引越し前

北海道電力の引越し手続きを徹底解説!変更手続きと連絡方法のまとめ

電気

北海道電力(ほくでん)エリアに、住んでいる人向けの引越し手続き方法です!

  • 北海道電力の引越し手続きは1週間前までに
  • 申し込みはWEBまたは電話で可能
  • 引越しのタイミングで新電力の乗り換えも要検討

引越しする際には、電気の利用停止および新規利用開始手続きが必要です。

利用停止の連絡を忘れてしまうと、電気料金の二重払いになりますし、新規利用の申し込みをしなければ引越し後すぐに電気が使えない可能性も。

そんなトラブルに巻き込まれないために、北海道電力での電気引越し手順についてご説明します。

大手電力会社
大手電力会社の引越し手続き一覧!電気の解約・新規契約はコチラからほとんどのご家庭の電気は、大手電力会社と契約し利用しています。 今まで利用してきた電力会社の管轄外に引越す場合には、解約・新規手続きが必要です。 万が一手続きを忘れると、引越し先で電気が利用できませんし、解約漏れは料金の二重払いになりますのでご注意ください。 また東京電力の管轄外に引越し方は、引越し先で利用する電力会社への連絡を忘れずにしてください。...

北海道電力の引越し手続きの流れは最初に確認!

リスト

北海道電力の引越し手続きは、全部で4ステップです。

電気の引越しステップ手続き内容手続きするタイミング
①利用停止の連絡現在利用している電気会社に利用停止の連絡引越し1週間前
②利用開始の連絡引越し先で利用する電気会社に利用開始の連絡引越し1週間前
③引越し後に電気がつくか確認引越し後の部屋の電気がつくか確認引越し当日
④電気料金の精算中途解約した電気料金の精算当日または引越し後

①住んでいた部屋の電気利用停止の連絡

引越しをする際、最初に行う作業は居住していた部屋の電気利用停止手続きです。

電気の利用停止連絡は、WEBサイトまたは電話で行ってください。

最短で連絡した当日でも対応してくれますが、営業日や申し込みの時間帯によっては当日対応できないケースもありますので、引越しする1週間前を目途に連絡しましょう。

なお利用停止の連絡をする際には、以下の書類を準備してください。

  • 契約者の氏名
  • 契約している住所
  • 引越し先の住所
  • 引越し日
  • お客様番号
  • 供給地点特定番号

「お客様番号」と「供給地点特定番号」は、北海道から送られてくる「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)に掲載されています。

また「供給地点特定番号」とは、各電力会社が供給地点の契約ごとに発行する22桁の識別番号です。

電気ご使用量のお知らせ(検針票)への掲載イメージ

出典:供給地点特定番号(北海道電力)

②引越し先で利用する電気会社への連絡

引越し先の電気利用の連絡は、利用停止の連絡時と同様で、引越し当日でも対応してくれる場合もあります。

ただ引越し当日は自分自身も引越し作業に追われているため、比較的余裕のある引越し1週間前までに、新規申し込みの手続きは済ませましょう。

また新規申し込みの連絡方法は、WEBサイトまたは電話で行うことができ、申し込みをする際には以下の書類が必要です。

  • 契約者の氏名
  • 契約者の現住所
  • 引越し先の住所
  • 引越し日(利用開始日)
  • お客様番号
  • 供給地点特定番号

③引越ししたら最初に電気が点灯するか確認すること

北海道電力と契約している場合には、利用停止・利用開始時の立ち会いは不要です。

そのため引越し手続きの申し込みが完了すれば、引越し先ですぐに電気が利用できます。

また引越し先に到着しましたら、最初に部屋の電気が利用できるか確認してください。

引越し先にブレーカー(アナログ式)が設置してある部屋の場合には、ブレーカーをONにしないと電気が点灯しません。

また最近はブレーカーではなく、スマートメーター(デジタル式)で測定している部屋も多いです。

スマートメーターは電気会社が遠隔でON・OFFを切り替えており、部屋にブレーカーはありません。

そのため電気がつかない場合には、北海道電力にお問合せ、利用可能な状態にしてもらう必要があります。

④引越し前に住居していた部屋の電気料金の精算

引越しする月の電気料金は、日割り計算して料金が精算されます。

北海道電力を解約する場合、精算する電気料金は引越し先に請求書が送付されます。

一方、現在口座振替で電気料金を納めている人で、引越し後も北海道電力を利用する場合には、電気料金の支払い方法は口座振替のままです。

なお引越し先の初月の電気料金も、同様に日割り計算で料金が計算し、請求されます。

電気の引越手続きのご案内 お引越先の地域でご利用いただける電力会社をカンタンお手続き!

北海道電力の引越し手続きはコチラ!

北海道電力利用者が引越す際に注意したいポイント

黒板

北海道電力と電気利用契約している人向けの注意点をまとめました。

北海道電力の管轄エリアは北海道だけではない

北海道電力は北海道を管轄していますが、電力自由化に伴い北海道以外でも北海道電力と契約することは可能となっています。

そのため引越しする際は、いま自分が契約している電気会社に連絡し、手続きしてください。

北海道電力の管轄エリア

  • 北海道

利用開始手続きの際には料金プランを見直すこと

北海道電力を引越し先でも継続利用する場合、一度料金プランは見直しましょう。

電気料金はアンペア容量の大きさで変わってきますが、実はアンペア容量以外でも料金に差が出てきます。

それは北海道電力が、生活スタイルに応じて複数のプランを用意しているため、家族構成や仕事内容に合わせてプランに変更すると電気料金が節約できるからです。

北海道電力ならではのプランとしては、冬期間(11月~翌2月末)以外の電力量料金が割安になる「エネとくシーズンプラス」があります。

北海道でも夏にエアコンを利用する機会も増えましたので、エアコン導入時にプラン変更も選択肢になります。

北海道電力の主な電気料金プラン

  • エネとくポイントプラン
  • 従量電灯B
  • エネとくLプラン
  • エネとくMプラン
  • Web・eプラス
  • エネとくシーズンプラス
  • 従量電灯

