九州電力の引越し手続きを徹底解説!変更手続きと連絡方法のまとめ

電力

九州電力の引越し手続き解説記事です!

引越しする際には、電気の利用停止および新規利用開始手続きが必要です。

利用停止の連絡を忘れてしまうと、電気料金の二重払いになりますし、新規利用の申し込みをしなければ引越し先で電気が使えない状態で生活しなくてはなりません。

引越しトラブルを避けるためにも、本記事で引越し手続きの手順を確認し、スムーズに新生活に移行してください。

目次
  1. 引越しする際に電気手続きの連絡はいつまでにやるべきか?
  2. 九州電力の引越し手続きの手順
  3. 九州電力を利用者が引越す際の注意点
  4. 引越しのタイミングで電力会社を見直すべき理由
  5. 九州電力の代わりになる新電力プラン【楽天でんき】
  6. 九州電力の代わりになる新電力プラン【NUROでんき】
  7. 九州地方でも東京電力と契約可能!
  8. 九州電力の引越し手続きのまとめ

引越しする際に電気手続きの連絡はいつまでにやるべきか?

引越し

引越し手続きは種類によって行うタイミングが違い、電気手続きする際に工事は基本的に行わないため、引越し日近くになってから連絡しても間に合います。

ただ引越しの連絡がギリギリになると、料金の二重払いや引越し先で電気が利用できないトラブルになる可能性もありますので注意しましょう。

電気手続きは引越し1週間前までに

電気手続きの連絡は、引越しの1週間前を目安に行ってください。

新規申し込みをした直後から利用できるケースは少なく、申し込みしてから数日後に利用できるようになるのが一般的です。

一方解約手続きについては、解約日を指定できるため、引越し前に解約手続きを完了しても、引越し当日まで電気は利用できます。

解約の連絡を忘れると、電気料金の二重払いになってしまうため、解約と新規契約申込手続きは、早めに行うことをオススメします。

引越し前後
引越し前後にやるべき作業!準備はチェックリストを確認しながら!引越しは、多くの手続きをすることになりますが、期限が決まっているものや、引越し前にやらなければいけないことが多いです。 なので、本サイトで『引越し準備チェックリスト』をPDF版・Excel版と用意しましたので、引越し時にご活用ください。...

引越し先の電気手続きは遅くても引越し3営業日前までに

電気の利用開始の手続きは、WEB手続きをする際は3営業日前までに申し込みをしてください。

営業日は平日をいい、土日を挟む場合だと5日前までに手続きする必要があります。

なお直前解約においては、最寄りの営業所に電話することで対応してもらえるケースもあります。

ただ対応してくれないことも想定し、遅くても引越し1週間前までには契約手続きしましょう。

ブレーカー式の電気なら契約前でも利用可能性も

賃貸物件に引越す場合で、借りる部屋がブレーカー方式であれば、契約していない状態でも電気が使えることもあります。

もちろん契約しないまま使い続けることはできません。

ただ万が一電気の申し込みが遅くなったとしても、一定期間電気が利用できる猶予があります。

一方で、新電力を利用する場合など、デジタル式のスマートメーターが設置してある部屋では契約前に電気が使えませんのでご注意ください。

電気利用時の工事は原則不要

賃貸物件など電気の供給設備が整っている場合には、利用手続きを完了させば電気が使えるようになります。

したがって利用開始のために工事することは基本的にありません。

(引越し先の状況によっては、業者が現地確認をするため立ち会いが必要になります。)

なお引越し先で新電力を使用する際は、スマートメーターの設置が必要となります。

引越し先がブレーカー式(アナログメーター)だと、メーターを取り替える工事が必要になることもあるのでご注意ください。

スマートメーター
新電力切り替えにスマートメーターは必須?引越し時にやるべき手続きとは新電力切り替える人は、ブレーカーやスマートメーターの交換が必要になるかもしれません。 交換自体は業者が行ってくれますが、作業には時間が必要になるため、引越し先で新電力を利用する人は、連絡するタイミングが重要。 そこで本記事では引越しする際のブレーカーやメーター交換について解説します。...

