引越し前

引越しで心機一転!準備はいつごろから始めればいいのか

心機一転

引越しして別の環境になれば心機一転、生活をリスタートできます。

ただ見切り発車で引越しすると、引越し先の生活環境が合わない可能性出てきますので、気持ちがリフレッシュできない可能性も。

また引越しには費用がかかりますので、失敗しないためには事前準備が大切となりますので、引越し準備をはじめる期間や注意点についてご説明します。

無計画な引越しはギャンブル

ギャンブル

無計画な引越しはギャンブルです。

娯楽としてギャンブルを楽しむのは個人の自由ですが、引越しは自分の拠点を決める作業ですので、可能な限り計画的に実行しましょう。

転勤や進学など、引越す理由がある人は引越し先の条件がある程度限定されますので、住居選びで大きな失敗をすることはありません。

ただ心機一転の引越しの場合、引越し先の条件はかなり緩いため、自由に選べる住む場所を選べる反面、生活環境など身近な条件を見落としてしまう可能性もあります。

そのため自分の意思で行う引越しほど、事前に準備を整えてから引越しするのが大切です。

引越ししたい病
引越ししたい病の特徴は?原因と引越し病の解決方法引越ししたい病とは、半年に1度など短期間で繰り返し引越しする人をいいます。 引越しにはお金や時間、体力を消費しますので、作業をしたくない人がほとんどです。 ただ気になる物件があると、不動産業者に行って、物件の下見をしてそのまま契約していしまうのも、引越ししたい病の特徴。 住む場所を変えるのが好きな人は、短期間で引越ししても問題ありませんが、可能な限り引越しせずに、住み続けたい場合の手段とポイントをご説明します。...

引越し先は2~3か月前から探すべき

計画的に引越しする際には、最初に引越し先の住居選びからはじめましょう。

住居選びは貸物件の更新日などから逆算して、2~3ヶ月前から準備することをオススメします。

2~3か月前から引越し先を選んだ方がいい理由
  1. 色々な角度から住居選びを行うため
  2. 条件に合った物件を見つける
  3. 引越しには時間がかかる

理由①:住居は色々な視点で探すこと

引越しした後も、引き続き同じ職場に勤務する人は、今住んでいる場所よりも通勤時間が長くなると生活リズムが崩れます。

また家族で引越す場合、学校の距離や病院なども事前に把握しなければなりません。

一度でも住んだことのあるエリアなら、地域の良い点・悪い点を知っていますが、初めて住もうとしている場所であれば、入念に下調べをしないと住居選びが上手くいきません。

たとえば選んだ引越し先の近くに歯医者が無ければ、通うのも大変ですし、家のすぐ近所にスーパーが無いと生活に支障がでます。

賃貸物件の検索サイトには主要な施設までの距離が掲載されていますが、自分が必要としている情報がすべて掲載してあるとは限りません。

したがって住んでみたいエリアが決まりましたら、ネットや口コミなど、さまざまな情報を自分で集めることになります。

理由②:条件に合った物件が見つけるには時間が必要

自分の条件に合うエリアが決定しても、居住する場所が決まらないと意味がありません。

人気のエリアは空き部屋が少ないですし、家賃も予算内に収まるかが気になりますよね。

1年中掲載してある賃貸物件は、あまり人気のある賃貸物件とはいえませんが、家賃が値下がりしたり、値段交渉の余地があります。

一方人気物件は、前居住者が立ち退かない限り空き部屋はありませんし、空きが出ても不動産屋に掲載された直後に契約が決まることが多いです。

人気物件に住みたい場合、ある程度の期間不動産サイトをこまめにチェックし、空き部屋が出るかを見張る必要があります。

チェックする期間が長ければ、その分空き部屋が掲載される可能性も上がります。

ただずっと物件探しをしていると引越しできなくなりますので、探す期間(1か月間など)を自分で設定して住居選びをしてください。

理由③:引越し前後の手続きには時間が必要

引越し先の物件が見つかりましたら、下見をして、賃貸契約を結びます。

引越しは契約日に合わせて行いますが、引越しには役所や銀行など住所変更手続きが多数必要です。

たとえば役所関係の手続きの場合、引越し後に前住所の役場に行かなくて済むように、引越し前に転出処理などを終わらせます。

また引越し後、すぐに生活できるようにライフラインの手続きも忘れずに行ってください。

引越し前
引越し前のやることリスト!準備は1ヶ月前から始めるのがコツ引越しをする前には、必ず引越し時にやることリストを作成しましょう。 手続きしなければならないいけない作業を想像しているよりも多く、時間もかかります。 またうっかり忘れていると後々トラブルになる手続きもありますので要注意。 ではそんなミスをしないために、引越し前にやることリストをご紹介します!...

