インターネット回線は生活スタイルに合わせて2種類から選ぼう!

Wi-Fi

インターネットに接続する方法はいくつも存在しますが、最終的には2種類のインターネット回線に選択肢を絞ることが可能です。

引越しなどにより生活が変化するタイミングは、インターネットの利用環境を見直すいい機会です。

本記事ではインターネット回線の種類と、回線を選ぶ際のポイントをご紹介します。

目次
  1. インターネット回線は2種類に分類される
  2. 【有線タイプ】光回線の特徴と利用するメリット
  3. 【無線タイプ】モバイルWi-Fiの特徴と利用する際のメリット
  4. 光回線とモバイルWi-Fiを6項目で優劣を徹底比較!
  5. 【ケース別】光回線とモバイルWi-Fiの選び方はこれで決めよう!
  6. オススメのモバイルWi-Fiは『BroadWiMAX』!
  7. 光回線を利用する場合のオススメ事業者4選!
  8. インターネット回線の種類と用途別オススメのまとめ

インターネット回線は2種類に分類される

Wi-Fi

インターネット回線を大きく区分すると、有線タイプと無線タイプに分類できます。

有線タイプは通信速度の安定性が魅力

有線タイプのインターネット回線は、利用する部屋までインターネット回線を引き込んで利用する方法です。

利用する部屋まで回線を引き込むため、安定した通信速度で使えるのが大きな利点です。

ただ回線設備を設置するための工事が必要になるため、賃貸物件だと工事の許可が下りず、利用できないケースもあります。

一昔前でしたらADSLやISDNも利用されていましたし、インターネット黎明期ならダイアルアップ接続した人もいらっしゃると思います。

ただ執筆時点の現在で利用できる有線タイプは基本的に光回線ケーブルテレビ(CATV)のみです。

なお有線タイプは部屋まで回線を引き込みますが、部屋からパソコンなどへの接続は、無線で繋げることも可能です。

無線タイプは工事不要の手軽さが魅力

無線タイプは、専用端末が電波をキャッチしてインターネット回線を利用する方法です。

設置工事をぜずにインターネット回線が使えるのが魅力であり、契約から利用開始までの時間が短いのも特徴です。

無線タイプの種類には「ホームルーター」・「モバイルWi-Fi」・「テザリング」の3種類あります。

ホームルーターであれば、コンセントに差し込むだけでインターネット回線が利用できるようになりますし、モバイルWi-Fiなら外出先でもWi-Fi環境を作ることが可能です。

またスマホのテザリング機能なら、スマホ経由でインターネット回線に接続できるため、モバイルWi-Fiルーターなどを用意する必要もありません。

電波をキャッチしてWi-Fi環境を作る関係上、電波が受信しにくいエリアだと通信速度の低下や、回線が不安定になりやすのがマイナスです。

現実的に選択肢となるインターネット回線は光回線とモバイルWi-Fi

有線タイプと無線タイプでそれぞれ選択肢を挙げるとするなら、光回線とモバイルWi-Fiが選択肢になります。

光回線は通信速度が高速かつ安定しているため、最高の環境でインターネットを利用したい人にオススメです。

一方、モバイルWi-Fiは専用端末を持ち運びできるため外出先でインターネット環境を作れるほか、通信速度も一定以上の速度が出るため、普段使いで通信速度が物足りなくなることは殆どありません。

本記事は、モバイルWi-Fiの環境下で執筆しています。

参考資料を調べたり、サムネイル画像ダウンロード・アップロードするのに支障が出ることはないです。

なお速度制限がかかると、表示に時間がかかったり、ダウンロードするのが困難になるのでご注意ください。

テレワーク
テレワークに必要な通信量は?オススメのインターネット回線を紹介!テレワークやリモートワークを導入する企業や、在宅勤務の仕事を選ぶ人が多くなっていますが、自宅で仕事をする場合、インターネットの通信環境は必須です。 仕事以外でパソコンを使わない人は、自宅の通信環境を整えないと仕事はできず、消費する通信量にもご注意ください。...

