東京電力で電気ガス契約をまとめるのは損?デメリットもしっかり解説!

東京電力デメリット

電力自由化により、東京電力などの大手電力会社以外でも電気契約ができるようになりました。

東京電力も電気プランの種類を増やしたり、都市ガスとのセット割があるなど、魅力的なプランも用意されています。

ただ電気・ガスの使用量によっては、他の会社と契約した方がいい場合もありますので、東京電力と電気ガス契約する際のメリットだけでなく、デメリット・注意点もガッツリ紹介します!

東京電力で電気・ガスを契約する際のメリット

merit

東京電力は都市ガス業界にも参入しているので、電気とガスをセットで利用するとお得になる特典を受けられます。

WEB申し込みで最大1,000円相当のポイントをGET!

東京電力電気・ガス申し込みをWEBで行うと、1,000円相当のポイントがもらえます。

ポイントはT-POINTやPontaなどと交換なのなので、無駄になることはありません。

Webからの電気+ガスのお申込みで最大1,000ポイントプレゼント!※5

ポイント付与は、電気料金プラン500ポイント、ガス料金プラン500ポイントとなっていますので、両方をセットで契約すると1,000ポイントを獲得できる計算です。

片方を追加で申し込みする際は500ポイントですが、WEBで手続きするだけでもらるため、オプションへの加入などの手間はありませんのでご安心ください。

東京電力の申し込みはWEBで!

東京電力のガス料金は東京ガスよりも安い

東京電力のガス料金は、都市ガス大手の東京ガスよりも安いです。

東京電力でガス料金を利用する場合には、『とくとくガスプラン』がメインプランです。

【東京電力】とくとくガスプランの1か月料金表

1か月のガス使用量基本料金(円)従量料金(円・m³)
0m³から20m³まで736.23円140.94円
20m³を超え80m³まで1,024.32円126.54円
80m³を超え200m³まで1,195.04円124.40円
200m³を超え500m³まで1,835.24円121.20円
500m³を超え800m³まで6,103.24円112.67円
800m³を超える場合12,078.44円105.20円

東京ガスのメインガスプランは、『ずっともガスです。

【東京ガス】ずっともガスの1か月の料金プラン

1か月のガス使用量基本料金(円)従量料金(円・m³)
0m³から10m³まで759.00円160.16円
10m³を超え80m³まで1,056.00円130.46円
80m³を超え200m³まで1,232.00円128.36円
200m³を超え500m³まで1,892.00円124.96円
500m³を超え800m³まで6,292.00円116.16円
800m³を超える場合12,452.00円108.46円

※従量料金は、記事執筆時点の東京地区の基準単位料金です。

ガスを1か月20m³使用したケースで東京電力と東京ガスの料金を比較しますと、東京電力のガス料金プランの方が安いです。

ガス(20m³)の料金比較

東京電力
(とくとくガスプラン)
東京ガス
(ずっともガス)
基本料金736.23円1,056円
従量料金2,818.8円2,609.2円
ガス料金
(20m³)
3,555円
3,665円

電気・ガスセット利用でガス代が最大8%割引

東京電力で電気は「スタンダードS」、ガスは「とくとくガスプラン」で契約すると、ガス代が12か月8%OFFになる割引を受けられます。

8%OFFの内訳

  • 「スタート割」の適用で12か月間5%OFF
  • 東京ガスの一般料金よりも3%安い料金設計

8%OFFは12か月のみですが、3%OFFは期間限定ではありません。

また電気とガスをセットで利用して料金が安くなるのはガスだけなく、ガスセット割の適用により、電気代も毎月100円、年間で1,200円割引されます。

電気代の月100円割引は期間がありませんので、東京電力で電気・ガスを契約している限りずっと割引対象です。

キャンペーン
東京電力のキャンペーンがお得!電気とガスのセット利用で料金をお得に!東京電力でガス契約もできるのですが、ガス料金の安さと電気ガスセット割引の2点でオススメできます。 またキャンペーン期間中に申し込めば、さらにお得になりますので、キャンペーン情報や電気ガスセットのポイントをご紹介します!...

東京電力ガスプランの料金面以外の特典

東京電力でガス契約をすると、料金面以外の特典も用意されています。

ガス機器の修理が無料

東京電力のガスプランを利用していれば、ガス機器の自然故障が発生した際の修理代が無料になります。

対象機器は設置・購入してから10年以内と非常に長いです。

また対象期間中であれば、修理は何度も受けられます。

ガス機器・床暖修理サービスが無料でついてくる!ガス機器等が自然故障した場合、修理が無料!※3

生活トラブルの応急処置費用も無料!