引越し業者を決めるポイントとタイミング

引越し先の物件が決まりましたら、次は引越し業者選びです。

引越し業者選びは引越し費用に直結しますので、少しでも節約したい人は必見です。

引越し業者選びは1か月前から予約可能

引越し業者への依頼は予約制であり、予約は引越し日の1か月前からできる会社が多いです。

引越し日近くになってから予約をしても問題ありませんが、引越し費用を抑える場合にはできるだけ早く予約するのがコツ。

引越し料金は、飛行機チケットの早割などと同様で、早期に予約した人向けの割引プランが用意されるのが一般的。

そのため引越し日が決まった段階で、引越し業者選びをはじめた方が引越し費用を安くすることが可能になります。

引越し料金は引越し時期によって変動する

引越し料金は依頼する業者によって違いますが、業者選びと同じくらい料金に影響するのが、引越しする時期です。

たとえば引越しが盛んな時期な3月から4月は、入学や就職時期などにより引越し需要が高まり、通常期の2倍以上の料金が請求されるケースも珍しくありません。

一方、6月や11月などのあまり引越し需要がない時期は、集客のために引越し業者が積極的に割引をしてくれますので、実は狙い目。

心機一転のための引越しは、引越し時期に縛られないのもメリットなので、日程調整が可能な人は、引越しシーズンから少し時期をずらしてみるとだけで費用を節約できます。

引越し料金は複数の業者に見積もりを取ること

引越し料金を少しでも抑えたい場合、必ず複数の引越し業者に見積もり依頼をしましょう。

値段交渉をする場合、比較対象となる金額が必要です。

家電量販店で値段交渉するときも、他店のチラシを交渉材料にしますよね。

それと同じで、複数の会社に見積もりを取れば料金を比較できますし、他社の見積もり金額を値引きの材料として活用することも可能です。

ただ値段交渉があまり得意じゃない人もいるかと思いますので、そのような方は『引越し一括見積もりサイト』を利用してください。

引越し一括見積もりサイトは、あなたに代わって複数の引越し業者に見積もり依頼をしてくれるサイト。

見積もりしてくれる数は、数十社になることもありますので、自分で引越し業者に連絡するよりもたくさんの会社から業者選びが可能です。

また引越し一括見積もりサイトは無料で利用できますので、お気軽に利用できるのもポイントです。

引越し時にやるべきライフライン手続き

水道

引越し業者が決まりましたら、ライフライン手続きです。

ライフラインは生活に欠かせない、水道・ガス・電気インターネットの4種類をいいます。

引越し時のライフライン手続きを事前に行っていないと、新生活に支障が出ますので、ご注意ください。

またライフラインの種類によって、旧住居・新住居の工事や立ち会いが必要になります。

ライフライン引越し手続き一覧

水道ガス電気インターネット
解約連絡時期1週間前1か月前1週間前1か月前
新規契約の
連絡時期
1週間1か月前3日前前1か月前
撤去作業の立ち会い不要必要不要必要
新規工事の立ち会い不要必要不要必要

水道手続きは引越し1週間前からはじめること

水道の引越し手続きは、引越し1週間前からはじめましょう。

水道は各自治体にある水道局が管轄していますので、今住んでいる場所と引越し先の場所を管轄する水道局に連絡し、手続きします。

利用開始・停止の連絡は、WEB・電話・郵便の3種類ありますが、WEBの申し込みの有無は水道局がある地域によって異なります。

また水道の利用停止および、利用開始の際の立ち会いは不要です。

ただ水道メーターが居住者のみが入れる場所に設置してある場合には、旧住居の水道料金を精算する際に立ち会いが必要になります。

引越し先の水道利用については、申し込み後、数日中に利用できる状態になります。

水道局は無断で水道を利用できないようにするため、水道管のバルブを閉めているケースがありますので、利用する際はバルブを開栓してください。

ガス手続きは引越し1か月前から

ガスの引越し手続きは、引越し1か月前から行いましょう。

ガスの利用開始・停止をする際には、開栓・閉栓作業が必要で、その作業はガス業者が行います。

作業自体は10分程度で終わりますが、ガス業者が部屋に来て作業しますので、立ち会いと作業日の日程調整が必要です。

作業予約は最短で数日前でも対応してくれますが、引越しシーズンや休日に引越す場合、ガス工事の予約がドンドン埋まっていきます。

したがって引越し日が確定している場合には、その日に合わせて開栓・閉栓作業をしてもらう必要がありますので、早めに連絡をしましょう。

なおガスには、『都市ガス』とプロパンガスの2種類あり、首都圏なら都市ガスを利用する人が多いです。

その中でも人気なのが、『東京ガス』と『ニチガス』ですので、利用するガス業者もチェックしましょう。

ニチガス東京ガス
東京ガスとニチガスを徹底比較!都市ガスを利用するならどっちが得か東京ガス・ニチガスでは、どちらの都市ガスの料金が安いか気になりますよね。 本記事では、東京ガスとニチガスを利用した場合の料金を、一人暮らし・家族暮らしのケースに分けて比較します! また双方の特徴についても記載していますので、ガスを利用する際の参考にしてください。...

