引越し時のインターネットの解約と利用開始の手続きについて徹底解説

インターネット7

インターネットは、普段の生活に欠かすことのできないライフラインです。

水道・ガス・電気と同様、引越しした後にすぐ利用できる状態にしないと、何かと不便です。

しかしながらインターネットの引越し手続きは他のライフラインの手続きと比べて面倒かつ時間がかかるため、1ヶ月近く手続き完了までお時間がかかることもあります。

下記ではインターネットの手続きがスムーズに進むよう、必要なお手続きを一覧化し、わかりやすく解説致しましたので参考にしてください。

では、インターネットの解約・新規契約の手続き方法についてご説明していきます。

目次
  1. インターネットの引越し手続きの流れ
  2. インターネットの解約の連絡はいつまでにすればいいか?
  3. 引越し後すぐにインターネットを利用する方法
  4. 引越し先でプロバイダの継続利用をするメリット・デメリット
  5. 引越し先でインターネットを乗り換えるメリット・デメリット
  6. 引越し時のインターネットの手続き方法と必要書類
  7. インターネット回線の手続きについての注意点
  8. 引越し時のインターネット回線手続きのまとめ

インターネットの引越し手続きの流れ

インターネットの引越し手続きの流れをまとめました。

インターネットは今まで住んでいたい居宅と引越し先で工事が必要になりますので、ご注意ください。

インターネットの
引越しステップ
手続き内容手続きするタイミング
①解約の連絡現在利用しているプロバイダ業者に解約の連絡引越し1か月前
②回線の撤去作業の日程調整インターネット回線の撤去作業の日程調整引越し1か月前
③新規契約の連絡引越し先で利用するプロバイダに新規契約の連絡引越し1か月前
④回線工事の日程調整インターネット回線工事の日程調整引越し1か月前
⑤回線撤去作業の立ち会い撤去工事の立ち会い引越し日以前の予定日
⑥回線工事の立ち会い回線工事の立ち会い引越し日以後の予定日

インターネットの解約の連絡はいつまでにすればいいか?

はてな

今利用しているインターネット回線を引越し先で利用しない場合、プロバイダに連絡して解約手続きが必要です。

解約手続き自体はWEB上で完了しますが、撤去工事などは予約が必要となりますので注意しましょう。

遅くても引越す1か月前までに連絡すること

インターネット回線の解約の連絡は、遅くても1か月前までには連絡してください。

解約はWEBから申し込みだけでいいのですが、インターネット回線の撤去やレンタル機器の回収が必要になるからです。

また機器の撤去に関しては、回線業者でなければできない作業もあります。

回線業者が撤去作業には予約が必要で、土日や引越しシーズンに撤去をしてもらうとなると1か月前から連絡をしないと間に合いません。

間に合わない
引越し日までにインターネット回線工事が間に合わない場合の対処方法引越しに伴いインターネット回線手続きを行ったはいいけど、回線工事が間に合わなかったケースは結構あります。 インターネット環境は生活に不可欠なので、間に合わなかった場合にはどうにかして環境を整える必要がります。 そこで本記事では工事が間に合わなかった際の対処方法についてまとめました。...

基本的には契約している解約月のインターネットは利用可能

インターネットの利用は月契約です。

そのため月の途中で解約手続きをしても、月末まではインターネットを利用できます。

ただインターネットの回線撤去工事後はインターネットは利用できませんので、撤去作業は引越しする直前にしてもらいましょう。

月の途中で解約しても1か月分の利用料金は請求される

解約する月までインターネットは利用できますが、その代わり利用料金も1か月分請求されます。

月はじめに解約をしても1か月分の利用料金は請求されますので、少しでも損をしないためには月末に引越すことがオススメです。

引越し後すぐにインターネットを利用する方法

引越し先がインターネット完備の物件以外の場合、自分でインターネット回線を引かなければいけません。

引越し後すぐにインターネットを利用したい場合には、引越しをする前から新規契約を結んで回線工事の依頼をしてください。

インターネット回線の手続きは引越し1か月前までに

インターネットを利用する場合、プロバイダ契約とインターネット回線の配線が必要です。

ただ最近は、プロバイダ契約とインターネット回線がセットで契約できるものが多いので、プロバイダと契約した際にインターネット回線工事の予約をします。

注意点は回線工事は予約制で、土日の工事は優先的に予約が埋まってしまいます。

そのため引越し1週間前に新規契約をしても、インターネット回線工事が行われるのは1か月後となるケースもありますので、引越し1か月前から新規契約の準備はしてください。