【有線タイプ】光回線の特徴と利用するメリット

ケーブル

有線タイプの光回線は、最適なインターネット環境を作りたい人や、家族でWi-Fiを利用する人にオススメできます。

高速の通信速度を実感できる

インターネット環境を整える上で、安定性と同様に需要になるのが通信速度です。

高画質で動画を楽しむ場合、通信速度が低速だと動画が止まってしまうので、通信速度はかなり重要です。

動画や漫画をダウンロードする場合の時間は通信速度に比例するため、通信速度が速いと、ダウンロード時間も短時間で済みます。

また光回線を無線で使用する際は、ルーターにも気を向けてください。

契約している光回線が高速でも、ルーターが古いと速さを実感できませんので、光回線で通信速度が常時遅い人は、ルーターに原因があることも考えられます。

急に遅くなる
インターネット回線が急に遅くなる原因はなに?通信速度低下の原因を解説!インターネットを利用している際、急に通信速度が低下することもあります。 偶然なら一時的なものなので問題ありませんが、頻繁に速度が低下したら生活にも支障が出ます。 そこで本記事では回線速度が急に遅くなる原因と、その解決方法について解説します。...

通信速度が安定している

通信速度が不安定だと動画が止まったり、オンラインゲームでラグの発生や通信が遮断する可能性もあります。

無線タイプのインターネット回線は電波をキャッチする関係上、近くに電波を発信する機器(電子レンジなど)があると、混線して上手く受信できないケースも想定されます。

それに対し光回線は、光ファイバーを自宅まで繋いでインターネットを利用できるようにするため、混線しにくいため通信速度の低下が起こりにくいです。

またルーターとパソコンなどの接続機器をLANケーブルで繋げば、通信速度の低下をさらに防ぐことが可能です。

光回線は通信量無制限かつ速度制限も無い

光回線は通信量の上限はありませんし、通信量によって通信速度が制限されることもアリません。

モバイルWi-Fiの通信量無制限プランは、一定以上の通信量を使うと速度制限がかかってしまうものがほとんどです。

しかし光回線なら、通信量に伴う通信速度の低下はないため、通信量を気にすることなく高画質で動画を視聴したり、オンラインゲームを好きなだけ楽しむことが可能になります。

電話
急に通信速度が遅くなった?スマホのネットスピードが遅くなる原因を解説スマホの通信速度が遅くなれば、動画がカクついたり、アプリ動作がもっさりしますので不便です。 急に通信速度が遅くなる原因は、スマホ本体・データ容量・通信環境などの理由があります。 速度低下の原因を突き止め、原因に応じた解決策を講じないと速度は元通りになりませんので、本記事にて解説します。...

【無線タイプ】モバイルWi-Fiの特徴と利用する際のメリット

Wi-Fi

無線タイプの代表であるモバイルWi-Fiは、手軽にWi-Fi環境を作れるのが魅力であり、有線にはない特徴です。

Wi-Fi環境をどの場所にも作ることが可能

インターネット回線は、特定の場所だけで使用するものではありません。

仕事で使うことありますし、通勤通学や休憩時間、出張先でインターネットを使うことは一般的です。

スマホはスマホの通信回線を利用すればいいですが、パソコンにWi-Fi機能は基本的に備わっていないため、Wi-Fi環境がある場所じゃないとインターネットは利用できません。