電気手続きは引越し1週間前から

電気の引越し手続きは、引越し1週間前から行いましょう。

ブレーカーの設置してある部屋であれば、電気の利用届出を提出していなくても一定期間利用できることもありましたが、最近は申し込みをしないと電気がつかない部屋が多いので、注意してください。

電気の利用開始・停止には特別な工事は必要ありませんので、引越し1週間前までに連絡すれば大丈夫です。

ただ引越し先で新電力を使用する場合、ブレーカーからデジタル式(スマートメーター)の管理方法に切り替えが必要になるケースが多いので、ご注意ください。

ニチガスでんき
電気代が33,000円もお得に!?引越しのタイミングでニチガスでんきに変えるべき理由電力自由化で競争が激しい電気小売業で、注目されているのが『ニチガス』。 ニチガスはガスとセットで電気を利用できますので、電気料金がお得になります。 引越しのタイミングは、電気会社変更のタイミング。 ニチガスでんきに変更すると、電気代が33,000円もお得になるかもしれません!...

インターネット手続きは引越し1か月前から

インターネットの引越し手続きは、引越し1か月前から準備しましょう。

インターネットを利用する際には、回線工事が必要であり、工事は予約制です。

もし1か月以上前から引越しする場所が決まっているのなら、それ以前から準備しても遅くはありません。

なぜなら引越し繁忙期で最も混雑するのが、インターネット回線工事で、引越し先のインターネット回線が間に合わないケースは多発しています。

また解約手続き自体はWEB上で完了しますが、引越しに伴う解約の際には撤去工事が必要になる場合もあり、その際には撤去工事の日程調整も必要です。

間に合わない
引越し日までにインターネット回線工事が間に合わない場合の対処方法引越しに伴いインターネット回線手続きを行ったはいいけど、回線工事が間に合わなかったケースは結構あります。 インターネット環境は生活に不可欠なので、間に合わなかった場合にはどうにかして環境を整える必要がります。 そこで本記事では工事が間に合わなかった際の対処方法についてまとめました。...

引越し専門サイトおすすめ!

種類別引越し手続き方法

引越し時には、色々な手続きが必要です。

そこで引越し専門専門サイトの当社が、各種の手続きをする際のオススメ方法をご紹介します!

ご紹介する業種一覧!

  • 引越し一括サイト
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • インターネット
業種サイトの特徴
引越し一括サイト

チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越し

チャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

チャチャット引越し申し込み!

ガス

ニチガス

ニチガスなら、都市ガス・LPガスの両方から利用するガスが選べる!また電気とセットで使えば、料金が更にお得に!

東京ガス申し込み!

電気

ニチガスでんき

ニチガスは電気も取り扱っています!利用する電気は大手電力会社が発電しているので安心!またガスとセットで使えば、料金が更にお得に!

ニチガスでんき申し込み!

水道

水道の引越し手続き案内窓口

水道は各地域の水道局が管理していため、契約会社を選べませんので、引越し先の水道局に連絡すればOK。水道の引越し手続き案内窓口は、電話または入力ホームから水道の引越し手続きが可能です

水道手続き申し込み!

インターネット

フレッツ光

日本で最も広範囲でインターネットが利用できるのがフレッツ光です。高速かつ安心してインターネットが利用できますので、迷ったらフレッツ光!

フレッツ光申し込み!

 

引越しする際の手続きをはじめるタイミングのまとめ

心機一転、引越しするタイミングに合わせた準備開始期間のまとめです。

引越し準備のまとめ
  • 引越しさの住居選びは2~3か月前から
  • 引越し業者は1か月前から
  • 引越し一括見積もりサイトを使うと便利
  • ライフラインの手続きもお忘れなく

引越し時には多くの手続きや費用がかかりますし、事前に計画を立てないと、トラブルや余計な出費を支払うことになります。

また普段の生活でなかなか時間が確保できな人は、引越し一括見積もりサイトや各種手続きのWEB申し込みを活用することをオススメします。

相場の半額料金での引越しも!?

タイプ別オススメ引越し一括見積もりサイト

「どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない」という人は、こちらの3社の中から選びましょう!

  • とにかく電話勧誘を避けたい人向け『チャチャット引越し』
  • 自分で引越し業者を選びたい人向け『LIFULL引越し』
  • 1円でも引越し費用を安くしたい人向け『引越し侍』

3社の引越し一括見積もりサイトの特徴

引越し業者
サイト名サイトの特徴
チャットで引越し一括見積もり!チャチャット引越しチャットやLINEで連絡ができるため、電話勧誘を避けられるのが最大の特徴。また最短1時間で見積もりが完了するので忙しい人でも安心できます。そしてライフラインの引越し手続きも行っていますので、一括手続きしたい人にオススメです。

チャチャット引越し申し込み!

LIFULL引越し全国130社の中から厳選した自分で見積もりする業者を選べるのが特徴です。また引越し料金最大50%OFFやLIFULL限定割引特典もありますので、特定の引越し業者に見積もり依頼をしたい人にオススメです。

LIFULL引越しで見積もり!

引越しするなら引越し侍

全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能です。
電話勧誘が多いのを除けば、料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメです。 

引越し侍で見積もり!