九州電力の引越し手続きの手順

手順

九州電力の引越し手続きは、4段階あります。

難しい手続きはありませんが、連絡漏れや引越し先で契約する電力会社選びは早めに行いましょう。

電気の引越しステップ手続き内容手続きするタイミング
①利用停止の連絡現在利用している電気会社に利用停止の連絡引越し1週間前
②利用開始の連絡引越し先で利用する電気会社に利用開始の連絡引越し1週間前
③引越し後に電気がつくか確認引越し後の部屋の電気がつくか確認引越し当日
④電気料金の精算中途解約した電気料金の精算当日または引越し後

ステップ①:住んでいた部屋の電気利用停止の連絡

引越しをする際、最初に行う作業は居住していた部屋の電気利用停止手続きです。

電気の利用停止連絡は、WEBサイトまたは電話で行ってください。

最短で連絡した当日でも対応してくれますが、営業日や申し込みの時間帯によっては当日対応できないケースもありますので、引越しする1週間前を目途に連絡しましょう。

なお利用停止の連絡をする際には、以下の書類を準備してください。

  • 契約者の氏名
  • 契約している住所
  • 引越し先の住所
  • 引越し日
  • お客様番号
  • 供給地点特定番号

お客様番号や供給地点特定番号については、電力会社から送られてきます「電気ご使用量のお知らせ」で確認できます。

九州電力
  1. 当月のご使用日数
  2. 当月及び翌月の検針日
  3. ご契約者名義
  4. ご契約容量
  5. お客さま番号
    ※ご契約変更や当社都合により変更となる場合があります
  6. 供給地点特定番号
  7. 前月分までのQピコ(ポイントサービス)のお知らせ
  8. 当月の電気ご使用量
  9. 計器番号
  10. 電気ご使用量の前月比、前年同月比(注)
  11. 当月分の振替予定日(再振替日)
  12. 前月・前年同月の電気ご使用日数及びご使用量
  13. 前月分の電気料金領収証(口座振替払用)
  14. 最寄りの当社営業所(コールセンター)の電話番号

出典:「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)の見方(九州電力)

パソコンやスマホから確認できる「Web版検針票」については、九州電力の会員ログイン画面から「会員メニュー」を選択し、登録してある情報を確認してください。

(「Web版検針票」は、新規会員登録している必要があります。)

ステップ②:引越し先で利用する電気会社への申し込み

引越し先でも九州電力を利用する場合、利用する住所変更の連絡をすれば、解約・新規申し込みの手続きが不要になります。

電気が通っている建物であれば、直前になってから申し込みをしても電気が利用できる可能性もあります。

ただ引越し当日は自分自身も引越し作業に追われているため、引越し1週間前までに、新規申し込みの手続きは済ませましょう。

九州電力を新規で利用する際は、WEBサイトまたは電話で手続き可能です。

申し込みをする際には、次の書類を用意してください。

  • 契約者の氏名
  • 契約者の現住所
  • 引越し先の住所
  • 引越し日(利用開始日)
  • お客様番号
  • 供給地点特定番号

ステップ③:引越ししたら最初に電気が点灯するか確認すること

九州電力と契約している場合には、利用停止・利用開始時の立ち会いは不要です。

引越し手続きの申し込みが完了すれば、引越し先ですぐに電気が利用できます。

また引越し先に到着しましたら、最初に部屋の電気が利用できるか確認してください。

引越し先にブレーカー(アナログ式)が設置してある部屋の場合には、ブレーカーをONにしないと電気が点灯しません。

また最近はブレーカーではなく、スマートメーター(デジタル式)で測定している部屋も多いです。

スマートメーターは電気会社が遠隔でON・OFFを切り替えており、部屋にブレーカーはありません。

そのため電気がつかない場合には、九州電力にお問合せて利用可能な状態にしてもらう必要があります。

ステップ④:引越し前に住居していた部屋の電気料金の精算

引越しする月の電気料金は、日割り計算して料金が精算されます。

九州電力を解約する場合、精算する電気料金は引越し先に請求書が送付されます。

現在口座振替で電気料金を納めている人で、引越し後も九州電力を利用する場合には、電気料金の支払い方法は口座振替のままです。

なお引越し先の初月の電気料金につきましては、同様に日割り計算で料金が計算し、請求されます。

九州電力の引越し手続きはコチラ!