継続利用する際には利用停止・利用開始の同時手続きが可能

北海道電力を継続利用する場合、引越し前の住居の電気利用停止および、引越し先の電気利用開始の手続きは一括で行えます。

電気会社を変更する場合には、解約・新規契約の手続きが必要となりますので、1回の手続きで完了できると引越しが楽になります。

北海道電力申し込み!

電気会社を乗り換える場合にはそれぞれの手続きが必要

引越しタイミングで、北海道電力から他の電気会社に乗り換える場合には、解約手続きと新規利用をそれぞれ行う必要があります。

解約手続きは北海道電力の手続きサイトから申し込みが可能ですが、新規利用は電気会社のWEBサイトから申し込むことに。

また電気会社によっては、数日前に連絡しないと電気が利用できないケースもありますので、引越し1週間前までには手続きを完了させましょう。

旧住所の利用停止を連絡しないと電気料金が請求される

電気会社を乗り換える場合や実家に戻る場合には、利用停止の連絡は必ず行いましょう。

電気料金は利用停止の連絡をしない限り発生しますし、口座引き落としの場合には二重払いに気が付くのが遅くなります。

そのため解約停止の連絡は、引越し前に完了させることをオススメします。

引越しのタイミングで電力会社を見直すべき理由

think

引越し先でも北海道電力と契約すれば、問題なく電気を利用できます。

ただ北海道電力以外の電気会社と契約した方が、電気料金がお得になったり割引が適用できることもあるので、引越しのタイミングで電気会社の見直しも検討しましょう。

北海道電力エリア内でも他の電気会社を利用が可能になった

電力自由化に伴い、大手電力会社以外でも電気の小売業が可能となりました。

電力自由化で許可されたのは電気の販売だけであり、電気の供給システムは引き続き大手電力会社が担当しています。

そのため新規参入した電気会社であっても、電気の質と安定性は大手電力会社と同じであるため、電気料金だけで比較検討しても生活に支障が出ることはありません。

新規参入した電気会社は電気料金以外のセット割引が用意されている

北海道電力にも複数の電気料金プランが用意されていますが、新規参入した電気会社も多くのプランが用意されていて、大きく3種類に分類できます。

電気料金プランの一例
  • 従量電灯プラン
  • 時間帯変動プラン
  • セットプラン

電気小売業者の特徴として、本業の事業サービスとのセット割引を打ち出しすことで独自のお得感を演出しています。

たとえば携帯会社au(KDDI)の「auでんき」は、auのスマホを利用している人向けの割引があります。

またKDDIは、auひかりも運営していますので、引越しのタイミングでauにひとまとめにすると更にお得になることも。

生活スタイルによってお得になる金額は差がありますので、色々なプランを1度チェックすることをオススメします。

auスマホ・ケータイをご利用の方へauひかり スマホ・ケータイ、インターネット料金がお得になるチャンスです!

auひかり申し込み!

北海道電力をそのまま利用しても特に問題はない

電気業界への新規参入した企業は多く存在しますが、北海道電力を継続利用しても大丈夫です。

継続利用の魅力は、無駄な手続きが省略できること。

引越しで名義変更や住所変更しなくてはいけない書類が多いですので、一つでも作業を減らすために継続利用するのも有効な手段です。

また北海道電力ならワンストップで引越し手続きができるのもポイントですので、まずは北海道電力の引越し手続きからはじめてください。

電気の引越手続きのご案内 お引越先の地域でご利用いただける電力会社をカンタンお手続き!

北海道電力申し込み!

北海道電力の引越し手続きのまとめ

北海道電力の引越し手続きのまとめです。

電力会社引越しまとめ
  • 利用停止の連絡は引越し1週間前までに
  • 利用開始の連絡も引越し1週間前までに
  • 電力自由化で電気契約に選択肢が増えた
  • 新電力はセット割がお得

引越し手続きは、電気以外にも水道・ガス・インターネットなどの作業を行わなくてはなりません。

連絡が遅れると新生活にも支障が出ますので、できるだけ早めに引越し手続きをはじめましょう!

ライフライン
水道・ガス・電気など引越し時に行うライフライン手続きを徹底解説!ライフラインの引越しが遅くなると新生活に支障が出ます。 電気が付かなければ、夜は真っ暗。 水がでないと、生活できない。 ガスが使えないと、料理ができない。 インターネットが使えないと、公私の行動に支障が発生。 そんなトラブルに遭わないためにも、ライフライン手続きの流れについて解説します!...

 

引越し専門サイトおすすめ!

種類別引越し手続き方法

引越し時には、色々な手続きが必要です。

そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

ご紹介する業種一覧!

  • 引越し一括サイト
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • インターネット
業種サイトの特徴
引越し一括サイト

チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越し

チャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

チャチャット引越し申し込み!

ガス

ニチガス

ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

東京ガス申し込み!

電気

ニチガスでんき

ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガスでんき申し込み!

水道

水道の引越し手続き案内窓口

水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

水道手続き申し込み!

インターネット

フレッツ光

日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

フレッツ光申し込み!