東京電力のガスプランでは、電気設備・水まわり・カギ・窓ガラスの応急処置費用が無料になります。

作業時間が90分(電気設備は60分)までなら、作業費もかかりません。

また応急処置に必要な部品代も2万円までなら無料と、万が一が発生した際の出費が抑えられます。

生活かけつけサービスが無料でついてくる!よくある生活トラブルの応急処置が無料!※4※5※6※7

ガスも東京電力!

東京電力と東京ガス
東京電力と東京ガスの料金比較!電気ガスセットはどちらがお得!?東京電力と東京ガスの電気ガスセットプラン比較記事です! 両会社とも、電気とガスをまとめて契約することが可能であり、セット割の適用も可能です。 そこで本記事では、『電気料金』・『ガス料金』・『セット割引』の3つの視点から、東京電力と東京ガスを比べていきます!...

東京電力の電気契約する際の落とし穴

比較

電力自由化以前は、首都圏では東京電力しか電気契約を結べませんでしたが、2016年4月からは東京ガスやニチガスなど、新電力に参入した会社と電気契約が結べるようになりました。

電力自由化といっても、自由になったのは販売部分なので、供給される電気の質は大手電力会社と同様です。

したがって新電力を選んだとしても、品質が下がることは無いため、電気料金の安さで契約する会社を判断して問題ありません。

この章では、東京電力とライバルとなる東京ガスの電気料金を比較してみます。

東京電力の電気料金は意外に高い

東京電力で電気を利用する場合、「スタンダードS」プランがオーソドックスなプランです。

スタンダードSは、10Aから60Aまでの契約が可能で、一人暮らしの人や複数人で生活している人など、幅広い層を取り込んだプランです。

スタンダードSプランの料金表(1か月の税込金額)

基本料金10A286.00円
15A429.00円
30A858.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh19.88円
121kWh〜300kWh26.46円
301kWh〜30.57円

※関東エリアのプラン料金
※最低月額料金は235.84円

スタンダードS
東京電力のオススメプランはスタンダードS!ガスとセットで更にお得に!東京電力の電気プランは複数用意されていますが、オススメは『スタンダードS』プランで、電気ガスセット割もあるため、ガスプランの契約も検討してください。 また電気の使用量や使用する時間帯によっては、スタンダードS以外のプランも選択肢になりますので、各プランの特徴について解説します!...

東京ガスの電気プランは『ずっとも電気1s』か『ずっとも電気1』

東京ガスで電気を使用する際のプランは、「ずっとも電気1s」と「ずっとも電気1」の実質2択。

「ずっとも電気1s」は、一人暮らしや電気料金を節約したい人向けのプランで、10Aから契約できるのがポイントです。

また東京電力の「スタンダードS」プランと似た料金形態となっているため、料金の比較がしやすいです。

ずっとも電気1sの料金プラン(1か月の税込金額)

基本料金10A286.00円
15A429.00円
30A858.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh19.85円
121kWh〜300kWh25.35円
300kWh〜27.48円

一方「ずっとも電気1」は、複数人で住んでいる人や自宅で仕事をしている人など、ある程度電気を使用する人向けのプランです。

「ずっとも電気1」は契約が30Aからと、「ずっとも電気1s」プランよりも契約A(アンペア)が高いです。

しかし141kWhからの電力量料金は、「ずっとも電気1s」よりも安くなっているため、利用する電力量が多い人は、「ずっとも電気1」を利用した方が料金を抑えられます。

ずっとも電気1の料金プラン(1か月の税込金額)

基本料金30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
電力量料金
(1kWh)
〜140kWh23.67円
141kWh〜350kWh23.88円
351kWh〜26.41円

東京ガスの電気料金プランの方が東京電力安い

東京電力と東京ガスの電気料金を比較した場合、使用量の多い・少ないにかかわらず、東京ガスのプランの方が安い結果となります。

10Aで200kWh使用するケースの比較

東京電力東京ガス
プランスタンダードSずっとも電気1s
基本料金(10A)286円286円
電力量(200kWh)4,502.4円4,410円
合計料金4,788円4,696円


4,788円>4,696円⇒
東京ガスの方が安い

30Aで400kWh使用するケースの比較

東京電力東京ガス
プランスタンダードSずっとも電気1s
基本料金(30A)858円858円
電力量(400kWh)10,205.34円9,779.8円
合計料金11,063円10,637円


11,063円>10,637円
東京ガスの方が安い

※実際の電気料金には、割引制度や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などが加わるため、料金表の金額とは少し異なります。

現在電気契約先を東京電力にしている人は、東京ガスに変えた方が料金は安くなる一方、料金を比べないと、知らず知らずのうちに毎月損をしている可能性もあります。

東京ガス

出典:電気のこと(東京ガス)

東京電力から東京ガスに乗り換える!