九州電力を利用者が引越す際の注意点

違反

九州電力は九州を管轄している電力会社ですが、電力自由化により管轄エリア外でも九州電力が利用できるようになっています。

ただ管轄エリア内外で利用できるプランが変わったりしますので、継続利用する場合でも、引越し先の地域や契約するプランは確認しましょう。

九州電力の管轄エリア

引越しする際は、いま自分が契約している電気会社に連絡し引越し手続きを行います。

九州電力は九州を管轄していますが、電力自由化に伴い九州以外のエリアでも九州電力と契約することは可能です。

ただ引越し先が離島の方については、九州電力と契約できない可能性もありますので、契約可能地域かお問い合わせしてください。

九州電力の管轄エリア

  • 福岡県
  • 大分県
  • 長崎県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

利用開始手続きの際には料金プランを設定すること

九州電力を引越し先でも継続利用する場合、一度料金プランは見直しましょう。

電気料金はアンペア容量の大きさで変わってきますが、実はアンペア容量以外でも料金に差が出てきます。

それは九州電力が、生活スタイルに応じて複数のプランを用意しているため、家族構成や仕事内容に合わせてプランに変更すると電気料金が節約できるからです。

九州電力の主な電気料金プラン

  • スマートファミリープラン
  • スマートビジネスプラン
  • 電化でナイト・セレクト
  • 従量電灯B

引き続き利用する際には利用停止・利用開始の同時手続きが可能

九州電力を継続利用する場合、引越し前の住居の電気利用停止および、引越し先の電気利用開始の手続きは一括で行えます。

電気会社を変更する場合には、解約・新規契約の手続きが必要となりますので、1回の手続きで完了できると引越しが楽になります。

電気会社を乗り換える場合には個々に手続きすること

引越しタイミングで、九州電力から他の電気会社に乗り換える場合には、解約手続きと新規利用をそれぞれ行う必要があります。

新電力を利用する際は、工事などの手続きが必要になるため、1週間前では間に合わないケースもあります。

したがって契約したい新電力の工事の有無については、事前に確認してください。

九州電力申し込み!

旧住所の利用停止を連絡しないと電気料金が請求される

電気会社を乗り換える場合や実家に戻る場合には、利用停止の連絡は必ず行いましょう。

電気料金は利用停止の連絡をしない限り発生しますし、口座引き落としの場合には二重払いに気が付くのが遅くなります。

そのため解約停止の連絡は、引越し前に完了させることをオススメします。

二重請求
ガス料金の二重請求の原因は?東京ガス・ニチガスなどでも起こりうる重複払いの仕組みを解説引越しや契約している業者を切り替える際、料金が重複してしまうケースが存在します。 切り替えの手続き上、契約月がまたがることはやむを得ないのですが、二重払いが続くようなら、ガスの解約漏れも疑いましょう。 また本記事では、ガス料金の二重請求が発生する原因と、対処法について解説します。...