しかしモバイルWi-Fiルーターがあれば、インターネット回線が利用できるようになるので、どの場所にもWi-Fi環境を作れるようになります。

モバイルWi-Fiルーターが届けばすぐに利用できる

モバイルWi-Fiは専用端末で電波を受信してWi-Fiを利用できるようにするため、光回線のような工事は不要です。

契約して手元にモバイルWi-Fiルーターが届けば、すぐに利用できるようになるので、契約後数日以内でWi-F環境を整えられるのも利点です。

また通信速度も及第点であり、インターネットをベビーに使わない人であればモバイルWi-Fiの通信速度でも問題ありません。

レンタルWi-Fiなら1日単位で利用できる

引越し先で光回線を使いたいと思っても、工事が間に合わなければインターネットは一切利用できません。

そんなときに便利なのがモバイルWi-Fi。

モバイルWi-Fiは2年契約など、長期間の使用を前提としたプランもあれば、1日や1か月単位で利用できるプランも用意されています。

仕事でWi-Fi環境がどうしても必要であれば、一時的にモバイルWi-Fiをレンタルして利用する方法もアリです。

間に合わない
引越し日までにインターネット回線工事が間に合わない場合の対処方法引越しに伴いインターネット回線手続きを行ったはいいけど、回線工事が間に合わなかったケースは結構あります。 インターネット環境は生活に不可欠なので、間に合わなかった場合にはどうにかして環境を整える必要がります。 そこで本記事では工事が間に合わなかった際の対処方法についてまとめました。...

光回線とモバイルWi-Fiを6項目で優劣を徹底比較!

選択

光回線とモバイルWi-Fiにはそれぞれ特性があるため、比較する部分によって秀でている箇所が違います。

そこで6項目のポイントに絞り、光回線とモバイルWi-Fiの優劣を判定したいと思います。

光回線とモバイルWi-Fiの優劣比較
  • ネット環境
  • 通信量
  • 回線工事
  • 利用開始日
  • 月額料金
  • 解約違約金

【ネット環境】通信速度・安定性は光回線が最強

インターネット回線の通信速度や速度の安定性を最優先で考えた場合、光回線が最強です。

モバイルWi-Fiも決して不満の出る通信速度ではありません。

しかし光回線と比較すると通信速度は遅く、電波を受信してWi-Fi環境を作る関係上、通信回線の安定性は光回線の方が優れています。

【ネット環境】の勝負は光回線の勝利!

【通信量】モバイルWi-Fiには通信量の上限が設定されている

インターネットを利用する上で、ネックになるのが通信量です。

スマホを利用している人なら、通信量の上限に達して通信速度が低下した経験を1度はしたことがあると思います。

また電気・水道・ガスは使用量に応じて料金を支払う仕組みですが、光回線は定額制であり、無制限でインターネット回線を使うことが可能です。

モバイルWi-Fiも通信量無制限と謳っているプランもあります。ただ残念ながら完全な使い放題ではありません。

通信量使い放題といいつつ、一定の通信量に達すると速度制限が行われたり、利用者が多い時間帯は速度低下する内容のプランがほとんどです。

光回線は通信量を気にせずインターネットを利用できると共に、通信量に関係なく高速通信が可能になるのも大きな利点です。

(時間帯による利用者増加で、通信速度が低下することは光回線でもあります。)

【通信量】の勝負は光回線の勝利!

【回線工事】モバイルWi-Fiは回線工事不要で利用可能

光回線と契約するのを躊躇する最大の要因は、開通工事が必要になる点。

開通工事が完了しないとインターネットは利用できませんし、工事は専門業者が行うため、工事には立ち会うことになります。

また工事費用は月額料金とは別に発生し、工事内容によっては4万円から5万円かかるケースもあるので要注意です。

それに対しモバイルWi-Fiは、利用する際の工事は不要なので、工事費用もありません。

工事がいらないなら立ち会いなどの面倒な手続きもありませんので、自分のタイミングでWi-Fiを使うことができます。

【回線工事】の勝負はモバイルWi-Fiの勝利!
optical line
引越し先でも同じ光回線を利用できるのか?乗り換える場合の注意点引越し時には光回線の撤去工事と開通工事の移設作業が必要ですが、早めに手続きしないと引越し日に間に合いません。 また引越し先の物件や環境によっては、現在使用している光回線をそのまま利用できない可能性もありますので、引越しのタイミングで光回線の乗り換えも検討してください。...

【利用開始時期】光回線が利用できるのは契約してから1か月後

モバイルWi-Fiは工事が不要なので、契約後モバイルWi-Fiルーターが届けばすぐに利用可能です。

光回線の開通工事は事前予約制であり、予約は1か月先まで埋まっていることが普通です。

しかも休日や新生活が始まる3月4月などは開通工事する人が増えるため、3月に連絡してインターネット回線が利用できるようになったのはGW明け、なんて話も珍しくありません。

光回線の開通工事が完了するまでの代替案として、短期間だけモバイルWi-Fiを利用する方法もあります。

レンタル式のモバイルWi-Fiなら、開通工事完了までの期間だけ契約することで、インターネットが利用できない空白を作らないで済みます。

【利用開始時期】の勝負は光回線の勝利!

