MENU
電気ガスセット

東京電力のオススメプランはスタンダードS!ガスとセットで更にお得に!

スタンダードS

東京電力の電気プランは複数用意されていますが、オススメは『スタンダードS』プランです。

また東京電力は、電気とガスがセットで利用すると割引適用がありますので、電気契約の見直しのタイミングでガス契約するのもオススメです。

参考:電気・ガスはまとめないと損!セットプランがオススメの3社を紹介!

ただ電気の使用量や使用する時間帯によっては、スタンダードS以外のプランも選択肢になりますので、各プランの特徴について解説します!

東京電力で選べるできる電気料金プラン

東京電力の電気料金プランは、大きく3種類に分類できます。

電気料金プランの種類
  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン
  • 夜トクプラン

各プランには特徴的がありますので、生活スタイルなどに合わせてプランを選んでください。

プランに悩んだら『スタンダードS』を選ぶこと

スタンダードプラン (1年契約/2年契約)

東京電力で基本となる電気料金プランは、スタンダードプランです。

スタンダードには、『スタンダードS』と『スタンダードL』の2種類ありますので、各プランの特徴をご説明します。

(スタンダードXは新規契約の受付を停止)

スタンダードSは一人暮らしから一般家庭まで網羅したプラン

東京電力で契約する多くの人は、『スタンダードS』プランがオススメです。

スタンダードSがオススメできる理由は、アンペアを10Aから60Aまで自由に選べるため、一人暮らしの人や複数人で生活している人も利用できる点。

そして沖縄と離島を除く場所に引越した場合でも、引き続き利用できるメリットがあります。

全国どこでも!お引越し先でTEPCOの電気を引き続きご利用できるようになりました!

出典:スタンダード(TEPCO)

スタンダードSプランの料金表(1か月の税込み金額)

基本料金10A286.00円
15A429.00円
30A858.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh19.88円
121kWh〜300kWh26.46円
301kWh〜30.57円

※関東エリアのプラン料金
※最低月額料金は235.84円

スタンダードLは大容量の電気を利用する世帯向けのプラン

スタンダードLは、主開閉器の容量に応じた6kVA以上の場合に契約できるプランです。

1kWhあたりの電力量料金はスタンダードSと同じですが、基本料金は1KVAにつき金額が設定されていますので、ご注意ください。

スタンダードLプランの料金表(1月の税込み金額)

基本料金
(1KVA)
286.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh19.88円
121kWh〜300kWh26.46円
301kWh〜30.57円

※関東エリアのプラン料金
※最低月額料金は235.84円

VA(ボルトアンペア)について

VAは電力を表す単位であり、V(ボルト)とA(アンペア)を掛け合わせたものがVAとなります。

kVA(キロボルトアンペア)の1kは、1,000を意味するため、6kVAは6,000VAと同じです。

また日本の家庭では、100Vの電圧の電気を使用しているため、6,000kVAに必要なアンペアは60Aです。

つまりスタンダードLは、60A以上を利用する人向けのプランなので、一度に多くの電力を使わない人は、スタンダードSを選びましょう。

電気の使用量が多いと向けのプレミアムプラン

プレミアム (1年契約/2年契約)

東京ガスのプレミアムプランは、電気使用量が多い人向けのプランであり、『プレミアムS』と『プレミアムL』の2種類あります。

『プレミアムS』は電気料金が月10,000円以上の人にオススメのプラン

一人暮らしの人や節約志向の世帯には、プレミアムSは勧められません。

しかし月の電気代が10,000円以上になる人は、スタンダードSではなくプレミアムSがオススメです。

プレミアムSプランの料金表(1か月の税込み金額)

基本料金10A286.00円
15A429.00円
電力量料金〜400kWhまでの料金9,879.63円
401kWh〜26.46円
(1kWhあたり)

スタンダードSとプレミアムSの比較例

月500kWh使用するケース(15A)

〇スタンダードS

429.00円+120kWh×19.88円+180kWh×26.46円+200kWh×30.57円=13,691.4円

〇プレミアムS

429.00円+9,879.63円+100kWh×26.46円=12,954.63円

13,691.4円>12,954.63円⇒プレミアムSが736.77円もお得

※実際の料金には、「再生可能エネルギー発電促進付加金」や「燃料費調整」の金額を加味して計算します。

東京電力申し込み!