引越しのタイミングで電力会社を見直すべき理由

選択肢

引越し先でも九州電力と契約すれば、問題なく電気を利用できます。

ただ九州電力以外の電気会社と契約した方が、電気料金がお得になったり割引が適用できることもあるので、引越しのタイミングで電気会社の見直しも検討しましょう。

九州電力エリア内でも他の電気会社を利用が可能になった

電力自由化に伴い、大手電力会社以外でも電気の小売業が可能となりました。

電力自由化で許可されたのは電気の販売だけであり、電気の供給システムは引き続き大手電力会社が担当しています。

そのため新規参入した電気会社であっても、電気の質と安定性は大手電力会社と同じであるため、電気料金だけで比較検討しても生活に支障が出ることはありません。

リスト
新電力への切り替え状況は?シェア率と料金プランを選ぶ際のポイントを解説!2016年4月から開始した電気自由化ですが、自由になったのは電気販売部分だけであり、切り替え後も今までの電気配線や設備をそのまま利用できます。 そのため新電力に変更した場合でも、電気の使用感は変わらないため、電気料金で契約する会社を決められるようになりました。 今回はどのくらいの人が電力自由化により、切り替えたのか、また電力自由化によりもたらされた効果について解説します。...

新規参入した電気会社は電気料金以外のセット割引が用意されている

九州電力にも複数の電気料金プランが用意されていますが、新規参入した電気会社も多くのプランが用意されていて、大きく3種類に分類できます。

電気料金プランの一例
  • 従量電灯プラン
  • 時間帯変動プラン
  • 電気ガスのセットプラン

電気小売業者の特徴として、本業の事業サービスとのセット割引を打ち出しすことで独自のお得感を演出しています。

なお大手電力会社の場合、管轄エリアと新電力により契約できるようになったエリアでは、利用できるプランが違うこともあるため注意しましょう。

九州電力を継続利用する選択もアリ

電気業界への新規参入した企業は多く存在しますが、九州電力を継続利用しても問題ありません。

継続利用の魅力は、無駄な手続きが省略できること。

引越しで名義変更や住所変更しなくてはいけない書類が多いですので、一つでも作業を減らすために継続利用するのも有効な手段です。

また九州電力ならワンストップで引越し手続きができるのもポイントですので、まずは九州電力の引越し手続きからはじめてください。

九州電力申し込み!

九州電力の代わりになる新電力プラン【楽天でんき】

楽天でんき

新電力として、多くの企業が電気業界に参入しています。

その中で知名度の高い『楽天でんき』をご紹介します。

楽天でんきの利用エリア

楽天でんきは、全国で契約できる新電力です。

契約す場所のメーターがスマートメーターであれば、メーター交換も不要です。

楽天でんきへの切り替え時に業者が作業することもありませんので、忙しい人でも楽天でんきに変えられるメリットがあります。

楽天でんきは基本料金が0円

電気料金は一般的には、『基本料金』と『従量料金』を合計した金額を電気代として支払います。

基本料金があるプランアンラ、電気をまったく利用しない月でも、電気代を支払うことになるのですが、楽天でんきは電気の基本料金が0円です。

そのため1か月間家を留守にし、電気を一切使用しなければ、電気料金は0円で済みます。

他社の電気料金は、使用量が多くなると1kWhあたりの電気代が高くなるプランが多いです。

その点楽天でんきは、使用量が増えても単価が同じなのでわかりやすい料金プランとなっています。

楽天でんきと契約するなら「プランS」が選択肢に!

楽天でんきを使用する場合は、「プランS」が最も適したプランです。

楽天でんきは、「プランS」・「プランM」・「動力プラン」の3種類のプランが用意されていますが、一般家庭であればプランSがオススメです。

電気の使用量に関係なく従量料金は同じですが、契約する地域によって従量料金の単価は違いますので注意しましょう。

楽天でんきの地域は、大手電力会社の地域ごとに分けられているため、九州電力地域に引越す方は、九州電力エリアの料金プランをご確認ください。

プランSの料金表(1か月の税込み金額)

地域エリア基本料金従量料金
九州電力エリア0円23.50円/kWh

楽天でんきと契約する際に受けられる特典

楽天でんきと新規契約すると、楽天ポイントが3,000ポイント付与されます。

ポイントを獲得する条件は、新規で申し込みを行い、3か月以上使い続けることなので、獲得に難しい要件はありません。

『楽天ポイント』は、楽天系列ならどこでも利用できるポイントです。

ネットショップの楽天市場はもちろんのこと、動画配信サービスの楽天TVなどでも使用可能です。

また獲得したポイントを電気代の支払いとして使うこともできるため、楽天ユーザーでなくても楽天ポイントが無駄になることはありません。

ポイント
楽天でんきは高い?安い?引越し時に乗り換えるべきか徹底解説!楽天でんきはどなたでも契約できるプランなので、楽天ユーザーはもちろんのこと、楽天ユーザー以外の方でも選択肢になるプランです。 本記事では楽天でんきの特徴と大手電力会社の料金プランと比較し、乗り換えるべきか検証します!...

