
80m³を超え200m³まで 1,195.04円 124.40円
200m³を超え500m³まで 1,835.24円 121.20円
500m³を超え800m³まで 6,103.24円 112.67円
800m³を超える場合 12,078.44円 105.20円

ガスの使用量にかかわらず楽天ガスの方が安い

東京電力と楽天ガスを比較すると、少量でも多く使用するケースでも楽天ガスの方が料金は安いです。

東京電力と楽天ガスのガス料金比較(5m³)

東京電力 楽天ガス
プラン とくとくガスプラン プランS
基本料金(5m³) 736.23円 759円
使用量(5m³) 704.7円 626.3円
合計料金 1,440円 1,385円

東京電力と楽天ガスのガス料金比較(30m³)

東京電力 楽天ガス
プラン とくとくガスプラン プランS
基本料金(30m³) 1,024.32円 1,056円
使用量(30m³) 3,796.2円 3,609.3円
合計料金 4,820円 4,665円

※楽天ガスは12月の検針分により計算しています。

【電気ガスセット】楽天と東京電力のセットプランの特徴

お金

それでは3つ目の比較となります、電気ガスセット利用による割引内容を比較します。

【東京電力】ガスセット割の適用

東京電力は、電気を「スタンダードS」、ガスを「とくとくガスプラン」で契約すると、ガスセット割の適用となり、ガス代が12か月8%OFFになります。

またWEBから電気とガス契約の申し込みを行うと、T-POINTやPONTAなど主要のポイントカードを1,000ポイントGETできます。

Webからの電気+ガスのお申込みで最大1,000ポイントプレゼント!※5

【楽天】電気・ガスセットで獲得ポイントアップ

楽天でんきを単独使用する場合、楽天ポイントは200円につき1ポイント付与され、楽天でんきと楽天ガスをセット利用すれば100円につき1ポイント付与と、付与率が2倍になります。

また楽天ガスの料金に対しても100円につき1ポイント付与されますし、支払いを楽天カードにすれば、さらに100円につき1ポイント付与される仕組みです。

なお現在(2020年11月時点)実施されているキャンペーンでは、新規申し込みすることで6,000ポイント獲得できます。

楽天ガス出典:楽天ガス

一人暮らしのなら『東京電力』、家族世帯なら『楽天』の電気ガスセットプランがオススメ

『電気料金』・『ガス料金』・『セット割』の3項目で比較した結果、次の結論になりました。

・電気とガスの使用量が少ない世帯の場合
東京電力がオススメ

・電気ガスの使用量が多い世帯の場合
楽天がオススメ

以下、詳細になります。

東京電力は一人暮らし向け

東京電力と楽天を比較した場合、電気とガスの使用量が少ない世帯では、東京電力の方がお得になる結果となりました。

ガス料金は楽天ガスの方が安くなる一方で、トータルで考えると東京電力になります。

なお楽天ガス、楽天でんきの契約者で利用できるプランですので、電気は東京電力・ガスは楽天ガスの組み合わせはできません。

電気ガスの合計料金の比較(一人暮らし)

東京電力 楽天
電気料金
(200kWh)
5,074円(20A)
(スタンダードS)
5,300円(30A※)
(プランS)
ガス料金
(5m³)
1,440円
(とくとくガスプラン)
1,385円
(プランS)
合計料金 6,514円 6,685円

※楽天でんきは、20A超えるアンペアでないと契約できませんので、30Aで計算しています。

楽天は家族で住んでいる家庭向けのプラン

電気・ガスの使用量が多い家庭は、楽天でんき・楽天ガスのセット利用がお得です。

電気料金は、使用量が多い家庭ほど楽天でんきの方がお得になりますので、一括乗り換えも選択肢になります。

電気ガスの合計料金の比較(家族世帯)

東京電力 楽天
電気料金
(30A・300kWh)
8,292円
(スタンダードS)
7,950円
(プランS)
ガス料金
(30m³)
4,820円
(とくとくガスプラン)
4,682円
(プランS)
合計料金 13,112円 12,632円

ガス
楽天ガスへの申し込みはコチラ!

電気とガスはまとめないと損をする

電気とガスの契約は、1社にまとめないと損です。

なぜなら、楽天電気のようにセットで契約すると6000ポイントプレゼントというキャンペーンを行っていたり、割引の優遇が受けられたりするからです。

企業側からすると、セット利用は2つ契約を獲得できるのと同義なので、セットで契約してもらうためにプランをお得にしています。

いま契約の見直しを検討されているや、引越しするタイミングの方は、この機会に電気とガスの契約を一本化してください!

タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る