【月額料金】安くインターネット回線を使うならモバイルWi-Fi

月額料金で比較した場合、光回線よりもモバイルWi-Fiの方が安いです。

ただ光回線は通信量無制限かつ通信速度制限もかからないので、ヘビーユーザーの場合は、コスパ的に甲乙つけがたいです。

注意点としては、光回線は工事費が発生するため、インターネット環境を整えるための設備費用をトータルすると、モバイルWi-Fiの方がコストを抑えられます。

できるだけ支出を抑えたい人は、モバイルWi-Fiを選んだほうがいいでしょう。

【月額料金】の勝負は光回線の勝利!

【解約違約金】両者とも基本的に年数縛りプランが主流

お得なプランの多くには年数縛りがあり、更新月以外のタイミングで解約すると違約金が発生します。

光回線もモバイルWi-Fiも年数縛りが主流ですが、モバイルWi-Fiの一部は縛りがないプランもあります。

ただ年数縛りがあるプランのほうが月額料金は安いので、継続的に利用するか否かで使い分けるのがポイントです。

ちなみに光回線は解約の際、撤去工事が必須の事業者もあり、撤去工事費用は別途請求されるのでご注意ください。

【解約違約金】の勝負は引き分け!
Optical line construction
インターネット回線を利用する際の手順と工事期間・費用を徹底解説!自宅で光回線を利用する場合、回線の開通工事が必要となり、業者が作業をするため、契約した当日からインターネットを利用することはできません。 また回線工事には工事費用が発生するので契約前に工事期間と費用についてご確認ください。...

【ケース別】光回線とモバイルWi-Fiの選び方はこれで決めよう!

ポイント

ケースごとに、光回線とモバイルWi-Fiのどちらを選んだほうがいいのか、オススメをご紹介します。

高速の通信速度と安定性が必要なら光回線

インターネット環境を可能な限り完璧にしたい人は、光回線を利用しましょう。

工事する手続きや工事費用のデメリットはありますが、作業が完了すれば高速かつ無制限にインターネットが利用できます。

工事費についても、キャンペーンの適用で実質無料になりますし、キャッシュバックキャンペーンを実施ている回線事業者もあります。

持ち家や家族でインターネット回線を利用する人は、光回線がオススメです。

自宅で家族全員が利用するなら光回線

インターネット回線は、車の道路に例えられることが多いです。

車線が複数あれば車の流れはスムーズですが、車線が1つしかない道路は、利用者が増加するとすぐに渋滞してしまいますよね。

インターネット回線も同様で、家族が一度にインターネット回線を使うと回線が混雑し、相続低下の要因になることもあります。

モバイルWi-Fiはそこまで強い回線ではありませんので、同時接続者数が多いと速度が遅くなる可能性は高く、モバイルWi-Fiのプランでは、家族全員の通信量をカバーするのは難しいです。

光回線はモバイルWi-Fiよりも通信回線が強いため、同時接続者が増えても速度低下は起こりにくいですし、通信量も気にすることはありません。

したがって複数人でインターネット回線を利用するなら、光回線をオススメします。

一人暮らしならモバイルWi-Fiの通信量でも満足できる

一人暮らしなら通信量をコントロールしやすいですし、平日の夜と休日のみの使用であれば、1か月100GBで足りる人も多いです。

100GBが多いか少ないかは、人によって感じ方が異なります。

YouTubeを720pや1080pで視聴する人は、100GBで足りない可能性が高いです。

一方動画をあまり見ない人や、オンラインゲームをしない人ならそこまで通信量を消費していないかもしれませんので、1か月どれくらい通信量を使っているかチェックしてご判断ください。

実家
一人暮らしも安心!実家から引越す場合のポイントと注意点を解説!実家を飛び出して一人暮らしをする際、引越し作業でどんなことが必要なのかわかりませんよね。 また初めての引越しだと、引越し業者にどのくらい料金を請求されるかわかりませんし、引越し料金の値段交渉するも一苦労。 そんな一人暮らしを始められる方向けに、手続き方法をご案内します。...