電気ガスセット
電気・ガスはまとめないと損!オススメセットプラン4社を紹介!電気とガスは、バラバラに契約するよりも同じ会社でまとめた方が得です。 別々の会社と契約すると、セット割引が適用できませんので損をします。 そんな電気ガスセットプランについての内容と、セット利用する際のオススメ会社を3つご紹介します!...

東京ガスの電気・ガスセット割の注意点

リスク

東京電力の電気・ガスセットプランのメリットはご説明しましたが、一方で注意すべき点もありますのでご紹介します。

東京電力のセット割は12ヶ月間しか割引にならない

ガスセット割は、東京電力のガス代が8%OFFになるお得な割引ですが、その内「スタート割」の5%割引は最初の12か月間限定です。

そのため13か月以降の割引は3%になりますのでご注意ください。

またスタート割の対象となるプランは、以下のプランに限定されています。

  • とくとくガスプラン
  • とくとくガス床暖プラン
  • 東電ガス とくとくガスプラン for au※関東エリアの場合

申し込みプランを間違えると、割引特典を受けられませんのでご注意ください。

WEB申し込みで1,000ポイントプレゼントは新規契約者が対象

東京電力のWEBから電気とガス契約の申し込みすると、1,000ポイントもらえるのは、新規契約者に限定されています。

したがって現在東京電力と電気契約を結んでいる人がガス契約をした場合、もらえるポイントは500ポイントになります。

またWEB申し込み限定なので、電話や店頭申し込みだとポイントを獲得できませんのでご注意ください。

東京電力で電気とガスをまとめる時に気をつけるべきポイント

変更

料金面で、電気とガスを一緒に契約した際のデメリットはありません。

ただ手続き面については、注意すべきポイントもありますのでご紹介します。

電気とガスの片方だけを解約する際にはセット割が適用できなくなる

電気ガスセットをセットで利用していても、他の会社がより魅力的なプランを打ち出すケースはあります。

セット割は、電気・ガスを東京電力にまとめることで受けられる特典です。

東京電力ではガス契約をすると電気料金が100円割引になりますが、ガスを他社に変更すれば、電気代100円割引の特典は受けられなくなります。

100円割引を考慮しても、他社の方が安いのであれば問題ありません。

しかし電気・ガスの使用量が少ない場合、1か月で100円も安くなるプランは中々ありませんので、電気・ガスを別々の会社にする際は割引適用ができない点も考慮しましょう。

電気
東京電力の引越し手続きを徹底解説!解約・変更手続きと連絡方法のまとめ東京電力の引越し手続き解説!電気は引越しする時に必ず手続きしなければなりません。 もし手続きを忘れていると、引越し先で電気が利用できないことも。 また東京電力の管轄外に引越し方は、引越し先で利用する電力会社への連絡を忘れずにしてください。...

都市ガスへ切り替え工事には立ち会いが必要になる

東京電力で都市ガスを利用する場合は、東京ガスの設備を活用するため、現在東京ガスを利用している人が東京電力に契約変更する際の手続きはほとんどありません。

しかしLPガス(プロパンガス)を利用している人については、LPガスから都市ガスへの切り替えが必要です。

同じガスでもLPガスと都市ガスは別物ですので、ガス工事およびガスの閉栓・開栓作業が必要になり、ガス業者が作業する際には立ち会うことになります。

また開栓・閉栓作業は予約制となっていますので、当日連絡では作業してもらうことは難しいため、都市ガスに切り替える日が決まった時点で予約することをオススメします。

LPガス
引越し先で都市ガスまたはLPガスと契約する際に必要な手続きとは!ガスは生活に必要不可欠なので、忘れずに手続きしましょう! ただ引越し時の手続きは、ガスの種類によって少し異なりますので注意が必要です。 ガスは大きく分けると『都市ガス』・『LPガス』に分類され、扱っている業者も違います。 そこで本記事では、都市ガス・LPガス両方の引越し手続きについてご説明します。...