引越し先で利用できる環境は確認すること

インターネット回線工事は、戸建てとマンションでは作業が異なり、マンション・アパートで利用する際には大家さんの許可が必要となることが多いです。

またインターネット回線を部屋に通す穴がない場合、壁に穴をあけなければいけませんが、賃貸物件では穴をあけられないこともあります。

なので賃貸物件に引越す際は、賃貸借契約書に記載されている禁止事項などを確認してください。

不動産業者
引越し時に要注意!不動産屋からオススメされるインターネット回線には加入しない方がいい不動産屋で引越し先を探していると、インターネット回線が紹介される場合があります。 引越しに合わせてインターネット回線を新規契約する人にとっては、ありがたい話ですが、紹介された回線とは契約しない方がいいかもしれません。 なぜなら紹介された回線と契約してもメリットが無く、自分で探した方がお得になるケースが多いからです。...

引越し先でプロバイダの継続利用をするメリット・デメリット

天秤

インターネットでは、契約しているプロバイダに連絡すると、引越し先でも引き続きの利用が可能です。

そのため解約手続きが面倒な人には継続利用も選択肢になりますが、継続利用する際のデメリットもあります。

引越ししても違約金が発生しない

インターネット契約の多くは2年・3年契約ですので、契約期間中に解約する場合には、違約金が発生します。

しかし引越し先で同じプロバイダを利用のであれば、解約扱いにはなりませんので、違約金を支払わずにインターネットが使えます。

同じインターネット環境で作業ができる

引越し先でも使い慣れた環境でインターネットを利用したい場合には、継続利用をすることになります。

現在のインターネット環境はどれも高水準ですので、普段使いで不便になることはありませんが、好みがある人は引き続き同じプロバイダを利用しましょう。

引越し先の工事費用を負担する必要がある

インターネットの継続利用でも、引越し先に新たにインターネット回線を引く必要があります。

そのため同じプロバイダを利用する場合でも、再度インターネット回線工事をする必要があり、回線工事費用は自己負担することになります。

新規契約の際には工事費用が免除されるキャンペーンはありますが、継続利用についてはキャンペーンが少ないです。

そのため継続利用する場合には、契約しているプロバイダに引越し工事費が免除になるキャンペーンがあるかは確認してください。

引越し手続きの手間は継続・乗り換えで違いは少ない

引越しでインターネットを継続利用する場合でも、住んでいた物件のインターネット回線の撤去作業や新居の回線工事は必要です。

そのためプロバイダの継続利用と、乗り換えたのどちらの場合であっても、手続きする事務量にあまり差はありません。

使い慣れたインターネット環境を引越し先でも利用したい人は、継続利用をしましょう。

一方で、金銭面を考えた場合には、引越しを機にプロバイダを変更することが選択肢になります。

引越し先でインターネットを乗り換えるメリット・デメリット

天秤

次に引越しのタイミングで、インターネットのプロバイダを変更した際のメリット・デメリットについてご説明します。

メリット1:新規利用キャンペーンの適用でインターネット料金が安い!

インターネット契約は、新規契約に伴うキャンペーンが盛んです。

インターネット回線の工事費負担や、乗り換えに伴う違約金保証があるプロバイダも存在します。

引越しでは必ず回線撤去と回線新規工事が必要となりますので、キャンペーンが利用できる乗り換えの方が金銭的メリットは大きいです。

メリット2:自分のライフスタイルにあった回線を選択できる!