通信量を気にしたくないなら光回線を利用すべき

一人暮らしでも、通信量を気にしないで利用したい人は光回線と契約したほうがいいでしょう。

結果的に月100GBに収まるケースであっても、通信量の上限があることでインターネットの利用を控えたり画質を下げると、満足度は下がります。

外出先ではもっぱらスマホを使い、自宅でパソコンをガシガシ使う人は、光回線のチョイスが無難です。

外出先等どこでもインターネット環境を作りたい人はモバイルWi-Fi

ホテルや公共施設で無料Wi-Fiが利用できる場所は増えていますが、無料Wi-Fiはパスワード設定がないため、セキュリティが甘いのが難点です。

ホテルのWi-Fiも満足できる通信速度が出ていないケースもあるため、出張や外出先でもインターネット回線を利用したい人はモバイルWi-Fiがオススメです。

引越し光回線工事が間に合わなければ臨時でモバイルWi-Fiを使うのも選択肢

引越しなど、住む場所を転々とする人は、引越しのたびに回線工事をするのは大変です。

モバイルWi-Fiなら引越し先に持参できますし、山間部や海沿いを除けば、多くのエリアで利用できます。

通信速度も通常使いなら問題ない速度が出ますので、日常生活で不便になることは基本的に無いでしょう。

なお住む場所が大きな建物に囲まれているなど、電波の入りにくい場所で使用する際はご注意ください。

毎月の通信費を抑えたいならモバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiは光回線よりも安価に利用できるのも魅力の一つです。

たとえばモバイルWi-FiのBroadwimaxなら、月額2,999円からインターネット回線が利用できます。

光回線は4,000円台から6,000円台が多いので、少しでもランニングコストを下げたい人はモバイルWi-Fiを選びましょう。

オススメのモバイルWi-Fiは『BroadWiMAX』!

Broadwimax

数あるモバイルWi-Fiの中で、本サイトがオススメするのはBroadWiMAXです!

BroadWiMAXは利用方法次第では、通信量を気にしないでインターネットが使えるようになります。

3日10GBまでなら通信速度の制限は無し

BroadWiMAXは、月単位ではなく3日ごとに通信量の判定を行います。

月単位で通信量を測定すると、1日で膨大な通信量を使用した場合、その月で利用できる通信量は少なくなります。

一方BroadWiMAXの場合は、3日10GBと3日間での通信量で判断するため、10GBを超えたとしても、数日後にはまた通常通り使用することが可能です。

また10GBを超えた場合は、通信制限がかかりますが、通信が制限されるのは翌日18時から翌々日2時までの間であり、それ以外の時間帯に速度制限はかかりません。

10GBを超えたとしても、日中は通信量を気にすることなく使用できるのもポイントです。

クレジットカード払いなら初期費用0円で利用可能

モバイルWi-Fiは、モバイルWi-Fiルーターを準備する必要があり、通常は機器代金を支払います。

しかしBroadWiMAXは、クレジットカード払いを条件にWEB申し込みをすると、初期費用20,743円が0円になります。

BroadWiMAX

キャンペーン期間は、2016年3月1日から執筆時点でも継続しており、今から契約する際に利用することも可能です。

しかし期限が定めていない以上、いつ終了しても不思議ではありませんので、キャンペーンが利用できるタイミングで契約したほうがお得なのは間違いありません。

通信速度制限中も1Mbpsで利用可能

BroadWiMAXは3日で10GBを超える通信量を使用しても、インターネット回線が利用できなくなることはありません。

10GBを超えた翌日18時から翌々日2時までの間は、1Mbpsの速度でインターネットを利用できます。

1Mbpsの通信速度でBroadWiMAXを使ってみた!