一人暮らしにオススメの電気ガスセットは『東京電力』

お金

東京電力の電気・ガス料金についてご説明してきましたが、東京電力と東京ガスのセット料金を比較すると一人暮らしにオススメの会社は『東京電力』です。

電気ガスの合計料金の比較

東京電力東京ガス
電気料金
(20A・200kWh)
5,074円
(スタンダードS)
4,982円
(ずっとも電気1s)
ガス料金
(20m³)
3,555円
(とくとくガスプラン)
3,665円
(ずっともガス)
合計料金8,629円8,647円

電気代100円割引やガス代のスタート割を加味しなくても、東京電力の料金方が安い結果となりました。

東京ガスで都市ガスを利用している人なら、設備はそのままで東京電力に変更できます。

また電気・ガスを東京電力に新規契約する方は、WEB申し込みで1,000ポイント獲得できます。

電気・ガスを別々の会社にしていると損をしますので、現在電気は東京電力と契約している人は、ガスも東京電力にまとめた方がお得になります。

(参考)電気ガスを別々に契約した場合

電気(東京電力)
ガス(ニチガス)
東京電力
電気料金
(20A・200kWh)
5,074円
(スタンダードS)
5,074円
(スタンダードS)
ガス料金
(20m³)
3,665円
(とくとくガスプラン)
3,555円
(とくとくガスプラン)
合計料金8,739円8,629円

電気・ガスを別々の会社にしていると

  • 電気代・ガス代の合計料金は高いまま
  • セット割を受けられない
  • 引越し時はそれぞれに連絡する必要がある

東京電力で電気ガスをセットで利用!

料金比較
徹底検証!楽天でんき・ガスと東京電力のセット料金を比較!楽天と東京電力の電気ガスセット利用が可能であり、セット契約することでトータルの費用を抑えることができます。 本記事では『電気料金』・『ガス料金』・『セット割引』の3つの視点で楽天と東京電力を比べ、どちらが電気代ガス代を安くできるのかご紹介します!...

家族世帯にオススメの電気ガスセットは『ニチガス』

家族世帯や複数人で住んでいる人にオススメなのが、『ニチガス』です。

ニチガスはLPガス(プロパンガス)の会社ですが、都市ガスおよび電気の販売も行っています。

また東京電力の電気ガスセットと比較しても、料金は安いので、電気は東京電力を使っている人はニチガスに乗り換えも検討してください。

家族世帯向けの電気ガス料金の比較

東京電力ニチガス
電気料金
(40A・300kWh)
8,292円
(スタンダードS)
8,222円
(でガ割でんき1)
ガス料金
(30m³)
4,820円
(とくとくガスプラン)
4,682円
(プレミアムプラン+)
合計料金13,112円12,904円

電気は東京電力、都市ガスはニチガスのように、バラバラに契約すると料金が高くなりますので、電気・ガスは1社にまとめましょう。

(参考)電気ガスを別々に契約した場合

電気(東京電力)
ガス(ニチガス)
ニチガスセット
電気料金
(40A・300kWh)
8,292円
(東京電力)
8,222円
(でガ割でんき1)
ガス料金
(30m³)
4,682円
(ニチガス)
4,682円
(プレミアムプラン+)
セット割0円△300円
合計料金12,974円12,064円

 

ニチガス

ニチガスで電気ガスセット申し込み!

東京電力ニチガス
東京電力とニチガスの料金比較!電気ガスセットはどちらがお得!?東京電力とニチガスの電気ガスセットプラン比較記事です! 両会社とも、電気とガスをまとめて契約することが可能であり、セット割の適用も可能です。 そこで本記事では、『電気料金』・『ガス料金』・『セット割引』の3つの視点から、東京電力とニチガスを比べていきます!...

東京電力で電気ガスセットを利用する注意点のまとめ

東京電力で電気ガスセットを利用する際のまとめです。

東京電力で契約する際の注意点
  • 電気料金は東京ガスの方が安い
  • ガス料金8%OFFは最初の1年間のみ
  • WEB申し込み1,000ポイントは電気・ガスの両方の申し込みが必要
  • トータルで考えると東京電力の電気ガスセットは安い

東京電力と東京ガスの利用エリアは、重なっている部分が多いですので、電気ガスの契約を一つにまとめやすいです。

東京近郊にお住まいの方は、一人暮らしは『東京電力』、家族世帯は『ニチガス』にまとめるのがオススメです。

セット契約する際の注意点もありますが、それ以上にまとめることで毎月の料金が安くなります。

使用感が同じなら、まとめないメリットはほとんどありませんので、電気・ガス契約は1本化しましょう!

東京電力デメリット
東京電力で電気ガス契約をまとめるのは損?デメリットもしっかり解説!電力自由化に伴い、他業種でも電気販売が可能になりました。 新規参入する会社は、既存の電力会社よりも魅力的なプランを打ち出さないと契約をもぎ取れませんので、キャンペーンやお得なプランを打ち出しています。 東京電力も新規参入事業者に対抗するためのプランを用意していますが、用意したプランが魅力的かどうかは別問題です。 なので今回は、東京電力で電気ガス契約をする際のデメリットをガッツリ紹介します!...
タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る