スタンダードLの比較対象となるのがプレミアムL

『プレミアムL』は、『スタンダードL』の大容量版のプランです。

スタンダードLと同様、主開閉器の容量に応じた6kVA以上の場合に契約できるプランであり、基本料金は1KVAにつき金額が設定されています。

プレミアムLプランの料金表(1か月の税込み金額)

基本料金
( 1kVAにつき)
10A286.00円
電力量料金〜400Whまでの料金9,879.63円
401kWh〜26.46円
(1kWhあたり)

夜に電気を消費する人向けの『夜トクプラン』

夜トクプラン

夜トクプラン』は、夜に洗濯物や家電製品の使用が多くなる人、日中あまり自宅にいない人向けのプランです。

夜の電気料金を日中の2/3に抑えて利用できる

夜トクプランの特徴は、1kWhあたりの日中と夜の電気料金単価が異なる点です。

夜の電気代は日中に比べて2/3になりますので、夜に電気を消費する人はお得になります。

出典:夜トクプラン(TEPCO)

『夜トク8』は午後11時から午前7時までの8時間がお得

『夜トク8(エイト)』は、午後11時から午前7時までの8時間がお得になるプランです。

夜トク8

夜中に仕事をする人や、早朝に洗濯を済ませる人は電気代を節約できるプランです。

夜トク8(エイト)の料金表(1か月の税込み金額)

基本料金
(1kWhあたり)
214.50円
電力量料金
(1kWhあたり)
午前7時~翌午後11時32.74円
午後11時~午前7時21.16円

 

『夜トク12』は午後9時から午前9時までの12時間がお得

『夜トク12(ジュウニ)』は、午後9時から午前9時までの12時間、電気代が安くなります。

半日は電気料金が安くなりますので、共働きで夜に掃除・洗濯する人や、朝に主な家事を終わらせる主婦(主夫)には、料金を抑えられるプランです。

夜トク12(ジュウニ)の料金表(1か月の税込み金額)

基本料金
(1kWhあたり)
214.50円
電力量料金
(1kWhあたり)
午前7時~翌午後11時34.39円
午後9時~翌午前9時〜22.97円

夜トクプランの注意点

日中の電気料金は、スタンダードSと比較すると割高になります。

そのため朝から昼までに掃除洗濯をする人や、自宅で仕事をする人はスタンダードSなど他のプランを利用してください。

また時間帯で電気料金の単価が変わる性質上、生活サイクルが変わる人はプラン切り替えも検討しましょう。

ご契約電力決定方法

●契約電力は、ご使用いただいた30分ごとの使用電力により決定します。
●30分ごとの使用電力量のうち、月間で最も大きい値を2倍した値を最大需要電力といい、その月の最大需要電力と前11か月の最大需要電力のうち、いずれか大きい値がご契約電力(kW)となります(スマート契約)。そのご契約電力の大きさによって基本料金が決定します。

出典:夜トクプラン(TEPCO)

東京電力の電気料金プラン別にオススメできる人

黒板

3種類の電気料金プランをご説明しましたので、各プランを活かせるケースをご紹介します。

一人暮らしや電気の使用量が少ない人は『スタンダードS』

一人暮らしや、節約志向の人は、スタンダードSプランを選びましょう。

電気使用量が120kWhまでなら、夜トクプランよりも1kWhあたり電力量料金は安いです。

1日中電気を使用する家庭は『プレミアムS』

電気使用量が多い家庭はスタンダードSではなく、『プレミアムS』を選びましょう。

目安としては、電気代が月10,000円または400kWh以上で電気を利用する人です。

あまり電気を使わない人がプレミアムSと契約しても、割高となりますのでご注意ください。

夜から早朝に洗濯・掃除をする人は『夜トク12』

共働きの家庭や、二世帯・三世帯家族で、夜遅くから朝にかけて家電製品を利用する人は、『夜トク12』をご検討ください。

1kWhあたりの単価は、電気使用量が121kWh〜300kWhまでならスタンダードSよりも安いです。

そのためある程度電気を使う人で、使う時間帯が集中している人にオススメできます。

東京電力の電気料金プランのまとめ

東京電力の電気料金プランのまとめです。

電気料金プランのポイント
  • 困ったら『スタンダードS』
  • よく電気を使う人は『プレミアムS』
  • 夜中や早朝に電気を使う人は『夜トク』

電気料金プランを見直すだけでも、毎月の出費は抑えられますし、それが1年、2年と続くとまとまった金額になります。

電気ガスセット
電気・ガスはまとめないと損!セットプランがオススメの3社を紹介!電気とガスは、バラバラに契約するよりも同じ会社でまとめた方が得です。 別々の会社と契約すると、セット割引が適用できませんので損をします。 そんな電気ガスセットプランについての内容と、セット利用する際のオススメ会社を3つご紹介します!...

また東京電力ではガス契約も可能であり、電気とガスをセットで利用すると電気料金が毎月100円割引に。

現在東京電力で電気またはガスを利用していない人、これから引越しする人は、この機会にセット契約もご検討ください!

電気の引越手続きのご案内 お引越先の地域でご利用いただける電力会社をカンタンお手続き!

電気もガスも東京電力!

引越し専門サイトおすすめ!

種類別引越し手続き方法

引越し時には、色々な手続きが必要です。

そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

ご紹介する業種一覧!

  • 引越し一括サイト
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • インターネット
業種サイトの特徴
引越し一括サイト

引越し侍

全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能です。電話勧誘が多いのを除けば、料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメです。

引越し侍で見積もり!

ガス

ニチガス

ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガス申し込み!

電気

ニチガスでんき

ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガスでんき申し込み!

水道

水道の引越し手続き案内窓口

水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

水道手続き申し込み!

インターネット

フレッツ光

日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

フレッツ光申し込み!