  • Twitter→◎
  • YouTube(360p)→○
  • ブログ(画像少)→◎
  • ブログ(画像多)→○
  • ニコニコ動画(360p)→△
  • LINE通話→◎
  • 楽天市場→△

高画質の動画は視聴できませんし、360pでも2倍速の視聴だとカクつく可能性は高いです。

また楽天市場などのインターネット通販サイトは、画面に多くの画像が入っているため、1Mbpsで利用するのは難しいです。

ただTwitterやブログは問題なく見れますので、使い方の工夫次第で夜でもインターネット回線を利用できます。

Broadwimax

BroadWiMAXお申込はコチラ


回線選び
引越し先にWi-Fiは導入すべき?回線選びのポイントとオススメ紹介!自宅で仕事をしない人や一人暮らしの方はWi-Fi環境を整えるか悩みますよね。 光回線なら通信量を気にしなくて済みますし、モバイルWi-Fiなら外出先でもWi-Fiを利用できますので、引越しする際Wi-Fi環境は整えるべきか否かについて解説します!...

光回線を利用する場合のオススメ事業者4選!

オススメ

住んでいる場所に定住する際や、高速・安定した通信速度でインターネットを利用したい場合は光回線を選びましょう。

auユーザーのマストな光回線!『auひかり』

auひかり

auひかりは、auユーザーなら絶対選んだほうが良いな選択肢です。

最大の魅力は、スマホ料金が割引と回線速度の安定性を兼ね備えている点です。

auひかりの料金とプラン特典の内容

月額料金
  • マンションタイプ
    4,730円~
  • 戸建てタイプ
    6,160円~
割引・特典
  • 基本工事費用無料
  • スマホ料金永年割引
  • 他社の解約違約金相当額を還元
キャンペーン利用
による最大還元額
115,000円
利用可能エリア 全国(※)

※auひかりは、東海と関西の一部エリアを除き、全国で利用可能です。

住んでいる場所が提供エリアに入っているかは、下記のリンクから検索できますので、最初にご確認ください。

提供エリアの検索(auひかり)

auひかりに申し込みする際は、インターネットからの申し込みがオススメです。

キャンペーンの適用により最大115,000円が還元されます。

また光回線を利用する際に必要となる初期工事費用も原則無料になりますので、auユーザーはauひかりを最優先の選択肢としてご検討ください。

auひかり

auひかりへ申し込み!

auひかり
auひかりの引越し手続きについて徹底解説!移転方法をわかりやすくご説明します。引越しの際にはインターネット回線の引越しが必要ですし、現在auひかりをご利用の方も、引越し時には所定の手続きをしなければなりません。 またインターネットの手続きは、電気やガス、水道などに比べて時間もかかりますし、手続きも面倒ですので、作業が後周りになりがちです。 もちろん手続きを後ろ倒しにするメリットはありませんので、引越し時の手続き方法についてご説明します。...

ソフトバンクユーザーなら『Softbank光』を選ぶべし!

ソフトバンク光

Softbank光は、ソフトバンクユーザーにお得な回線です。

auひかりがauスマホ料金を割引するのと同様、Softbank光もソフトバンク系のスマホ料金が毎月1,000円割引になります。

Softbank光料金とプラン特典の内容

月額料金
  • マンションタイプ
    5,170円~
  • 戸建てタイプ
    5,720円~
割引・特典
  • 基本工事費用無料
  • スマホ料金永年割引
  • 他社の解約違約金相当額を還元
キャッシュバック金額 24,000円
利用可能エリア 全国(※)

※光ファイバーが敷設できないエリアでは利用できません。

他社の光回線を利用している人がSoftbank光に乗り換える場合、最大24,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンも実施しています。

また解約時に発生する違約金は、Softbank光と契約すると全額キャッシュバックされるため、引越し時など乗り換えを検討している方はSoftbank光も候補にしてください。

Softbank光

ソフトバンク光へ申し込み!