契約するプロバイダによってインターネットの通信速度は異なります。

通信速度が重要なオンラインゲームなどを行う場合には、少し値段が上がっても高速で通信回線が安定しているプロバイダを選択すべきです。

一方で、ネットショッピングなどあまり通信速度を気にしない場合には、料金の安さでプロバイダを選択するといいでしょう。

デメリット:中途解約により違約金が発生する

プロバイダ変更の一番のデメリットは、中途解約の場合、違約金を支払うケースが殆どなことです。

乗り換え先のプロバイダで違約金保証はありますが、乗り換えてから一定期間をしないと支払いはしてくれませんので、違約金のお金は先に準備しておきましょう。

引越し時のインターネットの手続き方法と必要書類

引越しをする際の、インターネット回線の手続き方法についてご説明します。

インターネット契約で用意するもの

  • 引越し前・後の住所
  • 契約者の氏名
  • 電話番号
  • 身分証(コピーを郵送)
  • 印鑑(サインでOKの業者も有)
  • 支払い方法(銀行口座、クレジットカードなど)

インターネット契約はWEBサイトからの申し込みがお得!

インターネット契約は、WEBサイトからの申し込みがお得です。

インターネット業者の立場で考えると、店舗契約をするためには店舗の維持管理費や人件費が発生しますので、割引キャンペーンなどはあまり行われない傾向があります。

一方、WEB申し込みは店舗の維持管理費や人件費がほとんど不要ですので、浮いた費用をキャンペーン代として割引してくれます。

そのためWEBサイトでの申し込みは、利用者とインターネット業者がWin-Winになれる申し込み方法です。

なお申し込み方法はWEBサイトにわかりやすく記載してあり、電話での対応もしておりますので、不明点がありました気兼ねなく質問できます。

契約しているプロバイダのWEBサイトから解約・継続手続きが可能

インターネットの解約をする場合には、契約しているプロバイダのサイトから可能です。

一部電話での解約しなければいけないプロバイダもありますが、電話を掛ける時間帯には注意してください。

なぜならどの業者も、コールセンターの人件費削減で対応する人数が少なく、電話が繋がりにくい状態になっています。

そのため電話は、朝一など電話が繋がりやすい時間帯を狙いましょう。

インターネット回線の手続きについての注意点

黒板

インターネット回線の手続きについて、注意すべき点をまとめましたので、ご紹介します。

乗り換える際には機器を返却すること

インターネットを利用する場合にはルーターなどの機器が必要ですが、プロバイダ業者からのレンタルしているケースが多いです。

そのため契約を解約した際にはレンタル物品を返済しなければならず、返済できない場合には補償金を支払うことになります。

なので今使っているレンタル物品は処分せず保管し、プロバイダからの返送用の箱が送付されたら梱包し、返送しましょう。

引越し先のインターネット環境を確認する

インターネットを利用する場合、インターネット回線を部屋まで引かなければいけませんが、賃貸物件の場合には大家さんの同意を得なければなりません。

そのため引越し先の物件ですぐにインターネットを利用するには物件選びもポイントになります。

なお自分の前に住んでいた入居者が、インターネット回線をそのままに引いてある状態であれば、その回線を利用することで回線工事が不要となるケースもあります。

引越し当日からインターネットを利用することは可能か

インターネットは回線工事などが必要となるので、契約した当日から利用することはできません。

遅くても1週間、できれば1か月前に連絡をしないと引越し当日からインターネットを利用することはできません。

何日前
引越し時のインターネット解約は何日前までにやれば間に合うの?解約の際に大事なポイントを解説します。引越し時のインターネット回線の解約手続きは面倒ですが、後回しにすると、翌月の料金も支払う可能性もあります。 使わないインターネット料金の支払いは無駄でしかありませんので、解約手続きは引越し何日前にまでに行えばいいのか、解説します。...

引越し時のインターネット回線手続きのまとめ

引越し時のインターネット回線手続きのまとめです。

インターネット回線手続き
  • 手続きは引越しの1か月前から
  • WEB申し込みがお得
  • 継続から乗り換えか検討すること
  • 回線工事に立ち会いは必要

現在利用しているプロバイダーを、引越し先でも利用できるとは限りません。

また継続利用よりも、乗り換えた方がトータルのコストを抑えられる場合もありますので、一度乗り換えもご検討ください!

タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る