九州電力の代わりになる新電力プラン【NUROでんき】

NURO光

NUROで電気契約できることはご存じでしょうか?

NURO光を利用している人は、電気を『NUROでんき』にしないと損している可能性があります。

九州地方でNUROでんきと契約できるエリア

NUROでんきが利用できる九州エリアは福岡県と佐賀県の一部地域です。

県内でも対象外となっているエリアもありますので、下記のリンクから引越し先の住所がNURO光の提供エリアに該当するかご確認ください。

NURO

提供状況の確認

九州地方のNUROでんきの電気料金プラン

NUROでんきの料金は、基本料金+(料金単価×使用量)で毎月の電気代が決まります。

選択できるプランは、通信セットプラン単一なので、選ぶプランに迷う心配はありません。

契約するエリアによって電気料金は異なるため、他社の電気料金と比較する際は、九州エリアの料金表で比較してください。

九州エリアのNUROでんきの電気料金プラン

基本料金


10A773.37円
15A910.05円
20A1,046.74円
30A1,320.11円
40A1,593.48円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh17.39円
121kWh〜370kWh22.24円
371kWh〜26.06円

またNUROでんきを利用すると、NURO光の月額料金が毎月500円割引になります。

光回線の月額料金の差は数百円ですので、500円割引を考慮すれば他の光回線よりも安くNURO光を利用できます。

NUROでんき

NUROでんきはNURO光とのセット契約が前提

NUROでんきを利用する際に注意すべきは、光回線のNURO光とのセット契約が前提という点です。

NUROでんき単体での契約はできませんし、NURO光を解約するとNUROでんきも解約となります。

ただ引越しをする場合、光回線は強制的に撤去・新規設置作業が必要になるため、光回線をNURO光に変更し、電気もNUROでんきにするいい機会です。

NURO光は最速2Gbpsの超高速光回線ですし、キャッシュバックキャンペーンも実施しています。

現在使用中のインターネット回線速度に不満を持っている方は、NURO光・NUROでんきの利用もお勧めです。

 

NURO光
NURO 光申し込み!

比較
NUROでんきは高い?公式が言えないデメリットも理解して契約しよう!NURO光を利用している人は、電気を『NUROでんき』に切り替えないと毎月を損している可能性があります。 NUROでんきは、今まで通りに電気を使いつつ、NURO光の月額料金を安くできるプランですので、NUROでんきの特徴と契約した際のメリット・デメリットについて解説します。...

九州地方でも東京電力と契約可能!

引越しするなら電気とガスはまとめておトク!

九州に住んでいる人でも、東京電力と電気契約を結ぶことが可能になりました。

契約可能になったのは電力自由化により、管轄エリア外でも電気販売ができるようになったからです。

したがって現在東京電力と契約している人は、九州に引越した場合でも解約せずに引き続き

利用できます。

東京電力の九州エリア

東京電力と契約できるエリアは、次のとおりです。

契約可能な九州エリア

  • 福岡県(島嶼地域を除く)
  • 佐賀県
  • 長崎県(島嶼地域を除く)
  • 大分県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県(島嶼地域を除く)

沖縄県は対象エリア外となっており、離島についても契約できない場合もありますのでご注意ください。

東京電力の料金プラン

東京電力

東京電力で契約する際の料金プランは、スタンダードプランです。

スタンダードプランには、『スタンダードS』と『スタンダードL』の2種類ありますが、スタンダードSプランが基本プランです。

スタンダードSの特徴は、一人暮らしから一般家庭まで網羅したプランであること。

10Aから60Aまでアンペアを選べるため、一人暮らしの人や複数人で生活している人も使いやすいです。

スタンダードSプランの料金表(1か月の税込み金額)