安心と信頼で選ぶなら『フレッツ光』

フレッツ光

フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本が提供している光回線サービスです。

フレッツ光の料金プランは「定額プラン」と「2段階定額プラン」の2種類から選べるのがポイントです。

フレッツ光の料金とプラン特典の内容

月額料金
  • マンションタイプ
    2,200円~
  • 戸建てタイプ
    3,080円~
割引・特典
  • 基本工事費用無料
  • ISDN、ADSLサービス終了に伴う費回回線工事無料
  • 上位規格への切替工事無料
キャンペーン利用
による最大還元額
70,000円
(契約内容によって異なります。)
利用可能エリア 全国(※)

※一部のエリアや、光ファイバーが敷設できないエリアでは利用できません。

光回線を開通させる際は工事が必要で、戸建てとマンションで発生する費用は異なりますが、2万円程度かかります。

しかしフレッツ光に申し込みすると、基本工事費が実質無料に。

またISDN・ADSLを利用している人についても、光回線への切替工事費用が無料になります。

フレッツ光

NTT東日本NTT西日本

最速のインターネット回線を利用したい人は『NURO光』

NURO光

最速で光回線を利用する場合、最初に名前が挙がるのは『NURO光』です。

NURO光は、ダークファイバーを利用しているため、コラボ光のような通信速度の低下が起こりにくいです。

また独自の通信技術により、通信速度の高速化を実現している点も見逃せません。

NURO光の料金とプラン特典の内容

月額料金 5,217円
割引・特典
  • 基本工事費用無料
  • 設置サポート1回無料
  • オプションの申し込み不要
キャンペーン利用
による最大還元額
45,000円
利用可能エリア
  • 北海道
  • 関東
  • 中部エリアの一部
  • 関西エリアの一部
  • 福岡県、佐賀県

NURO光の利用エリアは、全国の一部地域に限られますので、お住まいの場所でNURO光が利用できるかは、『NURO光サービスご提供エリア』でご確認ください。

NURO光は、その倍の2Gbpsの通信速度でインターネットを利用できますし、月額料金が1年間980円になるキャンペーンも実施しています。

NURO光

通常料金が5,217円なので、1か月4,237円引き、1年で50,844円もお得になるプランです。

また月額料金の割引では無く、キャッシュバックを受けたい方は、45,000円のキャンペーンを受けてください。

なおキャンペーンは期間限定であり、いつ終了するかわかりませんのでキャンペーンを実施ているタイミングで申し込みすることをオススメします。

NURO光

NURO 光へ申し込み!

一人暮らしのインターネット
決定版!一人暮らしでオススメできるインターネット回線!一人暮らしでも、インターネット回線は必要不可欠です。 ただ一人暮らしをするなら少しでも通信料は抑えたいですよね。 またインターネットを利用する場合には、「光回線」、「モバイルWi-Fi」、「テザリング」の3種類が選択肢になります。 それぞれのメリット・デメリットについてと、どの方法が最も一人暮らしにお勧めできるのかをご説明します。...

インターネット回線の種類と用途別オススメのまとめ

インターネット回線の種類および、用途別オススメのまとめです。

種類別インターネット回線のまとめ
  • インターネット回線は有線と無線の種類
  • 有線タイプのオススメは光回線
  • 無線タイプのオススメはモバイルWi-Fi
  • 光回線はインターネットをガッツリ利用人向け
  • モバイルWi-Fiはどこでもインターネット環境を作りたい人向け

光回線は開通工事や工事費が発生する一方で、通信量を気にすることなくインターネットを使いたい人にオススメです。

モバイルWi-Fiは、通信費を抑えたい人やすぐにインターネット回線を利用したい人にオススメとなります。

用途によってオススメの回線は違いますので、自分が利用したい場所や環境によって、契約するインターネット回線を選んでください。

インターネット回線は生活に合わせて、光回線とモバイルWi-Fiから選ぼうね!光回線のオススメは4つからチェックしてね!
タイプ別おすすめ回線サービスBEST4 契約すべきネットは人によって違う!
それぞれの料金などを比較する
第1位
選べるプランが豊富で、提供エリアが広範囲なのが特徴。
▼ 東日本の方
詳しく見る ▼ 西日本の方
詳しく見る
第2位
便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載。
詳しく見る
第3位
「スマートバリュー」が使えるauユーザーにお得な光回線。
詳しく見る
第4位
最大2Gbpsを実現する超高速のインターネットサービス
詳しく見る