基本料金10A297.00円
15A445.50円
30A891.00円
電力量料金
(1kWh)
〜120kWh17.43円
121kWh〜300kWh21.89円
301kWh〜25.27円

※九州エリアの料金
※最低月額料金は、314.78円

九州エリアではプレミアムプランや夜トクプランは用意されておりません。

したがって東京電力管轄エリアから九州に引越す方については、プラン変更が必要となりますのでご注意ください。

貯まったポイントは交換可能!

東京電力と契約すれば、電気料金に応じてポイントが貯まります。

そのままポイントを利用する選択肢以外にも、T-POINTやPontaポイントなど、提携先のポイントと交換可能です。

1ポイント1円相当で利用できるため、交換率も悪くないため、貯まったポイントを無駄なく使えます。

東京電力

東京電力申し込み!

電気
東京電力の引越し手続きを徹底解説!解約・変更手続きと連絡方法のまとめ東京電力の引越し手続き解説!電気は引越しする時に必ず手続きしなければなりません。 もし手続きを忘れていると、引越し先で電気が利用できないことも。 また東京電力の管轄外に引越し方は、引越し先で利用する電力会社への連絡を忘れずにしてください。...

九州電力の引越し手続きのまとめ

九州電力の引越し手続きのまとめです。

電力会社引越しまとめ
  • 利用停止の連絡は引越し1週間前までに
  • 利用開始の連絡も引越し1週間前までに
  • 電力自由化で電気契約に選択肢が増えた
  • 新電力はセット割がお得

九州電力の管轄エリア外でも引き続き契約することも可能ですが、引越しは契約を見直すいいタイミングですので、契約プランが自分のライフスタイルに合っているか確認してください。

また引越し時は、電気以外にも水道・ガス・インターネットなどの作業を行わなくてはなりません。

連絡が遅れると、新生活にも支障が出ますので、できるだけ早めに引越し準備をしましょう!

ライフライン
水道・ガス・電気など引越し時に行うライフライン手続きを徹底解説!ライフラインの引越しが遅くなると新生活に支障が出ます。 電気が付かなければ、夜は真っ暗。 水がでないと、生活できない。 ガスが使えないと、料理ができない。 インターネットが使えないと、公私の行動に支障が発生。 そんなトラブルに遭わないためにも、ライフライン手続きの流れについて解説します!...
タイプ別おすすめ引越し一括見積もりサービス BEST3

どの引越し一括見積もりサイトを選べばいいかわからない・・・

そんな方に
引越し準備ナビ
コスパ重視スピード重視使いやすさ重視
の視点で数あるサイトから
3社をピックアップ!

どのサイトも無料で利用できますので、
損することはありません!

第1位
引越し侍
コスパ1円でも引越し費用を安くしたい人に
  • 全国293社の引越し業者と提携しているため、見積もり費用を安くすることが可能
  • 料金・オプション・口コミなどトータル満足度は高いサービスを受けられますので、とにかく引越し料金を安くしたい人にオススメ<なサイトです。
引越し侍で見積り!
第2位
SUUMO引越し見積もり
スピード最短1分で見積もりが可能!
  • わずか1分で引越し費用の見積もりができる『SUUMO引越し』。
  • 大手引越し業者から、各地域に密着している業者の料金を一括比較できるのがオススメポイント!
    引越し業者ランキングの掲載もあるので、利用した感想も確認できます!
【SUUMO引越し見積もり】
第3位
ズバット引越し比較
使いやすさお得に比べて、柔軟に選べる!
  • ネットで引越し業者を比較するだけで料金が最大50%OFFになる『ズバット引越し比較』。
  • 220社以上の中から厳選した引越し業者に見積もり依頼をするので、一番お得な引越し業者を見つけられます!
ズバット引越し比較